EL決勝で唯一PK失敗のラムジーに同情の声も厳しい声も…識者のなかで見解割れる

2022.05.19 16:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジーのPK失敗を巡り、識者のなかでも意見が分かれているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

レンジャーズは18日にスペインのセビージャでヨーロッパリーグ決勝のフランクフルト戦に臨み、57分に先制したが、69分に失点。延長戦を経てのPK戦で力尽き、あと一歩のところで優勝を逃した。

そのPK戦で両軍の明暗を分けたのがともに全員が成功して迎えた先行レンジャーズの4人目。ラムジーの右足キックはゴールの真正面を突いたが、ドイツ代表GKケビン・トラップの左足に弾かれた。



コースの甘さも否めないものだったが、イギリス『BT Sport』に出演したアリー・マコイスト氏とケニー・ミラー氏のレンジャーズOB勢は「いつだって罪をかぶる者がいるもの」、「ミスをする者は必ずいる」などと同情した。

だが、現役時代にチェルシーなどでプレーした元スコットランド代表のパット・ネビン氏はイギリス『BBC Radio 5 Live』で「拷問だ。カップ戦の決勝で負けるのは常に拷問だよ」とラムジーに厳しい意見を飛ばしている。

「彼らは試合が進むにつれ、調子を上げていき、(優勝を)本当に信じていた。ラムジーを除けば、PKの水準は驚くほど高かった。彼はこのことを一生背負って生きていかなければならない。チャンスだった。彼らは悔やむだろう」

PK戦も想定して118分から出場したものの、キッカーのなかで唯一失敗のラムジー。レンジャーズにはユベントスからのローンで今冬から所属しているが、ここでもケガなどに苦しみ、思うような活躍ができていない。


関連ニュース
thumb

本戦出場を懸けたプーレオフの対戦カードが決定、注目はレンジャーズvsPSV《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦が9日に終了し、プレーオフ進出12チームが出揃った。 注目はMF南野拓実のモナコに勝利したPSVと、DF町田浩樹のユニオン・サン=ジロワーズに勝利したレンジャーズの一戦。 レンジャーズはファン・ブロンクホルスト監督、PSVはファン・ニステルローイ監督が率い、共にオランダ代表で一時代を築いた両指揮官による対決となる。 そして国難のディナモ・キーウはベンフィカと対戦する。1stレグは17日に行われ、2ndレグは24日に行われる。 ◆リーグパス レンジャーズ(スコットランド) vs PSV(オランダ) ディナモ・キーウ(ウクライナ) vs ベンフィカ(ポルトガル) ◆チャンピオンパス カラバフ(アゼルバイジャン) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ) ボデ/グリムト(ノルウェー) vs ディナモ・ザグレブ(クロアチア) マッカビ・ハイファ(イスラエル) vs ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) コペンハーゲン(デンマーク) vs トラブゾンスポル(トルコ) 2022.08.10 06:57 Wed
twitterfacebook
thumb

町田ユニオンが昨季EL準優勝レンジャーズに先勝《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦1stレグが2日に行われた。 ユニオン・サン=ジロワーズが昨季ヨーロッパリーグ準優勝のレンジャーズをホームに迎えた一戦は、2-0でユニオンが快勝した。ユニオンのDF町田浩樹はベンチ入りも出場機会はなかった。 試合はホームチームのユニオンがカウンターを狙う展開で推移すると、27分にテウマのゴールで先制する。 その後も虎視眈々とカウンターを狙ったユニオンは迎えた後半、76分にPKで加点。リードを広げ、そのまま2-0で先勝とした。 また、ベンフィカはミッティランと対戦し、ゴンサロ・ラモスのハットトリックなどで4-1と快勝している。その他、2日に行われた3回戦1stレグの結果は以下の通り。 ▽8/2 ◆チャンピオンルート シェリフ(モルドバ) 1-2 ビクトリア・プルゼニ(チェコ) ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア) 1-2 ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ◆リーグルート モナコ(フランス) 1-1 PSV(オランダ) ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) 2-0 レンジャーズ(スコットランド) ベンフィカ(ポルトガル) 4-1 ミッティラン(デンマーク ▽8/3 ◆チャンピオンルート マッカビ・ハイファ(イスラエル) vs アポロン(キプロス) カラバフ(アゼルバイジャン) vs フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) ボデ/グリムト(ノルウェー) vs ジャルギリス(リトアニア) ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) vs ピュニク(アルメニア) ◆リーグルート ディナモ・キーウ(ウクライナ) vs シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 2022.08.03 05:52 Wed
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧への差別行為のライバルサポーター3名に罰金処分…昨年8月に差別チャント

セルティックの日本代表FW古橋亨梧への差別的なチャントを歌ったレンジャーズファンに罰金処分が下された。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 問題行動が起きたのは昨年8月のこと。スコティッシュ・プレミアシップ第3節でロス・カウンティとのアウェイゲームに臨んだレンジャーズ。その試合に向かうバスの中で撮影された動画が問題だった。 レンジャーズのサポーターたちがかつてセルティックで活躍した横浜FCのMF中村俊輔を揶揄する曲を歌った後、つり目ポーズをしながら「みんなで亨梧をやろう」と歌っていたという。 これにはレンジャーズも調査に乗り出し、セルティックも声明を発表していた中、警察も調査をしていた。 そのサポーターは31歳、27歳、26歳の3人の男性サポーター。レンジャーズは無期限の試合への入場禁止処分を下し、3名はハミルトン州裁判所に出頭したという。 3人のうち2人は450ポンド(約7万3500円)、1人には650ポンド(約10万6000円)の罰金が科されたという。 また、このような行為をした背景に、アジア人差別という意識はなかったという。 「彼は、プレーヤーや実際に日本人の誰に対しても敵意がなく、確かに人種差別主義者ではないことを強調したい。しかし、彼はその日の行動を受け入れている」 2022.07.28 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ、本気モードのレンジャーズ相手の勝利に満足! ケイン獲得望むバイエルン指揮官の発言には不快感

トッテナムを率いるアントニオ・コンテ監督がレンジャーズ戦を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 トッテナムは23日、プレシーズンマッチでレンジャーズとアイブロックス・スタジアムで対戦し、2-1で逆転勝利した。 韓国でのプレシーズンツアーを終えてイギリス帰還のチームは、昨シーズンのヨーロッパリーグ準優勝チームと敵地で対戦。前半に先制を許すも、後半にエースFWハリー・ケインが奪った2ゴールによって逆転勝利した。 同試合では新型コロナウイルス感染から回復したGKフレイザー・フォースターとMFイヴ・ビスマに加え、負傷明けのMFイバン・ペリシッチ、韓国遠征には帯同しなかったDFクレマン・ラングレ、DFジェド・スペンスの新戦力5人がデビューを飾るなど、チームにとって実り多きテストマッチとなった。 同試合後、公式会見に出席したコンテ監督は、まずは新戦力のパフォーマンスについて言及。対戦相手が本気モードで臨んでいた中、強度の高い試合を経験させられたことに満足している。 「我々は、これらのフレンドリーマッチを利用して、新しいプレーヤーが我々のフットボールのアイデアに参加しプレーする機会を提供しようとしている。明らかに、クレマン・ラングレは、我々と一緒に仕事をした最初の週だった。イヴ・ビスマも韓国でコロナウイルスに感染したが、問題ない。 「今回の一戦はフレンドリーなゲームではなく、本物のゲームだったので、それにも満足している。彼らはウェストハムと対戦した直近の試合で3-1の勝利を収めていたこと。そして、レンジャーズのフィットネスレベルが高いことを知っていた中、我々は良い強さ、良いプレッシャー、そして 良いクオリティーを示したと思う」 「今日の試合で改善すべき状況を見つけなければならないのであれば、特に前半に多くのチャンスを生み出し、得点できなかった部分だ。だが、プレシーズンもハイレベルのフィットネスを実現するために重要であり、我々はまだ発展途上。少し疲れていることも考慮している」 「それでも、戦術的な側面の繰り返しという部分では非常に満足している。回避できるゴールを与えた部分は確実に改善すべきところだが、このプレシーズンにプレーヤーたちが見せてくれる姿勢と意志、野心に満足している」 さらに、韓国遠征で一足先にデビューを飾ったFWリシャルリソンに関しても言及。今後はケイン、FWソン・フンミンと強力なトリデンテを組むことも期待されるが、ローテーションや最適な組み合わせを含め、起用法を探っている段階のように見える。 「リッチーは、チームのクオリティーを高めるために契約したプレーヤーであることは確かだ。また、ローテーションを組む可能性もある。彼は現状のスカッドのレベルを落とさないクオリティーを持ったプレーヤーでもある。競争力を高め、強いチームになりたいのであれば、少なくとも16、17、18人のプレーヤーが同じレベルを保ち、メンバーの入れ替えによってレベルが上がったり下がったりしないようにしなければならない」 「ある試合ではあるプレーヤーを、別の試合では別のプレーヤーを起用することになるが、彼らは90分、70分、30分とプレーできる必要があり、最も重要なことは、彼らがピッチに立ったときに効果的であることだ」 「自分たちのためではなく、相手にとって強いインパクトを与えなければならない。この点については、クラブと一緒に取り組んできたつもりだが、我々はまだこのプロセスを始めたばかりで、チームを一歩一歩向上させていかなければならないことはご存じのとおりだ」 また、この試合でも圧倒的なクオリティーを発揮し、チームを勝利に導く2ゴールを決めたケインに関しては、FWロベルト・レヴァンドフスキの後釜を探すバイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が獲得を希望する趣旨のコメントを残していたことが話題に。 これに対して、イタリア人指揮官は「少し無礼」と不快感を示している。 「正直なところ、私はそれを聞いていない。そして、私は間違いなく他のチームのプレーヤーについて語らない監督だ。それゆえに、なぜそのようなことが起こったのかは理解できない」 「トッテナムの状況は非常にはっきりしている。クラブのプランも非常に明確だ。ハリーはそのプロジェクトの一部。彼はプロジェクトの非常に重要な部分であり、そういった話は噂に過ぎない」 「同時に、他のクラブのプレーヤーについて話すのは好きではないと繰り返し言ってきた。私自身が何かしたいことがあれば、メディアを通してではなく、相手のクラブに話をしに行く」 「(ナーゲルスマン監督の振る舞いは)個人的には他のクラブに対して、少し無礼にあたると感じている。もちろん、それは私のやり方だ。他のクラブのプレーヤーと向き合うには、それが私のやり方だ」 2022.07.24 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインの2発でトッテナムがレンジャーズに逆転勝利!《PSM》

トッテナムは23日、プレシーズンマッチでレンジャーズとアイブロックス・スタジアムで対戦し2-1で勝利した。 16日に行われたセビージャとプレシーズンマッチを1-1のドローで終えたトッテナムは、来週末にリーグ開幕を控えるスコットランドの強豪レンジャーズを相手にプレシーズンマッチ2勝目を狙った。 注目のスタメンはGKロリス、最終ラインはロメロ、ダイアー、ダビンソン・サンチェスを起用。中盤はエメルソン、ホイビュア、ベンタンクール、セセニョンを並べ、3トップはクルゼフスキ、ケイン、ソン・フンミンと昨季の主力を起用した。 立ち上がりは互いに様子見の入りを見せた中、徐々にホームチームがペースを掴んでいく。すると24分、ドリブルでボックス右まで切り込んだマトンドの折り返しをニアでタベルニエがフリックすると、最後は中央のチョラクがゴールに流し込んだ。 先制を許したトッテナムだが、すぐに反撃に転じる。25分、ケインのパスで抜け出したソン・フンミンのラストパスからホイビュアに決定機が訪れたが、シュートはゴール右に外れた。 さらにトッテナムは、33分にもソン・フンミンのパスから相手DFの裏に抜け出したケインがボックス左まで切り込みシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに防がれた。 ハーフタイムにかけては、トッテナムが押し込む時間を増やしていったが、ゴールに迫るような好機を生み出すには至らず、1点のビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、トッテナムはエメルソン、ベンタンクールを下げてルーカス・モウラとビスマを投入。すると50分、ソン・フンミンのパスをボックス左横で受けたケインがカットインからコントロールショットをゴール右隅に突き刺し、試合を振り出しに戻した。 勢いづくトッテナムは56分にも、バイタルエリア中央でパスを受けたソン・フンミンが胸トラップからラストパスを供給すると、走りこんだケインがダイレクトシュートをゴールに流し込んだ。 逆転に成功したトッテナムは、60分にクルゼフスキとセセニョンを下げて新加入組のリシャルリソンとペリシッチを投入。さらに71分には、ケインやソン・フンミン、GKロリスらを下げてブライアン・ヒルやラングレ、GKフォースターらピッチに送り出した。 なかなかシュートチャンスを作れないトッテナムは79分にピンチ。左CKがゴールドソンの背中に当たった浮き球をゴール左手前のサンズがヘディングシュート。しかし、これはGKフォースターが正面でキャッチした。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。ケインの2ゴールで逆転勝利を飾ったトッテナムが、プレシーズンマッチ2勝目を挙げた。 レンジャーズ 1-2 トッテナム 【レンジャーズ】 チョラク(前24) 【トッテナム】 ケイン(後5) ケイン(後11) 2022.07.24 00:56 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly