狙い通り?不思議トラップからの決勝点でミランを撃破、タレミとルイス・ディアスが抜群の得点感覚を見せる

2021.10.20 21:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトのコロンビア代表FWルイス・ディアスとイラン代表FWメフディ・タレミが抜群の嗅覚を見せた。

19日にチャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節でミランをホームに迎えたポルト。開始早々の5分にはルイス・ディアスがポスト直撃のミドルを放ち、試合を優位に進めた。

押し気味ながらもゴールレスで後半を迎えると、意外性のあるアシストからようやく試合が動く。65分、右サイドからジョアン・マリオが折り返すと、セルジオ・オリベイラがボレー。これはミスヒットとなって大きく浮き上がり、タレミが反応するも相手ともつれて転倒してしまう。

だが、幸運にもボールは倒れたタレミの足下にピタリと収まり、結果的には最高のセットアップに。いち早く反応したルイス・ディアスが右隅に蹴り込み、ネットを揺らした。

6月23日に行われたコパ・アメリカ2021、グループB第4節のブラジル代表戦でもコロンビア全土を沸かせたバイシクルシュートを決めていたルイス・ディアス。

片や昨季のCL準々決勝第2戦のチェルシー戦で決めたバイシクルシュートが、欧州サッカー連盟(UEFA)の2020-21シーズン最優秀ゴール賞(Goal of the Season)に選出されたタレミ。

抜群の得点感覚を持つ2人が得点に絡んで演出されたゴールが決勝点となり、ポルトが今季のCL初白星を記録している。



1 2

関連ニュース
thumb

アトレティコが最下位からの逆転突破! シメオネ監督が歓喜「この10年で起こしてきたことよりもずっと興奮させる」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)勝ち上がりを喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 アトレティコは7日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB最終節でポルトと対戦した。 グループ最下位で最終節を迎えたアトレティコ。勝てば2位通過の可能性がある中で、他会場の結果に左右される状況だった。 さらに、DFフェリペが出場停止、DFホセ・ヒメネス、DFステファン・サビッチ、DFキーラン・トリッピアーが負傷離脱と、守備ラインの選手が不足した中での戦いとなった。 苦しい状況の中で大きな試合に臨んだアトレティコ。すると開始10分でFWルイス・スアレスが負傷によりプレー続行不能となるアクシデントに見舞われる。 前半こそゴールレスで終えたが、56分にアントワーヌ・グリーズマンのゴールで先制。リードを奪ったものの、後半半ばに小競り合いからヤニク・フェレイラ・カラスコが一発退場となる。 このプレーから荒れた展開となると、71分にはポルトのヴェンデウが退場。難しい試合となるが、アトレティコは90分にアンヘル・コレア、92分にロドリゴ・デ・パウルが追加点。96分にPKを決められるが、1-3で勝利。ミランがリバプールに敗れたこともあり、2位に浮上してグループステージを突破した。 試合後、シメオネ監督は最下位からの大逆転突破に歓喜。選手を欠いた中での試合だったが、しっかりと選手が揃っていたと語った。 「クラブを率いて10年になるが、チームはこの10年で起こしてきたことよりもずっと私を興奮させてしまう。4人中3人のCBがいなかったという難しさはあったが、出場時間が少なくても、出場時間のクオリティが高いため、重要な役割を果たせる選手がいる」 「今日はヴルサリコの番だった。彼にはコーチがいて、上手くいくことは分かっていた。コンドグビアのようにだ。チーム全体が参加し、プレーし、全てを与え、心を込めた。難しい場面で見せてくれたGKもいる。後半にはゴールが決まって…勝利した」 また苦しんだグループについても言及し、難しかったと振り返った。 「最も難しいグループの1つだった。全員に対してポイントを取れると思っていたが、リバプール相手には取れなかった。ミランとポルトとの争いでは、より多くのポイントを獲得した」 2021.12.08 11:13 Wed
twitterfacebook
thumb

不屈アトレティコが最下位からの逆転で三つ巴の争い制す! グリーズマン躍動で退場者4人出たポルトとの乱戦制す《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループB最終節、ポルトvsアトレティコ・マドリーが7日にエスタディオ・ド・ドラゴンで行われ、アウェイのアトレティコが1-3で勝利した。 CLでは直近2試合未勝利も自力突破の可能性を有する2位のポルト(勝ち点5)は、前回対戦で0-0のドローに終わったスペイン王者相手の勝利で2年連続の決勝トーナメント進出を目指した。 一方、アトレティコ(勝ち点4)は前節のホームゲームで土壇場に失点を喫し、勝利はおろかドローにも持ち込めず。当該戦績で完全に並んだミランにグループ全体の得失点差で「1」上回られて最下位に転落した。 逆転突破にはポルト戦の勝利に加え、3位ミラン(勝ち点4)が勝利した場合には大量得点を奪って得失点差や総得点で上回る必要がある崖っぷちの状況となった。その運命の一戦に向けてシメオネ監督は、土壇場の失点で痛恨の逆転負けを喫したマジョルカ戦から先発5人を変更。出場停止のフェリペ、負傷のホセ・ヒメネス、サビッチ、トリッピアーの不在を受け、3バックにヴルサリコ、コンドグビア、エルモソを起用。グリーズマンとスアレスを2トップに配した[3-5-2]の布陣で臨んだ。 互いに相手の出方を窺う慎重な入りを見せた中、アトレティコにいきなりアクシデントが発生。10分過ぎに筋肉系のトラブルに見舞われたスアレスがプレー続行不可能となり、自らの足でピッチを後に。これを受け、13分にマテウス・クーニャがスクランブル投入された。 エースの負傷離脱によってピッチ内にイヤな流れが漂うアトレティコは、集中したホームチームの堅守を前に苦戦。それでも、20分過ぎに最初の決定機を創出する。 22分、ボックス左で仕掛けたカラスコが複数のDFを軽やかにかわしてゴールライン際に抜け出す。そして、グラウンダーの高速クロスを入れると、ニアに飛び込んだレマルに当たってファーに流れたところにグリーズマンとマルコス・ジョレンテが反応。手前のグリーズマンはわずかに届かなかったものの、ジョレンテが右足のダイレクトシュートをニアに飛ばしたが、これはGKジオゴ・コスタの足を使ったビッグセーブに阻まれた。 この決定機をキッカケにアウェイチームに流れが傾くかに思われたが、以降はボールの主導権を握るポルトが押し込む展開に。31分には右サイド深くでジョアン・マリオが入れたグラウンダーの折り返しを、ボックス中央のルイス・ディアスが右足ダイレクトシュート。これが枠に飛んだが、GKオブラクが味方のブラインドをモノともせずに見事にはじき出した。 その後、前半終盤にかけて攻勢を強めるポルトはセットプレーから幾度か際どい場面を作り出すと、43分には3列目から豪快な攻め上がりを見せたグルイッチがボックス右から強烈なシュートを放つが、これはGKオブラクの正面を突いた。 ポルトペースも0-0のイーブンで折り返した試合は、後半も引き続きホームチームが押し込む。立ち上がりの47分にボックス付近でカラスコからボールを奪ったオタビオの折り返しをボックス中央のタレミがシュートも、これを枠の上に外す。さらに、51分には完璧なカウンターからルイス・ディアスのスルーパスに抜け出したタレミがボックス内でGKとの一対一を迎えるが、右足のシュートはGKオブラクの残した右足のセーブに遭い、続けて絶好機を逸した。 一方、守護神の再三のビッグプレーに救われたアトレティコは攻撃陣が応える。56分、右CKの場面でゴール前のタレミの頭に当たってファーに流れたボールがドフリーのグリーズマンの足元にこぼれると、これを背番号8が冷静に押し込んだ。 終始劣勢を強いられながらも勝負強さを発揮してリードを手にしたアトレティコは、やや強引な攻めが増え始めたホームチーム相手にカウンターを繰り出せるようになり、クーニャの豪快な持ち上がりからのループシュートにグリーズマン、コケが飛び込む決定機を作り出すなど、ようやく自分たちのペースで試合を進める。 だが、67分には思わぬアクシデントが発生。相手のスローインを遅らせようとしたカラスコがオタビオと小競り合いを起こした際に顔面にラリアットをかます形となり、この暴力行為にレッドカードが掲示される。 痛恨の退場によって厳しい状況となったアトレティコだが、このプレーをキッカケに試合が荒れ模様となったことが優位に働く。直後の71分には今度はクーニャとヴェンデウが先ほどと同じようなシチュエーションで小競り合いを起こすと、クーニャの喉付近にエルボーを見舞ったヴェンデウにレッドカードが掲示される。さらに、ここでの両軍入り乱れる乱闘の中でベンフィカの控えGKマルチェシンとコーチングスタッフにもレッドカードが出された。 10人同士のイーブンに戻った試合はここからさらに激しさを増していく中、ビハインドのポルトは積極的に攻撃的な選手を投入。対するアトレティコは前半途中投入のクーニャを下げてロージを投入する守備的な采配で逃げ切りを図る。 試合終盤にかけてはポルトが決死のパワープレーでゴールをこじ開けにかかるが、守護神オブラクを中心とするアトレティコ守備陣がことごとく撥ね返していく。 すると、5分が加えられたアディショナルタイムにはアトレティコが底力を見せる。まずは90分、ロングカウンターから中盤で粘ったグリーズマンからのスルーパスに抜け出したアンヘル・コレアがそのままボックス内に運んで冷静に右足のシュートをゴール左隅へ流し込む。さらに、直後の92分には相手陣内左サイドの高い位置でのデ・パウルのボール奪取からショートカウンターを発動。ゴール前でのグリーズマンのシュートのこぼれ球を起点となったデ・パウルが押し込み、勝利を決定づける3点目とした。 その後、後半ラストプレーで与えたPKをセルジ・オリベイラに決められたものの、このまま2点リードを守り切ったアトレティコが敵地で会心の3-1の勝利。 さらに、同時刻開催のミランvsリバプールがリバプールの2-1の勝利に終わったことで、最下位アトレティコが一気に順位を2位まで上げて劇的な形での決勝トーナメント進出を決定。今週末のレアル・マドリーとのダービーを最高の形で迎えることになった。 2021.12.08 07:33 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー①】ミラン、アトレティコ、ポルト三つ巴の2位争いの行方は?

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節が12月7日と8日に開催される。ここではグループステージ最終節1日目となるグループA~Dの戦いを展望を紹介していく。 ◆ライプツィヒとブルージュの3位争い~グループA~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループAでは前節の上位対決の結果、マンチェスター・シティ(勝ち点12)の首位通過及び、パリ・サンジェルマン(勝ち点8)の2位通過が確定した。そして、この最終節では勝ち点4で並ぶRBライプツィヒと、クラブ・ブルージュがヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を懸けた3位争いに挑む。 ライプツィヒは前節、ホームでの初戦で1-2の敗戦を喫したブルージュとのアウェイゲームをMFエンクンク、MFフォルスベリの2ゴールずつの活躍などで5-0の圧勝。今グループステージ初勝利を挙げると共に、当該成績で優位に立ち3位で最終節を迎えることに。そして、ホームで戦う最終節ではすでに首位通過を決めたシティと対戦する。 対戦相手のシティは週末に曲者ウォルバーハンプトンとのリーグ戦を控えており、今回のアウェイゲームで控えや若手主体のスカッドで戦う可能性が高い。そのため、3-6で大敗した前回対戦のような試合展開になる可能性は低いはずだ。ただ、ブンデスリーガで3連敗中のチームは成績不振を理由に、今季から就任したマーシュ監督を解任。今回の一戦はアシスタントコーチのバイアーロルツァー氏を暫定指揮官に据えて戦うことになる。指揮官解任に揺れるチームは格上シティを撃破し、自力で3位フィニッシュを決められるか…。 一方、1勝1分けの好スタートから一転、直近の3連敗で決勝トーナメント進出を逃したブルージュは、前回対戦で1-1のドローに持ち込んだPSGを相手に逆転での3位フィニッシュを目指す。対戦相手のPSGは国内リーグ首位を独走しているものの、直近2試合連続ドローと勝ち切れない試合が続いており、週末に控える難敵モナコとの一戦に向けて主力温存の可能性が高い。そのため、前回対戦のように粘り強く戦えれば、勝ち点を持ち帰ることは十分に可能なはずだ。 【グループA】 ▽12/7(火) 《26:45》 パリ・サンジェルマン vs クラブ・ブルージュ RBライプツィヒ vs マンチェスター・シティ ◆残り1枠を巡る三つ巴の争い~グループB~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 激戦区グループBでは5連勝のリバプール(勝ち点15)が早々に首位通過を決めた中、ポルト(勝ち点5)とミラン(勝ち点4)、アトレティコ・マドリー(勝ち点4)が残り1枠を懸けて運命の最終節に臨む。 前節、救世主メシアスの劇的CL初ゴールによってアトレティコを破り今グループステージ初勝利を手にしたミラン。グループ全体の得失点差でアトレティコを上回り3位に浮上。自力突破の可能性はないものの、リバプールをホームで迎え撃つ今節での勝利且つ、ポルトとアトレティコが引き分けか、アトレティコ勝利も得失点差で上回られなければ、逆転突破を決められる。 リバプールはすでに首位通過が決定していた前節はホームゲームということもあり、一部主力を起用していたが、アウェイ開催の今節では週末に控えるスティーブン・ジェラード率いるアストン・ビラとのリーグ戦を睨み、控えと若手中心のスカッドで臨む可能性が高い。なお、直近のウォルバーハンプトン戦で公式戦9戦ぶりに出場機会なしに終わったリバプールのFW南野拓実はポルト戦に続きスタメン起用が有力視されており、今季CL初ゴールが期待されるところだ。 一方、ミランは直近のサレルニターナ戦で前半早い時間帯に2点を奪って試合を決めたこともあり、FWイブラヒモビッチに完全休養を与えたほか、一部主力を早い時間帯にベンチに下げており、DFケアーや負傷離脱者を除き盤石の状態でこのホームゲームに臨めるはずだ。 リバプールのミラン撃破を期待しつつ運命の直接対決に臨むポルトとアトレティコ。前節終了時点で自力突破の可能性を有するポルトは勝利で文句なく突破が決まり、引き分けでもミランが引き分け以下に終わった場合突破できるため、状況次第では同時刻開催のミラン戦の状況を確認しつつの戦いとなる。CLの舞台では直近2戦未勝利も、国内リーグでは8連勝中と好調を維持しており、持ち味の堅守速攻を武器に2位通過を狙う。 対するアトレティコは前節のホームゲームで土壇場に失点を喫し、勝利はおろかドローにも持ち込めず。当該戦績で完全に並んだミランにグループ全体の得失点差で「1」上回られて最下位に転落。最終節での逆転突破にはポルト相手の勝利が必須となり、さらにミランが勝利した場合には大量得点を奪って得失点差や総得点で上回る必要がある。ただ、直近のリーグ戦ではホームで格下マジョルカに後半終盤の連続失点で痛恨の逆転負けを喫しており、チーム状態は芳しくない。直近4試合ゴールから遠ざかるエースFWルイス・スアレスらの奮起が求められるところだ 【グループB】 ▽12/7(火) 《29:00》 ミラン vs リバプール ポルト vs アトレティコ・マドリー ◆順位確定済…アヤックスは全勝突破狙う~グループC~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 開幕前には混戦が予想されたグループCだが、前節でアヤックス(勝ち点15)の首位通過、スポルティング・リスボン(勝ち点9)の2位通過、ドルトムント(勝ち点6)の3位敗退とすべての順位が確定した。 そのため、この最終節は完全に消化試合となり、注目ポイントはアヤックスの全勝突破、5戦全敗で最下位のベシクタシュ(勝ち点0)が初勝利を挙げられるかという2点ぐらいか。 アヤックスはスポルティングとの前回対戦で、今大会ここまでバイエルンFWレヴァンドフスキと並び得点ランキングトップ(9ゴール)に立つFWアラーが4ゴールを挙げる活躍をみせ、5-1の圧勝を飾っており、今回のホームゲームでの勝ち点3奪取の可能性は高そうだ。 【グループC】 ▽12/7(火) 《29:00》 アヤックス vs スポルティング ベシクタシュ vs ドルトムント ◆首位通過を懸けた強豪対決~グループD~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> モルドバ勢としてグループステージ初出場となったシェリフ(勝ち点6)の健闘が光ったグループDだが、前節でレアル・マドリー(勝ち点12)とインテル(勝ち点10)の決勝トーナメント進出が決定。また、シェリフの3位とシャフタール(勝ち点1)の最下位も確定している。 そして、今回の最終節ではマドリーとインテルが首位通過を懸けて激突する。 公式戦8連勝と絶好調のマドリーは直近のラ・リーガではアスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダというバスク勢相手に2試合連続クリーンシートでの勝利と抜群の安定感を誇る。ただ、そのソシエダ戦でハムストリングに軽傷を負ったエースFWベンゼマが欠場となるため、絶好調のFWヴィニシウスに加え、代役を担うFWヨビッチやFWアザールのパフォーマンスが重要となる。また、週末にアトレティコとのマドリード・ダービーを控えていることもあり、アンチェロッティ監督は一部のポジションでターンオーバーを行う可能性もありそうだ。 一方、10シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めたインテルだが、昨シーズンのグループステージからマドリー相手に3連敗を喫しており、今回の首位攻防戦ではリベンジを果たしたいところ。5連勝を含む公式戦11戦無敗と好調を維持するチームは、直近のリーグ戦でローマを相手に3-0の完勝を収めた上、前半の3ゴールで早々に試合を決めたことで、主力を早い時間帯にベンチへ下げている。また、週末のリーグ戦の対戦相手は下位に低迷するカリアリが相手となるため、マドリー撃破に向けて全力を注ぎたいところだ。 【グループD】 ▽12/7(火) 《29:00》 レアル・マドリー vs インテル シャフタール vs シェリフ 2021.12.07 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スポルティングやポルトがFFP規則違反で制裁の対象に

欧州サッカー連盟(UEFA)が3日、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)規則に関して、対象のクラブに制裁を科したことを発表した。フランス『レキップ』が報じている。 クラブの財政健全化を目指し、2011年から導入されたFFP。移籍金や人件費などの支出が収入を上回らないよう監査するためのルールで、莫大な資金を持つオーナーによる、一クラブへの有能な選手の一極集中を避けるための側面も持つ。 今回その規則に反したとして報告されたのは、主にスポルティング・リスボンとポルトのポルトガルのクラブ。それぞれ25万ユーロ(約3100万円)と30万ユーロ(3800万円)の罰金が科せられたようだ。 また、2022年1月31日までに未払金の支払いができなければ、来シーズンあるいは今後3シーズンにおいてUEFA管轄の国際大会の出場権を剥奪される可能性があるとのことだ。 そのほか、ベティス、CSKAモスクワ、アスタナ、ベシクタシュも一定の支払い義務を果たしていないとして制裁の対象に。今季の欧州大会で獲得した賞金の最大15%を差し押さえられる可能性があると指摘されている。 2021.12.04 19:36 Sat
twitterfacebook
thumb

CLで主将務めたアリソン、選手から選ばれた名誉に歓喜 「僕らには素晴らしいキャプテンがいるが…」

リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーがキャプテンを務めた喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 アリソンは24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節のポルト戦に先発。キャプテンのMFジョーダン・ヘンダーソンや副キャプテンのMFジェームズ・ミルナー、第3キャプテンのDFヴィルヒル・ファン・ダイクが揃ってスタメンから外れたことを受け、アームバンドを巻くことになった。 試合はターンオーバーを敢行しながらMFチアゴ・アルカンタラ、FWモハメド・サラーのゴールにより、リバプールが2-0で勝利。アリソンも初めてキャプテンを務めた試合を白星で飾っている。 公式サイトのインタビューで試合を振り返ったアリソンは選手たちの投票によってキャプテンを任せられた喜びを露わに。同時に、チームにはアームバンドを巻いていないだけで、高いキャプテンシーを備えた選手が何人も存在すると強調した。 「選手たちが、追加のキャプテンを選出するために投票をしたんだ。このチームでキャプテンを務められたことは僕にとって喜びであり、名誉なことだ。多くの名選手たちが務めてきたことだからね」 「僕たちには素晴らしいキャプテンがいる。でも、それだけではなくチームには腕にバンドを巻いていないリーダーもたくさんいるんだ。僕自身もそうだし、サディオ(・マネ)、モー(モハメド・サラー)、そしてすべての選手が重要な役割を担っている」 「チームにこうした選手たちがいて、リーダーシップを発揮し、必要なときには皆を前進させている。これは非常に重要だと思うよ」 また、アリソンはポルト戦で見事な先制点を決めたチアゴにも言及。卓越した技術を持つ同選手がチームメイトであることを大いに喜んでいる。 「とても美しいゴールだった。チアゴは本当になんて素晴らしい選手だろう。彼は自信に満ちており、チームのビルドアップや攻撃の局面で多くの貢献をしてくれるね」 「彼は良い意味でアグレッシブな選手であり、ディフェンス面でも常に貢献してくれている。賢い選手であり、常に良いポジションを取っているんだ。だから、彼が味方でいてくれて本当に良かったよ」 2021.11.26 17:44 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly