【J1ピックアッププレビュー】目標に再び歩み始めるチームは?《広島vs柏》

2018.10.05 18:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽仕切り直しの一戦。この終盤に来て足踏みが続くサンフレッチェ広島(勝ち点56/2位)が6日にエディオンスタジアム広島で行われる明治安田生命J1リーグ第29節で降格圏脱出を目論む柏レイソル(同30/17位)を迎え撃つ。

◆ここで再び勝ち癖を〜サンフレッチェ広島〜
▽失速。今の広島はその状況にある。第26節のサガン鳥栖戦を落とすと、続くFC東京戦で追いつかれドロー。前節のガンバ大阪戦に至っては、今シーズン3度目の完封負けを喫して、ついに首位の座から陥落した。

▽要因を1つ挙げるのならば、得点ランキングトップタイの20得点を挙げるFWパトリックに依存度の高い攻撃面。今節は、そのパトリック偏重の攻撃を城福浩監督がどう修正してきたかがポイントになる。

▽今節の相手は、降格圏に沈む柏。鳥栖、G大阪に続き柏にも勝ち点を取りこぼすようだと、首位に立つ川崎フロンターレの独走をアシストする格好にもなり得るだけに、ここできっちりと勝ち癖を取り戻したい。

◆浮上のキッカケを〜柏レイソル〜
▽柏は前節、浦和レッズとのアウェイ戦でFW瀬川祐輔の4戦連発弾で勝機を手繰り寄せたが、2-3の逆転負け。直近4試合で1分け3敗と白星から遠ざかっており、ついに自動降格圏の17位に落ちた。

▽内容は悪くないが、勝てない。そんな一番タチの悪い流れから抜け出せないでいる。だが、下位はまだ12位のジュビロ磐田まで3ポイント差の大混戦。1つ勝つだけで降格圏脱出の可能性は十分にある。

▽ただ、今節は広島が相手。一筋縄ではいかない難しい戦いが予想されるが、現状を考えると、相手は関係ない。チーム全体で一貫したマインドを保ち、勝ち点3に向かって全力を注げるか。そのキッカケを掴みたい。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆サンフレッチェ広島[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:林卓人
DF:和田拓也、千葉和彦、野上結貴、佐々木翔
MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文
FW:パトリック、ティーラシン
監督:城福浩
▽パトリックの相方は今節もFWティーラシンか。G大阪戦でも幾度か形を作り出していただけに、今節もこの2トップの関係性に注目だ。

◆柏レイソル[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:桐畑和繁
DF:小池龍太、鈴木大輔、パク・ジョンス、高木利弥
MF:伊東純也、小泉慶 、大谷秀和、クリスティアーノ
FW:瀬川祐輔、オルンガ
監督:加藤望
▽先の浦和戦でベンチスタートだったMF伊東純也は先発復帰が濃厚。ここ4試合で連発中の瀬川、FWオルンガと共に攻撃陣の牽引に期待がかかる。

【注目選手】
FWパトリック(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
▽広島の注目選手はパトリックだ。気合十分で古巣G大阪との一戦に先発したが、元僚友であるGK東口順昭の前に不発。首位堅持に導くことができなかった。今節はチームにとっても、自身にとっても仕切り直しの一戦。再び得点力爆発なるか。

FW瀬川祐輔(柏レイソル)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
▽柏の注目選手は瀬川だ。チームとして苦しい戦いが続くが、個人としては1995年にFWベンチーニョがマークしたクラブ記録に迫る4戦連続中。だが、不運なことに、その間、チームとして勝ちがない。今節こそは──。その思いを胸にチームに勝利を届けない。

◆復調のキッカケを掴むのは
▽広島にとって、公式戦3試合ぶりのホームゲームとなる今節。優勝争うチームと、残留争い真っ只中にいるチームの対戦となる。最近の戦いで白星から遠ざかる両者の一戦で復調のキッカケを掴むチームは果たして──。広島vs柏は14時にキックオフを迎える。
コメント