バルサ時代のマラドーナがレアルDFをあざ笑う超絶ドリブル弾【インクレディブル・ゴールズ】

2020.06.11 11:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。

神業とも言える左足のテクニック、創造力溢れるプレー、誰にも止める事の出来ない突破力、抜群の決定力、その存在感は計り知れないものがあり今後も永遠にサッカー界に語り継がれるスーパースターであるマラドーナ氏。クラブではナポリでの活躍が目立つが、1982年から2年間バルセロナでもプレーした。

中でも圧巻だったのが、1982-83シーズンのレアル・マドリーとのエル・クラシコで決めたゴールだ。

自陣からのカウンターに抜け出したマラドーナは相手GKアグスティン・ロドリゲスとの1対1を迎える。これを冷静にかわすと、後は無人のゴールに流し込むだけだったが、敢えてシュートを打たず。相手DFフアン・ホセが全速力で戻ってくるのを見ると、フアン・ホセのスライディングを切り返しでかわし、ゴールに流し込んだ。

レアル・マドリー相手にこのプレーを選択するマラドーナ氏の大胆さとそれを裏打ちするだけのスキルが証明された歴史的なゴールだった。
コメント
関連ニュース
thumb

思わず息を吞む!ウクライナの逸材DFジンチェンコが決めた美しいミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコが決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ウクライナの逸材、ジンチェンコが決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFY1hhSVdYTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国の強豪シャフタール・ドネツクのユース出身のジンチェンコは、2015年ロシアのウファでプロデビュー。その後2016年にマンチェスター・シティへ引き抜かれると、PSVでの レンタルを経て、徐々に出場機会を増やし、主力選手の1人として定着しつつある。 そんなジンチェンコは、2019年1月9日に行われた、カラバオカップ(EFLカップ)準決勝1stレグ、バートン・アルビオン戦で、美しいゴールを決めている。 3部相手の試合となったこの試合では、序盤からシティが力の差を見せつける展開に。そして3-0で迎えた37分、ジンチェンコにチャンスが訪れる。左サイドでボールを持ったFWレロイ・ザネのパスをボックス左端の手前で受けたジンチェンコは、相手の虚を突き、そこからダイレクトシュート。絶妙なカーブのかかったボールは、必死に手を伸ばす相手GKの頭上を越え、見事にゴールに吸い込まれた。 シティでのクラブ初ゴールを決めたジンチェンコのゴールで、4点差としたシティ。後半さらに5点を加え、記録的大勝でシティが1stレグを制している。 2020.08.07 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン時代のドグラス・コスタがスーパーミドルでチームを救う【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスの元ブラジル代表FWドグラス・コスタがバイエルン時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドグラス・コスタがスーパーミドルでチームを救う<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1Q1RxajhLZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にシャフタール・ドネツクからバイエルンに加入したウインガーのドグラス・コスタは、切れ味抜群のドリブルを武器に、移籍初年度に鮮烈な活躍を見せてリーグ優勝とDFBポカール優勝に大きく貢献。 2016-17シーズンはケガの影響もありポジションを奪えなかったものの、公式戦34試合に出場し、7ゴールを挙げた。 中でも2016年12月18日に行われたブンデスリーガ第15節のダルムシュタット戦では素晴らしいゴールを決めている。 最下位相手に苦戦を強いられたバイエルンだが、0-0で迎えた71分にFKを獲得する。 キッカーのMFチアゴ・アルカンタラは素直にはクロスを上げず、横にいたドグラス・コスタへとパス。その流れからドグラス・コスタの豪快なミドルシュートがバーの下を掠めてゴールに突き刺さり、バイエルンが苦しみながらも先制した。 そのままダルムシュタットの反撃を許さずに1-0で勝利したバイエルンは、勝ち点3を獲得し、首位キープに成功している。 2020.08.07 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

戦術、マーカー関係なし!アザールが戦慄の中央突破でウェストハムゴールをこじ開ける【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールがチェルシー時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アザールが戦慄の中央突破でウェストハムゴールをこじ開ける<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1TzNlTGV2NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リールでプロデビューを飾ったアザールは2012年夏にチェルシーに移籍。チェルシーでは、昨夏にレアル・マドリーへ移籍するまで、公式戦352試合に出場して110ゴール92アシストを記録。 2度のプレミアリーグ優勝(2014-15、2016-17)と2度のヨーロッパリーグ優勝(2012-13、2018-19)、FAカップ(2017-18)とリーグカップ(2014-15)をそれぞれ1度優勝するなど、チェルシーに数々のタイトルをもたらした。 その中でも見事だったのが、2019年4月8日に行われたプレミアリーグ第33節のウェストハム戦でのゴールだ。 0-0で迎えた24分、アザールはセンターサークルの少し前でボールを受けると、そこからドリブルを開始。相手のプレッシャーが弱いことを見逃さずに、一気に前線へと駆け上がる。 その勢いのままボックスへと侵入すると、そこからは細かいタッチで相手DFを翻弄。DFを次々とかわし、そのまま左足でゴールへ叩き込んでしまった。 アザールの圧倒的な個の力で先制したチェルシー。アザールは試合終了間際にもゴールを奪い、2得点でチームの勝利に大きく貢献した。 2020.08.07 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

万能型DFヘイティンガが放った弾丸ミドルにGKも棒立ち!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元オランダ代表DFヨン・ヘイティンガ氏がアヤックス時代に見せたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆万能型DFヘイティンガが見せた完璧なミドルシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNMVFlZHY1aSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスユースで育ったヘイティンガは、足元の技術に優れたDFが揃うオランダの中でも特に優れたテクニックを持ち、同胞の先輩DFヤープ・スタムの後継者と呼ばれた万能型DFだ。 キャリアを通してアトレティコ・マドリーやエバートン、フルアム、ヘルタ・ベルリンなどで活躍したハイティンハだが、アヤックス時代の2006年12月13日に行われた、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)、グループステージのズルテ・ワレヘム戦では豪快なスーパーゴールを決めている。 アウェイのアヤックスが2-0とリードして迎えた83分、衝撃のゴールが生まれる。 アヤックスが相手陣内でボールを回す中、敵陣中央でハイティンハがボールを受ける。すると大きめのタッチでボールを前に出し、充分な助走を取ると、右足を豪快な一振り。シュート回転のかかったボールは、ゴールキーパーから離れるように変化しながらものすごいスピードでゴール右上に突き刺さった。 これには相手GKもお手上げ。棒立ちのままゴールが決まるところを見ることしかできなかった。これでリードを3点に広げたアヤックスは3-0で勝利している。 2020.08.06 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダンの鋭すぎるターンで相手DFを破壊!相手を翻弄するターンからの豪快なゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジダンがキラーターンで相手DFを翻弄<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJESHNpYVBGSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ボルドーで頭角を現したジダンは、ユベントスでブレイク。スターダムを駆け上がると、2001年に“銀河系軍団”の一員として、レアル・マドリーに加入し、現役を引退するまで同クラブでプレーした。 攻撃的MFとして、味方のチャンスを演出する天才的なパスと自らも得点を挙げる決定力を武器に、芸術的なプレーでファンを魅了したジダンだが、2005年2月5日に行われた、ラ・リーガ第22節、エスパニョール戦では、相手を翻弄するプレーから豪快なゴールを決めている。 ホームにエスパニョールを迎えた、レアル・マドリー。序盤からジダンがいきなり魅せる。 自陣からMFデイビッド・ベッカムの正確なサイドチェンジのボールを、敵陣の左サイドに張っていたジダンが受ける。 完璧なトラップで簡単にボールをコントロールすると、ドリブルで相手ボックス左端まで侵入。細かいカットインで、ハーフスぺースを得ると、シュート体勢に入った。 しかし、相手DFがブロックしようと足を伸ばした絶妙のタイミングでキックフェイントによるキレのあるターン。完全にバランスを崩された相手DFは尻モチを突き、フリーになったジダンが左足で豪快なシュートを放つ。強烈なシュートはGKのニアポストを抜き、見事なゴールとなった。 2020.08.06 18:00 Thu
twitterfacebook