カバーニが来夏のバルセロナ移籍を希望か?

2021.12.03 00:58 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が来夏のバルセロナ移籍を希望しているようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。昨夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からフリートランスファーでユナイテッド入りしたカバーニ。加入初年度は徐々に存在感を高めていき、最終的に公式戦39試合の出場で17得点6アシストという数字を残した。

迎えた今シーズンはポルトガル代表FWクリスティアーノロナウド(36)の加入や自身のコンディションの問題などもあり、ここまで公式戦8試合1ゴールの数字に留まっており、先発出場はわずかに2試合となっている。

オーレ・グンナー・スールシャール前体制では[3-5-2]へのシステム変更を図ったトッテナム戦で、スタートから共存したC・ロナウドと良い関係性を見せていたが、ラルフ・ラングニック新体制での起用法は不透明な状況だ。

また、来年2月に35歳となることもあり、今シーズン終了までの現行契約を新たに更新する可能性は限りなく低い。

そういった中、『タイムズ』によると、カバーニはユナイテッドとの契約が終了する来夏に、以前から憧れを感じていたバルセロナ行きを希望しているという。

これまでボカ・ジュニアーズや生まれ育った南米への帰還が取り沙汰されるエル・マタドールだが、あと2年はヨーロッパのトップレベルでプレー可能と考えており、新天地候補の一つとしてカタルーニャ行きを希望しているという。

ただ、現時点でバルセロナ行きを焦ってはおらず、ひとまずはラングニック新体制での自身の立ち位置を見極めたい考えのようだ。また、深刻な財政難に喘ぐバルセロナも、カバーニの移籍金と高額なサラリーを支払える余裕はなく、今冬のタイミングで獲得に動く可能性は低いようだ。

関連ニュース
thumb

今夏に契約満了も…ラングニック監督はこれからのポグバに期待「高いモチベーションを持っているはず」

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督が、フランス代表MFポール・ポグバの復調に期待した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2016年夏にユベントスから古巣ユナイテッドへ復帰したポグバは、これまで公式戦通算219試合に出場して38ゴール49アシストを記録。今季は開幕からの4試合で7アシストを記録するなど好調をキープしていたが、プレミアリーグ第9節のリバプール戦では危険なタックルによって一発退場となると、その後は11月に右足太ももを負傷したことで戦列を離れている。 そんなポグバとユナイテッドの契約は今夏に満了を迎えるが、現在まで交渉に進展はなし。退団の可能性が日に日に増している状況にあって、負傷から復帰後のラングニック監督の対応に注目が集まっている。 しかし、19日に行われる延期分のプレミアリーグ第17節ブレントフォード戦の前日会見に出席したラングニック監督は、ポグバが復帰すれば大きな戦力になると断言。どんな状況であれ、モチベーションの高い選手は起用する姿勢を見せた。 「(契約切れ間近のポグバを起用する意味は)もちろんある。ネマニャ・マティッチとの契約も、同様にこのままなら夏に切れるからね。ちなみに、私の監督としての契約も夏に切れる」 「とはいえ、我々は皆が同じ目標を持っている。これから3、4カ月の間で、可能な限りの成功を収めたいという野心を持っているのだ」 「私にとって、選手が契約満了になるかどうかは問題ではない。問題は、彼がまだこのグループの一員でありたいとどれだけ思っているかのみだ。精神的にも肉体的にも、まだこのグループの一員でありたいとどれだけ思っているかが重要だ」 「彼はマンチェスター・ユナイテッドのファン、上層部、そして全世界に自分がどんな選手であるかを見せたいと思っているだろう。たとえそれが、他の場所で新しい契約を結ぶためだけの理由であっても、そのための高いモチベーションを持っているはずだ。そんな選手を、起用しない理由はあるだろうか」 「もちろん、今言ったように、選手が自分の現状とどう向き合っているかが違いになる。今の状況に、どう対処するのかについてね。もし彼らがプロフェッショナルな方法で、野心的な方法で状況を処理するならば、もちろん私は夏に契約が切れる選手であってもプレーさせるつもりだ」 2022.01.19 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラ戦出場拒否否定のマルシャル、ラングニック監督は問題解決と主張

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督がフランス代表FWアントニー・マルシャルとの問題が解決したと主張した。 ラングニック監督は今冬での移籍願望が判明したマルシャルに対し、15日に敵地で行われたプレミアリーグ第22節でアストン・ビラ戦で本人の意向を尊重してメンバー外にしたと主張。 しかし、マルシャルは後に自身インスタグラムのストーリーで 「マン・ユナイテッドの試合を拒否するなんて絶対にない。僕はここに7年いるが、クラブやファンにリスペクトを欠いたことなんてないし、これからもそうだ」と反論。 これを受けてラングニック監督は次のように答えた。 [日曜日に彼と個人的に話をした。何が起こったのか、どういう状況だったのかを伝えた。そして問題は解決されたよ。昨日、彼はトレーニングをしていなかった。おそらく今日はできるだろう。その状態を見て試合に帯同させるかを決める」 2022.01.19 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

去就不透明のポグバ、2月に復帰へ

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが2週間後に復帰できるようだ。ユナイテッドを率いるラルフ・ラングニック監督が明かしている。 右足太ももの負傷により11月から戦列を離れていたポグバ。今季終了後には契約が切れ、去就が不透明となっている。 しかし、ラングニック監督は以下のようにポグバについて言及している。 「トレーニングを見た感じでは今後にとても期待が持てそうだった。彼を起用できることになればとても楽しみだ。2週間後、代表ウィーク明けにスタメンの候補になってくるだろう」 2022.01.18 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

FIFA/FIFProワールドイレブンが発表! プレミアから最多5選手!

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2021年の男子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。世界のフットボーラーによる投票で決められ、17日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表された。 GKにはユーロ2020でイタリア代表の優勝に貢献し、大会MVPにも輝いたジャンルイジ・ドンナルンマが選出。 さらに、ディフェンス部門ではダビド・アラバ、レオナルド・ボヌッチという常連2人と、マンチェスター・シティでワールドクラスのセンターバックに成長したルベン・ディアスが選出。 中盤ではシティのプレミアリーグ制覇に貢献したケビン・デ・ブライネ、チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したジョルジーニョ、エンゴロ・カンテの選手が選ばれた。 さらに、最多4人が選出されたフォワード部門ではクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの生けるレジェンド2人に、ブンデスリーガの2大ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ、アーリング・ハーランドが選ばれた。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン) DF ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン、レアル・マドリー) レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン) 2022.01.18 06:21 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが男子年間最優秀選手を2年連続受賞! 『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で各賞発表

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男女各賞受賞者を発表した。 男子最優秀選手は昨年に続きFWロベルト・レヴァンドフスキがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、エジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)を抑えて2年連続受賞。 男子最優秀監督はチェルシーを指揮して約4カ月でチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルをもたらしたトーマス・トゥヘル監督が初受賞。男子最優秀GKはチェルシーの守護神エドゥアール・メンディが同じく初受賞した。 一方、女子最優秀選手はスペイン代表MFアレクシア・プテラス、女子最優秀監督はチェルシーのエマ・ヘイズ監督、女子最優秀GKはチリ代表GKクリスティアネ・エンドレルが受賞している。 その他では年間ベストゴール賞に当たるFIFAプスカシュ賞は、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラがトッテナム時代のアーセナルとのノースロンドン・ダービーで決めたラボーナ弾で受賞。トッテナムは昨年の韓国代表FWソン・フンミンに続き史上初の2年連続受賞に。 FIFAフェアプレー賞、FIFAファン賞は、ユーロ2020のデンマーク代表とフィンランド代表の試合中に卒倒し、一時心停止となったデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの救命措置で世界中のフットボールファミリーから称賛を浴びたデンマーク代表、同試合で暖かなサポートを見せた両チームのサポーターが選出された。 また、偉大なキャリアを送った選手たちが対象となるFIFA特別賞を、それぞれポルトガル代表、カナダ女子代表で代表通算ゴール記録を塗り替えたクリスティアーノ・ロナウド、クリスティーン・シンクレアが受賞することになった。 ◆各賞受賞者一覧 《男子最優秀選手》 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) 《男子最優秀監督》 トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー) 《男子最優秀GK》 エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)) 《女子最優秀選手》 アレクシア・プテラス(スペイン/バルセロナ) 《女子最優秀監督》 エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー) 《女子最優秀GK》 クリスティアネ・エンドレル(チリ/パリ・サンジェルマン、リヨン) 《FIFAフェアプレー賞》 デンマーク代表&メディカルチーム 《FIFAプスカシュ賞》 エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム、セビージャ) 《FIFAファン賞》 デンマーク&フィンランドサポーター 《FIFA特別賞》 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) クリスティーヌ・シンクレア(カナダ/ポートランド・ソーンズ) 2022.01.18 06:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly