33歳にしてキャリアハイの活躍見せるアルナウトビッチ、ユーベやナポリらセリエA上位陣による争奪戦へ

2022.05.21 14:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)は、わずか1シーズンでボローニャを去る見込みのようだ。『フットボール・イタリア』がジャーナリストのアルフレド・ペドゥーラ氏の情報をもとに報じている。

2021年8月に、中国スーパーリーグ(CSL)の上海上港からボローニャへと加入したアルナウトビッチ。過去にインテルやウェストハムなどでもプレーした大型ストライカーは、今季のセリエAにおいて、33歳にしてキャリアハイとなる14得点を記録している。

充実のシーズンを送るアルナウトビッチだが、選手本人はセリエAのより大きなクラブでプレーすることを望んでおり、伝えられるところによると、ユベントス、ナポリ、ローマが獲得を目論んでいるとのことだ。

ユベントスとナポリは、それぞれセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22)、ナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(23)の明確なバックアッパーとしてオーストリア代表FWに注目。また、ローマも現有戦力の去就次第ではあるものの、イングランド代表FWタミー・エイブラハム(24)のバックアッパーや、ツートップのオプションなどを考えているようだ。

なお、ボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督は、アルナウトビッチが今季終了後に移籍することを認める発言をしており、来季は候補に挙がるいずれかのクラブでプレーすることになるかもしれない。

関連ニュース
thumb

ブレントフォード、アーセナル関心のボローニャDFヒッキー獲得が決定的に

ブレントフォードが、ボローニャからスコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(20)を獲得することが決定的となった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今夏の移籍市場では元同僚である日本代表DF冨安健洋を、昨夏に獲得したアーセナル行きの可能性が伝えられたヒッキーだが、今年1月の段階ですでに関心を示してきたブレントフォード行きを決断。 両クラブは1400万ポンド(約23億円)+アドオンの条件でクラブ間合意に至っており、すでに2027年までの5年契約で同意している20歳DFは、来週に現地に渡り、メディカルチェックを受診後、正式にビーズの一員となる見込みだ。 ハーツとセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾った両利きのサイドバック。2020年夏に加入したボローニャではセリエ47試合に出場し、5ゴール1アシストの数字を残している。 185cmの恵まれた体躯に加え、フィジカルとテクニックレベルも総じて高い万能型のサイドバックは、両足をそん色なく操るが、主戦場は左サイドバックとウイングバック。 攻撃では果敢なオーバーラップで推進力をもたらすと共に、両利きを生かしてビルドアップの起点やインスウィング、アウトスウィングのクロスでチャンスを演出。より伸びしろを残す守備ではフィジカル向上と共に、守備の国で戦術理解度を高めてきた。 3バックと4バックを併用するブレントフォードでは、イングランド人DFリコ・ヘンリーが左サイドでほぼフル稼働となっていただけに、ヒッキー獲得は大きな補強となるはずだ。 2022.07.03 15:08 Sun
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、降格カリアリからDFリコギアニスを獲得! 退団噂ヒッキーら左サイドの穴埋め補強に

ボローニャは1日、カリアリからギリシャ代表DFハラランポス・リコギアニス(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる模様だ。 ボローニャではプレミアリーグからの関心が伝えられるスコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(20)に加え、オランダ人DFミシェル・ダイクス(29)に退団の可能性があり、左のサイドバックとウイングバックの補強が急務となっていた。 そういった中、カリアリのセリエB降格に伴い、退団が既定路線と見られていたギリシャ代表の獲得に成功した。 母国屈指の名門オリンピアコスでプロキャリアをスタートしたリコギアニスは、190cmの大型左サイドバック。シュトゥルム・グラーツを経て、2018年に加入したカリアリではここまで公式戦109試合に出場し、5ゴール7アシストの数字を残していた。 2021-22シーズンは4バック時にサイドバック、3バック時にウイングバックを務め、セリエA28試合1ゴールの記録を残していた。 2022.07.01 19:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがボローニャDFテアテに関心も…今夏の補強が思い通りに進まないセリエA王者

ミランがボローニャのベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(22)に関心を寄せているようだ。 テアテは2021-22シーズンからボローニャでプレーする左利きのセンターバック。186cmの体躯に強靭なフィジカルを有しており、時折、最終ラインから大胆不敵なドリブルで攻撃参加に加わるなど、セリエA1年目ながら優れたメンタリティを発揮し、にわかに注目を浴びる存在となっていた。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ミランがテアテに興味を抱く背景としては、センターバック補強のトップターゲットだったリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の確保に失敗したことが挙げられるようだ。現時点でボトマンはニューカッスル行きが確実視されており、ミランはとうとう争奪戦から撤退を決めたとみられている。 ただ、テアテに関してもボローニャ側に手放すつもりがないとされる。オーステンデからレンタル中の同選手は、7月1日付けで完全移籍に切り替わる予定となっており、シニシャ・ミハイロビッチ監督ら首脳陣は、新シーズン以降のプロジェクトの中心選手として22歳のベルギー代表DFを据える思惑のようだ。 また、『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、選手本人も今秋に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー選出が現実的となってきたことから、出場機会が減少する公算の高いステップアップによって、カタール行きを逃したくないと考えているようだ。 11年ぶりのスクデット獲得に沸くミラン。しかし、今夏の補強は思い通りに進んでいない。ボトマンと同じくリール所属のポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)も相思相愛の関係と目されながら、パリ・サンジェルマン(PSG)とユベントスが介入。こちらも代役の選定を急いでいるとみられている。 2022.06.28 21:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベがジェノアのU-21イタリア代表DFカンビアソ獲得へ本腰か

ユベントスがジェノアのU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)獲得へ本腰を入れているようだ。 カンビアソはジェノアの下部組織で育った両利きのサイドバック。今シーズンは本職である左のサイドバックやウイングバックのみならず、右サイドやセントラルハーフでもプレーし、セリエA26試合1得点4アシストを記録。ファーストチームでのデビューシーズンにも関わらず、優れたパフォーマンスを見せていた。 クラブは残念ながらセリエB降格となり、カンビアソ自身は2023年6月まで現行契約を残しているものの、今夏のステップアップが濃厚とみられており、これまでにイタリア国内から多くの関心が寄せられてきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、現時点でカンビアソの獲得を模索しているのはインテル、ユベントス、アタランタ、ボローニャとのこと。以前にはインテルが争奪戦のポールポジションに立っていると報じられたが、ユベントスも負けじと対抗してきたようだ。 ジェノアはカンビアソ獲得を望むクラブに対して移籍金1000万ユーロ(約14億2000万円)を要求しており、これに対して財政難にあえぐユベントスは若手選手の譲渡を含めることで支出の削減を図りたい考え。 今シーズンをセリエBのヴィチェンツァで過ごしたU-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)か、レンタル先のサレルニターナでセリエA20試合に出場したU-21ルーマニア代表DFラドゥ・ドラグシン(20)が交渉に含まれるとみられ、獲得に成功した場合はブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)に代わる同ポジションの新たな主力選手として据えたい思惑のようだ。 2022.06.26 18:29 Sun
twitterfacebook
thumb

敏腕SDサバティーニ氏がセリエAの移籍市場を語る「力強く競争力のあるユベントスを」

セリエA屈指の敏腕SD(スポーツ・ディレクター)として名高いワルテル・サバティーニ氏がセリエAにおける今夏の移籍市場について言及した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 これまでローマやインテル、パレルモなど数多くのセリエAクラブでSDを務め、今季開幕直後まで在籍したボローニャでは、日本代表DF冨安健洋(現アーセナル)を獲得したことでも知られるサバティーニ氏。今年1月に赴いたサレルニターナでは、自身が主導した積極補強が身を結び、最下位に沈んでいたチームを逆転でセリエA残留へと導いていたものの、6月2日に電撃退任し、現在はフリーとなっている。 そんな同氏がイタリア『トゥットスポルト』のインタビューに応じ、今夏のセリエA移籍市場を賑わす選手たちについて自身の見解を述べた。 「ポール・ポクバがどこまで進展しているのか私にはわからない。ユベントスにとっては優先順位が高いようだがね。彼の獲得はセリエAのライバルのみならず、各国リーグに対するイタリアサッカー界の強力なシグナルだ。プロモーション面においてもユベントスの試みが成功することを願っている」 「ゴールを切り開くディ・マリアは良い契約となるだろう。セリエAでもチャンピオンズリーグ(CL)でも、私は力強く競争力のあるユベントスを求めている。私がローマにいた頃、彼らがそうだったようにね」 サバティーニ氏がローマのSDを務めた2011~17年頃はまさしくユベントスの1強時代。イタリアサッカー界の復権のためにはユベントスの復権が重要であると語った一方、今シーズンのボローニャで自身が契約まで漕ぎつけたオーストリア代表のベテランFWや、ベルギー代表FWロメル・ルカクの復帰が噂されるインテルについても言及した。 「マルコ・アルナウトビッチはクレイジーな選手だ。中国でプレーしていた彼の獲得は驚きだったかもしれない。だが、彼は世間のイメージと違って無謀な男ではない。非常に真面目であり、そして意欲的だ。彼は私に、自らがボローニャで違いを生み出す選手となることを約束した。そして実行してくれたよ」 「ルカクはポグバと同じく偉大なチャンピオンだ。イタリアに戻ってくるなら嬉しい。強い意志をインテルに示すだろう。インテルでの彼はまさしくモンスターだった。ミラノでは大きな愛情も感じていただろうし、もう一度戻りたいのだろう」 「エディン・ジェコ? 彼は自らがインテルでサブの選手となることを受け入れないだろう。彼はプレーを愛し、サッカーを愛している。週に3試合をプレーしない限り、多くの喜びをファンに与えることができるはずだ」 2022.06.20 18:51 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly