【日本代表プレビュー】純度100%のアウェイゲーム、落とせない大一番に臨む/vsサウジアラビア代表【カタールW杯最終予選】

2021.10.07 12:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
7日、日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第3戦でサウジアラビア代表と対戦する。

9月に行われた初戦のオマーン代表戦では、ホームながらまさかの敗戦。第2戦の中国代表戦ではなんとか1-0で勝利し、最悪のスタートは免れた。

そんな中迎える10月シリーズ。今回の連戦では、9月の最終予選で連勝スタートを切り、日本のライバルになると目されるサウジアラビア代表とオーストラリア代表と対戦する。

まずはアウェイでのサウジアラビア戦。難しい戦いになることが予想されるが、負けるわけにはいかない。

◆冷静に試合を進められるか
©︎JFA

初戦のオマーン代表戦で敗れたことは想定外だったと言える日本。その結果、この2連戦で連敗しようもののなら、W杯への道が絶たれる可能性も高まってしまう。

プレッシャーの懸かる連戦が始まるわけだが、選手たちのプレッシャーは計り知れないだろう。

ただ、9月の2試合を経験した選手の大半が招集。それもあってか雰囲気は異なるとのこと。DF長友佑都は「緊張感というか危機感は確実に上がっている」とコメント。良いメンタリティで試合の準備を進められているようだ。

その日本だが、このサウジアラビア戦では2列目に離脱者が多い。MF伊東純也は招集されているものの出場停止で欠場、中国代表戦でトップ下で先発したMF久保建英はケガで招集外、そしてMF堂安律が試合前日にケガのために離脱したことが発表された。豊富と見られた2列目は選手の入れ替えがあるものの、チームコンセプトは誰が出ても変わらないという部分では、この試合に出場する選手に期待したいところだ。

選手のコンディション面が9月のオマーン戦では問題視されたが、その点についてはアウェイゲームだったことが幸い。ヨーロッパ組は時差や移動距離の負担が少なく、森保一監督も「移動負担が少ない選手が多いので、トレーニングをすることができました」と、普段よりもリカバリーを減らしてトレーニングに当てられたことを喜んだ。

ただ、サウジアラビアには良い印象はないと言っても良いだろう。2019年のアジアカップで対戦した際は1-0で勝利したが、大半の時間を相手にポゼッションされ、攻め込まれ続けるという事態に陥っていた。また、2018年のロシアW杯アジア最終予選で対戦した際には、日本のW杯出場が決まった後の試合だったが、アウェイでのサウジアラビア戦で敗れている。

決して楽な試合をさせてくれないサウジアラビア。今回も相手の戦い方は変わっていない。森保監督も「攻撃時に人数をかけてサイドバックも高い位置をとって、厚みのある攻撃を仕掛けてくるチーム」と警戒した。さらに、今回の試合は収容率100%が認められた結果、大勢のサウジアラビアサポーターが集まることが予想され、日本は完全なアウェイを味わうこととなる。

選手のコミュニケーションやベンチからの指示はまず聞こえないと考えて良い。いかにピッチに立つ選手が同じ絵を描き、それぞれが正しい判断をピッチ上で下せるかが、勝利へのポイントとなるだろう。

◆完璧なホームで3連勝を目指す
Getty Images

対するサウジアラビアは、ベトナム代表(3-1○)、オマーン代表(0-1○)と連勝スタート。首位のオーストラリア代表と勝ち点6で並んでいる。

グループ最大のライバルと言える日本をホームで倒すことを目指すサウジアラビア。前述の通り、収容率が100%に決定したことで、スタンドはホームサポーターが埋め尽くし、大きな後押しを受けることは間違いない。

サウジアラビアは、フランス人指揮官のエルヴェ・ルナール監督が2019年7月に就任。2018年のロシアW杯ではモロッコ代表を率いていた。

就任後は14試合を戦い、10勝3分け1敗。唯一敗れたのはフレンドリーマッチのジャマイカ代表戦だった。

基本的なシステムは[4-2-3-1]と日本と同じシステム。サイドバックが高いポジションを取り、攻撃時には[2-4-1-3]のような前がかりでピッチの幅を使ってポゼッションをするスタイルだ。

細かい変化はありながらも、基本的な戦い方は変わらない。サイドバックを高く配置して相手のサイドハーフを抑え込み、ポゼッションをしながら仕留めるという形。アジアカップでは80%近いポゼッションを記録したが、今回もそのような戦い方を目指してくるだろう。

2次予選からもその戦い方は継続しており、相手を押し込むことで失点も少ない。ただ、ベトナム代表戦では立ち上がりの3分で失点するなど、立ち上がりを含めて隙ができることも事実。日本としてはそこを突けるかが重要なポイントになりそうだ。

◆予想スタメン[4-2-3-1]
©︎JFA

GK:権田修一
DF:酒井宏樹吉田麻也冨安健洋、長友佑都
MF:遠藤航柴崎岳
MF:浅野拓磨鎌田大地南野拓実
FW:大迫勇也
監督:森保一

絶対に負けてはいけない試合に対して、森保監督はいつものメンバーを送り出してくると予想する。

守護神はGK権田修一(清水エスパルス)だ。ここまでの予選でゴールを守ってきた権田はクラブでのパフォーマンス、結果が不安視されるが、森保監督は継続して起用するはずだ。

最終ラインはいつものメンバー。右からDF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF長友佑都(FC東京)となるだろう。冨安に関してはクラブで右サイドバックをやっており、普段と違うポジションでのプレーとなる。吉田との立ち位置を変えて右サイド寄りにプレーすることもあるかもしれない。

両サイドバックの2人にはこの試合では大きな役割を担ってもらうことになるだろう。高い位置を相手のサイドバックがとってくる以上、サイドでの守備はサイドハーフと協力してしっかりと固めなければいけない。一方で、そのサイドバックの裏には広大なスペースが広がっている。日本としてはスピードを生かして底をつきたいところ。サイドバックのみならず、センターバックの2人からの裏へのフィードも、日本の勝利に繋がる可能性は高い。

ボランチはMF遠藤航(シュツットガルト)とMF柴崎岳(レガネス)になると見る。相手がポゼッションをしてくることは重々承知の上で、守備での貢献が期待されるMF守田英正(サンタ・クララ)という選択肢もある。ただ、守りを固めるだけでは日本が目指す結果は得られない。奪った上で、少ないタッチ数でゴールを目指すという上では、柴崎の正確な展開力は必要と考える。遠藤がクラブで見せている推進力にも期待だ。

そして重要な2列目。選択肢が一気に減った中で考えると、右サイドにはMF浅野拓磨(ボーフム)が入ると予想する。MF伊東純也(ヘンク)が起用できない以上、スピードタイプが不足。裏のスペースを突ける選手という意味では、浅野かFW古橋亨梧(セルティック)という選択肢しかない。しかし、古橋は中央でプレーさせたいタイプ。後半に仕掛けるタイミングでの起用も考えられ、その点では右サイドでの経験も豊富な浅野に落ち着くとみられる。

トップ下はMF久保建英(マジョルカ)がいない今、MF鎌田大地(フランクフルト)に託すことになる。9月の2試合では高いパフォーマンスを見せられなかった鎌田。「自身の気持ちに整理がついた」と語っており、今月は本来の力を見せてくれるはずだろう。そして左サイドには、9月にケガでプレーできなかったMF南野拓実(リバプール)が入るだろう。最終予選では初登場となる南野だが、カップ戦ではゴールも記録するなど動けている状況。連続ゴールにも期待がかかる。

そして1トップはFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)だろう。日本が押し込む時間は少ないと思われるが、しっかりと前線で起点になれるかは大きなポイントだ。相手のポゼッションからボールを奪った際にも、一度大迫に収まればその後の展開もスムーズにいくはず。いつも通りのパフォーマンスを期待したい。

見慣れた白装束のサウジアラビアファンがスタンドを埋め尽くし、異様な空気がスタジアムに流れる純度100%のアウェイゲーム。その中で、しっかりとパフォーマンスを出せるメンタリティを見せられるのか。負けられないサウジアラビア代表戦は、7日(木)の26時にキックオフを迎える。


関連ニュース
thumb

「非常に残念」ウズベク戦中止に広島DF佐々木翔、日本代表には「どこまで生き残れるか」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。サンフレッチェ広島のDF佐々木翔が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 オンライン取材に応じた佐々木は「万全です。すこぶる良いです」と体調についてコメント。オフについては「そこら辺は選んでもらったので、オフの間もしっかりと気を使って生活しましたし、ここに合わせてしっかりトレーニングを行ってきました」と振り返った。 実際に気をつけていたことについては「あまり休みすぎないように気をつけていましたし、オフでも食事はだらけたりはしないので、特に太るタイプではないです。食事を作ってくれる奥さんに感謝です」と支えてくれる家族へ感謝した。 今回はウズベキスタン戦が中止になったが、「非常に残念なことで、目の前の大きな目標は無くなりました」とコメント。ただ、合宿に関しては「やることは変わらないですし、練習でも試合でも見せることは変わらないので、与えられた環境で自分をしっかり表現していきたいです」とし、トレーニングでしっかりとアピールしたいようだ。 最近の日本代表については「起きてしまった結果に対して、自分たちができるだけの準備をして、そこから持ち直して、もう一度良い位置に来れているというのは、プレッシャーがかかったところですがチーム一丸となって選手、スタッフがともにやってこれた結果だと思うので、ここから日本の強さを発揮していければと思います」とコメント。残り試合でしっかりと強さを見せたいと思った。 一方で、クラブがキャンプや新シーズンに向けてチーム作りをしている中で代表活動に参加することになるが、「広島のチームとしても非常に重要な時期というのは間違いないですし、チーム事情としても監督が来れない、若い選手も多いというのがあるので、そこに対して僕がいて、トレーニングをみんなとして作り上げていくことができればさらに良かったかなとも思います」とコメント。「ただチームは僕がいなくてもしっかりやれるので、心配していないです。広島のチームに対してこの期間与えられないことに苦しさを感じます」と語った。 ただ、代表への貢献についても言及。「代表に選ばれたことは光栄ですし、戦えることは嬉しいことです」とコメント。「今後生き残っていくこともそうですが、色々考えると難しいですが、チームは信頼している仲間がいますし、代表ではどこまで生き残れるかに対して考えてやっていきたいです」としっかりとプレーできるためへの意気込みを語った。 2022.01.17 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「プレーの基準を変えないと」東京五輪世代に刺激を受ける名古屋FW相馬勇紀「目に見える結果を増やして行かなければ」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。名古屋グランパスのFW相馬勇紀が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 今回招集された相馬はコンディションについて「ウズベキスタン戦があると思って早めに動いていたので、良いコンディションを持続できているかなと思います」とコメント。アピールについては「もう下から這い上がるだけだと思っているので、練習から武器や特徴を全面に出せればと思います」と、しっかりアピールしたいと意気込んだ。 東京オリンピックに臨むU-24日本代表に選ばれていた相馬。森保一監督のサッカーは知っているがA代表については「1人1人の個人が戦うフェーズで、五輪後の代表で(三笘)薫や(田中)碧が日本を勝たせているのをみて、悔しさもありましたが、また同じ舞台に立ちたいという思いもあったので、自分の武器で勝たせられることをしたいなと考えています」とコメント。東京五輪メンバーである三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)、田中碧(デュッセルドルフ)の活躍に刺激を受けたとした。 その悔しさについて「五輪が終わった後の代表を見て、自分は選ばれるべき活躍はできていなかったと思います」と、アピールが足りなかったと語る相馬。Jリーグでも2得点8アシストという結果に終わった。 ここからのアピールが大事になるが「今シーズンの目標としては去年は2得点8アシストとゴールが足りなかったので、決定機を決め切るだったり、サイドであればカットインしてシュートのイメージが多いと思います。クロスやボックスに入ってシュートなど、得点にこだわっていきたいと思います」とより数字にこだわりを見せたいと語った。 その相馬はクラブではリーグ戦の他にも、YBCルヴァンカップ、天皇杯、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦い、合計60試合に出場した。 「60試合ですが出場時間が短かったこともあるかは思いますが、疲労は体に溜まっているなと思いました」と相馬は振り返り、「まずは少し休んで、クリスマスまで動いて、年末年始は休んで、年明けから動くというメリハリのあるオフでした」とコメント。「2日から動いていました」と、新年早々に始動したことを明かした。 ゴールが足りないと振り返った相馬だったが、アシストについては「数字としては伸びてきたかなと思いますが、去年はゴールを取りたいと思って挑んだシーズンで、ゴールを目指した結果アシストが増えたかなと思います」とコメント。「二桁を目指したかったのと、やるなら1番になりたいです。今度はゴールを狙ってゴールを決めたいです」とした。 具体的に増えた理由についても「リーグ終盤のアシストはシュートモーションで相手を動かして横にパスというのが、感覚として持てるようになってきたので、ゴールを目指すことから生まれたアシストもあると思います」とし、シュート意識が数字に変化を及ぼしたとした。 ここからの成長については五輪参加が大きく影響しているとのこと。「基準は変わりました。五輪に参加したことによって、世界のトップで戦っている選手と戦うことで、決定力が五輪でメダルを取れなかった時に感じました」とコメント。「選手の動きや体の使い方、ボールの置き所などが違うなと感じましたし、プレーの基準を変えないと思うことがありました」とコメントした。 また「もっともっと得点、アシストという目に見える結果を増やして行かなければと思いました。元々、一対一の仕掛けや背後に動くところが武器だと思っていましたが、少し中に入って首を振りながら周りと連携したり、クロスの質の部分も右左関係なく、細かい部分も大切だなと感じたので、レベルアップできればと思います」と、より攻撃、結果が残せるようになりたいとした。 さらにカタールW杯に関しては「単純に今の自分は昨年一年で成長したとは思っていますが、まだまだ足りないと思います。チームに入るとなったら序列を覆す結果を見せないといけないので、チャレンジャー精神を持って、今シーズンどれだけ変化を見せるかがメンバーに晴れるかどうかを決めると思うので、毎日を大切にどれだけ結果を残せるかだと思います」と強い意気込みを語った。 2022.01.17 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「常に負けられない」誕生日3日違いの久保建英にライバル心の清水MF松岡大起、初代表でW杯最終予選を「体験したい」と意気込み

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。清水エスパルスのMF松岡大起が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 今冬セルティックへと移籍したMF旗手怜央、FW前田大然の2選手が不参加となり、追加招集された松岡がメディアのオンライン取材に応対。初の日本代表へ意気込みを語った。 今回の代表招集でのアピールについては「まずは初選出ですごく嬉しいです。自分が持っているものを全てアピールするということで覚悟を持ってこの合宿にきました」と意気込みを語った。 同世代、3日しか誕生日が違わないMF久保建英(マジョルカ)へのライバル心をかつて口にしていた松岡だが「ステージは上に自分としても進めていると感じていますが、この前も試合で結果を残していましたし、常に負けられないと刺激を持っています」とライバル心はあるとコメント。「海外でやりたいという思いもあるので、そこに向かって1日1日やっていきたいと思います」と、更なるステップアップのために努力すると語った。 2021シーズンは下部組織から過ごしたサガン鳥栖を離れ、清水へと完全移籍。環境が大きく変わる中でプレーした。 1年間の成長については「自分の中で成長した部分は味方に声を掛ける部分、掛け方という部分でも1つ成長というか学んだものがありました」とコメント。「自分が本当に知らないチームの中でプレーすることは初めてだったので、どういう感じかというのはありましたが、周りの方のサポートもあり、自分というものをチームが変わっても出せたと思います」と、新天地でもらしさは出せたと語った。 今回の合宿にあたっての予習については「A代表の試合はずっと見てきたので、目標であるA代表で絶対結果を残そうと思ってきました」とコメント。「自分の中でW杯に出るという目標もありますし、アジア予選にも出るという強い覚悟と気持ちを持ってきました」と、試合出場まで考えていると語った。 また、今回の狙いについては「たくさんの経験ある選手がいるので、本当に全員に話を聞きたいと思います。海外のことも日本のことも聞きたいです」とし、「その中で、取り入れるものを選んでやっていきたいと思っています」と、話を聞いた上で、取捨選択していく考えのようだ。 現在20歳の松岡。しかし、世界的に見れば10代でA代表として活躍している選手もいるため、若手とは言い難い状況だ。 今回の合宿では「選ばれて嬉しいですし、呼ばれただけでなく、自分の特徴である声を出して存在感を示すこと、ボールを奪うところも全て特徴を出したいです」とアピールポイントをコメント。「世界で見ても20歳は若くないと思っています。常に自分でも危機感を持ってやっていますし、もっと上に行きたい気持ちはあるので、この合宿でピッチの中で出していければと思います」と、臆することなくしっかりとやっていきたいとした。 その松岡が目指すW杯までは1年ない状況だ「W杯というものは自分の目標、夢としてやってきたもので、テレビ越しでずっと見てきて、自分んもこの舞台に立ちたいという思いは幼い頃からありました」とコメント。「W杯に出場することは簡単ではないということもすごく感じるものです。同じチームである権田(修一)選手からいろいろな話を聞いて、すごい経験だと感じる部分はあるので、自分自身で体験したいと思います。勝ち取るためにもこの合宿は1日1日を大切にしていきたいと思います」と、まずはW杯最終予選の出場を目指し、経験したいと語った。 今回はチームメイトでもあるFW鈴木唯人と一緒に追加招集となった。クラブへの還元も期待されるところだが「吸収したことをチームでしっかり出すというところは、絶対だと思っています」とコメント。「チームで結果を出したからこそこういう場に呼んでもらえていると思うので、そこは自分もゆいとも、権さん(権田修一)もそうですが、しっかり出したいと思います。トレーニングを一緒にやってきて、常にお互い良い関係で刺激しあってきましたやってやろうという形で、2人で話をしていました」と、2人で強い意気込みを持っていることを明かした。 2022年最初にA代表として活動するシーズン。年末にはW杯が控えているが、2022年については「自分のプロサッカー人生は始まったばかりですが、一番飛躍する年にしたいと思っています」と、強い意欲を持って戦う1年にしたいとした。 2022.01.17 12:34 Mon
twitterfacebook
thumb

「胸に秘めていた」3年ぶり日本代表復帰の神戸FW武藤嘉紀、ロシアでの借りを返す「W杯でしか晴らせない」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 2019年1月のアジアカップ以来3年ぶりの日本代表招集となった武藤がメディアのオンライン取材に応対。自身の状態や久々の日本代表について語った。 リーグ戦でシーズンが終了してから1カ月半ぐらいが経過した武藤。この間に関しては「このキャンプもあるので、しっかりとした休みは取れなかったです」と語り、「正直、取るのが怖かったというのもあって、動き続けていました」と、しっかりとオフを取ることはなかったという。 久々の代表でのアピールについては「ウズベキスタン戦が無くなったことは残念ですが、トレーニングからしっかりパフォーマンスは見られているので、集中して最大限のパフォーマンスをしたいと思います」と、まずは練習からしっかりアピールしていきたいとした。 3年離れていた日本代表。その間、選手の入れ替わりも起こり、当時のアジアカップからはメンバーや戦い方も大きく変わっている。 武藤は森保ジャパンについて「チームが一つになって戦える、連動して戦えるのは良いことです」と良さをコメント。「久々の招集で、僕も入っていって、良いコンビネーションや良いプレーができることを模索しながら、良いところをアピールしてチームと1つになって良いプレーができればと思います」と、チームにまずはしっかりとアジャストしたいと考えているようだ。 その武藤はマインツやニューカッスル、エイバルとヨーロッパに旅立ってから6年ぶりにJリーグへと復帰。神戸に入団する際も日本代表についての想いを語っていた。 改めて日本代表については「日本代表はどのサッカー選手にとっても特別なものですし、自分自身その気持ちを忘れたつもりはないです」とコメント。「日本に戻ってきた時、もう1度日本代表に戻るというビジョンを胸に秘めていたので、今回しっかりと形となって結果として出たことは非常に嬉しいです」と、まずは再招集されたことを喜んだ。 最近の日本代表については「最終予選ということもあって、見ている側もハラハラしていましたけど、ピッチでやっている選手が100%なのもわかりました」とW杯予選を振り返り、「ピッチにいる選手、スタッフが一体となっているなというのは感じていました」と、画面越しでも一体感は感じていたようだ。 また「自分が入ったらどういうプレーができるかは頭の中で考えていました」とシミュレーションもしていたとした。 その武藤は2018年のロシアW杯に出場。悔しい想いを胸にこの3年半を過ごしたという。「前回大会自分自身は本戦で求めていた結果、求められていた結果を出すことができなかったですし、自分自身本当に悔しい思いをしました。これはW杯でしか晴らせないと思うので、まずは神戸の入団会見でも言いましたが、やることをやって、選んでもらえるように良いパフォーマンスを継続することが大事だと思います」と、今一度良いパフォーマンスを見せたいとした。 その武藤が見せたいプレーは「前にいて、相手の脅威になる。ゴールやアシストという目に見える結果を出せる選手じゃなければいけないと思います」と、結果にこだわるプレーをしたいと言い、「前の選手が点を決めれば後ろの選手は楽になってチームとして優位に立てるので、そういうことができる選手にならなければいけないと思います」と、攻撃陣としての役割を果たすことを誓った。 復帰したJリーグでは、半分のシーズンで5ゴール8アシストを記録。13得点に絡んだ。 手応えについては「まだまだ満足していないですし、ゴールはもっと取りたかったです」とコメント。「アシストという部分では1つ課題をクリアしたかなと思いましたが、FWとしてプレーするなら5点は少ないかなと思います」と、ゴールをもっと増やしたいと考えているようだ。 その神戸では、FW大迫勇也とチームメイトとしてプレー。日本を支えるエースとのコンビについては「大迫選手の良さ、僕の良さは互いにわかり合っているので、良いコンビネーションができていると思います」と語り、「日本代表がどういうフォーメーションでやるかわまだわからないので、しっかり適応させていきたいと思います」と、自身の役割を果たして良さを出していきたいとした。 一方で、長いシーズンをヨーロッパで終え、そのままJリーグでプレー。そして、オフがなく日本代表活動と多忙を極める武藤。休みがないことへの不安については「エイバルでの1年間を終えた後はしっかりと休んだので、そこまで疲れが溜まっていたということはないです」と、神戸に移籍する前に休めたと語った。 ただ、「すぐヴィッセルでのシーズンが始まって、100%ジャないところから始まったのでキツかったのはありますが、大きなケガなくやり続けられたことは、自分自身の自信になりました」と、コンディションが難しい部分も当初はあったが、自信につながったとのこと。「今日から練習が始まって21日にウズベキスタン戦があって、そこで良いパフォーマンスをするためには休んでしまうと厳しいなと経験上思ったので、休む休まないで人によってコンディションの差が生まれるところなので、僕は休まないほうが良いかなと思いました」と、結果を出すためにあまり休みすぎないことを意識したと明かした。 2022.01.17 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーグ7クラブがJFAに上申書提出…日本代表戦後の新型コロナ対策の改善を訴え

ヴィッセル神戸は16日、日本サッカー協会(JFA)への上申書を提出したことを発表した。 今回の上申書については、1月から2月にかけて行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選についてのもの。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策についてだ。 この上申書は神戸の他、浦和レッズ、FC東京、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、清水エスパルス、サンフレッチェ広島と選手が招集されているJリーグクラブの連名によって提出されたとのこと。セレッソ大阪や名古屋グランパス、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスは含まれていないとのことだ。 世界的に感染が爆発しているオミクロン株の影響で、日本代表は21日に予定されていたキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦が中止に。また、その後の中国代表戦、サウジアラビア代表戦は予定通り開催されるものの、日本代表の海外組の選手とともにプレーする国内組は、試合後に隔離期間を設けられることとなり、開幕を前にしたクラブの活動に参加できないこととなっていた。 神戸の三木谷浩史会長は自身のツイッターで「日本で行われる代表戦に出た選手は2週間隔離しろと「政府」と「協会」から来た。移動の自由、人権、営業権の侵害だ。海外から来た選手は即練習で、戻って海外で則プレー。頭おかしんじゃないの??」と今回の決定に苦言を呈しており、「そもそも給与もこちらが払ってるのに、代表に出して拘束。話にならん」とし、「そもそも政府に日本にいる人間がサッカーの代表戦に出たというだけで、行動を制限する法律的な権利はないと思う。裁量行政の濫用だ」と訴えていた。 神戸は今回の件について改めて正式に訴えることとなった。 「通達された本件感染症対策案は、厳しいものであり、改善の余地があると考えております。つきましては、今般のFIFAワールドカップ・アジア最終予選の試合の開催およびそれに向けた日本代表合宿を日本において執り行うにあたり、本感染症対策案とは異なる、合理的に必要最小限といえる内容の感染症対策案を策定いただくべく日本サッカー協会に改めて協議のご依頼をしております」 新規入国の外国人と、入国歴がある外国人の扱いを巡っても、サッカー界以外で様々な議論が起きている日本の新型コロナウイルス対策。曖昧な基準による対策は、さらに議論を生むかもしれない。 2022.01.17 08:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly