アスレティックがバルサとの激戦制して8強入り マルセリーノ「魔法がかった夜」

2022.01.21 15:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アスレティック・ビルバオの監督がマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が歓喜した。

コパ・デル・レイ4回戦でバルセロナと対戦したアスレティックは開始2分にFWイケル・ムニアインのゴールで幸先よく先制したが、20分にFWフェラン・トーレスがバルセロナ移籍後初ゴール。86分に勝ち越してから後半アディショナルタイムにまたしても追いつかれたが、延長前半にムニアインがネットを揺らして、ベスト8に駒を進めた。

アスレティックの公式サイトによると、バルセロナとの120分にわたる激戦を制して、8強入りのマルセリーノ監督も試合後、喜びの感情を露わにした。
「サン・マメスでコパに臨む夜はいつだって特別だが、今夜は魔法がかったものだった」

「生きている限り、忘れることなどないだろうね。我々は素晴らしい相手に対して、試合のほとんどで優れていた」

MFペドリの後半アディショナルタイム弾にも下を向かず、諦めない姿勢が結実したマルセリーノ監督はまた、妥当な結果だとも主張している。

「開始早々にゴールを奪ってから追いつかれたが、自分たちに疑いなどなかった。ハーフタイムをリードして迎えるべきだったとも思う」

「そこから再びリードして、勝利まであと一歩のところで延長戦に持ち込まれたが、我々は立ち直った」

「ポゼッションを除くすべてのスタッツをみれば、我々の方が優れ、勝利に値したのを物語っている」

関連ニュース
thumb

アスレティック新SD、ウナイ・シモンら主力選手の慰留に自信「最優先事項だ」

アスレティック・ビルバオの新たなスポーツ・ディレクター(SD)に就任したミケル・ゴンザレス氏が、主力選手らの慰留に自信をのぞかせた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 アスレティックはラ・リーガの中堅クラブながら、複数のスペイン代表選手が在籍。同国代表の正GKウナイ・シモン(25)とFWニコ・ウィリアムズ(20)は、カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーにも選出されている。 両選手は揃ってビッグクラブからの関心が高く、近い将来のステップアップは濃厚とも。だが、ゴンザレス新SDは29日の就任セレモニーで、2人を含めた主力選手らの引き留めはクラブの最優先事項と明言している。 「優れたタレントの維持は最優先事項。クラブはこれまでも力を入れてきた。ニコとイニャキはこの街とクラブに根ざした存在で、今後何年もここで過ごすだろう。若いサンセトも将来のプロジェクトを語る上で必要不可欠だ」 ニコと兄のガーナ代表FWイニャキ・ウィリアムズ(28)、U-21スペイン代表MFウイハン・サンセト(22)をクラブの根幹と位置付けるゴンザレスSD。一方、マンチェスター・ユナイテッド行きが噂されるシモンについても同様の姿勢を崩していない。 「彼は現時点でワールドクラスのGK。アスレティックのみならず、W杯でも力を発揮しているね。レベルの高い選手がビッグクラブに注目されるのは当然のこと。彼とは長い契約を結んでいて、我々は非常に落ち着いている」 2022.11.30 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

今冬バルサが狙うイニゴ・マルティネスが去就に言及

今冬のバルセロナ移籍が取り沙汰されるアスレティック・ビルバオのスペイン代表DFイニゴ・マルティネス(31)が自身の去就に言及した。 今シーズン限りでアスレティックとの契約が終了するマルティネスに関しては、来夏のバルセロナ移籍が既定路線と見られる。しかし、バルセロナはセンターバック陣に多くの負傷者を抱えている上、元スペイン代表DFジェラール・ピケが現役を引退したことで、補強の必要性が高くなっている。 そのため、クラブは今冬のタイミングで移籍金を支払い、左利きDFの獲得に動くのではないかとの報道も出ている。 そして、渦中の31歳はスペイン『オンダ・バスカ』で自身の去就に言及している。 「今は(去就の噂に)少し疲れているけど、それはよくあることだ」 「僕の将来ははっきりしていないけど、契約延長について話す機会や場所ではないよ。現状集中力を失うことはないし、常にアスレティックのために最善を尽くしているよ」 「僕らはシーズン終了まで契約を結んでいる。そして、僕自身アスレティックのために戦い続ける。ここで幸せだ。毎日笑顔でビルバオで楽しんでいる。愛されていると感じているんだ」 先日のアスレティック会長のコメントや今回のマルティネスのコメントを聞く限り、現状では今季終了までの残留の可能性が高いと思われる。 2022.11.11 00:23 Fri
twitterfacebook
thumb

ビルバオ戦で肩負傷のセルジ・ロベルトが約1カ月の離脱へ…カタールW杯欠場の可能性も

バルセロナのスペイン代表DFセルジ・ロベルトが約1カ月の戦線離脱を強いられる見込みだ。スペイン『アス』は伝えている。 セルジ・ロベルトは23日に行われたラ・リーガ第11節のビルバオ戦に先発し、18分にはチームとなるゴールを記録。しかし、後半終了間際に相手MFアレハンドロ・ベレンゲルにスライディングタックルを見舞った際に肩を負傷。そのまま担架でピッチを後にしていた。 『アス』によれば、24日に行われた検査でセルジ・ロベルトは左肩の脱臼を診断され、少なくとも1カ月程度の離脱を強いられる見込みだという。 復帰時期に関しては中断明けの12月31日に行われるラ・リーガ第15節のエスパニョール戦付近になる模様。その場合はバルセロナでの多くの公式戦に加え、スペイン代表として臨むカタール・ワールドカップを欠場する可能性も出てきている。 2022.10.25 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

完勝のバルサ指揮官チャビ、1G3Aのデンベレは「パーフェクトなプレー」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督はフランス代表FWウスマーヌ・デンベレのパフォーマンスを高く評価した。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは23日のラ・リーガ第11節でアスレティック・ビルバオをホームに迎えての一戦。12分にデンベレのヘディングシュートで先制すると、18分にスペイン代表DFセルジ・ロベルト、22分にはポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが追加点を決め、3点リードで前半を終える。試合を折り返しても相手に主導権を渡さず、73分には途中投入のスペイン代表FWフェラン・トーレスがダメ押しの4点目を奪取。4-0の完勝で引き続き首位レアル・マドリーを3ポイント差で追っている。 チャビ監督は試合後、内容について、前々節のマドリー戦以降からチームが成長を示していると語った。 「我々はとても良かった。強烈なパフォーマンスだった。中盤を1人増やしたことで、局面での数的優位を作れている。非常に完成度の高い試合だった。我々の結束を示せたし、良い勝ち方だったが、これ以降もこの調子を続けていかなければならない」 「相手がイニャキ(・ウィリアムズ)と(オスカル・)デ・マルコス、そしてもう1人の選手を使ってハイプレスを仕掛けてくることはわかっていた。それに対して中盤を一人増やした。勝利は嬉しいけれど、改善の余地もある。数的優位をどう使うかという点でだ」 「ベルナベウでのエル・クラシコを経て、チームは一段階成長した。ここ2試合は良い内容だった。カンプ・ノウは華やかな雰囲気を持った要塞であるべきだ」 また、先制ゴールを決め、その後も3アシストという形で全得点に関与したデンベレについても言及。見事な活躍を称えつつ、今後のさらなるパフォーマンス向上を願った。 「今日のデンベレはパーフェクトなプレーをしたし、すべてが彼の思い通りになった。彼は決意を持って試合の中で決断を下しており、それこそがフットボールだ。ウスマーヌはウィングであり、このポジションでは最高か最低か、常にプレーは両極端になるものである」 「彼は大きな可能性を秘めている。良くないときもあるが、今日は素晴らしかった。彼は輝かしいパフォーマンス、あるいはそれに近い状態をもっと高い頻度で示すべきだ。今日のような活躍こそが、私が彼に残留してほしかった理由だ」 2022.10.24 11:51 Mon
twitterfacebook
thumb

デンベレが圧巻の1G3A、バルセロナがアスレティックに完勝《ラ・リーガ》

バルセロナは23日、ラ・リーガ第11節でアスレティック・ビルバオをホームに迎え、4-0で完勝した。 3日前に行われた前節ビジャレアル戦ではレヴァンドフスキのドブレーテなどで快勝とした2位バルセロナ(勝ち点26)は、3トップにレヴァンドフスキ、デンベレ、ペドリを起用した。 6位ビルバオ(勝ち点18)に対し、立ち上がりからボールを握ったバルセロナは12分に先制する。二次攻撃の流れでレヴァンドフスキが左サイドでルーズボールを拾ってクロス。これをデンベレが打点の高いヘッドで押し込んだ。 さらに18分、デンベレのパスをボックス右で受けたセルジ・ロベルトのシュートがネットを揺らすと、22分に3点目。 デンベレのパスをボックス中央で受けたレヴァンドフスキが反転から左足でフィニッシュ。シュートを突き刺して3-0とした。 負傷したガビが33分にプレー続行不可能となってケシエが投入された中、ハーフタイムにかけてもバルセロナが主導権を握って前半を終えた。 3-0と余裕の展開として迎えた後半、敵陣でプレーするバルセロナは63分に3枚替え。レヴァンドフスキ、ペドリ、クンデをお役御免とした。 そのバルセロナは73分、デンベレのスルーパスを受けたフェラン・トーレスが4点目を奪取。 デンベレの1ゴール3アシストの活躍で完勝としたバルセロナが首位レアル・マドリーを3ポイント差で追走している。 2022.10.24 05:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly