ローマ、ビジャール&マジョラルのヘタフェへのレンタル移籍を発表!

2022.01.13 22:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは13日、スペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(23)、スペイン人FWボルハ・マジョラル(24)のヘタフェへのレンタル移籍を発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。

2020年1月にエルチェから完全移籍で加入した優れた戦術眼とパスセンス、キープ力を誇る大器のビジャールは、昨シーズンは途中出場がメインながらも公式戦47試合に出場。前指揮官パウロ・フォンセカの下ではブレイクの兆しを見せていた。

しかし、前半戦を通して2ボランチを採用していたポルトガル人指揮官の下では守備の強度、ダイレクト志向が強いスタイルへの順応に苦戦。ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは予選を含め6試合に出場したものの、セリエAでは1度も出番が与えられていなかった。

一方、昨シーズンにレアル・マドリーからの2年レンタルで加入したマジョラルは、加入1年目に公式戦47試合に出場し、17ゴール7アシストを記録。

しかし、2年目の今季はイングランド代表FWタミー・エイブラハム、ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフの加入もあり、センターフォワードの3番手に甘んじると、ここ最近ではプリマヴェーラに所属するガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャンにも序列で抜かれることに。ここまで公式戦11試合1ゴールの数字も、プレータイムは250分以下に限られている。

その2選手に関してはこれまで幾つかの新天地候補が報じられていたが、共に出場機会を最優先とした中、今シーズンのラ・リーガで残留圏内ギリギリの17位に位置するヘタフェを選択した。

なお、マジョラルはマドリード出身で、ビジャールに関しては実弟であるU-19スペイン代表MFハビエル・ビジャール(18)がレアル・マドリーのフベニールA(U-19チーム)でプレーしており、そういった環境面が移籍を後押しした可能性もありそうだ。


関連ニュース
thumb

ECL初代王者を目指すローマ、モウリーニョ監督は「真の歴史を刻むため全力を尽くす」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)への意気込みを示した。クラブ公式サイトが伝えている。 準決勝でレスター・シティを下し、25日に行われるECL決勝でオランダのフェイエノールトと対戦するローマ。先週末に行われたセリエA最終節トリノ戦で勝利を飾り、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を得たチームは、良い雰囲気のなかで決勝の地アルバニアに到着している。 レスター戦後には歓喜の涙を流す一幕もあったモウリーニョ監督は試合前日の記者会見で今季から創設された大会で歴史に名を残したいとコメント。チームの状態は良く、準備はできていると気合いを示した。 「結局、今シーズンの旅は4日の間にあった2つのファイナルで締めくくられる。その最初の試合となったトリノ戦は、来シーズンのEL出場とセリエAでの成績アップという、我々が始動初日から目標としていたものを手に入れられた」 「私にとってトリノ戦は歴史に名を残すような決勝戦ではなかったが、1シーズンのハードワークを終えて目標達成はできた。とはいえ、ローマにとってEL出場権獲得はごく普通のことだと思う」 「しかし、この決勝戦は歴史がすべてだ。長い月日を経てここまでたどり着き、我々はすでに歴史に名を刻んだと思う。ただ、当然ながら決勝戦に進出したなら、真の歴史を刻むため全力を尽くさなければならない。それはつまり、勝つということだ」 「私とスタッフは、金曜日の夕方からトリゴリアで一緒に過ごしている。我々は決して家に帰らなかった。もちろん、選手たちにそれは求めたりしない。それに、彼らは皆よくやっている。集中して、適度な緊張感と興奮があるようだ。こういう試合は興奮して臨むべきものであり、チームは良い状態にある」 「明日は選手たちのための日だ。我々は彼らを助け、流れを読み、チームを助けるため努力する。明日は最後の試合であり、幸いなことに決勝戦となる。幸いなことにというのは、決勝戦はいつだってそこにいることを喜び、正しい姿勢でプレーする必要があるからだ」 また、モウリーニョ監督はアルバニア人の多くがローマを応援している理由について言及。アルバニアにとっても大きな大会になると語り、この地でプレーできる幸せを強調した。 「この街に親ローマ感情が存在しているのは、我々にアルバニア人選手(マラシュ・クンブラ)がいるからだろう。私にとってそれは、理にかなっていると思う」 「ローマが勝てば、アルバニア人が優勝トロフィーを掲げることになる。それには何かの意味があるだろう。かつて北マケドニアで行われた欧州スーパーカップに臨んだときは、国や都市がパーティーをしているようであり、そんな試合に関われたのは素晴らしいことだった。ここティラナでも同じだ。我々はここに到着してすぐ、この機会が彼らにとっていかに重要であるか理解できた。これは国としてふさわしい瞬間なのだ」 「スタジアムは本当に素晴らしい。ただ、すべてのファンとその喜びを受け入れるには、収容人数が十分でないのが残念ではある。それでも、ここでプレーできるのは幸せだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ローマがECL決勝に向けてトレーニングを実施</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1NEdmVmxENCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.05.25 13:02 Wed
twitterfacebook
thumb

【ECL決勝プレビュー】初代王者を懸けたローマとフェイエノールトによる名門対決!

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝、ローマvsフェイエノールトが、日本時間25日28:00にアルバニアのティラナにあるアレーナ・コムバターレでキックオフされる。イタリアとオランダの名門による初代王者の座を懸けた運命のファイナルだ。 今シーズン、稀代の名将モウリーニョを新指揮官に招へいしたローマは、トラブゾンスポルとのプレーオフを連勝で制してグループステージに進出。そのグループステージではノルウェー王者ボデ/グリムトに1-6というクラブ史に残る屈辱的な大敗を喫したが、最終的に4勝1分け1敗で首位通過を決めた。 決勝トーナメントではラウンド16でフィテッセに競り勝つと、準々決勝では因縁の相手ボデ/グリムトと再戦。敵地での初戦を1-2で落としたが、ホームでの2ndレグをMFザニオーロのハットトリックの活躍によって4-0の圧勝。4戦目にしてノルウェー王者に初勝利を挙げて逆転での4強進出となった。 2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に続き、3つのコンペティションでベスト4進出を果たしたチームは、準決勝の壁となっていたイングランド勢(リバプール、マンチェスター・ユナイテッド)であるレスター・シティと対戦。ロジャーズ監督との師弟対決となった2試合では敵地での初戦をMFペッレグリーニのゴールで1-1のドローに持ち込むと、ホームでの2ndレグではFWエイブラハムのゴールを最後まで守り抜き、ウノゼロでの完勝。タイムアップ直後にポルトガル人指揮官も感極まるエモーショナルな勝ち上がりで、1990–91シーズンにインテルに敗れて準優勝に終わったUEFAカップ(ELの前身)以来のファイナルに到達した。 1960–61シーズンのフェアーズカップ(ELの前身)以来、クラブ史上2度目のヨーロッパのタイトル獲得を目指すジャッロロッシは、今シーズンのセリエAを6位でフィニッシュ。最終節のトリノ戦での3-0の勝利によってリーグ6試合ぶりの白星を挙げると共に、来季EL出場権を確保して今回の大一番に弾みを付けている。 一方、前AZ指揮官のアルネ・スロット新監督の下で今季をスタートしたフェイエノールトは、2回戦からの参戦となった予備予選を危なげなく突破してグループステージ進出。グループステージではウニオン・ベルリンやスラビア・プラハという難敵と同居したものの、4勝2分けの無敗で首位通過を決めた。 決勝トーナメントではパルチザン、スラビア・プラハを相手に自慢の攻撃力で打ち勝つと、準決勝では優勝候補マルセイユと激突。下馬評では劣勢と思われたが、ホームでの1stレグを主砲デサースの2ゴールの活躍などによって3-2で先勝すると、敵地での2ndレグではチーム一丸となった堅守でゴールレスドローに持ち込み、小野伸二やファン・ペルシ、ファン・ホーイドンクを擁し、優勝を果たした2001-02シーズンのUEFAカップ以来のファイナル進出を果たした。 史上初となるCL、EL、ECLの3つのUEFAコンペティション制覇を目指すオランダ屈指の名門は、今季のエールディビジをアヤックスとPSVの2強に次ぐ3位でフィニッシュしており、ローマ同様に来季のEL出場権を確保。ホームでの最終節ではトゥベンテ相手に1-2の敗戦を喫したが、その直前は5勝1分けの6戦無敗と好調を維持。また、中4日のローマに対して、中9日と準備期間において大きなアドバンテージを得ており、良い状態でティラナの地へ乗り込む。 なお、両チームは2014-15シーズンのELラウンド32で唯一の直接対決を行っており、ローマが1勝1分けの戦績でラウンド16進出を決めている。 ◆ローマ◆ 【3-4-1-2】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220524_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ルイ・パトリシオ DF:マンチーニ、スモーリング、イバニェス MF:カルスドルプ、セルジオ・オリベイラ、クリスタンテ、ザレフスキ MF:ペッレグリーニ FW:ザニオーロ、エイブラハム 負傷者:MFムヒタリアン コロナ陽性者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。ハムストリングのケガで約1カ月の離脱が続くムヒタリアンが唯一の負傷者となっているが、少なくともメンバー入りは可能な模様だ。 システムは2トップ+トップ下か、1トップ+2シャドーか、前線の構成に違いはあるものの、[3-4-1-2(3-4-2-1)]の採用が濃厚だ。 スタメンに関しては前述のメンバーを予想したが、状態次第でムヒタリアンがセルジオ・オリベイラか、ザニオーロに代わってスタートからプレーする可能性もある。また、長期離脱明けから好パフォーマンスを継続するスピナッツォーラが新星ザレフスキに代わって左ウイングバックに入る形もありそうだ。なお、両チームを通じて唯一のアルバニア人プレーヤーであるクンブラだが、母国のピッチに立つ可能性があるとすれば、リード時の守備固めか。 ◆フェイエノールト◆ 【4-2-3-1】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220524_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:マルシアノ DF:ヘールトライダ、トラウナー、セネシ、マラシア MF:アウルスネス、コクチュ MF:ネルソン、ティル、シニステラ FW:デサース 負傷者:なし コロナ陽性者:なし 出場停止者:なし 出場停止者、負傷者共になし。守護神バイロウの復帰に伴い、全主力が起用可能な状態だ。 システムに関しては中盤三角形の[4-3-3]とも形容できる[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。 スタメンに関してはマルセイユとの準決勝2試合と同じメンバーを予想。バイロウはすでに練習試合で実戦復帰を果たしているが、2カ月半に渡って公式戦出場がない中での抜擢は考えにくい。その他ではキャプテンのMFトールンストラ、前線ではFWジャハンバクシュやFWブライアン・リンセン辺りに先発起用の可能性もある。 ★注目選手 ◆ローマ:MFロレンツォ・ペッレグリーニ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220524_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 生え抜きカピターノが約60年ぶりの欧州タイトル獲得へチームをけん引できるか。今回のファイナルでは9ゴールで得点ランキング2位の主砲エイブラハムやザニオーロに注目が集まるところだが、DFマンチーニ、MFクリスタンテのイタリア代表コンビと共にリーダーグループを形成する25歳のカピターノがキープレーヤーだ。 ローマ生まれ、ローマ育ちの生粋のロマニスタは、一度サッスオーロに売却されたが、2年後にクラブが買い戻しオプションを行使し、永遠の都へ帰還。以降は着実に成長を遂げ、今シーズンからはフランチェスコ・トッティ、ダニエレ・デ・ロッシ、アレッサンドロ・フロレンツィという先達も巻いた腕章を引き継ぎ、名実ともにジャッロロッシの顔となった。 今シーズンは幾度か負傷離脱はあったものの、ここまで公式戦40試合14ゴール8アシストを記録。トップ下や2シャドーの一角、セントラルMFと複数のポジションをこなしながら、186cmの恵まれた体躯を生かしたダイナミックなプレー、高精度のキック、創造性を武器にチャンスメーカー、フィニッシャーとして抜群の存在感を発揮している。 今大会においてはプレーオフ初戦、グループステージ初戦でいずれもチーム初ゴールを記録し、準々決勝以降の4試合では2ゴール2アシストと、すべての試合で得点に関与する勝負強さも見逃せない。 今季のホーム最終戦となったヴェネツィア戦では前述のトッティ、デ・ロッシという偉大なるバンディエラが激励のためオリンピコを訪れており、ザレフスキと共に生え抜きとして大一番に臨む“ロッロ”は気合十分だ。 ◆フェイエノールト:FWルイス・シニステラ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220524_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> トロフィーを置き土産にステップアップを図る。今大会の得点ランキングトップ(10ゴール)に立つデサース、司令塔のMFティル、MFコクチュ、ディフェンスリーダーのDFセネシと、注目プレーヤーに事欠かないフェイエノールトだが、圧倒的な個の打開力で崩しの切り札としての役割を担う22歳のコロンビア代表FWがキープレーヤーだ。 母国の名門オンセ・カルダスから2018年にオランダ屈指の名門に加入した172cmのドリブラーは、加入2年目からトップチームの主力に定着すると、今シーズンはキャリアハイとなる公式戦47試合23ゴール14アシストという圧巻のスタッツを叩き出した。 左ウイングを主戦場に、足にボールが吸い付くような繊細なタッチ、相手の重心の逆を突くドリブルテクニックを武器に個で局面を打開すれば、カットインからの右足という得意のパターンでゴールを量産している。 引いた相手やクロス精度に課題を残すものの、好戦的なマンチーニやカルスドルプといったマッチアップが予想されるローマの守備陣に対して、そのプレースタイルがプラスに働く可能性が高い。 なお、コロンビア代表ではFWラファエル・ボレがフランクフルトで先日のEL制覇に大きな貢献をみせ、FWルイス・ディアスがリバプールでCL決勝のキーマンの一人と目されており、シニステラの活躍にも大きな注目が集まるところだ。 今夏の移籍市場ではレバークーゼンやアーセナル、ナポリ、ミラン、ベティスといった欧州4大リーグのビッグクラブからの関心が伝えられ、ステップアップが既定路線と見られるが、トロフィーを置き土産に自身の価値をさらに高めることはできるか。 2022.05.25 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マティッチは急転直下のプレミア残留? 来季昇格のフルアムが獲得レースに電撃参戦へ

来シーズンのセリエA行きが確実視されてきた元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)。だが、彼を取り巻く状況はここへ来て急速に慌ただしくなってきた。イギリス『サン』が報じている。 契約満了に伴い、5シーズン在籍したマンチェスター・ユナイテッドを今シーズン限りで退団することがすでに決定しているマティッチ。 これまでにローマやラツィオへの移籍が盛んに報じられており、特にチェルシー、ユナイテッドで師事してきたジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマが新天地として最有力ではないかと見られていた。 だが、ここへ来てイタリア首都の2クラブを大きな不安が襲っているという。『サン』によると、来シーズンよりプレミアリーグに昇格するフルアムが、突如としてマティッチの獲得レースに参戦したとのことだ。 フルアムはすでに、ラツィオを退団する見込みとなっているアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャ(27)と4年契約を締結したと報じられており、プレミア復帰1年目となる来シーズンのスカッド構築において、各ポジションに即戦力を揃えたい考えだと見られている。 中盤には、来シーズンのプレミア残留および定着を図るチームのリーダー格として経験豊富なマティッチを迎え入れたいとの目論見があるようだ。 ここ数年はプレー強度の低下が指摘されてきたマティッチ。それだけに、33歳にしてプレミアリーグからセリエAへの移籍は現実的かつ、本人にとっても理想的なプランだと思われていたが、『サン』によれば、マティッチ獲得のポールポジションに立つのはもはやローマではなく、フルアムであるとのことだ。 急転直下のプレミア残留か、自身初となるイタリア挑戦か、マティッチの決断に注目したい。 2022.05.23 17:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマで今季リーグ17ゴールのエイブラハムが去就に言及 「僕の心はここにある」

ローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(24)がクラブ残留の意思を示している。 エイブラハムは昨夏、3400万ポンド(約54億3000万円)と言われる移籍金でチェルシーからローマに加入。加入当初からジョゼ・モウリーニョ監督の厚い信頼を受け、主砲として活躍を続けると、今季のセリエA最終戦となった20日のトリノ戦ではチームを3-0の勝利に導くドッピエッタを記録。 これで今季のリーグゴール数を17点に伸ばしたイングランド代表FWは、1962年にイングランド代表FWジェリー・ヒッチェンズがインテルで記録したイングランド人選手の年間最多ゴール記録(16ゴール)を更新し、新記録を樹立した。 この活躍もあり、今夏の移籍市場では6800万ポンド(約108億6000万円)の買い戻し条項を持つ古巣チェルシーやアーセナルなど、母国クラブへの移籍の可能性が取り沙汰される24歳は、イタリア『DAZN』のインタビューで自身の今後の去就に関して言及。将来がどうなるかは分からないとしながらも、ジャッロロッシへの愛情を口にしている。 「僕はこのクラブを愛している」 「彼らは僕に自分自身を証明するチャンスを与えてくれたんだ。僕の心はここにある。もちろん、将来がどうなるかは分からないけど、僕の心はここにあるんだ」 「以前から話していることだけど、僕はここに来た初日からクラブに恋をしたんだ。そして、自分のできる限りでゴールやアシストでチームを助けたいと考えている」 「今年は僕にとって良い1年だった。だけど、この1年をさらに良いものにしたいと思っているんだ。トロフィーを獲得して、完璧な年にできることを願っているよ」 なお、ローマは25日にフェイエノールトとのヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝を控えており、2007–08シーズンのコッパ・イタリア以来のトロフィー獲得に挑む。 2022.05.22 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル移籍が報じられるムヒタリアン、ローマGMが噂を否定「彼は真のプロフェッショナル」

インテルへの移籍が盛んに報じられる元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)だが、所属するローマのチアゴ・ピントGM(ゼネラル・マネージャー)が噂を否定した。イタリア『トゥット・メルカート』が報じている。 今シーズン限りで契約満了となるムヒタリアンは、ここまではローマとの契約更新が進んでおらず、インテルのほかにもナポリ、トッテナム、アストン・ビラなどへのフリー移籍が取り沙汰されている。 だが、ピントGMはセリエA最終節のトリノ戦直前に行われた『DAZN』のインタビューで、ムヒタリアンに関する噂を一蹴。同選手を含めた選手たちの移籍に関する話はシーズン終了後に進めていくと、噂の収束に努めた。 「彼は現在、ティラナで行われるヨーロッパカンファレンスリーグ決勝戦へ向けて、ケガの回復に努めている」 「彼が真のプロフェッショナルであることを私は知っており、今はチーム全員が今日の試合と、その次の決勝戦へ向け集中している。彼がインテルと話をしているというのは嘘だと確信している」 「私は、移籍市場について話すためにここにいるわけではない。シーズンが終わった後にゆっくり時間がある。その時に話すことを約束するよ」 ムヒタリアンはトリノ戦にも帯同せず、25日に行われるヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)決勝戦の出場に照準を合わせて、ケガの回復に取り組んでいるとのことだ。 なお、ローマは最終節のトリノ戦に3-0で勝利。順位が6位で確定し、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保してリーグ戦を終えた。 2022.05.21 16:12 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly