アジアNo.1にもなった広州FC、中国の大手不動産会社「恒大集団」の破綻で崩壊の可能性

2021.09.21 13:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国サッカー界を牽引してきた広州FCだが、クラブ崩壊の危機に陥っている。

広州恒大として知られていたが、今シーズンから中国サッカー協会の規定により企業名をチーム名に入れられないことから名称を広州FCに変更していた。

その親会社は、中国最大手の不動産開発会社である「恒大集団」。2010年にチームを傘下に入れ、広州恒大として活動していた。

かつては“爆買い”として世界中に名を知らしめた中国スーパーリーグ。その中でもトップを走っていたチームは、ヨーロッパで活躍していた選手たちを補強。パラグアイ代表FWルーカス・バリオスやイタリア代表FWアレッサンドロ・ディアマンティ、FWアルベルト・ジラルディーノ、ブラジル代表MFパウリーニョ、コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスなどを順次獲得していた。

また、指導者にも世界的な選手を連れてきており、ユベントスやイタリア代表を率いたマルチェロ・リッピ氏や元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏、元ブラジル代表監督であるルイス・フェリペ・スコラーリ氏らを招へい。買収した翌年の2011年から7連覇を含む中国スーパーリーグを8度制覇。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年に優勝するなど、アジアでもトップクラブに成り上がっていった。

レアル・マドリーやミラン、バイエルンなどとも提携するなど、ビッグクラブへと近づいていっていた広州FCだが、親会社である「恒大集団」が経営破綻に近づいているという。

創業者の許家印氏が、一代で大企業へと成長させた「恒大集団」。2010年以降は不動産以外にも電気自動車やインターネット業界へも進出。現在の年商は7000億元(約12兆円)を超えている。

2020年の売上高も7232億元(約12兆3000億円)、利益は314億元(約5300億円)とされているが、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延が不動産業界を直撃。不動産価格が下がったことを受け、金融における流動性リスクが起こったため、破綻に追い込まれてしまった。

中国『Sup China』の報道によれば、今年の初めの時点で負債総額は8700億元(約14兆8000億円)にものぼっているとのこと。中国政府へと救済を求めており、広東省はクラブの10〜15%の株式を引き継ぐことを目指しており、国営企業がクラブの残りの部分を買収することになるという。

一時期のようなビッグネームはチームに所属していないが、帰化をして中国代表としてプレーするFWアラン、FWアロイージオ、DFティアス・ブラウニングらは所属。しかし、チームは高給の選手を放出し、資金調達に動くとのこと。また、賃金が未払いとなっていることから、多くの選手が中国から離れようと考えているとのことだ。

中国では、2020シーズンの中国スーパーリーグ王者である江蘇FC(かつての江蘇蘇寧)が破綻し、チームを解散。江蘇FCも“爆買い”で鳴らしたクラブだったが、インテルのオーナーでもある蘇寧電器グループの経営も不振となっていた。

この先どのような形になるのかは現時点では不明。しかし、中国サッカー界のみならず、中国の産業界にも厳しい時代が舞い込んでいるようだ。


関連ニュース
thumb

中国スーパーリーグ崩壊…11クラブが給与遅延で最悪は8カ月未払い、元Jリーガーも悲惨な事態に

中国サッカー界のバブルは完全に崩壊してしまっているようだ。 かつては莫大な資金をバックに、各国の代表クラスの選手やヨーロッパで実績のある選手を獲得する“爆買い”で知られた中国スーパーリーグ。しかし、金銭にものを言わせた戦略は徐々に弱体化していった。 さらに、コロナ禍の影響などもあり、クラブの解体が進み、最強を誇りアジアでも結果を残した広州FC(かつての広州恒大)も経営難に陥り、高年俸のファビオ・カンナバーロ監督が契約解除を申し出るなど混乱が続いた。 そんな中、中国メディアの『捜狐』が中国スーパーリーグ16クラブの財政状況をレポート。なんと11クラブが給与の支払いで遅延していると報じており、リーグ全体として崩壊の一途を辿っていることが判明した。 遅延がなく給与が支払われている5クラブは、深圳FC、河南嵩山龍門、大連人職業、山東泰山、上海海港とのこと。残りの11クラブは遅延しており、最も酷いクラブは重慶両江競技で8カ月以上の遅延があるという。 重慶両江競技はかつてコンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)や大宮アルディージャで指揮した張外龍監督が指揮を執るクラブだ。 その他、2018年1月に浦和レッズから加入したFWラファエル・シルバや今夏北海道コンサドーレ札幌から加入したFWアンデルソン・ロペスが所属している武漢FCは7カ月の遅延だという。 半年以上遅延しているクラブは他にもあり、悲惨な状況が続いているようだ。 ◆中国スーパーリーグ16クラブの給与支払い状況 【1.北京国安】 5カ月以上の遅延。ここ半年で1カ月分の給与のみ支払い 【2.上海申花】 給与の一部が遅延 【3.広州FC】 2カ月遅延。9月3日以降は支払われていない。トップチームは活動停止で、選手は自発的にトレーニングすることしかできない状況 【4.広州城】 2カ月の遅延。9月にストップした。給与支払いが滞ったのはクラブ史上初 【5.武漢FC】 7カ月以上の遅延。2021年に入ってからは3カ月分しか給与が支払われていない。また、2020シーズンの給与も一部は支払われていないまま 【6.重慶両江競技】 8カ月以上の遅延。2021年に入ってからは2カ月分しか給与が支払われていない。チームはトレーニングも中断 【7.青島黄海】 6カ月以上の遅延。できるだけ早く支払うことが約束されているが、実行されていない 【8.天津津門虎】 2カ月の遅延。経営陣は中国スーパーリーグの第2ステージが始まる前に支払うことを選手へと伝えていた 【9.滄州FC】 6カ月の遅延 【10.長春亜泰】 約4カ月の遅延。数カ月ごとに2カ月分が支払われている 【11.河北FC】 少なくとも6カ月以上の遅延。より深刻な状況で、クラブのオフィスは封鎖。トレーニング施設の電気代も支払えない事態に。 【12.深圳FC】 11月まで支払われる予定だが、11月に通常通り支払われるかは不明。ただ、中国政府の年次補助金がクラブに発行されるという 【13.河南嵩山龍門】 通常通り支払われている。株式の改革のプロセスの問題で2カ月遅延していたが、埋め合わせられている状況 【14.大連人職業】 新たな給与システムに従い、通常の給与を支払い 【15.山東泰山】 給与は通常通り支払われている 【16.上海海港】 給与は通常通り支払われている 2021.11.25 07:25 Thu
twitterfacebook
thumb

【足球日記】リーグ第三段階、ゴールを決めるための“メンタル"

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。中国の地で奮闘する、日本と中国の血を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第9回 リーグ第三段階〜大連での隔離生活〜 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは!夏です。 9月27日、大連で隔離生活をしながらリーグ戦を行なっています。今回は第三段階での様子を記事にしてみました。 <b>大連での隔離生活</b> 今回は9/4〜10/4で8試合が行われ、約4日に1試合という過密スケジュールです。試合以外は施設からの外出禁止で練習などは施設内にあるグランドで行います。 スーパーリーグの大連人職業というチームの施設に6チームが生活しています。プールやサウナなどもありとてもいい施設です。 <b>念願のゴール<.b> 第二段階への準備期間で足首を負傷し、復帰したものの中々出場機会を得られずにいましたが、第16節今季2度目のスタメンに起用され、後半開始2分に念願のゴールを決めることができました! こうしてやっとゴールの報告ができて本当に嬉しいです。 このゴールを機に自信を持ってプレーできるようになり現時点で3G 2Aと徐々に結果を残せるようになってきました。 <b>メンタル</b> ゴールを機にプレーに余裕が生まれ、周りからの信頼も上がりボールが集まるようになり試合でのパフォーマンスも上がってきました。改めて“メンタルの重要性"に気付かされました。 決してこの短期間でサッカーが上手くなったから結果が出始めたのではなく、明らかに“メンタル"がプレーの質の向上に直結していると感じました。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/natsu211107_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <b>第三段階でのゴール</b> 第23節、今シーズン後半からの出場が多くこの試合では後半60分から途中出場しました。 0-0の情況でなんとか攻撃に勢いをつけたいと思ってピッチに入りました。そして後半80分、その日同時に途中出場したチームメイトのクロスにダイビングヘッドで合わせゴールを決めることができました! 試合はそのまま1-0で勝利し、今シーズン最もいい仕事が出来ました。 この試合の前日、僕はチームの分析スタッフの部屋であるデータを見せてもらいました。それは世界で活躍するストライカー達がどこでゴールを決めているかというデータでした。すると高い確率でゴールエリア付近でのシュートからゴールが生まれていました。 そして試合当日、同時に出場した選手にゴールエリアあたりにクロスを上げてくれとコミュニケーションを取り、結果ゴールを決めることができました。 ゴールを取るためのアプローチはピッチ上でのトレーニングだけじゃないと良い経験ができました。 <b>最後に</b> リーグ戦は残り10節あります。より高みへ行くためにゴールを量産し、良い報告ができるよう頑張ります! <hr>◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) <div id="cws_ad">Twitterアカウント:<a href="https://twitter.com/TatsuryuX" target="_blank">@TatsuryuX</a><br/>Instagramアカウント:<a href=https://www.instagram.com/natsu_dalong/" target="_blank">@natsu_dalong</a></div> 2021.11.07 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

元浦和FWレオナルド所属の河北FCも破綻危機…不動産開発業者「華夏幸福基業」が母体、中国不動産バブルの煽りか

中国サッカー界を揺るがしている財政難問題。No,1クラブに君臨していた広州FCが不動産大手「恒大集団」の経営破綻により、消滅の可能性が報じられている。 そんな中、新たに危機が報じられたクラブが河北FCだ。かつては河北華夏として活動していたクラブ。例に漏れず“爆買い”の波に乗っていたクラブであり、2016年にはコートジボワール代表FWジェルビーニョやアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ、カメルーン代表MFステファン・エムビアを獲得していた。 さらに現在は中国代表を率いる李鉄監督を解任し、レアル・マドリーやマンチェスター・シティを率いたこともあるマヌエル・ペジェグリーニ監督(現レアル・ベティス監督)も招へいしていた。 その後も、ユベントスやインテルでプレーしたブラジル代表MFエルナネスやバルセロナでプレーしていたアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノらを獲得するなど、ヨーロッパでプレーしていた選手たちを次々と引き込んでいた。 しかし、この河北FCもとても深刻な財政危機に陥っているとのこと。選手への給与未払いが続いている状態であり、それを理由に外国籍選手がプレーを拒否する事態となっている。 なお、浦和レッズでプレーしていたブラジル人FWレオナルド、ノルウェー代表DFオレ・セルネス、元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFサミル・メミシェヴィッチ、ポルトガル人FWジョアン・シルバの4名が所属している。 河北FCを保有するのは大手不動産開発業者である「華夏幸福基業」。「恒大集団」と同じ中国不動産業を支える企業だが、不動産バブル崩壊のあおりを完全に受けている状況となる。 「華夏幸福基業」の経営不振は今に始まったことではなく、今年2月の時点で資金不足により52億6000万元(約906億円)の融資が延滞されているとされていた。 河北省と廊坊市は、クラブ経営に参加する国有資本の導入を促進しているものの、クラブ運営の現状を改善することは困難に。クラブとして成り立たない状況になってきている河北FCに関しては、河北サッカー協会の指導の下、廊坊スポーツ局が主導権を握り、廊坊サッカー協会と河北FCが改革計画を提出して承認されたようだ。 チームは若手を中心として再編成されているものの、チーム改革と賃金未払いの問題は別問題とされ、改革は簡単に行かないと見られている。 広州FCとともに、一時期の中国スーパーリーグを牽引し話題をさらった河北FC。中国不動産界で起きている問題は、深刻な影響を与えそうだ。 2021.09.28 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【足球日記】リーグ第二段階スタート!〜武漢の現状〜

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。中国の地で奮闘する、日本と中国の血を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第8回は、リーグ戦の第二段階について紹介します。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ みなさんこんにちは!夏です。今僕は中国の武漢という街にいます。中国で最も暑い街と言われ、少し動くだけで汗が止まりません。 今回は、現在の中国リーグと武漢の現状を書いていきたいと思います。 <span class="paragraph-title">武漢の現状</span> ほぼ普段の生活に戻っています。日本の友人にそう言うとなかなか信じてもらえません。ただ、ショッピングモールなど室内施設でのマスク着用は厳しく、マスクが無いと入れません。 武漢には極楽湯やイオンショッピングモール、日本料理店がたくさんあり日本の方でも住みやすい街という印象です。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/natsu008_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 武漢は小龙虾(ザリガニ)が有名で早速チームメイトに連れていってもらい食べてみました。ビニール手袋をして手で食べるスタイルです。 味付けもさまざまで、ただ蒸しただけのザリガニの味はほぼ上海蟹でした。おいしかったです! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/natsu008_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span class="paragraph-title">リーグ第二段階スタート</span> 7/13〜~8/16の間で8試合が行われます。今回は約40日間練習、試合以外で施設を出ることはできません。。。 同グループになった武汉三镇FCにはJリーグにも在籍していたアデミウソン選手がいます。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/natsu008_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 第二段階も中3日〜5日に1試合というスパンで行われます。 スーパーリーグ(中国1部)に関してはW杯予選の影響で第5節〜第14節は3日に1試合という超過密日程で行われ、その後約4ヶ月間はリーグ戦が行われずに16節は12月から再び始まる日程となります。 これほどまでに代表戦の影響を受けるリーグはなかなかありませんよね。。。 <span class="paragraph-title">W杯予選</span> 何より今回のW杯アジア予選はついに日本と中国が同グループのなりましたね! ほぼ同時期にプロリーグが発足した両国、そして約30年が経った今。 日本代表メンバーはほとんどが海外リーグでプレーする選手が代表となり、中国代表メンバはーは国内リーグでプレーする選手+長期に渡って中国国内でプレーする外国人選手が帰化し、代表メンバーになるという異なる形となりました。 個人的にかなり楽しみです。 中国リーグはここ数年毎年のようにチームが解散し、多くの選手が行き場を失います。僕もそのうちの1人でした。今回のW杯での中国代表の結果次第で、今後の中国サッカーリーグの明暗に大きく影響してくるんじゃないかと思っています。 <span class="paragraph-title">第二段階に向けて</span> やはりまだFWとして得点が決めれておらず、苦しい状況ではありますが折れずにチャレンジしていきたいと思います! 準備期間で予期せぬ怪我をしたりとなかなかスムーズにはいきませんが、そんな時こそ自分を信じて進んでいきたいと思います。 良い報告ができるよう頑張ります! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/natsu008_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/natsu008_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span class="paragraph-title">最後に</span> 僕個人のTwitter、Instagramでの発信もしております。 中国での生活、中国サッカーなどに興味のある方は是非フォローして下さい! <hr>◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) <div id="cws_ad">Twitterアカウント:<a href="https://twitter.com/TatsuryuX" target="_blank">@TatsuryuX</a><br/>Instagramアカウント:<a href="https://www.instagram.com/natsu_dalong/" target="_blank">@natsu_dalong</a></div> <span class="paragraph-title">【写真】元ガンバ大阪のアデミウソンとの2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">武漢について早速アデミウソンに会えるというサプライズ!<br>彼は今中国2部リーグの武汉三镇というチームでプレーしています。<br><br>ガンバ大阪での彼の活躍を観てたから<br>興奮した。<br>またグランドで<a href="https://twitter.com/AdemilsonJr?ref_src=twsrc%5Etfw">@AdemilsonJr</a> <a href="https://t.co/cPmZrpaIPk">pic.twitter.com/cPmZrpaIPk</a></p>&mdash; NatsuTatsuryu/夏 (@TatsuryuX) <a href="https://twitter.com/TatsuryuX/status/1410955513773248514?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.05 23:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【足球日記】2021シーズン中国甲級リーグ 第5節を終えて

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。中国の地で奮闘する、日本と中国の血を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第7回は、今シーズンの5節までのストーリーを紹介します。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ みなさんこんにちは!夏です。現在僕らのチームは中国の南方に位置する広東省梅州市という場所でリーグ戦を行なっています(*今シーズンの詳しいルールは前回の記事に記載してあります。) 5月の時点で気温は30度を超えていてかなりの猛暑です。ちなみに新型コロナウィルス対策で試合以外はこの施設の外には出られません。 4月25日 vs陕西长安竞技足球俱乐部(陝西長安競技) 第1節 ベンチスタートで始まった今シーズン。そして85分、1点ビハインドの状況でFWで途中出場しました! あまり試合に絡めずに終了のホイッスル。0-1で敗戦しました。 ただ個人的には久しぶりの公式戦のピッチに少しだけでも立てて公式戦独特の雰囲気と緊張感を感じられて良かったです。 4月29日 vs浙江队(杭州绿城) 前節から中3日で行われた試合。相手チームは昔、岡田武史監督(元日本代表監督)が率いたことのある強豪チーム。この日もベンチスタート。 0-0でなかなか動かないゲーム展開、73分ついに監督から呼ばれて途中出場! アディショナルタイム含め約20分の出場時間。 僕が出場するタイミングで足元で繋ぐのを減らして、DFからFWに直接ロングフィードする戦術に変わりました。個人的に競り合い、前線からのプレスで多少チームに貢献することはできましたが、勝利に導くゴールを決めることはできませんでした。 ただ、確実に去年よりもメンタルの部分で大きな成長を感じる一戦でした。結果は0-0で今シーズン初の勝ち点1を手にすることができました! 強豪相手に最後まで戦い抜いて取った勝ち点1。20分の出場時間でしたがかなりバテてしまうほどハードな試合でした。 *そしてこの浙江チームにいる外国人FW選手の能力の高さに驚きました。なんと調べてみると元バスケ選手という異例すぎる経歴の持ち主でした。 選手名:ニャシャ・ムシェクウィ、元ジンバブエ代表 なんとサッカー、バスケの両方で代表に選ばれたことがあるみたいです、、。身体能力の高さはもちろん得点感覚など絶対的な存在感でした。 5月4日 vs淄博蹴鞠(淄博星期天) 得点不足に悩むチームでした。ベンチスタートで試合が始まりました。得点を狙いにいく僕らに対し相手は5バックで対応、なかなか崩しきれない展開。 60分0-0の状況で途中出場、少しずつ長くなる出場時間後はここで得点を決めれるかどうか、しかし相手の固い守備を最後まで崩しきれずにドローで試合終了。 個人的にもこの30分で大きなチャンスを作れなかったことに悔しい気持ちが残りました。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/natsu0713_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 5月10日 vs新疆天山雪豹 第4節チームとしてはそろそろ勝ち点3が欲しい。この日もベンチスタートでしたが必ずチャンスは来ると思いアップをしていました。 65分1-1の状況で途中出場! そして72分チームメイトが勝ち越しゴールを決め、2-1で勝利しチームは今シーズン初勝利を飾ることができました! ホイッスルの瞬間、去年はあまり味わえなかったピッチ上での喜びをかみしめることができました。 5月16日 vs梅州客家 今シーズン最も長い中5日を明けての試合。ここまで治療をしながらやってきた右足の怪我が悪化してしまい今節はベンチには入れましたが出場機会を得ることはできませんでした。 結果0-1で負けてしまいましたが、チームとしては強豪チーム相手に圧倒する場面を何度も作ることができチーム全体の自信につながる良い試合になりました。 以上が第5節を終えた簡単な個人的な試合レポートです。 <span class="paragraph-title">◆個人として成長を感じた事</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/natsu0713_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 一番はメンタルの部分での成長。去年は試合に出ても変に力が入って空回りをしてうまくいかないことが多く、さらに超過密日程の影響もあり試合後はそれを立て直す方法も余裕もありませんでした。 ただ、今シーズンは冷静に試合に向かうことができるようになりました。要因を挙げるとするならば自分に課したテーマとして"自分のやれるプレーをする"というシンプルな決め事でした。チームにとってどんなプレーで貢献ができ、どんなプレーを求められ、途中出場が多い今、何をすべきかを自分なりに頭でイメージしてからピッチに向かえるようになりました。 基本的なことですが、頭の中で整理できているかできていないかでピッチ上での動きに大きな違いが出ます。まだまだ良くなると確信しています。"失敗と挑戦を繰り返せば成長につながるんだ"という当たり前のような事を、今身をもって体感しています。 <hr>◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) <div id="cws_ad">Twitterアカウント:<a href="https://twitter.com/TatsuryuX" target="_blank">@TatsuryuX</a></div> 2021.07.13 22:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly