元カメルーン代表DFシェジュが現役引退…リール時代に国内2冠に貢献

2022.05.04 23:36 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元カメルーン代表DFオーレリアン・シェジュ(36)が現役引退を発表した。

2021年1月にトルコのアダナ・デミルスポルを退団して以降、フリーが続いてたシェジュは自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。

フランスのポーでプロキャリアをスタートし、幾つかのフランスのクラブを経て2007年にリールに加入したシェジュ。加入2年目からセンターバックのレギュラーに定着すると、2010-11シーズンにはルディ・ガルシア監督の下でリーグ・アンとクープ・ドゥ・フランスの国内2冠に大きく貢献した。

その後、2013年にガラタサライに完全移籍すると、一時フランスのアミアンでプレーしたものの、イスタンブール・バシャクシェヒルやブルサスポル、アダナ・デミルスポルとトルコのクラブで活躍を続けていた。

2009年にデビューを飾ったカメルーン代表では通算49試合に出場。2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会とワールドカップに2大会連続で出場していた。


関連ニュース
thumb

アレクシス・サンチェスのマルセイユ行きに待った!ガラタサライが土壇場で横槍

マルセイユ行き間近とされているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)だが、ガラタサライが待ったをかけているようだ。トルコ『Hurriyet』が報じている。 先月末からマルセイユ移籍の噂が取り沙汰されるようになったサンチェス。先日にはインテルとの契約解除が発表され、フランス行きに拍車がかかることになった。 マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長も交渉を認め、延長オプション付きの1年間という具体的な契約内容も伝えられているが、数日以内にメディカルチェックに進もうかというチリ代表FWに、土壇場でガラタサライが接触しているようだ。 報道によれば、ガラタサライはバルセロナやインテルでサンチェスとチームメイトだったMFアルダ・トゥランとMFハカン・チャルハノールのトルコ人プレイヤーを介して説得を試みているようで、エルデン・ティムール副会長はミラノで直接口説きにかかったという。 また、説得材料として年俸300万ユーロの2年契約という、マルセイユを凌ぐ好オファーを用意。『Hurriyet』は、元バルセロナFWの気持ちが傾き始めていると主張している。 2022.08.09 20:36 Tue
twitterfacebook
thumb

トレイラ&メルテンスのガラタサライ入りが正式決定!

ガラタサライは8日、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(26)とベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)の獲得を正式発表した。トレイラは2026年までの契約にサイン。メルテンスは2023年までの契約でガラタサライ入りとなる。 トレイラは2018年夏にサンプドリアからアーセナルに加入したものの、ミケル・アルテタ監督から評価されず、過去2シーズンはレンタル生活。昨季はフィオレンティーナでプレーしたが、買い取りが叶わず、更なる移籍が既定路線だった。 一方のメルテンスは過去9シーズンにわたり、ナポリでプレー。公式戦通算397試合の出場数を誇り、クラブ史上最多の148ゴールと90アシストを記録して長らく攻撃陣をリードしたが、契約更新に至らず、今夏にフリーの身となっていた。 そんな両選手は移籍先を巡って様々な憶測が流れたが、ガラタサライが6日にそれぞれとの交渉を明らかに。トルコ行きが秒読み段階にあった。 2022.08.09 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ガラタサライがメルテンス&トレイラを確保! 交渉開始を発表

ガラタサライがベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)、アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(26)を確保した。 同クラブは6日、2選手との交渉開始を発表。両者は条件面で合意に至っており、同日夜にはイスタンブール入りし、メディカルチェックを受診した後に契約書にサインする見込みだ。 先日にナポリ退団が発表されたメルテンス。9シーズンにわたって在籍し、公式戦出場は通算397試合。クラブ史上最多の148ゴールと90アシストを記録し、点取り屋としてはもちろん、チャンスメイクにも秀でた希代のストライカーとして長らく活躍した。 35歳とキャリア晩年を迎えているが、実績十分の実力者に対してはユベントスやインテル、マルセイユ、アヤックスといった各国の強豪との関連が伝えられたが、新天地はトルコ屈指の名門に。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、メルテンスはガラタサライと年俸400万ユーロ(約5億5000万円)の1年契約で合意。同契約には1年の延長オプションが含まれているという。 一方、トレイラは2018年夏にサンプドリアからアーセナルへ加入したものの、ミケル・アルテタ監督の信頼を得られず。2シーズン連続でアトレティコ・マドリー、フィオレンティーナへのレンタル移籍に出ていた。 フィオレンティーナが買い取りを断念したことで、一旦アーセナルに復帰したトレイラだったが、ノースロンドンでの構想外という扱いは変わらず、移籍が既定路線となっていた。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は600~700万ユーロ(約8億2000万~9億6000万円)+アドオンとなり、トレイラは2025年までの3年契約にサインする見込みだという。 2022.08.07 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

メルテンスを巡る獲得レース、ガラタサライが優勢か

ベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)をめぐる争奪戦が激化している。 先日にナポリ退団が発表されたメルテンス。9シーズンにわたって在籍し、公式戦出場は通算397試合。クラブ史上最多の148ゴールと90アシストを記録し、点取り屋としてはもちろん、チャンスメイクにも秀でた希代のストライカーとして長らく活躍した。 35歳とキャリア晩年を迎えているが、実力とともに移籍市場での人気は衰え知らず。これまでにユベントスやインテル、マルセイユ、アヤックスといった各国の強豪との関連が伝えられている。 そんな中、移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、現在ベルギー代表FWの争奪戦において有力候補に上がっているのはガラタサライのようだ。 ただ、そのガラタサライも経営難のナポリを悩ませた給与面が課題となるようだ。選手側は年俸500万ユーロを要求しており、同クラブはオファーを引き上げる必要があるとのこと。獲得レースは長期戦の様相を呈している。 2022.08.03 19:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスで居場所失うルガーニ、サンプドリアがレンタルでの獲得を希望か

ユベントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(28)に、サンプドリアが関心を示しているようだ。 2012年に18歳の若さでユベントスに加入したルガーニは、エンポリへのレンタル移籍を経て2015年からファーストチームに定着。DFジョルジョ・キエッリーニやDFレオナルド・ボヌッチの後継者として、高い期待が寄せられていた。 しかし、ユベントスで徐々に序列が低下すると、2020-21シーズンにはスタッド・レンヌ、カリアリにレンタル移籍。だが、負傷などもあり満足にプレーできないままユベントスに復帰し、昨シーズンもセリエAでの先発出場はわずか9試合にとどまった。 『Sport Italia』の移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の構想から外れたイタリア代表DFに対しては、サンプドリアが関心を示しているようだ。クラブはレンタルでの獲得を希望し、選手がユベントスで受け取る150万ユーロ(2億3000万円)の給料を支払う用意があるという。 ただし、ルガーニついてはガラタサライが完全移籍での獲得を申し出ており、ユベントスはこちらを優先したい模様。一方で、ルガーニはトルコ行きに難色を示し、オファーを受け入れるかは不透明とのことだ。 2022.08.03 18:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly