「最上級のバルサ」「なんてゴール」京都が12本のパスを繋いだゴールが世界でも大きな話題に「ペップ・グアルディオラも認める!」

2022.04.26 06:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグで誕生したスーパーゴールが世界でも話題を呼んでいる。そのゴールが生まれたのは、17日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節の柏レイソルvs京都サンガF.C.の一戦だ。

0-2で試合は京都が勝利したが、13分にDF荻原拓也が決めたゴールが世界を驚かせている。
最終ラインでボールを持った京都はGK上福元直人にバックパスを送ると、柏の選手たちが猛烈なプレッシャーをかける。

しかし、京都はゴールライン際まで追い詰められるも何とか繋いでいくと、右サイドのDF白井康介からのパスをFWピーター・ウタカがダイレクトで右サイドへ展開。ここから一気にカウンターのような形を作理出すことに。

MF福岡慎平、MF武田将平、FW山田楓喜と繋ぎ、再び福岡へとボールが戻ると、福岡はボックス左のFW松田天馬にパス。その松田のパスを、最後は走り込んでいた荻原がシュート。相手DFの足に当たってコースが変わり、ゴール左上に吸い込まれた。

合計10人の選手が実質12本のパスを繋いで決まったゴールには世界でも反響が。『ESPN』が動画を公開すると、「なんてゴールだ」、「ペップ・グアルディオラも認める」、「信じられない」、「最上級のバルサのよう」と世界の名だたるクラブと比較して称賛の声が集まった。

また、中には「監督は誰がやっているんだ?」と京都の指揮官についてのコメントも。曺貴裁監督の名はまだ知られていないようだが、京都が見せた、プレスを掻い潜ってパスを繋いだゴールはワールドクラスと言える物だった。

ちなみに、曺監督はこのゴールについて「選手たちが自立して選んだという点で言うと、自分たちが目指す中でできることを示した得点だと思います」と、自身は新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことで直接指揮できなかった試合だったが、ゴールを評価。「特徴で間違い無いです」と、京都が目指すゴールの1つであることを認めていた。

1 2

関連ニュース
thumb

京都DF長井一真が完全移籍で水戸へ 「昇格に向けて全力で熱くプレー」

水戸ホーリーホックは6日、京都サンガF.C.からDF長井一真(24)の完全移籍加入を発表した。 長井は関西大学から特別指定選手も経験して、2021年に京都入り。今季はセンターバックだけでなく、サイドバックもこなして、公式戦17試合に出場したが、来季から水戸に活躍の場を求める運びとなった。 水戸を通じて「京都サンガF.C.から来ました、長井一真です」と挨拶の言葉とともに意気込みを語っている。 「1年でJ1に昇格させるという強い覚悟を持って水戸ホーリーホックに加入しました。自分の良さを最大限に発揮し、チームを勝たせる選手になって、水戸ホーリーホックのJ1リーグ昇格に向けて全力で熱くプレーします! 宜しくお願いします!」 一方の京都を通じては「京都サンガF.C.に来て、多くのことを学び成長することができました」と別れの言葉を綴った。 「プロサッカー選手とは何かと教えてくれたスタッフ、選手、ファン・サポーターの方々には感謝しかありません。今年は何度も悔しい苦しい思いをしましたが、その経験も今後の自分の財産とし成長していきます。強化指定の期間を合わせ3年間、本当にお世話になりました」 2022.12.06 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、徳島FW一美和成が完全移籍で再加入! 「また一緒に闘えることを楽しみにしています」

京都サンガF.C.は6日、徳島ヴォルティスからFW一美和成(25)の完全移籍加入を発表した。 一美は大津高校卒のストライカーで、2016年にガンバ大阪でプロ入り。2019年から京都、横浜FCに貸し出され、2021年からG大阪に復帰したが、ポジションを掴めず、同年夏から徳島に完全移籍加入した。 その徳島入りから2年目の今季は明治安田生命J2リーグ25試合に出場して7得点を記録。来季からは育成型期限付き移籍加入の2019年にJ2リーグで17ゴールのインパクトを残した京都で再びプレーする運びとなった。 京都を通じて「この度、徳島ヴォルティスより完全移籍することになりました一美和成です」と挨拶の言葉とともに、意気込みを語っている。 「再び京都サンガF.C.でプレーする機会をいただき、本当に嬉しく思います。チームに貢献できるように全力でプレーします。そしてサポーターの皆さんとまた一緒に闘えることを楽しみにしています」 一方、徳島を通じては「1年半という短い時間でしたが、とても充実した濃い日々を過ごさせてもらいました」と別れの挨拶をした。 「1年でのJ1復帰という目標がある中、今年は怪我が原因で前半戦出場ができずにチームに迷惑をかけてしまいました。その中でもスタッフ、選手の皆さんのおかげで後半戦は復帰することができ、そしてサポーターの皆様のご声援が力となりプレーオフへの可能性を残しながら最後まで戦うことができました」 「しかし、自分の力不足でJ1昇格という目標を達成することができず本当に申し訳なく思っています。今回移籍をすることになりましたが、徳島でプレーできたことを糧にして、これからも成長していきたいと思います。今まで本当にありがとうございました。来年徳島ヴォルティスのJ1昇格を心より願っています」 2022.12.06 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪退団のパトリックが京都入り! 「私自身の歴史をこのクラブにも残したい」

京都サンガF.C.は5日、ガンバ大阪からFWパトリック(35)の完全移籍加入を発表した。 サンフレッチェ広島に舞台を移す時期もあったが、2014年夏からと2019年夏からとでG大阪のキャリアを紡いだパトリック。G大阪が最終的に明治安田生命で残留を決めた今季もリーグ戦でチーム最多5得点を記録して、公式戦でも34試合出場で10ゴールと奮闘した。 だが、ここ数年にわたって試行錯誤が続くG大阪はシーズン終了後の契約満了を決断。そして、注目された移籍先だが、同じく関西を拠点とし、来季でJ1昇格2年目の京都に決まった。クラブの公式サイトを通じて、挨拶とともに、意気込みを語っている。 「神に感謝します。京都サンガF.C.からいただいたこの機会をとても光栄に思いますし、強化部、監督からの信頼にも感謝します。このクラブのため、私の最良を毎日尽くすことを約束します」 「私にとっても新たなるチャレンジとなります、タイトル争いをしたいとも思いますし、私自身の歴史をこのクラブにも残したいと思います」 「このユニフォームを纏い、サポーターの前に立つことを楽しみにしていますし、いつもスタジアムで我々を支えてくれる彼らのため、ゴールや戦う姿勢を見せ、ピッチで多くの喜びを届けたいと思います」 2022.12.05 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ピーター・ウタカが京都退団 「新たなるチャレンジをするにも良いタイミング」

京都サンガF.C.は5日、FWピーター・ウタカ(38)の契約満了を発表した。 ベルギーやデンマーク、中国でもプレーしたウタカは2015年2月の清水エスパルス入りで初来日。サンフレッチェ広島や、FC東京も渡り歩き、一度はデンマークに舞台を移したが、2018年6月の徳島ヴォルティス加入で日本に復帰した。 その後、ヴァンフォーレ甲府でのプレーを挟み、2020年からは京都でプレーし、広島時代の2016年に得点王に輝いた実力をもって移籍初年度からJ2得点王に。昨季J2でも21ゴールで京都のJ1昇格に貢献し、今季も9ゴールを決めた。 退団のウタカはクラブを通じて双方合意による契約満了を明かし、これまでの後押しに感謝。チームの今後を祈り、別れを告げた。 「京都サンガF.C.との話し合いの後、我々の契約終了を双方合意しました。京都サンガF.C.、そしてファンへの愛はこれからも変わることはありません。しかしながら、私が新たなるチャレンジをするにも良いタイミングかと感じています。チームの未来への成功を願っています」 京都サンガF.C.、チームメイト、スタッフ、そしてサポーター、この3年間でみなさんが私にしてくれたこと全てに感謝しますし、今後私がどこに行こうと、サンガは私の心の特別な場所にいます。握手でこのチームに来ました、そして顔を上げて、握手でこのチームを去りたいと思います」 「京都サンガF.C.の幸運を祈ります」 2022.12.05 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

京都10番、アカデミー卒の福岡慎平が契約更新! 「2023シーズンもタフに自分らしく貪欲に」

京都サンガF.C.は3日、MF福岡慎平(22)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 京都のアカデミー卒である福岡は2種登録も経験して、2019年に正式昇格。アンダー世代の日本代表歴も持つヤングタレントで、2年目から一気にポジションを掴み、チームがJ1昇格を果たした今季から背番号を10番に変更した。 自身にとっては初挑戦のJ1リーグだったが、インサイドハーフやアンカーで28試合に出場。そのほか、ルヴァンカップ7試合出場1得点、天皇杯4試合出場、J1参入プレーオフ1試合出場の数字をマークした。 契約更新を受けて、クラブ公式サイトで「今シーズンも熱い声援ありがとうございました!」と今季を通じてのサポートに感謝しつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーできることを誇りに思います。2023シーズンもタフに自分らしく貪欲にプレーして、このクラブにタイトルをもたらせるよう日々成長していきます!」 2022.12.03 10:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly