マルセリーノ・ガルシア・トラル Marcelino Garcia Toral

ポジション 監督
国籍 スペイン
生年月日 1965年08月14日(58歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

ビジャレアルで大暴れのセルロート、契約解除金64億円で今夏注目の1人に?

ビジャレアルのノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロート(28)が今夏マーケットで注目を集める1人となりそうだ。 過去2シーズンをレアル・ソシエダで過ごし、今季からビジャレアル入りしたセルロート。RBライプツィヒからローンで獲得したソシエダが完全移籍でとどめきれず、今季からビジャレアルに活躍の場を移したストライカーはさらに得点力を開花させ、ここまで公式戦40試合で26得点を叩き出す。 ラ・リーガに限れば、先週末のレアル・マドリー戦で衝撃の4ゴールと大暴れし、23ゴールで得点ランキングトップに。こうした活躍により、ビジャレアルに完全移籍して1年で他クラブもいろめき立つ存在となる。 スペイン『マルカ』によると、ビジャレアルとの契約は2028年夏までだが、解除条項があり、その額は3800万ユーロ(約64億5000万円)。市場終盤でも4000万ユーロ(約67億8000万円)ほどとのことで、有力クラブからすれば届かない額でもなく、オファーが予想されるという。 マルセリーノ・ガルシア・トラル監督はレアル・マドリー戦後、「オファーを恐れてなどない。それがフットボールの市場というものだからだ」とコメント。なお、ビジャレアルは800万ユーロ+ボーナスで獲得している。 2024.05.21 16:00 Tue

ウルトラス脅迫によって辞任に追い込まれたマルセリーノ監督が古巣マルセイユと対戦…ビジャレアルは超厳戒態勢で指揮官の安全確保

ビジャレアルの指揮官として古巣マルセイユと対峙するマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は、超厳戒態勢でかつての本拠地での戦いに臨む。 マルセリーノ監督は今シーズンの開幕前にマルセイユの新指揮官に就任。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)予選でパナシナイコスに敗れ、痛恨の本戦行きを逃すと、リーグ・アンでも格下相手の取りこぼしが目立つ微妙なスタートに。 すると、昨年9月には以前から過激な集団として認識されるウルトラスがクラブのトレーニング施設でクラブ首脳陣との会合を要求。 極度に緊張したその会談では、マルセリーノ監督やパブロ・ロンゴリア会長といった首脳陣に退団を求める脅迫まがいの要求が行われ、クラブはその要求に屈服、あるいはこれ以上こういった輩を相手にクラブ運営が不可能と感じたか、いずれも辞任の道を選択した。 その後、就任7試合でクラブを離れることになったスペイン人指揮官は、フランス『レキップ』で「私が辞める決断をしたのではなく、絶対に非難されるべき脅迫を考慮した一般的な決断だった」、「常にイベントに影響を与えたい一部の急進的なサポーターの存在が、ビッグクラブになることを妨げている」と、ウルトラスへの憤りを語っていた。 その後、ビジャレアルの新監督に就任したスペイン人指揮官は、今回のヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16でその古巣との対戦が決定。7日に行われる1stレグではかつての本拠地スタッド・ヴェロドロームに乗り込むことになった。 フランス『RMC Sport』によると、そういった経緯もあってマルセリーノ監督のマルセイユ滞在中の安全面を強く懸念するビジャレアルは、滞在期間中に指揮官を常に警護する民間警備会社のメンバー数人を雇ったという。さらに、安全面で万全を期すためスペインの3人の警察官が今回の遠征に帯同することになったという。 今回の一戦において元指揮官に対するマルセイユのウルトラスの反発は必至とみられるが、マルセリーノ監督を含めたビジャレアル関係者の安全がしっかりと確保されて無事に試合が開催されることを願うばかりだ。 2024.03.07 22:33 Thu

マルセイユがガットゥーゾ監督を解任…後任は前コートジボワール代表指揮官に決定

マルセイユは20日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(46)の解任およびジャン=ルイ・ガセ氏(70)の新監督就任を発表した。 ガットゥーゾ監督は昨夏に就任したマルセリーノ・ガルシア・トラル前監督の後任として、昨年10月にマルセイユの指揮官に就任。中位に位置するチームの立て直しを期待されたが、就任後は公式戦24試合で9勝8分け7敗の9位と期待外れの結果に。とりわけ、2024年に入ってからはリーグ戦5試合で3分け2敗、公式戦全体では7試合未勝利が続いていた。 この成績不振を理由にクラブはイタリア人指揮官の更迭を決断。その後任として国内で経験豊富なフランス人指揮官を招へいした。 ガセ氏はこれまでモンペリエやサンテチェンヌ、ボルドーなど国内クラブで指揮を執ってきた老将。直近では2022年5月からコートジボワール代表の監督を歴任したが、先月行われた自国開催のアフリカ・ネーションズカップ2023(CAN)のグループステージで苦戦を強いられると、1勝2敗の3位で終えた失態の責任を取る形で解任されていた。 なお、契約期間に関して明かされていないが、今シーズンの成績次第で契約が延長されるオプションが付帯しているようだ。 2024.02.20 22:23 Tue

マルセイユがガットゥーゾ監督の解任に動く…後任はジャン=ルイ・ガセ氏か

マルセイユを指揮するジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(46)の解任が目前に迫っているようだ。 ガットゥーゾ監督は昨夏に就任したマルセリーノ・ガルシア・トラル前監督の後任として、昨年10月にマルセイユの指揮官に就任。中位に位置するチームの立て直しを期待されたが、就任後は公式戦24試合で9勝8分け7敗で9位と期待外れの結果となっており、2024年に入ってからはリーグ戦5試合で3分け2敗、公式戦全体では7試合未勝利が続いていた。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、すでにマルセイユ首脳陣は後任監督探しを始めており、現在はフランス人指揮官のジャン=ルイ・ガセ氏(70)と交渉を進めているとのことだ。 ガセ氏はこれまでマルセイユやサンテチェンヌ、ボルドーなどで指揮を執ってきた老将。直近では2022年5月からコートジボワール代表の監督を歴任したが、先月行われた自国開催のアフリカ・ネーションズカップ2023(CAN)のグループステージで苦戦を強いられると、1勝2敗の3位で終えた失態の責任を取る形で解任されていた。 2024.02.19 23:20 Mon

ジェノア、主力マリノフスキーをマルセイユから買い取り!

ジェノアは1月31日、マルセイユからレンタル中だったウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキー(30)の完全移籍移行を発表した。 昨夏、マルセイユから加入したマリノフスキーはここまでセリエA19試合に出場し、2ゴール1アシストを記録。セリエA昇格組ながら、ここまで降格圏と10ポイント差の12位と健闘するチームの中心を担っていた。 この活躍を受けて、ジェノアは700万ユーロ(約11億1000万円)に設定されていた買い取りオプション行使を決断するに至った。 2019年夏にヘンクからアタランタへ加入したマリノフスキーは、強烈な左足と攻撃センスを武器に活躍。在籍3年半で公式戦143試合に出場し30ゴール24アシストを記録。しかし、昨シーズンはジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督との関係悪化もあり、出場機会を減らしていた。 そういった中、昨年1月末にマルセイユへ買い取りオプション付きの半年間のレンタル移籍で加入。その新天地では公式戦23試合2ゴール1アシストの数字を残し、シーズン終了後に完全移籍に移行した。だが、自身を重用したイゴール・トゥドール前監督からマルセリーノ・ガルシア・トラル新監督への指揮官交代の影響もあり、わずか半年でイタリアに帰還していた。 2024.02.01 05:30 Thu

バイリーが古巣ビジャレアルに7年半ぶりの帰還…マルセリーノ監督と再共闘

ビジャレアルは30日、ベシクタシュを退団したコートジボワール代表DFエリック・バイリー(29)の加入を発表した。契約期間は2025年6月30日までの1年半となる。 エスパニョールの下部組織で育ったバイリーは、ビジャレアルでのプレーを経て、2016年夏にマンチェスター・ユナイテッドに加入。ユナイテッドでは公式戦113試合に出場したが、徐々に序列を落とすと2022年夏にマルセイユへレンタル移籍。 マルセイユでは公式戦23試合に出場したが、クラブは買い取りに動かず、ひとまずユナイテッドに復帰。しかし、ユナイテッドではプレシーズンメンバーから外れるなど構想外となり、今夏にベシクタシュへ完全移籍した。 ベシクタシュでは、度重なるケガに悩まされ公式戦8試合の出場にとどまると、今月11日にはパフォーマンスの低下とチーム内での不適合を理由に登録外になった5選手の内の1人となっていた。 そして、トルコの名門との契約を双方合意の下で解消したバイリーは、イタリア人DFマッテオ・ガッビア(24)をミランに早期返還することが濃厚な古巣ビジャレアルへ7年半ぶりに復帰する形に。また、前回在籍時に指導を受けたマルセリーノ・ガルシア・トラル監督と再共闘する。 なお、バイリーは先日に発表されたアフリカ・ネーションズカップに向けたコートジボワール代表のメンバーを外れており、即時の起用が可能だ。 <span class="paragraph-title">【動画】バイリーが古巣ビジャレアルとの契約にサイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr">¡Bienvenido de nuevo a tu casa, <a href="https://twitter.com/ericbailly24?ref_src=twsrc%5Etfw">@ericbailly24</a> ! <a href="https://t.co/YMqo7rLOm6">pic.twitter.com/YMqo7rLOm6</a></p>&mdash; Villarreal CF (@VillarrealCF) <a href="https://twitter.com/VillarrealCF/status/1741116934417007069?ref_src=twsrc%5Etfw">December 30, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.12.31 00:32 Sun

まもなくミラン復帰が決定? ビジャレアルが1月のガッビア返還にゴーサイン

ビジャレアルはイタリア人DFマッテオ・ガッビア(24)のミラン復帰を認める意向のようだ。 今夏ミランからビジャレアルへとレンタル移籍したガッビア。ラ・リーガでは満足に出番を得られていないものの、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージの6試合全てに出場し、チームのラウンド16進出に貢献した。 そんな中で噂されているのが来年1月のミラン復帰。ビジャレアルへのレンタル期間は今シーズン限りだが、ミランの最終ラインに負傷者が続出していることから前倒しでの帰還が取り沙汰されている。 スペイン『Relevo』によると、ビジャレアルは主力になりきれていないガッビアの1月のレンタルバックにゴーサインを出したとのこと。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督もこのクラブの意向を汲んでおり、数日以内に話がまとまる可能性もあるという。 そのため、ビジャレアルは代わりの有力な選手を見逃さないために移籍市場に目を光らせることになる模様。その一方、プレータイムが限られているスペイン人DFキコ・フェメニア(32)やチリ代表FWベン・ブレレトン・ディアス(24)はガッビアと同様に移籍がありえるようだ。 2023.12.26 20:51 Tue

ビジャレアルがスペイン代表DFダビド・ガルシアの獲得に動く?

ビジャレアルが、オサスナのスペイン代表DFダビド・ガルシア(29)の獲得に動いているようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、11月にマルセリーノ・ガルシア・トラル監督を招へいしたビジャレアルは、今冬の移籍市場でスペイン代表DFパウ・トーレスの移籍によって手薄なセンターバックの補強を目指しているという。 また、今夏にミランからレンタルで獲得したイタリア人DFマッテオ・ガッビアには、早期レンタルバックの可能性が浮上しており、センターバックの補強が急務となっていた。 そんな中、同紙が伝えるところによれば、マルセリーノ監督はクラブに対して、今冬のガルシアの獲得を要求。クラブも獲得に向けて努力することを約束したとのこと。 なお、2000万ユーロ(約31億4200万円)以下では移籍を認めない構えを見せているオサスナに対し、ビジャレアルは移籍金を下げるために現在オサスナにレンタル中のコロンビア代表DFホアン・モヒカの譲渡も検討しているとのことだ。 パンプローナ出身のガルシアは9歳でオサスナのカンテラに加入。2014年夏のトップチーム昇格以降は同クラブ一筋のキャリアを継続中。プリメーラでは150試合近い経験を持つ186cmのセンターバックは、対人、カバーリングと守備者としての総合力が高く、ここまで公式戦292試合に出場し15ゴール2アシストを記録。 すでにラ・リーガ屈指のセンターバックとしての評価を確立しており、今季はキャプテンとして公式戦19試合に出場。今年3月にはスペイン代表デビューも飾っている。 2023.12.26 00:20 Tue

ビジャレアルのバエナがマッカビ・ハイファ戦のハーフタイムに病院搬送…顔面強打後にめまい訴える

ビジャレアルのスペイン代表MFアレックス・バエナが、マッカビ・ハイファ戦で負ったケガによって病院に搬送されていたことが分かった。 ビジャレアルは6日、イスラエル・ハマス紛争の影響で延期されていたヨーロッパリーグ(EL)のグループ第3節でマッカビ・ハイファと対戦し、0-0のドローで試合を終えた。 バエナは同試合で先発出場したが、前半の接触プレーで顔面を強打。ハーフタイムまでプレーを続けたものの、ドレッシングルームでめまいを訴えたことですぐさま交代となり、さらなる検査のため病院に搬送されていた。 スペイン『レレボ』によると、同試合後の会見でマルセリーノ・ガルシア・トラル監督はその搬送の事実を認めたものの、それ以上の情報については言及しなかったという。 試合翌日の段階でクラブから新たな情報が提供されていないため、大きな問題は生じていないと思われるが、今週末に行われるラ・リーガ第16節のレアル・ソシエダ戦の欠場は確実と思われる。 また、同試合ではスペイン人MFサンティ・コメサーニャも足首の炎症で途中交代となっており、こちらもソシエダ戦の出場は困難な模様だ。 新体制移行後は公式戦2勝2分けの4戦無敗と上々の滑り出しを見せるイエローサブマリンだが、ラ・レアル戦では2人の主力不在での厳しい戦いが予想される。 2023.12.07 23:04 Thu

「これは意外」タッチラインを割ったボールがガットゥーゾ監督のもとへ…現役時代を知るファンも驚く華麗なタッチが話題「こんなに上手いのか」

マルセイユを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、華麗なプレーを見せた。 現役時代に“リーノ”の愛称で2000年代前半のミランの黄金期の主力として活躍したガットゥーゾ氏。現役引退後にはスイスのシオンで監督キャリアをスタートさせ、パレルモやピサを経て、ミランやナポリといったセリエAの強豪の監督を歴任した。 そこからもフィオレンティーナ、バレンシアと渡り歩いた後、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の後を継ぐ形で9月にマルセイユの指揮官に就任した。 そのマルセイユは6日、リーグ・アン第14節でリヨンとホームで対戦し、3-0の快勝を収めた。 リーグ戦2連勝でファンを喜ばせたガットゥーゾ監督だったが、リヨンとの試合中にも観客を沸かせるシーンを作った。 リヨンのボールがタッチラインを割った場面、ガットゥーゾ監督はタッチライン際を疾走すると、上手くバウンドに合わせて右足アウトでダイレクトパス。ガットゥーゾ監督のパスはスローインをしようと寄ってきたFWピエール=エメリク・オーバメヤンの手元に綺麗に収まった。 現役時代には、華麗なプレーを見せる元イタリア代表アンドレア・ピルロ氏らの横で、ピッチを駆け回りハードなタックルで泥臭くボールを奪うことを武器としていたガットゥーゾ氏だけに、ややイメージと異なるタッチには、ファンから「現役時代を知らない人が見たら…」、「これは意外」、「こんなに上手いのか」、「若い子はテクニカルな選手だったと信じるだろう」と多くの反響が寄せられている。 もしもガットゥーゾ監督の現役時代を知らない人がいれば、ぜひそのプレーを見てもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ガットゥーゾ監督の華麗なタッチ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="it" dir="ltr"> Gennaro Gattuso n&#39;a rien perdu <a href="https://twitter.com/hashtag/OMOL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OMOL</a> <a href="https://t.co/1oFiHC9NkO">pic.twitter.com/1oFiHC9NkO</a></p>&mdash; Prime Video Sport France (@PVSportFR) <a href="https://twitter.com/PVSportFR/status/1732511202054381996?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.07 19:30 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
1994年7月1日 エルチェ 引退 -
1992年7月1日 レバンテ エルチェ 完全移籍
1990年7月1日 ラシン レバンテ 完全移籍
1989年7月1日 スポルティング・ヒホン ラシン 完全移籍
1985年12月1日 Sporting Atlétic スポルティング・ヒホン 完全移籍
1983年7月1日 Sporting Atlétic 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2023年11月13日 ビジャレアル 監督
2023年7月1日 2023年9月20日 マルセイユ 監督
2021年1月4日 2022年6月30日 アスレティック 監督
2017年7月1日 2019年9月11日 バレンシア 監督
2013年1月15日 2016年8月10日 ビジャレアル 監督
2011年6月7日 2012年2月6日 セビージャ 監督
2011年2月9日 2011年6月7日 ラシン 監督
2008年7月1日 2009年12月13日 サラゴサ 監督
2007年6月26日 2008年5月22日 ラシン 監督
2005年7月1日 2007年6月26日 Recr. Huelva 監督
2003年7月19日 2005年6月30日 スポルティング・ヒホン 監督
2001年1月15日 2003年7月19日 Sporting B 監督
1997年2月17日 1998年6月30日 CD Lealtad 監督
今季の成績
ラ・リーガ 24 11 7 6 0 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント 2 1 0 1 0 0
UEFAヨーロッパリーグ グループF 3 2 1 0 0 0
リーグ・アン 5 2 3 0 0 0
合計 34 16 11 7 0 0
出場試合
ラ・リーガ
第14節 2023-11-26 vs オサスナ
3 - 1
第15節 2023-12-03 vs セビージャ
1 - 1
第16節 2023-12-09 vs レアル・ソシエダ
0 - 3
第17節 2023-12-17 vs レアル・マドリー
4 - 1
第18節 2023-12-20 vs セルタ
3 - 2
第19節 2024-01-02 vs バレンシア
3 - 1
第20節 2024-01-13 vs ラス・パルマス
3 - 0
第21節 2024-01-20 vs マジョルカ
1 - 1
第22節 2024-01-27 vs バルセロナ
3 - 5
第23節 2024-02-04 vs カディス
0 - 0
第24節 2024-02-10 vs アラベス
1 - 1
第25節 2024-02-16 vs ヘタフェ
1 - 1
第26節 2024-02-23 vs レアル・ソシエダ
1 - 3
第27節 2024-03-03 vs グラナダ
5 - 1
第28節 2024-03-10 vs レアル・ベティス
2 - 3
第29節 2024-03-17 vs バレンシア
1 - 0
第30節 2024-04-01 vs アトレティコ・マドリー
1 - 2
第31節 2024-04-14 vs アスレティック・ビルバオ
1 - 1
第32節 2024-04-21 vs アルメリア
1 - 2
第33節 2024-04-28 vs ラージョ・バジェカーノ
3 - 0
第34節 2024-05-05 vs セルタ
3 - 2
第35節 2024-05-11 vs セビージャ
3 - 2
第36節 2024-05-14 vs ジローナ
0 - 1
第37節 2024-05-19 vs レアル・マドリー
4 - 4
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024-03-07 vs マルセイユ
4 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024-03-14 vs マルセイユ
3 - 1
UEFAヨーロッパリーグ グループF
第5節 2023-11-30 vs パナシナイコス
3 - 2
第3節 2023-12-06 vs マッカビ・ハイファ
0 - 0
第6節 2023-12-14 vs スタッド・レンヌ
2 - 3
リーグ・アン
第1節 2023-08-12 vs スタッド・ランス
2 - 1
第2節 2023-08-18 vs メス
2 - 2
第3節 2023-08-26 vs ブレスト
2 - 0
第4節 2023-09-01 vs ナント
1 - 1
第5節 2023-09-17 vs トゥールーズ
0 - 0