ボカが本拠地を拡張へ! 実現なら収容8万2000人に…世界屈指の熱狂を誇るラ・ボンボネーラ

2023.08.23 16:04 Wed
Getty Images
ボカ・ジュニアーズが本拠地拡張への第一歩を踏み出した。アルゼンチン『Ole』が伝えている。南米屈指の名門であるボカ。故ディエゴ・マラドーナ氏やガブリエル・バティストゥータ氏、ファン・ロマン・リケルメ氏(現・副会長)といった数多のスーパースターたちが在籍し、南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスでは歴代最多の決勝戦進出11回、歴代2位の優勝6回を誇る。
過去の実績や元所属選手を並べるだけでもその偉大さがよくわかるわけだが、クラブ最大の特徴はなんといっても人生を捧げるサポーター、そして彼らを迎え入れる首都ブエノスアイレスの本拠地「ラ・ボンボネーラ」だ。

ラ・ボンボネーラは1940年に建造され、収容人数は5万4000人。生前のマラドーナ氏が「サッカーの聖地」と称えたスタジアムは、ライトグリーンの芝生以外は全てがクラブカラーの青と黄色で埋め尽くされており、観客席の傾斜は非常に高く、競馬場を彷彿とさせるメインスタンドの構造も特徴的だ。

そんなラ・ボンボネーラに関して大きなニュースが。ボカのホルヘ・アモール・アメアル会長が22日、ブエノスアイレス議会でプレゼンテーションを行い、「収容人数を最大8万2000人まで拡張するプロジェクト」の要請書を正式に提出した。
『Ole』によると、この本拠地拡張計画では緑地環境の設置を大前提にしており、商業施設の併設も視野に入っているとのこと。過去にも何度か計画が持ち上がったものの、近隣の住宅などを取り壊して補償する必要があり、進展していなかったという。すなわち、議会に要請書を提出したのは今回が初めてだ。

今夏にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを迎え入れたボカが新しい時代に向けてスタートを切った。

1 2
関連ニュース

ボカ・ジュニアーズのリケルメ新会長が挑む困難なミッションとは?「住民に出ていけと…」

ボカ・ジュニアーズのフアン・ロマン・リケルメ新会長(45)が難しいミッションに直面している。アルゼンチン『Ole』が伝えている。 ボカひいてはアルゼンチンのレジェンド・リケルメ氏。昨年12月のクラブ会長選挙を制し、現役時代同様、名実ともにボカの象徴へと返り咲いたスーパースターだ。 当選から約2カ月、リケルメ新会長は14日、地元TV局の取材で「ラ・ボンボネーラはますます良い雰囲気だ。20万人収容の巨大スタジアムを作ると言いたいところだが、嘘も冗談も必要ない。真実を伝える」とコメントした。 “ラ・ボンボネーラ”はボカの本拠地。首都ブエノスアイレスに1940年に建造され、収容人数は5万4000人。故ディエゴ・マラドーナさんが「サッカーの聖地」と称えたスタジアムは、ライトグリーンの芝生以外は全てがクラブカラーの青と黄色で埋め尽くされており、観客席の傾斜は非常に高く、競馬場を彷彿とさせるメインスタンドの構造も特徴的だ。 実はこのスタジアムに関し、ホルヘ・アモール・アメアル前会長が昨年8月、「収容人数を最大8万2000人まで拡張するプロジェクト」の要請書をブエノスアイレス議会に提出。老朽化対策・観客席拡張・商業施設併設を同時に行う計画とされる。 すなわち、会長選挙でアメアル前会長のバックアップを受けたリケルメ会長はこの計画を継承するということだ。 しかし、リケルメ会長にはある懸念が。 「近所の人たちをどうしようか…。一軒一軒出向き、ドアをノックし、一家の長に対して『この土地を出ていってくれ』と頼まなければいけない。ラ・ボンボネーラの移転は出来ないが、彼らも慣れ親しんだ土地に残るべきだ」 そう、ラ・ボンボネーラは敷地のすぐそばにも近隣住宅が多数あり、拡張にはこれらを取り壊して住民に補償する必要があるのだ。 「誰もが新しくなったラ・ボンボネーラを見たいと願うが、それが叶うのは、すべてがうまくいった時のみだ」 リケルメ会長は1期目から困難なミッションに挑んでいる。 2024.02.15 19:40 Thu

三笘薫とサイドで共演へ! ブライトンがボカの逸材DFバレンティン・バルコを完全移籍で獲得

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは20日、ボカ・ジュニアーズのU-23アルゼンチン代表DFバレンティン・バルコ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約は2028年6月までの4年半となる。 ボカの下部組織で育ったバルコは、2023年7月にファーストチームに昇格。今シーズンはリーガ・プロフェシオナル(アルゼンチン1部)で14試合に出場し1アシスト。コパ・リベルタドーレスでも9試合で1ゴール1アシストを記録している。 左サイドバックとしてプレーするバルコは、サイドハーフとしてもプレー。ブライトンでは日本代表MF三笘薫と同じサイドでプレーすることとなる。市場価値は大きく跳ね上がっている中、予てからマンチェスター・シティが関心を寄せ、ジョゼップ・グアルディオラ監督も興味を示していた。 ブライトンのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるデイビッド・ウィアー氏は獲得を喜んでいる。 「我々はバレンティンのことを長い間見守っており、国内外での彼の成長に感銘を受けてきた」 「我々は彼をクラブに迎えることができて嬉しく思い、ロベルト(・デ・ゼルビ)の下でどのように進歩し、成長していくのかを見るのが楽しみだ」 「彼は主に左サイドでサイドバック、ウイングバック、ウインガーとしてもプレー。ボカでは中盤より前でプレーし多才性を発揮していた」 「エキサイティングで有望な選手だが、新たな環境はプレミアリーグに慣れて適応する必要があり、時間を与えることも重要だ」 2024.01.20 20:25 Sat

ミランで出番少ない19歳FWロメロがスペイン帰還か… ボカ動くもアルメリア行きが有力に

ミランのアルゼンチン人FWルカ・ロメロ(19)がアルメリア移籍へと近づいているようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が報じた。 マジョルカ時代には15歳219日でラ・リーガ最年少デビューを果たし、大きな注目を集めたロメロ。2021年夏にラツィオへ移籍すると、今シーズンからミランにフリー加入した。 しかし、ミランでも満足に出場機会を得られないロメロは今冬の移籍を模索。アルゼンチンのビッグクラブであるボカ・ジュニアーズが獲得に動き、1年、もしくは1年半の買い取りオプション付きレンタル移籍を希望していたという。 一方のミランは完全にはロメロを手放したくないことから折り合いがつかず。現在は買い取りオプションなしでのアルメリアへの6カ月レンタルが現実味を帯びている模様だ。 ミランでの半年間では、セリエAで途中出場4試合、コッパ・イタリアで先発1試合にとどまったロメロ。アルメリアはラ・リーガで20試合未勝利の勝ち点「6」と最下位に沈んでいるが、久々のスペインで残留を目指して戦うことになるのだろうか。 2024.01.20 14:43 Sat

アトレティコとアルゼンチンのレジェンド、ホルヘ・グリファ氏が逝去…多くのスター発掘の名伯楽

アトレティコ・マドリーとアルゼンチン代表のレジェンドであるホルヘ・グリファ氏(享年88)が15日に逝去した。アルゼンチンサッカー協会(AFA)がレジェンドの訃報を伝えた。 グリファ氏は現役時代にDFとして母国のニューウェルズ・オールドボーイズ、スペインのアトレティコ、エスパニョールで活躍。1959年から1969年まで在籍したアトレティコでは1度のラ・リーガ制覇に加え、3度のコパ・デル・レイ制覇に貢献した。また、アルゼンチン代表では1959年のコパ・アメリカ優勝を経験していた。 また、現役引退後は古巣のニューウェルズ・オールドボーイズ、ボカ・ジュニアーズといったクラブで育成部門の指導者やディレクター職を歴任し、鬼才マルセロ・ビエルサのメンターを担ったほか、ホルヘ・バルダーノ、ガブリエル・バティストゥータ、カルロス・テベス、マキシ・ロドリゲス、ワルテル・サムエル、マウリシオ・ポチェッティーノ、フェルナンド・ガゴらを筆頭に多くの逸材を発掘。 その慧眼と卓越した育成理論によって現役時代以上にアルゼンチンフットボール界に多大なる功績を残した。 <span class="paragraph-title">【写真】アルゼンチン、アトレティコがレジェンドを追悼</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/ProfundoDolor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ProfundoDolor</a> La <a href="https://twitter.com/afa?ref_src=twsrc%5Etfw">@afa</a>, a través de su Presidente Claudio Tapia, manifiesta su dolor y expresa sus condolencias a familiares y seres queridos por la pérdida de Jorge Griffa, prestigioso formador de nuestro fútbol.<br><br> <a href="https://t.co/fjM5xY0jlf">https://t.co/fjM5xY0jlf</a> <a href="https://t.co/OYpVHHW48D">pic.twitter.com/OYpVHHW48D</a></p>&mdash; AFA (@afa) <a href="https://twitter.com/afa/status/1747005914333258129?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Hasta siempre, <br><br> Jorge Griffa disputó 291 partidos oficiales como rojiblanco y conquistó una Liga, tres Copas y una Recopa de Europa, dejando como legado un recuerdo imborrable.<br><br>Descanse en paz<br><br> <a href="https://t.co/OLqZsTbiI1">https://t.co/OLqZsTbiI1</a> <a href="https://t.co/gKLbjP8MxW">pic.twitter.com/gKLbjP8MxW</a></p>&mdash; Atlético de Madrid (@Atleti) <a href="https://twitter.com/Atleti/status/1747223559733182700?ref_src=twsrc%5Etfw">January 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.01.17 08:30 Wed

元ユナイテッドのボカ主将マルコス・ロホ、キックオフ直前に重傷? 直近2年で8回目のケガに

ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ。直近2年間で8回目となるケガを負ってしまった。 マンチェスター・ユナイテッドでもプレーした左利きストッパー・ロホ。アルゼンチン代表通算61キャップを誇る33歳は、2021年から母国の名門ボカでプレーし、現在はキャプテンとしてチームをまとめ上げている。 そんなロホだが、2022シーズン終盤に右ヒザ前十字じん帯断裂の大ケガを負い、そこから約10カ月間離脱。2023シーズン途中の昨年8月に復帰したが、その後も比較的小さなケガをしては復帰する…を繰り返す状況が続く。 アルゼンチン『Ole』によると、ロホは2024シーズン開幕に向けた14日のプレシーズンマッチ・ヒムナシア戦で先発予定だったものの、試合前のウォーミングアップで突如、左足を押さえながら芝生に座り込んでしまった。 ロホの異変に気付いたチームメイトがベンチスタッフを呼び、自力で歩けなかったロホはコーチ2人の肩を借りてドレッシングルームへ直行。試合後は左足が包帯でグルグル巻きにされ、松葉杖を突いてスタジアムを後にする様子が確認されたとのことだ。 15日には精密検査を実施するそうだが、ロホは今回がこの2年間で8度目の負傷ということに。ユナイテッド時代を含めると2度の右ヒザ前十字じん帯断裂に加え、ボカ加入後だけで両足ふくらはぎの筋断裂を複数回経験しており、疲労性のケガで離脱したことも。 元々ケガが少なくない選手なだけに、重傷でなければ良いのだが、状況からしてすぐに復帰できるわけではないのが明らか。ボカにとって手痛い2024シーズンのスタートとなってしまった。 2024.01.15 20:40 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly