ロシアとPOで対戦予定だったポーランド、トレーニングキャンプメンバーを発表…試合の詳細は未定

2022.03.07 22:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポーランドサッカー協会(PZPN)は7日、トレーニングキャンプに臨むポーランド代表メンバー29名を発表した。

ポーランドはカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフで24日にロシア代表と対戦する予定だった。しかし、2月24日にスタートしたロシアによるウクライナへの軍事侵攻受け、ロシアが出場停止となっている。

試合に関しては現時点で明確になっておらず、どのような形でプレーオフが開催されるかは決まっていない。

そんな中、パウロ・ソウザ監督を解任し、新たにチェスワフ・ミフニエヴィチ監督が率いるポーランド代表はトレーニングキャンプを行うことに。国外でプレーする選手29名を発表した。

今回のメンバーには、エースのFWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)やGKヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス)、MFピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)らを招集した。

今回発表されたポーランド代表メンバー29名は以下の通り。

◆ポーランド代表メンバー29名
GK
バルトロミエ・ドラゴウスキ(フィオレンティーナ/イタリア)
ウカシュ・スコルプスキ(ボローニャ/イタリア)
ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス/イタリア)
カミル・グラバラ(コペンハーゲン/デンマーク)

DF
トマシュ・ケジオラ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
マチェイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
ティモテウシュ・プハチ(トラブゾンスポル/トルコ)
マルチン・カミニスキ(シャルケ/ドイツ)
アルカディウシュ・レカ(スペツィア/イタリア)
カミル・グリク(ベネヴェント/イタリア)
バルトシュ・ベレシュインスキ(サンプドリア/イタリア)
ミハウ・ヘリク(バーンズリー/イングランド)
ヤン・ベドナレク(サウサンプトン/イングランド)
マティ・キャッシュ(アストン・ビラ/イングランド)

MF
ヤツェク・ゴラルスキ(カイラト/カザフスタン)
セバスティアン・シマンスキ(ディナモ・モスクワ/ロシア)
グジェゴシュ・クリホヴィアク(クラスノダール/ロシア)
コンラド・ミシャラク(コンヤスポル/トルコ)
プルゼミスラフ・フランコフスキ(RCランス/フランス)
ヤクブ・モダー(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)
プルゼミスラフ・プラチェタ(ノリッジ/イングランド)
クリスティアン・ビエリク(ダービー・カウンティ/イングランド)
シモン・ジュルコフスキ(エンポリ/イタリア)
ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア)

FW
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ドイツ)
アルカディウシュ・ミリク(マルセイユ/フランス)
クシシュトフ・ピョンテク(フィオレンティーナ/イタリア)
カロル・シフィデルスキ(シャーロットFC/アメリカ)
アダム・ブクサ(ニューイングランド・レボリューション/アメリカ)


関連ニュース
thumb

ジエリンスキがナポリ残留を希望か、ウェストハムやラツィオが関心も

ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(28)がナポリ残留を希望しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ジエリンスキは2016年夏にウディネーゼから加入。ナポリでは常に主力選手としてプレーし、6年間で通算281試合40得点33アシストを記録。全てのシーズンで40試合以上に出場するなど、チームにとって欠かせない存在だ。 ただ、今夏はウェストハムからジエリンスキに触手が。相手方は4000万ユーロに迫る移籍金と年棒600万ユーロ(約8億2000万円)を用意したとされ、選手にとっても魅力的なオファーだったが、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長は放出を固辞。結局ウェストハムは手を引いた模様だ。 また、元ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオもジエリンスキに関心。同クラブはセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチに移籍の可能性があり、後釜候補としてポーランド代表MFをリストアップしているとのことだ。 しかし、当の本人はナポリ残留が基本姿勢。今夏にセネガル代表DFカリドゥ・クリバリや、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェなど、攻守の主力が相次いで退団したチームにおいて、ルチアーノ・スパレッティ監督は、ジエリンスキをチームの軸に据える方針だと考えられている。 2022.08.04 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元ミランの背番号「9」ピョンテク、サレルニターナにレンタル移籍へ

ヘルタ・ベルリンのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(27)は、サレルニターナへのレンタル移籍が目前となっているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』などが伝えている。 ピョンテクはかつてセリエAで一世を風靡したストライカー。2018-19シーズンに母国のクラコビアからジェノアへ加入すると、シーズン前半戦だけで公式戦通算21試合19得点を記録するなど大爆発。加入からわずか半年後の2019年1月に、3500万ユーロ(約49億円)の移籍金でミランへと移籍した。 ところがミランで大ブレーキ。加入当初は主力として活躍も、背番号「9」を与えられた2019-20シーズンは一転してサブに降格。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのミラン復帰と入れ替わるように、ブンデスリーガへ新天地を求めていた。 2021-22シーズンの後半戦はフィオレンティーナに貸し出され、セリエA14試合3得点を記録したピョンテク。だが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、引き続きカルチョでプレーすることが決定的な状況とのこと。数日以内にサレルニターナへの1年レンタルが発表されるとみられている。 なお、給与については、現在の350万ユーロ(約4億8000万円)のうち、保有権を持つヘルタが150万ユーロ(約2億円)を負担し、サレルニターナが200万ユーロ(約2億8000万円)を支払う形になるとのことだ。 また、ポーランド『TVP Sport』では、サレルニターナへのレンタルには買い取りオプションが付帯しているが、その金額については現状では不明と紹介されている。 2022.07.22 21:52 Fri
twitterfacebook
thumb

スパクタク・モスクワ加入のポーランド代表DFリブス、カタールW杯出場見送りへ

ポーランドサッカー協会(PZPN)は20日、スパクタク・モスクワに加入したポーランド代表DFマチェイ・リブスをカタール・ワールドカップのメンバーに選出しないと発表した。 これまでポーランド代表として66キャップを刻んでいる左サイドバックのリブスは、今月11日にフリーでスパクタク・モスクワに加入していた。 PZPNは声明にて「選手にはカタールW杯のメンバーには選出しないことを通知した」と発表。 ポーランドではロシアによるウクライナ軍事進攻を受けて、350万人以上の難民を受け入れており、ロシアでプレーすることを選択したリブスを代表でプレーさせるわけにはいかない事情を抱えている。 2022.06.21 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

財政難バルサが71億円を用意、ついにレヴァンドフスキ獲得へ本格準備

バルセロナがバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の獲得にしっかりと動き出すようだ。スペイン『アス』が報じた。 バイエルンのエースとして長らく君臨しているレヴァンドフスキ。2020-21シーズンはブンデスリーガで41ゴールを記録し、1シーズンでのリーグ歴代最多得点記録を更新した。 ドルトムントのエースとしてプレーしていた中、2014年7月にフリートランスファーでバイエルンに加入。持ち前の得点力に磨きがかかると、ここまで公式戦374試合に出場し344ゴール72アシストという圧倒的な数字を残してきた。また、ブンデスリーガで8回、チャンピオンズリーグで1回、DFBポカールでも3回優勝を果たしている。 残り契約が1年となった中、バイエルンとの契約延長に応じていないレヴァンドフスキは、公然とクラブを批判。次のステップを踏み出したいという要望に、全く向き合ってくれないことに腹を立て、ポーランド代表の活動中には「バイエルンでの僕の時代は終わった。このクラブでプレーを続ける可能性はないと思う」とコメントするほどだった。 そのレヴァンドフスキの獲得を望んでいたバルセロナだったが、長らく続くクラブの財政的な問題があり、バイエルンを満足させるだけのオファーを出せないでいた。 しかし、財務状況の改善が進んでいることがわかり、クラブは正式に獲得に動き出す準備を進めているとのこと。5000万ユーロ(約71億円)の移籍金を提示するという。 バイエルンはすでにリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(30)の獲得でクラブ間合意しており、レヴァンドフスキ退団に備えている状況。ここから一気に動く可能性がありそうだ。 2022.06.20 09:48 Mon
twitterfacebook
thumb

バチュアイ弾でポーランドを下したベルギーが首位を追走!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグA・グループ4第4節、ポーランド代表vsベルギー代表が14日に行われ、0-1でベルギーが勝利した。 ここまで1勝1敗1分けでグループ3位のポーランドは、ドローに終わった前節のオランダ代表戦からスタメンを7人変更。ピョンテクやクリホヴィアク、ベレシュインスキ、GKスコルプスキらに代えてレヴァンドフスキやリネティ、グリク、GKシュチェスニーらを先発で起用した。 同じく1勝1敗1分けでグループ2位のベルギーは、前節のウェールズ戦からスタメンを7人変更。すでに代表を離脱したデ・ブライネやカラスコ、ボヤタ、GKカスティールスらに代えてエデン・アザールやメルテンス、トルガン・アザール、GKミニョレらを先発で起用した。 試合は立ち上がりからベルギーが攻勢に出ると16分、バイタルエリア右でボールを受けたティーレマンスの供給したクロスをゴール前に抜け出したバチュアイがダイビングヘッドでゴール右に流し込んだ。 以降は先制を許したポーランドがやや盛り返す展開となるが、ベルギーの集中した守りを崩しきれずフィニッシュの場面は増えない。それでも31分には、キャッシュのロングパスをペナルティーアーク内で受けたシマンスキが、絶妙なトラップから左足でシュートを放ったが、これは枠の上に外れた。 リードするベルギーは、直後の32分に再びゴールネットを揺らす。バチュアイのスルーパスでボックス内に侵入したE・アザールが冷静にネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定となった。 ハーフタイムにかけても膠着状態が続いたが、ポーランドは45分にボックス右深くでパスを受けたレヴァンドフスキのクロスをファーサイドでフリーのザレフスキが右足ボレーで合わせたが、シュートはゴール右に外れた。 迎えた後半、ベルギーはヴィツェルを下げてヴァナケンを投入。対するポーランドは、53分にジエリンスキとザレフスキを下げてシフィデルスキとフランコフスキピッチに送り出した。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ポーランドは74分にペナルティーアーク手前でFKを獲得すると、レヴァンドフスキが直接ゴールを狙ったが、これは枠の上に外れた。 対するベルギーは83分、ヴァナケンのパスでボックス左から侵入したトロサールが切り返しでDFをかわしシュート。しかし、これはGKシュチェスニーのセーブに防がれた。 終盤にかけて猛攻を仕掛けるポーランドは、90分にこの試合最大の決定機。クリヒのスルーパスでボックス左から侵入したレヴァンドフスキのクロスをファーサイドのシフィデルスキが頭で合わせたが、シュートは右ポストに弾かれた。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。バチュアイのゴールで逃げ切ったベルギーが2勝目を挙げ、首位オランダを追走している。 2022.06.15 05:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly