「アジアは格下」欧州の評価を覆し日本人4人を補強したポステコグルー監督が持論「日本には優秀な選手がいる」

2022.06.26 12:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、日本人選手たちの補強について改めて言及した。イギリス『デイリー・レコード』が伝えた。

昨夏、横浜F・マリノスの監督を退任し、セルティックの指揮官に就任したポステコグルー監督。就任1年目ながら、セルティックにリーグタイトルをもたらすなど、名門復活に貢献した。

その中でも注目を集めたのが、日本人選手の補強だ。過去には、中村俊輔水野晃樹と2人の日本人所属したセルティックだが、昨夏に古橋亨梧を獲得すると、1月には前田大然旗手怜央井手口陽介と3人を同時に獲得。大きな話題となった。
しかし、夏に獲得した古橋は懐疑的な目も向けられた中、チームの得点源として活躍しファンのハートを鷲掴み。冬に加入した3人も、ケガで出遅れた井手口は難しい時間を過ごしたが、前田はゴールを量産、旗手はレンジャーズとの“オールド・ファーム”で2ゴールを決めるなど、インパクトを残した。

ポステコグルー監督は、自身の補強プランについて言及。日本を含めたアジアには掘り出し物の選手がまだいるとした。

「補強に関して、特別な戦略はなかった。良い選手と契約したかっただけで、日本には優秀な選手がいることは分かっていた」

「日本で監督として4年間過ごし、理想のタイプのサッカーをするための適切な才能と、態度を持っている選手を見てきた」

「一般的に、人々は自分の身近なものだけを見ている。ヨーロッパと南米は考えられているだろう。サッカー大国だからだ。アジアは格下と見られている」

「それは誰も私にチャンスを与えなかったことと似ている。アジアは世界の反対側とみなされ、強いサッカー大陸とは思われていないため、ヨーロッパと南米だけを見るという長年続く傾向がある」

「しかし、ブンデスリーガを見れば、そこには素晴らしい日本のサッカー選手が何人もいた。他の国は、おそらくそれほど注目していないのだろう」

「ただ、アジアと北米が注目を集めるにつれ、市場はさらに魅力的になると思う」

横浜FMの指揮官として自チームの選手に加え、対戦相手を見る中でも自身のサッカーに合う選手を見極めていたポステコグルー監督。今夏にも更なる補強はあるのか注目だ。


関連ニュース
thumb

ポステコグルー監督のエバートン行きは「避けられない」、セルティックOBが予想

セルティックはアンジェ・ポステコグルー監督(57)の流出を避けられないのかもしれない。 横浜F・マリノスの前指揮官であるポステコグルー監督は、昨夏よりセルティックの指揮官に就任。昨季はヴィッセル神戸から獲得したFW古橋亨梧ら日本人選手が軒並みフィットし、クラブに2季ぶりのリーグ優勝をもたらした。 その手腕も高く評価され、プレミアリーグのクラブからのコンタクトに加え、先日には日本代表行きの噂も。直近では成績不振に喘ぐエバートンがターゲットに据えたとも報じられた。 日本からセルティックに赴いて1年半。オファーの大小に関わらず残留が濃厚ではとの見方もあるなか、元セルティックのフランク・マカヴェニー氏は、イギリス『Football Insider』のインタビューで同監督のエバートン行きは避けられないと断言している。 「彼はセルティックの一員としてヨーロッパにインパクトを与えたいと思っていて、エバートンはセルティックほどの大きなクラブではない。だが、私は最終的に彼がエバートンへ行くと確信している。それは避けられない」 「ポステコグルーを引き抜きたいなら、同時に彼が必要とする選手もクラブに迎え入れる必要があり、エバートンはそれさえも賛同する。彼の就任は長期的なプロジェクトなのだ」 ことあるごとにセルティックへの愛着を示してきたポステコグルー監督だが、しばらくはその去就への注目が続きそうだ。 2022.11.28 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

セルティックがカナダ代表SB獲得に迫る! W杯ベルギー戦でもプレー

セルティックがCFモントリオールに所属するカナダ代表DFアリスター・ジョンストン(24)の獲得に近づいているようだ。 カナダ人の父親、北アイルランド人の母親の元、ヴァンクーバーで生まれ育ったジョンストンは、ヴォーン・アッズーリ、ナッシュビルSCを経て今季からモントリオールへ完全移籍で加入した。 180cmの右サイドバックは安定した一対一の守備に加え、推進力を生かした攻撃参加も持ち味としており、今季のメジャーリーグ・サッカー(MLS)では35試合4ゴール4アシストの数字を残していた。 また、2021年3月にデビューを果たしたカナダ代表ではここまで本職のサイドバックに加え、センターバックでも起用され、31試合に出場。カタール・ワールドカップのグループリーグ初戦のベルギー代表戦でもスタメン出場している。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、セルティックとモントリオールの両クラブはジョンストンの移籍に関して口頭合意に至り、現在は細部を詰めるのみの段階にあるという。また、個人間の交渉も進んでいるようだ。 2022.11.25 23:24 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸生え抜きのDF小林友希がセルティックに完全移籍、5年契約を締結「ヴィッセルアカデミーの価値を世界に示したい」

セルティックは23日、ヴィッセル神戸のDF小林友希(22)を完全移籍で獲得することを発表した。 セルティックによれば、国際移籍の許可が条件となる中、5年契約を結んだとのこと。12月1日からセルティックに合流し、2023年1月に選手登録をされる流れだという。 小林はセルティックを通じてコメントしている。 「セルティックに加入できることにとても興奮しており、この素晴らしい機会を本当に楽しみにしています。 クラブで成功するために全力を尽くすつもりです」 「アンジュ・ポステコグルーの仕事は、彼がJリーグで素晴らしい時間を過ごした後、日本でも非常によく知られています。セルティックの一員であるだけでなく、監督として、そして彼がすでに育っている素晴らしい選手たちとチームとして一緒に仕事をするのが待ちきれません」 「長年にわたってセルティックが輝かしい成功を収めてきたことを知っており、今はクラブとファンに素晴らしい瞬間をもたらすために自分の役割を果たしたいと思っています」 「ヴィッセル神戸には、キャリアの早い段階で僕に与えられたすべてのサポートに心から感謝したいと思います。世界の偉大なサッカークラブの1つであるセルティックと一緒に、このエキサイティングな新しい挑戦を受け入れることを楽しみにしています」 小林はサッカースクール時代から神戸に所属。U-12、U-15、U-18と昇格し、2016年から2種登録。2019年に正式にトップチームに昇格すると、2019年7月からはFC町田ゼルビア、2020年は横浜FCへ期限付き移籍を経験した。 神戸ではJ1通算56試合出場、リーグカップ通算9試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも6試合に出場していた。 小林は神戸を通じてもコメントしている。 「この度、セルティックFCに移籍することになりました。今シーズン厳しい結果で終わり、このタイミングで移籍していいのか悩みましたが、ヨーロッパでプレーすることは、サッカーを始めた頃からの憧れであり目標でした。このタイミングでのチャレンジを理解してくださり、送り出してくれたクラブには感謝してもしきれません」 「僕は、幼稚園でサッカースクールに入った時からずっとヴィッセル神戸のアカデミーで育ててもらい、スクール時代、アカデミー、そしてトップチームで素晴らしい指導者の方たちに恵まれ、成長させていただきました。ヴィッセル神戸、ヴィッセルアカデミーに心から感謝しています」 「だからこそ僕はヴィッセルアカデミーの価値を世界に示したいし、アカデミーの選手に目標とされる選手になりたいと思っています」 「ファン、サポーターの皆さん、いつもどんな時も熱い応援で支えてくださり、ありがとうございました。小さい頃から歌ってきた、試合後の神戸讃歌をピッチで皆さんと共に歌えたことは僕にとって特別な事でした」 「僕にはヴィッセル神戸を日本で、そしてアジアでナンバーワンのクラブにするという夢があります。これからも、もっともっと成長し、このクラブに関わる皆さんに恩返しが出来るように、また皆さんに活躍が届けられるように全力で頑張ります。これからも、見守っていただければ嬉しいです。行ってきます!」 セルティックには、FW古橋亨梧、MF旗手怜央、MF井手口陽介、FW前田大然が所属。古橋とは神戸でもチームメイトとしてプレーしていた。 2022.11.23 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー監督の日本代表監督就任はなし? 現地紙はセルティック残留かプレミア行きを予想

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、日本代表の指揮官に就く可能性は低いようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 これまでメルボルン・ビクトリーやオーストラリア代表監督などで指揮を執ったポステコグルー監督は、2018年に横浜F・マリノスの指揮官に就任。初年度こそチーム構築に時間を要し12位に終わったが、翌シーズンは序盤から好調を維持すると、チームに15年ぶりのリーグタイトルをもたらした。 2021年夏に横浜FMの監督を退任し、セルティックの指揮官に就任すると、日本代表FW古橋亨梧、FW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介と自身が実力を知る日本人を次々に獲得。その結果、昨季はスコティッシュ・プレミアシップとカップ戦の2冠を達成するなど、欧州でも評価を高めている。 日本との縁が深いオーストラリア人指揮官にはすでに反町康治技術委員長が接触し、カタール・ワールドカップ(W杯)後に森保一監督の後任として日本代表の指揮官となる噂も出ているるが、スコットランドの現地紙でもある『デイリー・レコード』によると、その可能性は極めて低いとのことだ。 ポステコグルー監督はセルティックでのプロジェクトに魅力を感じており、断れないオファーが来ない限りはスコットランドにとどまる意向だという。そして、そのオファーは来るとしても日本からではなく、エバートンなどプレミアリーグからのものになるだろうと予想されている。 欧州とアジア両方のサッカーを知り尽くしたポステコグルー監督が就任すれば、日本代表に新風を吹かせる期待があるものの、現時点で指揮官が欧州から離れるのは現実的ではないようだ。 2022.11.16 10:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「見事だった」逆転呼び込む2アシストの旗手怜央に現地紙が最高評価、一方の前田大然&古橋亨梧は「何の成果も得られなかった」

セルティックの日本人3選手の評価は大きく分かれた。 12日、スコティッシュ・プレミアシップ第16節でロス・カウンティと対戦し2-1で勝利した。 ミッドウィークに行われたマザーウェル戦を古橋亨梧と前田大然のゴールで勝利した首位セルティックが、10位ロス・カウンティをホームに迎えた一戦。古橋と前田、旗手怜央が先発した中、井手口陽介はベンチ外となった。 試合は12分に古橋がクロスにヘッドで合わせたがこれは枠を外れることに。23分にも決定機を迎えた古橋は枠を捉えられない。 すると50分に失点。ビハインドとなるが、旗手が躍動。62分にペナルティアーク左でパス受けた旗手が斜めに切り込みゴール前の折り返すと、これを受けたロス・ターンブルがゴールに流し込み追いついた。 さらに68分には旗手とのパス交換でボックス中央に切り込んだセアド・ハクシャバノビッチがゴール右隅にコントロールショットを決めて逆転。2-1で勝利を収めていた。 旗手が2アシストの活躍を見せて勝利した試合。『フットボール・スコットランド』は選手採点を行い、2アシストの旗手怜央には8点(10点満点)と単独のチーム最高点。「活気に満ち溢れた選手を封じるのは、ロス・カウンティにはとても困難だった」と相手を困らせていたとし、「同点弾をお膳立てしたプレーは見事だった」とアシストを評価した。 また、前田大然には6点とチームの中では低評価。「相変わらずの頑張りは見せたが、何の成果も得られなかった」とし決定的な仕事ができていないことを指摘。「代わりにジョタが起用された」と、それが理由で交代させられたとした。 そして古橋亨梧にも前田と同じ6点の評価。「序盤のヘディングはアンラッキーだった」と決定機逸の場面に言及。「また、レイドローとの一対一でシュートも、大きく外した」と4戦連発を逃したことが触れられた。 <span class="paragraph-title">【動画】旗手怜央、圧巻の2アシストでチームは逆転勝利!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="W5Jq88r-CJ0";var video_start = 194;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.13 12:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly