インテルに今夏も主力流出の危機…若手DFにマンチェスター・シティがオファーか

2022.05.18 17:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)に対して、マンチェスター・シティが獲得に動いているようだ。

2017年夏にアタランタからインテルへ加入したバストーニは、2019年5月に就任したアントニオ・コンテ前監督の下で主力に定着。ここまで公式戦通算117試合に出場して3ゴール8アシストの成績を記録しており、昨シーズンはチームの11年ぶりのスクデット獲得に大きく貢献している。

今シーズンも新たに就任したシモーネ・インザーギ監督の信頼を得て公式戦43試合に出場するなど、チームにおいて重要な存在となっているバストーニだが、来期以降もチームに残留し続けるかは不透明なようだ。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、シティがバストーニ獲得のため6000万ユーロ(約81億6000万円)のオファーを提出したという。インテルは売却を拒否したものの、さらに高額なオファーが届いた場合には断るのは難しいようだ。

インテルはオーナーの蘇寧グループが新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受けたことにより、財政が悪化。昨夏にはモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、ベルギー代表FWロメル・ルカクを売却したが、依然として芳しくなく、今夏にも主力の流出は避けられない見通しのようだ。

シティは今シーズンDFルベン・ディアスやDFジョン・ストーンズが負傷に苦しみセンターバックに不安を抱えていたことから、ジョゼップ・グアルディオラ監督はさらなる守備陣の強化を模索している模様。バストーニに対してさらに高額なオファーを提出する可能性が高まっている。

関連ニュース
thumb

神戸がチリ代表FWサンチェスにオファー! 好条件も本人は拒否

インテルからの退団が濃厚となっているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)に関して、ヴィッセル神戸行きの可能性があったようだ。チリ『TNTスポーツ』が伝えた。 これまでウディネーゼやバルセロナ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとヨーロッパでのキャリアを積んでいるサンチェス。セリエAでは173試合で36ゴール35アシスト、プレミアリーグでは154試合で63ゴール33アシスト、ラ・リーガでも88試合で38ゴール29アシストを記録。チャンピオンズリーグでも64試合で13ゴール16アシストとワールドクラスの選手として知られている。 チリ代表としても146試合で48ゴールと結果を残している中、新シーズンに向けたインテルの構想には 入っておらず、移籍が噂されている。 サンチェスの獲得には、バルセロナ時代のチームメイトである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属する神戸の他、中国スーパーリーグのクラブががオファーを出したとのことだ。 『TNTスポーツ』によれば、神戸のオファーが経済面では最も良かったとのこと。移籍金とサラリーで約1400万ユーロ(約19億3000万円)を支払う気があったという。 さらにガラタサライもオファーを改めて提出したものの、サンチェスはいずれも拒否したという。 本人の希望としては、ヨーロッパのトップリーグでキャリアを続けたいとのことだ。 インテルのトレーニングに合流することになるが、果たしてどのような結末が待っているか。移籍するのか、インテルに残るのか。去就が注目される。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】母国チリで休暇を過ごすサンチェス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sanchez Alexis(@alexis_officia1)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.06 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季はライバルに競り負け2位…インテル指揮官が雪辱誓う「3つ目のタイトルを」

プレシーズンをスタートさせるインテルのシモーネ・インザーギ監督が、クラブの会見で新シーズンに向けた意気込みを語った。 昨年6月に就任したシモーネ・インザーギ監督。前シーズンにセリエAを制したアントニオ・コンテ監督の後任として連覇が期待された昨シーズンだったが、ライバルのミランに競り負けて惜しくも2位フィニッシュとなった。 一方で、コッパ・イタリアとスーペルコッパでは優勝し、2つのタイトル獲得を果たすと、チャンピオンズリーグ(CL)でもラウンド16に進出。初年度としては上々の結果に終わった中で、今夏にはベルギー代表FWロメル・ルカクやMFヘンリク・ムヒタリアンといった実力者を続々と獲得しており、タイトル奪還に向けた期待は高まっている。 そして、いよいよ新シーズンに向けて始動するインテル。S・インザーギ監督はリーグ戦での優勝を大きな目標として掲げながらも、他のコンペティションに対するモチベーションも示した。 「(目標は)優勝すること。我々は昨夏、市場で何が起こったかを知っている。フロントが素晴らしい仕事をしていたので、我々やクラブスタッフも初日から気合を入れてして働いた」 「我々が表現したサッカーによって、シーズン当初の状況とは変わり、インテルは優勝候補と呼ばれるようになった。今年はミランの下の立場でのスタートだが、他の5、6チームと共に最後まで優勝争いを戦い抜くつもりだ。難しいことは分かっているが、昨年と同じように戦いたい」 「我々にとってのレベルアップとは、昨年は2ポイント差で手が届かなかった3つ目のタイトルを獲得するということだ。最後の試合の後、スタジアム全体が我々に拍手を送ってくれた。2つのトロフィーを手にしながらも、3つ目のトロフィーを獲得したかった」 「(CLでも)今年は11年ぶりにラウンド16に進出したが、もっとできるはずだ。ここ数年、イングランドのチームは敵なしだったが、リバプール戦では走り負けることなく、決意をもって堂々とプレーすることができた」 2022.07.06 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルが快足WBベッラノーバ獲得を発表!

インテルは6日、カリアリからU-21イタリア代表DFラウル・ベッラノーバ(22)の獲得を発表した。 イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など国内メディアの報道によると、移籍形態は買い取りオプション付きのレンタル移籍になるという。 インテルは1シーズンのレンタル料として300万ユーロ(約4億2000万円)、買い取りオプション行使の場合は700万ユーロ(約9億7000万円)をシーズン終了後に支払う模様だ。 ミランのプリマヴェーラ育ちのベッラノーバは2019年にボルドーに完全移籍。しかし、フランスの名門ではほぼプレー機会がなく、アタランタ、ペスカーラと母国クラブへの武者修行を経て、昨夏にカリアリへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入していた。 カリアリではチームが18位で降格の憂き目を味わうも、個人としてはセリエAで31試合に出場し、1ゴール2アシストを記録。188cmの恵まれた体躯と、驚異的な運動量、スピードを武器に右ウイングバックの主力として印象的なパフォーマンスを披露していた。 5月末には買い取りオプションを行使したカリアリが保有権を手にしていたが、既報通り、新天地はインテルとなった。 2022.07.06 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

人気株のトリノDFブレーメル、プレミアクラブではなくインテル行きを希望か

トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル(25)はインテルへの加入を望んでいるようだ。 2018年夏にアトレチコ・ミネイロからトリノへ加入したブレメル。1年目は公式戦7試合の出場に留まったが、2年目からはレギュラーに定着し、ここまで110試合の出場で13得点を記録している。 対人戦の強さやカバーリングといった突出した守備能力に加え、セットプレーでの得点力にも定評があるセンターバックは、今年2月に2024年夏まで契約を延長。しかし、今夏の移籍市場では争奪戦が勃発しており、国内のインテルやミランに加えて、トッテナムやチェルシー、バイエルンといった国外のビッグクラブも関心も伝えられている。 先月まではトッテナムが獲得に近いと報じられていたが、イタリア『Calciomercato.com』によれば、現在はインテルとの交渉が進んでいる模様。クラブの幹部はブレーメルと会談を続けており、選手側もインテルでのプレーを希望しているようだ。 ただ、『Calciomercato.com』は取引の成立においてネックとなっているのが金銭面であるとも報道。インテルは、パリ・サンジェルマン(PSG)やチェルシーからの関心があるスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)を8000万ユーロ(約111億円)ほどで売却して、獲得資金の捻出を狙っているとのことだ。 2022.07.06 15:33 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがドルトムントDFアカンジに関心? CB補強候補の3番手か

インテルがボルシア・ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(26)に関心を寄せているようだ。 2018年1月から在籍するドルトムントでは主力のセンターバックとしてプレーするアカンジ。だが、2023年6月までとなっている現行契約を延長しないつもりであることが明らかとなっている。 そんな事情からか、多くのクラブがアカンジの獲得を検討しているとみられており、最近ではユベントスからの関心が伝えられていたが、この度インテルも獲得レースに加わったとのことだ。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、インテルはセンターバック補強のトップターゲットとして、トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル(25)、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)ら2選手の獲得を目指しているとのこと。しかし、いずれかの交渉が不調に終わった場合の3番手の候補として、スイス代表の26歳をリストアップしている模様だ。 インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが現実味を帯びてきており、オランダ代表DFステファン・デ・フライ(30)にも退団の噂が。仮に両選手ともクラブを去るのであれば、アカンジも本腰を入れて交渉に乗り出す可能性は十分に高いと考えられている。 2022.07.05 14:21 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly