下平体制の大分がHCに5月まで大宮を率いた岩瀬健氏、コーチに岡山一成氏を招へい

2021.12.25 21:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
大分トリニータは25日、ヘッドコーチに岩瀬健氏(46)、コーチに岡山一成氏(43)が就任することを発表した。

岩瀬氏は、現役時代は浦和レッズ、大宮アルディージャと埼玉の2クラブに所属。大宮ではJ2で60試合に出場し7得点を記録していた。

引退後は、浦和や柏レイソルの下部組織で指導者を務めると、2018年11月から加藤望監督の解任を受けて柏で監督に就任。2020シーズンからは片野坂知宏監督の下、大分トリニータでヘッドコーチを務めると、今シーズンから大宮の監督に就任していた。
しかし成績不振により5月に解任。その後はフリーとなり、再び大分のHCを務めることとなった。

岡山氏は、現役時代に横浜マリノス(現:横浜F・マリノス)や大宮アルディージャ、セレッソ大阪、川崎フロンターレ、アビスパ福岡、柏レイソル、ベガルタ仙台、コンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)とJリーグクラブを渡り歩き、Kリーグ1の浦項スティーラースや奈良クラブでもプレーし、2017年に現役を引退した。

引退後は、関東学院大学サッカー部のアドバイザーを務め、2019年は鈴鹿アンリミテッドFCのコーチを務めており、2020シーズンから関東1部のVONDS市原で監督を務めていた。

今シーズンは3位でシーズンをフィニッシュ。シーズン終了後に契約満了で退任していた。

大分は新シーズンから下平隆宏監督が指揮を執ることが決定しており、柏を知る3名がチームを率いることとなった。

両氏はクラブを通じてコメントしている。

◆岩瀬ヘッドコーチ
「2022シーズンよりヘッドコーチを務めさせていただきます、岩瀬健です。ファン・サポーターの皆様から愛されている大分トリニータに、再びヘッドコーチとして戻ることが出来て、心から感謝しております。本当にありがとうございます」

「片野坂前監督をはじめ、今まで大分トリニータが築き上げてきた歴史と経験を活かし、みなさまと一致団結してJ1復帰を目指したいと思います」

「下平監督を支え、選手に寄り添い、全てのスタッフと協力して、大分トリニータの勝利と成長のために全力を尽くしますので、どうぞよろしくお願いいたします」

岡山一成コーチ
「大分トリニータに関わる全ての皆様、初めまして。コーチに就任します岡山 一成です。2012年、北海道コンサドーレ札幌以来のJリーグです。地域リーグ、JFLで10年間、もう一度Jリーグに戻ることを励みにしてきました」

「どんな状況でも、どのような環境でも諦めることはありませんでしたが、なくなりそうな誇りと遠ざかっていく夢に葛藤を抱えていました。12月19日、国立競技場に行きました。同点ゴールの時、スタジアムが揺れ、心の底から震えました」

「帰り道、最強の最高で最愛の大分トリニータの一員になれる喜びで胸が熱くなりました。感謝の気持ちを常に持ち続け、大分トリニータのJ1昇格に全てを掛けてやっていきます。一緒に闘いましょう」

関連ニュース
thumb

大分がルーキーGK濵田太郎と契約更新、今季は出場機会得られず「死に物狂いで1日1日を過ごしていきたい」

大分トリニータは2日、GK濵田太郎(22)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 和歌山県出身の濱田は、初芝橋本高校から大阪産業大学を経て今季から大分へ加入。シュートストップとハイボールの処理に自身を持つが、ルーキーイヤーは残念ながら公式戦の出場機会をつかむことができなかった。 来季の飛躍を誓うGKは、クラブへ以下のようなコメントを充てている。 「2023シーズンも大分トリニータでプレーさせていただくことになりました」 「今シーズンはなかなか出場機会に恵まれず、なかなか試合にも絡むことが出来ませんでした。しかし、ファン、サポーターの皆様のサポートにより、自分自身も全力でプレーすることが出来ました」 「2023シーズンは1試合でも多く試合に出場し、期待に応えられるように頑張りますので、応援をよろしくお願いします。自分自身も死に物狂いで1日1日を過ごして頑張っていきたいと思います。来年もよろしくお願いします」 2022.12.02 14:20 Fri
twitterfacebook
thumb

大分DF上夷克典が契約更新で3季目に 「来シーズンは必ず優勝、そしてJ1昇格を」

大分トリニータは1日、DF上夷克典(26)の契約更新を発表した。 上夷は2019年に明治大学から京都サンガF.C.に入団後、2021年から大分でプレー。移籍2年目の今季はケガもありながら公式戦27試合に出場して、来季で3年目を迎えることとなった。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「来シーズンも大分トリニータでプレーさせていただけることになりました。今シーズンは思うような結果が出せず、1年でのJ1復帰を果たすことができませんでした。個人的にもシーズン終盤に怪我をしてしまい、チームの力になれず、とても悔しいシーズンになりました」 「来シーズンは必ず優勝、そしてJ1昇格を果たしたいと思います。そのために練習から、もっとこだわり、ピッチの上で表現したいと思います。ひとつでも多くの勝利を、皆様にお届けできるように全力で戦います。来シーズンもぜひシーズンパスを購入してスタジアムに足を運んでいただき、昭和電工ドーム大分を盛り上げていきましょう」 2022.12.01 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

大分FW呉屋大翔が千葉移籍! 「1人のサッカー選手としてこのまま終わりたくない」

ジェフユナイテッド千葉は1日、大分トリニータからFW呉屋大翔(28)の完全移籍加入を発表した。 ヴィッセル神戸のアカデミーに在籍した経歴を持つ呉屋は2016年に関西学院大学からガンバ大阪入りし、徳島ヴォルティスや、V・ファーレン長崎でそれぞれレンタルも経験。長崎時代の2019年には明治安田生命J2リーグ22得点とゴールを量産して、翌シーズンの柏レイソル移籍に繋げたが、定位置確保といかず、2021年7月から大分に活躍の場を移した。 その大分に今季から完全移籍移行を果たして、J2リーグ35試合に出場すると、チームで2番目の7得点をマーク。そのほか、ルヴァンカップと天皇杯でも計3試合でプレーして、2ゴールの活躍を披露したが、千葉移籍を決断した。 千葉の公式サイトを通じて「このたびジェフユナイテッド市原・千葉に加入することになりました、呉屋大翔です」と加入の挨拶とともに意気込みを語っている。 「歴史ある素晴らしいクラブでプレーできることに感謝しています。小林監督のもと、ファン、サポーターの方々がワクワクするようなサッカーを素晴らしいチームメイトと作り上げたいと思っています。そしてその先のJ1昇格という目標を達成できるように全力を尽くします。応援よろしくお願いします!」 一方、大分の公式ウェブサイトでは「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました」と報告。移籍の経緯などにも触れ、感謝の言葉も綴った。 「去年の夏に移籍してきて、チームを降格させてしまったこと。今年、J1に上がることができなかったこと。とても悔しく思っています。しかし1人のサッカー選手としてこのまま終わりたくない。もっと成長したいと思い、この決断をしました」 「どんな時も大分トリニータのために全力で勝利のためにプレーできたことは誇りです。ゴールを決めた時の昭和電工ドーム大分のゴール裏は最高でした。一生忘れません。最後になりますが、大分トリニータに関わるすべての皆様、ファン、サポーターの皆様、1年半ありがとうございました」 2022.12.01 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

MF羽田健人、大分で5年目に突入へ「来季はチームの勝利に貢献できるように頑張ります」

大分トリニータは12月1日、MF羽田健人(25)と契約を更新したことを発表した。 羽田は2019年に関西大学から特別指定選手として大分に加入。そのシーズンは1試合の出場にとどまったが、本格的なプロ入りとなった2020年には、本職だったセンターバックからボランチにコンバートされ出場機会が増加。そこから2年間は安定した戦力としてチームを支えた。 今季からチームはJ2を戦いの舞台とし、羽田自身も初のJ2挑戦。ただ、思うように出場機会が伸びず、13試合の出場に。大分は最終的に5位で昇格プレーオフに進出したが、1回戦でロアッソ熊本に退けられたため、1年でのJ1復帰は叶わなかった。 今回の契約延長で大分で5年目を迎えることになった羽田。来季の再びの活躍を誓った。 「来シーズンも大分トリニータでプレーさせていただくことになりました。今シーズンはなかなか試合に出ることが出来ず、苦しい時間を過ごしましたが、来シーズンはしっかりチームの勝利に貢献できるように頑張ります」 「サポーターの皆さん、スタジアムに来て共に戦ってください」 2022.12.01 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

J1王者の横浜FMが大分の“ハマっ子”井上健太を獲得! 「『あいつは大分が育てた!』と誇ってもらえるように」

横浜F・マリノスは1日、大分トリニータからMF井上健太(24)の完全移籍加入を発表した。 井上は神奈川県生まれで、福岡大学を経由して2021年に大分でプロ入り。大学在学中の2020年から特別指定選手として大分でプレーするスピードが持ち味のアタッカーで、今季は明治安田生命J2リーグで34試合出場1得点の数字を収めたほか、ルヴァンカップでも6試合でプレーした。 来季から地元クラブで、しかもJ1王者でプレーする井上。クラブを通じて意気込みを語っている。 「大分トリニータから加入しました井上健太です。横浜市出身のハマっ子です。小学生の頃、よく母親と日産スタジアムに足を運んでいました。ファン・サポーターの大きな声援やピッチで躍動する選手の姿を見て、自分もプロサッカー選手になりたいと夢を持ちました。憧れのクラブ、横浜という街に自分らしく全力で貢献したいと思います。マリノスファミリーの皆さまよろしくお願いします」 一方、大分を通じては「大分トリニータに関わる全ての皆様へ」と題して、別れの挨拶をした。 「この度、横浜F・マリノスへ移籍することになりました。日の目も見なかった大学生の自分にこの世界に手を差し伸べてくれた西山GM、上本スカウト、本当にありがとうございました。トリニータでは、悔しいこと、嬉しいこと、仲間と勝利を分かち合えたこと、沢山の経験をさせてもらいました。全ての経験が幸せだったと感じています」 「J2に降格し、1年でのJ1復帰を成し遂げられなかったことは、大変申し訳ないと思っており僕の唯一の心残りです。共に戦う仲間達(サポーター)には、いつも迫力ある応援をしてもらい、『ここまで歯を食いしばってサッカーをしてきてよかった』と、心の底から毎試合思うことができました。本当にありがとうございました」 「そんな皆様に『あいつは大分が育てた!』と誇ってもらえるように自分の決断を信じて突き進んでいきたいと思います! 別れは悲しいですが、大分県民の温かさ、温泉、美味しいご飯、大分トリニータ、全てが大好きです!」 2022.12.01 13:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly