「不屈を示してくれた」、延長後半ラストプレーで劇的逆転突破のカメルーン、ソング監督が選手を称賛

2022.03.30 16:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カメルーン代表を2大会ぶりのワールドカップ出場に導いたリゴベール・ソング監督が、“不屈のライオン”を体現した選手たちを称賛している。『Actu Cameroun』が伝えている。

カメルーンは29日、敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選最終ラウンドの2ndレグでアルジェリア代表と対戦。延長戦までもつれ込んだ激闘を、アウェイゴール・ルールで上回りカタールへの切符を手にした。

ホームでの1stレグを0-1で落としていたカメルーンだが、この2ndレグでは相手GKのミス絡みでFWエリック・マキシム・チュポ=モティングが先制点を奪取。以降は終始劣勢を強いられながらも、守護神アンドレ・オナナを中心に守り抜き、延長戦まで持ち込んだ。

その延長戦後半では、PK戦突入直前の118分に相手の左CKからDFアーメド・トゥーバにゴールを奪われ、敗退の危機を迎えた。しかし、カメルーンはラストプレーとなった124分に相手陣内で得たFKの流れでDFコリン・ファイが上げたクロスをDFミシェル エンガドゥ=エンガジュイが競り勝ってゴール前に流したボールを、FWカール・トコ・エカンビが右足ダイレクトで流し込み、最後の最後で試合を引っくり返す劇的過ぎる勝ち抜けを決めた。

トニ・コンセイソン前監督の解任に伴い、今月1日に急遽新指揮官に指名された中、カメルーンを見事に本大会出場に導いたソング監督は、まさに“不屈のライオン”の愛称に相応しい圧巻の逆転劇を見せた選手たちを絶賛した。

「個人的にはこのゲームを戦った両チームを祝福したいと思う。とりわけ、不屈であることを示した私のプレーヤーたちを心から讃えたい」

「最初のゲームでは、相手の守備に苦しめられ、プレーヤーが攻撃的に表現することができなかった。しかし、今日我々は2人のストライカーを置くシステムによって、対抗する術を知っていた」

関連ニュース
thumb

マネやサラー、アフリカ最優秀選手候補が10名に絞られる…若手にはユナイテッドMFハンニバルも

アフリカサッカー連盟(CAF)は11日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者10名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 6月30日に30名の候補が発表されていた中、10名にまで絞られたリスト。マネ、サラーの他には、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズや、今年のアフリカ・ネーションズカップで最多の8ゴールを決めたFWヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル)らが残っている。 なお、ミランでセリエAを制し、バルセロナへ移籍したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどは10名に残れなかった。 また、最優秀若手選手賞には日本代表とも対戦した、マンチェスター・ユナイテッドのチュニジア代表MFハンニバル・メイブリら5名が候補として残っている。最終結果は7月21日に発表される。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補10名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス→ドルトムント) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) ◆アフリカ年間最優秀若手選手賞候補5名 ダンゴ・ワッタラ(ブルキナファソ/ロリアン) カマルディーン・スレマナ(ガーナ/レンヌ) カリム・コナテ(コートジボワール/ザルツブルク) パプ・マタル・サール(セネガル/メス) ハンニバル・メイブリ(チュニジア/マンチェスター・ユナイテッド) 2022.07.11 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

カメルーン、国内の年齢&身分詐称疑惑にメス! 44選手を聴聞会に召集

カメルーンサッカー連盟(FECAFOOT)が、年齢、身分詐称の疑いで、国内の8クラブに所属する44選手の聴聞会を実施することを明かした。『ロイター通信』が報じている。 FECAFOOTの声明によると、7月4日から8日にかけて行われる聴聞会には、前述の44選手と共に所属クラブの会長の同伴が求められるという。 召集された選手全員が「年齢や身分の詐称及び共謀」の嫌疑があり、「関係者は、弁護士を介するか否かにかかわらず、聴聞会への出席が必須」となる。仮に、出席しない場合は処分対象となるという。 今回の聴聞会は、昨年12月にFECAFOOTの会長に就任したサミュエル・エトー氏が公約に掲げた改革の一つと見られ、アフリカのサッカー界にとって大きな懸念材料であり続ける年齢詐称や身分詐称を阻止するための取り組みだという。 2022.06.21 21:29 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ時代の脱税認める、エトーが執行猶予付きの懲役22カ月&罰金2億6000万円

かつてバルセロナやインテルなどで活躍し、カメルーン代表の元エースでもあるサミュエル・エトー氏が、脱税容疑を認めた。スペイン『マルカ』が報じた。 アフリカ年間最優秀選手賞を4度も受賞し、現在はカメルーンサッカー連盟(FECAFOOT)の会長でもあるエトー氏。元代理人であるホセ・マリア・メサレス氏とともに脱税疑惑がかけられていた。 バルセロナ在籍時の2006年から2009年にかけ、肖像権譲渡による収入を申告していなかったとのこと。387万2621ユーロ(約5億5000万円)を脱税していたようだ。 エトー氏は20日にスペインの裁判所に出廷。懲役4年6カ月が求刑されたが、最終的には22カ月に減刑。執行猶予がついている。また、メサレス氏は1年間の懲役刑となった。なお、エトーは罰金181万310ユーロ(約2億6000万円)を支払う。 両者は罪を認めた中、エトーはメサレス氏に原因があると非難。すでに資産管理における詐欺罪で訴訟を起こしているが、まだ調査中とのことだ。 スペインでは肖像権がらみの脱税が多くあり、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ジョゼ・モウリーニョ、ネイマールらレアル・マドリーとバルセロナに関わる外国人が近年起訴される件が相次いでいる。 2022.06.21 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

元カメルーン代表DFシェジュが現役引退…リール時代に国内2冠に貢献

元カメルーン代表DFオーレリアン・シェジュ(36)が現役引退を発表した。 2021年1月にトルコのアダナ・デミルスポルを退団して以降、フリーが続いてたシェジュは自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。 フランスのポーでプロキャリアをスタートし、幾つかのフランスのクラブを経て2007年にリールに加入したシェジュ。加入2年目からセンターバックのレギュラーに定着すると、2010-11シーズンにはルディ・ガルシア監督の下でリーグ・アンとクープ・ドゥ・フランスの国内2冠に大きく貢献した。 その後、2013年にガラタサライに完全移籍すると、一時フランスのアミアンでプレーしたものの、イスタンブール・バシャクシェヒルやブルサスポル、アダナ・デミルスポルとトルコのクラブで活躍を続けていた。 2009年にデビューを飾ったカメルーン代表では通算49試合に出場。2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会とワールドカップに2大会連続で出場していた。 2022.05.04 23:36 Wed
twitterfacebook
thumb

抽選の奇跡…3チームが4年前と同じグループGにブラジル代表指揮官「コスタリカが欠けただけ」

ブラジル代表のチッチ監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。『SportsMax』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 ブラジルは抽選の結果、グループGに入り、セルビア代表、スイス代表、カメルーン代表と同居した。 この組み合わせは、実は2018年のロシアW杯と3チームが一緒。ロシアW杯ではカメルーンがコスタリカだったが、3チームは同じ組み合わせであり、グループステージで4年ぶりに再び対戦することとなった。 チッチ監督は4年前とほとんど同じという奇妙な組み合わせ結果について言及。選手たちをしっかりと管理していきたいとした。 「死のグループでもなければ、生のグループでもない。全てがロシアW杯と同じだ。コスタリカが欠けただけだ」 「我々はスイスとセルビア、イタリアとポルトガルを止めたチーム、そしてアフリカで非常に強いカメルーンについて話している」 「我々は自分たちのゲームを高めていかなければいけない」 「それは本の1つの章だ。今、それは別の現実、別の瞬間だ」 「今、この仕事を固めなければいけない。年末まで8カ月、9カ月ある。チームに成長を確認し、クオリティを高め、選手1人1人がベストコンディションで臨めるようにしなければいけない」 「我々は彼らをチェックし続けるという目に見えない仕事をしなければいけない。ファンにとっては見えないかもしれないが、それは医学的になフォロー、フィジカル的なフォロー、アスリート自身へのテクニカル・コミッションによるフォローなどだ」 「これらは全てクラブを尊重するためだ。ワールドカップまでの準備試合は別として、彼らが最高のコンディションで臨めるように、あらゆるフォローアップと指導をしなければいけない。これが私にとって最も重要だ」 2022.04.02 20:52 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly