冨安健洋の立ち位置は? アーセナルが今季の集合写真撮影の舞台裏を公開

2021.09.22 08:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルが、2021-22シーズンの選手の集合写真を撮影した。

今夏の移籍市場でアーセナルは、1億5680万ポンド(約238億円)とプレミアリーグで最多の大金を投じ、将来性豊かな若手選手たちを獲得した。

今夏加入したGKアーロン・ラムズデール、DFベン・ホワイト、DFヌーノ・タヴァレス、MFアルベール・サンビ・ロコンガ、MFマルティン・ウーデゴールは試合でも出番を掴んでいる状況。そして日本代表DF冨安健洋も2試合連続スタメン起用されており、チームの大きな助けとなっている。

その新戦力が揃い、チーム全員が揃った中でアーセナルはチームの集合写真撮影を実施。最悪なスタートを切った中、現在は2連勝と調子も上向きということもあり、和やかな雰囲気で行われた。

アーセナルはその舞台裏を撮影した映像を公開。チームマスコットであるガナザウルスも登場するなどした映像には、評価が急上昇中の冨安も登場した。

選手たちには笑みも溢れる中、スタッフにより次々と立ち位置を決められ、中央にミケル・アルテタ監督が着席。全員集合の写真撮影が終了した。

アルテタ監督の隣には、キャプテンのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとスイス代表MFグラニト・ジャカが陣取る状況。攻撃的な選手が最前列に並んだ。

木になる冨安は守備陣が並んだ2列目に位置。隣にはポジションを争うロブ・ホールディングが立ち、動画では仲良く肩を組む姿も見られる。

ホールディングの逆サイドには、今夏加入のサンビ・ロコンガが並んだ。



1 2
関連ニュース
thumb

敵将としてアーセナルに帰還するパトリック・ヴィエラ「感情的にならざるを得ない」

クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が、古巣アーセナル戦を前に感傷に浸っている。イギリス『ガーディアン』がコメントを伝えた。 ニューヨーク・シティやニースの監督を経て今季からC・パレスで指揮を執るパトリック・ヴィエラ監督。ここまで1勝4分け2敗と厳しい序盤戦を過ごす中、18日にプレミアリーグ第8節のアーセナル戦を迎える。 フランス人指揮官にとってアーセナルは現役時代の古巣。1996年から9年間在籍し、3つのプレミアリーグタイトルを獲得。 2003-04シーズンには無敗でリーグ優勝を成し遂げた『インヴィンシブルズ』のキャプテンを務め上げた。 指揮官として初の古巣戦となる今回の一戦の舞台がアーセナルホームということもあり、ヴィエラ監督はより特別な感情を抱いている模様。「楽しみ」としながらも、感情的になってしまう可能性を認めている。 「本当に楽しみだ。私はこのクラブで9年もプレーする機会を得ることができた。子供の頃にやってきて、大人として去った。私が最高のフットボールをしていたクラブだ。当然、感情的になってしまうだろう」 「しかし、それは脇に置いておこうと思う。我々にとって重要なことは、良いパフォーマンスをして、勝ち点を得ることがだからだ」 ヴィエラ監督はまた、古巣を指揮するミケル・アルテタ監督についても言及。アルテタ監督が現役時代の時から指導者が天職だと感じていたようだ。 「彼は現役時代から、監督が自分のやりたいことだと理解していた。プレッシャーに晒されても上手く対処してきたと思う。彼は冷静で落ち着いた人物だからね」 2021.10.16 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルの岩渕真奈が海外デビューした古巣とCLで対戦!「いろんな世界を知るきっかけをくれたチーム」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が古巣との一戦に臨んだ。 アーセナル女子は14日、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージでホッフェンハイムと対戦し、4-0で勝利。岩渕は85分から途中出場した。 岩渕にとってホッフェンハイムは、海外デビューを果たしたクラブ。2012年に日テレ・ベレーザ(現日テレ・東京ヴェルディベレーザ)から当時ドイツ2部のホッフェンハイムへと移籍し、チームの1部昇格に貢献すると、2014年にバイエルンへとステップアップを果たしていた。 岩渕は試合後に自身のインスタグラムを更新。当時の仲間と肩を組んだ写真とともに、古巣への感謝とCLの舞台で戦えたことへの喜びを綴っている。 「古巣ホッフェンハイムとの試合 結果は4-0で勝利」 「若い時から声をかけ続けてくれて、19歳で初めて海外に出てホッフェンハイムというチームで選手として沢山の事を学べたと思います。いろんな世界を知るきっかけをくれたチームです」 「8年前だから知ってる選手もスタッフも10人弱しかいなかったけど、当時は2部から昇格、1部にギリギリ残留のチームだったのが、8年経った今はチャンピオンズリーグ ヨーロッパ最高の舞台で戦えて沢山お世話になった人達に会えて嬉しかったです 12月のホッフェンハイムでの試合も楽しみ」 今シーズンからアーセナル女子へと加入した岩渕は、チームのUWCL予選突破に貢献し、2日はFA女子スーパーリーグでも初ゴール。好調を維持している中で、古巣との対決は良い刺激となったのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】8年ぶりに古巣凱旋の岩渕真奈が昔の仲間たちと笑顔で記念撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVBy8-LIla8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVBy8-LIla8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVBy8-LIla8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.15 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルのレジェンドが激突! アルテタ「パトリック・ヴィエラには相応の歓迎を受けて欲しい」

18日に控えるプレミアリーグ第8節のアーセナルvsクリスタル・パレスで、2人のアーセナルレジェンドが指揮官として激突する。 アーセナルの監督として3シーズン目を迎えたミケル・アルテタ監督と、ニューヨーク・シティやニースの監督を経て今季からC・パレスに就任したパトリック・ヴィエラ監督は、時代は違えど現役時代にアーセナルで活躍した名選手。 2人のレジェンドが指揮官として激突する一戦を前に、アルテタ監督はクラブに貢献した人物として惜しみない称賛を浴びせた。また、指揮官としてもプレミアリーグを誰よりも熟知していると警戒心を見せている。 「彼はアーセナルのレジェンドであり、彼がクラブのためにしたこと、選手としてだけでなく、一人の人間として発信したことに対して、相応の歓迎を受けてほしいと思っている」 「彼は長年においてクラブが最も成功した時代にキャプテンを務めた人物で、(エミレーツ・スタジアムに)戻ってくることは大変素晴らしいことだ」 「すでに監督としての経験もあるし、リーグのこともよく知っている。彼がチームに何かをもたらそうとしている姿や、その何かを確認することができるだろう」 「もちろん、パトリックは他のどの監督よりもリーグのことを熟知している。現役時代にここで活躍していたわけだからね」 2021.10.15 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督、出場機会減のマルティネッリ放出を否定 「彼にはとても満足している」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、U-23ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(20)の放出を否定している。イギリス『メトロ』がコメントを伝えた。 2019年夏にブラジルのイトゥアーノから加入したマルティネッリ。度重なるケガに苦しみつつも、ここまで公式戦52試合で12ゴール7アシストを記録し、2021年ゴールデンボーイ賞の候補者40名にも選出されるなど、その将来が期待されている。 しかし、今シーズンは出場機会に恵まれず、公式戦出場はわずか4試合のみ。来年1月のレンタル移籍も噂されている。しかし、アルテタ監督は放出を否定。同時にマルティネッリへの信頼を強調した。 「このポジションには多くの選手を抱えているからね。ただ、ブレントフォード戦やチェルシー戦、他にも先発した試合はある。しかし、残念ながら彼は先週負傷してしまった。軽いケガだが月曜日の試合(クリスタル・パレス戦)に出場できるかどうかは分からない」 「ガビ(マルティネッリ)とは信頼関係を築けているよ。重要なのは彼がチームの中で伸びしろを見つけられるかどうかだ」 「彼が出場した試合数を見ると、負傷が足を引っ張っているようだ。我々は時々、彼の年齢を忘れてしまうことがある。私の意見では、あまり現実的ではない診断がフラストレーションを生む可能性があるため、彼がバランスを保てるように手助けしなければならないと思っている」 「彼にはとても満足しているし、放出は考えていない」 2021.10.15 15:19 Fri
twitterfacebook
thumb

オランダ代表デビューを果たした売り出し中のMFラングにミランが関心? アーセナルやリーズも注視

数々のクラブが注目を集めているクラブ・ブルージュのオランダ代表MFノア・ラング(22)に対して、ミランも獲得に動いているようだ。ベルギー『Nieuwsblad』が報じた。 ラングは、フェイエノールト、アヤックスの下部組織で育ち、1年間のレンタル移籍を経て、今夏クラブ・ブルージュへと完全移籍を果たした新鋭ウインガーだ。 今シーズンはジュピラー・プロ・リーグで10試合に出場し3ゴール4アシスト。チャンピオンズリーグ(CL)でも2試合に出場すると、この10月にはオランダ代表に選出。カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選の2試合に出場し、1アシストを記録していた。 オランダ代表デビューも飾り、一層注目が集まるラングだが、これまではリーズ・ユナイテッド、アーセナルが以前から興味を示し、追いかけているとされてきた中で、ミランも興味を抱いたという。 ラングはクラブ・ブルージュと2025年6月までの契約を残していることもあり、移籍金に関しては最低でも3000万ユーロ(約39億6000万円)と見られている。さらに、活躍を続ければ、その金額は上昇していくことは間違いない。 まだ具体的な話は何も出ていないものの、そのうち話が進むものとみられている状況。活躍し始めたばかりのラングをどこまで見守るのか。動向に注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】注目株のノア・ラングがアヤックス時代に決めたハットトリック</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBbUwxQnFUUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.15 10:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly