ルーニー、古巣エバートンから関心報道も…「何の連絡もない」

2022.01.22 14:49 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートン指揮官の後任候補に関して、その一人に挙げられているダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督(36)が噂に反応している。

エバートンは16日、今季から指揮を執っていたラファエル・ベニテス監督(61)の解任を発表。プレミアリーグで暫定15位と低迷したことや、退屈と揶揄される守備的なスタイルも相まってその手腕を疑問視され、首を切られることとなった。

エバートンは暫定指揮官にダンカン・ファーガソン氏(50)を据えつつ、後任探しに奔走。昨年までチェルシーで指揮を執っていたフランク・ランパード氏(43)やベルギー代表のロベルト・マルティネス監督(48)といった候補が挙がるなか、クラブのレジェンドであるルーニー氏もその筆頭として関心を報じられている。

ルーニー氏はそんなエバートン行きの噂について、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで反応。長年にわたってプレーしたクラブからの関心報道を光栄だとしつつも、具体的な連絡は受け取っていないと話した。

「私もみなさんと同じで、ソーシャルメディアや新聞でそういった噂を目にした。もちろん、エバートンは私が常に応援してきたクラブだ」

「このような話が聞こえてくるのは光栄だ。しかし、エバートンも私とコミュニケーションをとるには、フロントを通さなければならないことは承知しているはずだ」

「エバートンはフロントに話をしていない。だから、私は自分の仕事から目をそらすことはできない。この件に関しての質問を受けることは理解しているが、エバートンからは何の連絡もないので、これ以上何も言うことができない」

関連ニュース
thumb

第2GKを探すユナイテッド、エバートンの35歳ベゴビッチに注目か

マンチェスター・ユナイテッドがエバートンの元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチ(35)に関心を寄せているようだ。 キャリアのほぼ全てをイングランドでプレーするベゴビッチ。ストーク・シティやボーンマスで正GKとして活躍し、チェルシーにも2年間在籍。また、短期間ながらセリエAのミラン、さらにはアゼルバイジャンのクラブに在籍歴があるなど、非常に経験豊かなGKだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督は、チーム内にGKがスペイン代表のダビド・デ・ヘアとイングランド人のトム・ヒートンしかいない現状を憂いており、首脳陣らに新GK獲得のための予算の増加を要望したという。 候補に上がるベゴビッチは足元の技術に優れているわけではなく、テン・ハグ監督が求めるGK像とは一致しない。だが、数多のクラブを渡り歩いた経験値は現在のユナイテッドに不足している要素の1つであり、安定感を欠くデ・ヘアとの競争も可能な人材として35歳の守護神に注目しているとのことだ。 2022.08.18 19:03 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンでも復活できずのデレ・アリ…ベシクタシュへの移籍に前向きか

エバートンのイングランド代表MFデレ・アリ(26)に、ベジクタシュ移籍の可能性が浮上している。 10代の頃は“神童”として高い評価を受け、2015年夏に加入したトッテナムでは卓越したセンスとテクニックを武器に主力として活躍したデレ・アリ。しかし、近年は度重なる負傷や素行不良でパフォーマンスは低下する一方で、昨年就任したアントニオ・コンテ監督から構想外の扱いを受けると、今年1月にエバートンへ移籍した。 同胞であるフランク・ランパード監督の下でのキャリア再生が期待されたデレ・アリだが、ここでも信頼は掴めず。昨シーズンはプレミアリーグでの先発がわずか2試合にとどまると、今シーズンも開幕から2試合続けてベンチスタートになるなど、加入当初に期待されていた存在感は発揮できていない。 イギリス『ガーディアン』ら複数メディアによると、そんな悩める天才に対してはトルコのベシクタシュがレンタルでの獲得に関心を示している模様だ。デレ・アリ本人も復活に向けて出場機会を強く希望しており、プレミアリーグからの都落ちとなっても移籍に前向きと報じられている。 なお、エバートンは低調なパフォーマンスに終始するデレ・アリに対してすでに見切りをつけており、加入からわずか半年ながら移籍を止めるつもりはないようだ。 2022.08.17 17:54 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンFWゴードンがチェルシー行きを希望か、チェルシーは3度目のオファーを準備

エバートンのU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードンがチェルシー移籍を望んでいるようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 エバートンの下部組織出身のゴードンは今夏の移籍市場における注目株の一人。トップチームはデビューは2017年12月と早かったが、頭角を現したのはプレストン・ノースエンドからレンタルバックした昨シーズンだった。両ウイングを主戦場にプレミアリーグで35試合に出場し4ゴール2アシストをマーク。この活躍からチェルシーをはじめ、トッテナムやニューカッスルが関心を示すようになった。 だが、エバートンが放出を固辞しているため、トッテナムやニューカッスルは獲得レースから撤退。一方で、新オーナーが早くも移籍市場で存在感を放つチェルシーは粘り強く交渉を続けているようで、先日に4500万ポンドの2度目のオファーを断られるも、さらなるオファーを準備している模様だ。 その中でゴードン本人はチェルシー移籍を望んでいるとのこと。同クラブのレジェンドであるフランク・ランパード監督にはすでにその旨を伝えているようだ。なお、一部ではチェルシーが交渉の条件にベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(28)の譲渡を含めるという情報も出ていたが、『テレグラフ』はその可能性を否定している。 2022.08.17 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンがチェルシーで構想外のバチュアイ獲得に動く?

エバートンが、チェルシーのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(28)の獲得に動いているようだ。 2016年夏にマルセイユから加入して以降、チェルシーでは大きなインパクトを残せずにいるバチュアイ。そのため、これまでドルトムントやバレンシア、クリスタル・パレス、ベシクタシュと様々なクラブへのレンタル移籍を繰り返している。 チェルシーとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、バチュアイ本人とクラブは今夏のレンタル移籍の可能性を除外し、完全移籍での別れを念頭に置いている。 そういった中、ベルギー人ジャーナリストのサーシャ・タヴォリエリ氏が伝えるところによれば、U-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)の獲得を目指すチェルシーは、その交渉の一部としてバチュアイの譲渡を契約に盛り込んでいるという。 すでに4000万ポンド(約64億2000万円)と言われるオファーはエバートンに拒否されたとの報道もあるが、バチュアイの交渉自体は進行中だという。 エバートンは今夏のブラジル代表FWリシャルリソンのトッテナム移籍に伴い、センターフォワードは近年負傷が目立つイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン、ベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドンの2選手のみ。そのため、クラブはストライカーの補強を目指している。 また、チェルシーを率いた時代にはバチュアイをあまり評価していなかったフランク・ランパード監督だが、獲得にゴーサインを出しているとの報道もある。 2022.08.16 00:12 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦で負傷のエバートンDFミナ、ゴッドフリーに続いて2カ月程度の離脱へ

エバートンのコロンビア代表DFジェリー・ミナがしばらく離脱することになるようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ミナは6日に行われたプレミアリーグ開幕戦のチェルシー戦に出場。しかし70分に負傷交代していた。 13日に行われたアストン・ビラ戦は欠場したミナだが、足首を負傷し、8週間の離脱になるようだ。 フランク・ランパード監督にとって、大きな痛手となり、同じチェルシー戦ではイングランド代表DFベン・ゴッドフリーが右足首を骨折。3カ月の離脱になるとされている。 ミナは昨年10月に大腿部を負傷して離脱。今年1月に復帰も、すぐに再負傷で離脱となっていた。 エバートンはウォルバーハンプトンからイングランド代表DFコナー・コーディ(30)を緊急でレンタル移籍させたが、ミナも離脱となり、センターバックのやりくりが必要となりそうだ。 2022.08.15 18:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly