スパーズ撃破のC・パレス、今季初勝利の指揮官ヴィエラが満足感示す

2021.09.12 17:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が好調なチーム相手のプレミアリーグ初勝利に満足感を示した。

今季の開幕から2分け1敗と未勝利が続くなか、インターナショナルブレイク明けの11日に行われた第4節でトッテナムをホームに迎え撃ったC・パレス。開幕から唯一の3連勝で首位に立つチームとの一戦だったが、相手に退場者が出るシチュエーションも追い風となり、3-0の快勝で4試合目にして今季初勝利を掴み取った。

現役時代にアーセナルの無敗優勝に貢献するなど、プレミアリーグのレジェンドOBとしても知られるヴィエラ監督。今季からクリスタル・パレスの監督になり、プレミアリーグで初の指揮を執る元フランス代表MFは試合後、イギリス『BBC』で喜びの心境を口にした。

「本当に良いチームパフォーマンスだった。懸命に、うまく働き、チャンスを作って、複数得点できたのは非常に喜ばしいね。好調なトッテナムを相手に3ポイントを勝ち獲れたのは我々にとって、本当に良いことだ。我々もいくつかの問題に直面することもあったが、全体的にも非常に良いチームパフォーマンスだった」

そんな一戦で先制点となる今季初ゴールだけでなく、チャンスメーカーとしても1アシストの活躍を披露したコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハについても「今日の彼は素晴らしかった」と賛辞を送った。

また、この試合がデビュー戦ながら途中出場から1分も経たないうちに初ゴールを決めるなど、2得点の活躍をみせたフランス人FWオドソンヌ・エドゥアールについても触れ、称えている。

「彼がゴールを決める力があるのは知っている。セルティックにいたときからそうだった。だが、クリスティアン・ベンテケの功績も大きい。彼が良いプレーをした後、それから入ったエドゥアールが2ゴールを決めたんだ」


関連ニュース
thumb

「超COOL」スタンドから投げられたボトルがぶつかったオリーズ、逆に煽り返す「素晴らしい反応」

クリスタル・パレスのMFマイケル・オリーズのとった行動が大きな反響を呼んでいる。 7日に行われたFAカップ3回戦でミルウォールと対戦したクリスタル・パレス。17分に先制を許したものの、オリーズ、ジャン=フィリップ・マテタのゴールで2-1と、逆転勝ちを収めた。 この試合のマンオブザマッチ(MOTM)にも選出されたオリーズだが、プレー以外の行動も注目を集めることに。クリスタル・パレスが左CKを獲得し、オリーズはキッカーを務めるべくボールをセット。すると、そこへスタンドからボトルが投げ込まれた。 ボトルはオリーズの頭部にヒットしたが、幸い大事には至らず。オリーズは転がったボトルをピッチからキックで退けると、スタンドに向かって手招き。意に介していないから続けてみろと言わんばかりに煽り返した。 一部のファンからは好ましくないとの声が上がっているが、インターネット上の反応はおおむね好評のようだ。「超COOL」、「大きな敬意を表します」、「素晴らしい反応」など、オリーズの行為を称える者が相次いだ。 この試合ではミルウォールのファンがパレスの選手に対して差別的なチャントを歌ったとして、さらなる論争も巻き起こっている。 ただ大前提として、あるファンが「なぜヨーロッパのスポーツファンは、選手に物を投げたり、人種差別的をしたり、ピッチに入ったりすることが許可されているのか?」と呈したように、根本的な解決方法を考える必要があるだろう。 近年、ファンが悪目立ちするする行為が増加していることは、残念の一言に尽きるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】スタンドから投げ入れられたボトルがぶつかったオリーズ、逆に煽り返す</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Michael Olise really got hit by a bottle from the Milwall crowd and told them to keep it coming <a href="https://t.co/YOjm2vFPus">pic.twitter.com/YOjm2vFPus</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1479846900505497602?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYer8ihsXzB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYer8ihsXzB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYer8ihsXzB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">MichaelOlise(@m.olise)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.09 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

モイーズ「勝ち点3を掴めて良かった」 2連勝でアーセナルに1pt差

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が2022年初戦での勝利に安堵した。 ウェストハムは1日に行われたプレミアリーグ第21節でクリスタル・パレスのホームに乗り込み、3-2で勝利。3-0で折り返してから1点差にまで詰め寄られたが、逃げ切った。 4位のアーセナルに1ポイント差のところまで詰め寄ったモイーズ監督だが、イギリス『BBC』の『Match of the Day』でどちらが勝ってもおかしくない試合だったと振り返った。 「あまり良いプレーができなかったし、不思議な勝利だった。この時期のこういう試合では全員が常にうまくプレーできるとは思わないがね。90分間にわたり、試合をコントロールするのは難しい。前半にゴールを決めてからもチャンスがあったが、C・パレスは本当に良いプレーぶりで、彼らにもチャンスがあった」 やや調子を落とした時期もあったウェストハムだが、これでリーグ2連勝。モイーズ監督は「プレミアリーグではちょっとした停滞期があるもの。それはどんなチームでもある。それを乗り越えて、今日の試合で勝ち点3を掴めて良かった」と勝利という結果を何よりも重要視した。 2022.01.02 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ランシーニ2発などでパレスに打ち勝ったハマーズが4位アーセナルと1pt差に迫る《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第21節、クリスタル・パレスvsウェストハムが1日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのウェストハムが2-3で勝利した。   前節、ワトフォードに4-1の逆転勝利を飾り、4戦ぶりの白星を取り戻して2021年を暫定5位でフィニッシュしたウェストハム。新年白星スタートと共に久々の連勝を目指した今節は敵地で11位のパレスとのダービーに臨んだ。   バックラインを除きベストメンバーを揃えたウェストハムだったが、開始直後にシュラップに左ポスト直撃のシュートを浴びるなど、押し込まれる立ち上がりとなる。それでも、時間の経過と共に相手を押し返すと、14分にはツォウファルの右クロスに反応したアントニオのボレー、そのこぼれに反応したベンラーマと続けて枠内にシュートを飛ばすが、GKグアイタに見事な連続セーブで防がれる。   早い時間帯の先制点を逃したものの、以降は主導権を握ることに成功したアウェイチームは、自慢の攻撃陣が圧倒的な個の力を発揮する。まずは22分、左サイドから内にボールを持ち出したベンラーマが右足インスウィングでゴール前のスペースへ柔らかなクロスを入れると、これに反応したアントニオがGKの手前でスライディングシュートを押し込む。   さらに、直後の25分にはカウンターから左のハーフスペースを持ち上がったライスがペナルティアークへ走り込んだランシーニに丁寧に繋ぐと、アルゼンチン人MFは細かなボールタッチでDFアンデルセンを左にかわして窮屈な体勢から左足のボレーシュートを叩き込み、瞬く間にリードを2点に広げた。   その後は前半の内に1点は返したいホームチームの反撃遭い、エドゥアールやベンテケに決定機を与えるが、再びクロスバーやGKファビアンスキのファインセーブで凌ぐ。すると、前半終了間際には相手のハンドで得たPKをキッカーのランシーニが冷静に決め、3点差を付けて試合を折り返すことに成功した。   余裕を持って後半を迎えたウェストハムは、1枚カードをもらっていたベン・ジョンソンを下げてマズアクをハーフタイム明けに投入。前半同様に立ち上がりは受け身の形となった中、幾度かパレスにゴールを脅かされるが、エドゥアールらの決定機逸に救われる。   後半はなかなか決定機まで持ち込めないものの、危なげなく時計を進めていくウェストハムは、この試合後にアルジェリア代表に合流するベンラーマを下げて代役を担うヴラシッチをピッチへ送り出すなど、今後の戦いを睨んだ采配も見せ始める。   その後、83分には途中出場オリーズの正確なクロスからエドゥアールに一矢報いるゴールを決められてクリーンシートを逃したウェストハム。さらに、試合終了間際の90分にはオリーズに直接FKを決められると、スタジアムの空気が一変。後半アディショナルタイムにはホームチームの猛攻に晒され、マテタにアクロバティックなシュートでゴールを脅かされるが、これは枠の左に外れて事なきを得た。   試合の終わらせ方に課題を残したものの、ダービー連勝のウェストハムは、今節敗れた4位アーセナルとの勝ち点差を1ポイントに縮めた。 2022.01.02 04:31 Sun
twitterfacebook
thumb

“ボクシング・デー男”のケイン含む3トップ揃い踏みのスパーズがパレスに快勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節、トッテナムvsクリスタル・パレスが26日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で勝利した。 前節、リバプールとの強豪対決を2-2のドローで終えたトッテナム(勝ち点26)は、リーグ連勝が「3」でストップ。それでも、直近のEFLカップ準々決勝ではウェストハムに2-1で競り勝ち、ベスト4進出を果たしている。 リーグ2戦ぶりの白星を目指す今節は今季初戦で0-3の大敗を喫した11位のクリスタル・パレス(勝ち点20)とのダービーに臨んだ。コンテ監督はこの一戦に向け先発3人を変更。ドハーティ、ベン・デイビス、ベルフワインに代えてタンガンガ、エメルソン、ソン・フンミンを起用した。 一方、新型コロナウイルスの陽性者増加によって開催延期を求めていたパレスはヴィエラ監督が急遽不在となった一方、スタメン、ベンチを含めほぼ主力が名を連ねた。 立ち上がりは受け身の入りとなったトッテナムだが、開始3分にはボックス手前のソン・フンミンが鋭い左足のミドルシュートを枠の左隅へ飛ばし、GKバトランドをいきなり脅かす。 以降は相手に70%近くボールを握られる展開となるが、徐々にマイボールの時間を増やしつつ得意のトランジションからチャンスを窺う。11分にはタンガンガの攻撃参加を起点にペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したスキップが枠のわずか右に外れる鋭いミドルシュートを放つ。 その後はボールを握るパレス、カウンターで応戦するトッテナムという構図の下で試合が膠着。ホームチームは序盤同様に狙いを持った仕掛けで幾度かチャンスの場面を作りかけるが、最後の精度や連携ミスが散見。24分には厚みのある仕掛けからボックス左でレギロンが入れたクロスをゴール前にフリーで走り込んだルーカス・モウラに絶好機も、ヘディングシュートは当たりが薄く枠の右へ流れる。 それでも、徐々にゴールの匂いを感じさせるホームチームは、ここまで大人しかった“ボクシング・デー男”がきっちり仕事を果たす。 32分、ハーフウェイライン付近でルーカスとDFトムキンスが競ったこぼれ球に反応したエメルソンが背後のスペースにスルーパスを送ると、これに快足を飛ばして追いついたルーカスがボックス右から丁寧に折り返すと、中央に走り込んだケインが右足のダイレクトシュートで合わせた。なお、リーグ2戦連発のケインはプレミアリーグ史上初のボクシング・デー6戦全発となり、ロビー・ファウラーと並び歴代最多9ゴール目となった。 さらに、トッテナムは直後の34分、自陣左サイドから内へ長い距離をドリブルで運んだルーカスがケインにボールを預けてゴール前に上がっていく。そして、ケインからのスルーパスに抜け出したエメルソンがボックス右で上げたクロスを、ルーカスが打点の高いヘディングシュートで叩き込み、公式戦2試合連続ゴールとした。 畳みかける攻めで一気に2点のリードを手にしたトッテナムは、相手の愚行によって数的優位まで手にする。37分、すでに1枚カードをもらっていたザハがタッチライン際のダビンソン・サンチェスとの競り合いの際に執拗に手を使って顔面を叩くようなラフプレーを行うと、これに2枚目のカードが出されて退場処分となった。 これで完全に試合の主導権を掌握したトッテナムは、余裕を持ったパフォーマンスで前半を2点リードでクローズ。後半も数的優位を生かして前がかる戦いを見せ、試合を決める3点目を目指す。 56分には右CKのサインプレーからソン・フンミンのグラウンダーパスに反応したケインが右足のワンタッチシュートを狙うが、これは惜しくもクロスバーの上を越える。 攻守両面で相手を圧倒するものの、後半最初のゴールが遠いトッテナムは、中1日での次節サウサンプトン戦を睨んで66分にケインを下げてベルフワインを投入した。 その後、一矢報いたいパレスの反撃を危なげなく撥ね返すと、74分には押し込んだ流れから決定的な3点目が生まれる。74分、スキップのショートスルーパスに反応したルーカスが右サイド深くから高速クロスを入れると、ニアに飛び込んだソン・フンミンが左足アウトサイドで合わせ、リーグ戦4試合連続ゴールを達成した。 これで勝利を確信したコンテ監督はソン・フンミン、ホイビュルクを下げてブライアン・ヒル、エンドンベレの投入で試合を締めにかかる。幾度かあった4点目のチャンスを逃したものの、35歳のバースデーとなった守護神ロリスを中心にこのままクリーンシートを達成。3トップ揃い踏みの活躍でパレスに快勝のトッテナムが2戦ぶりの白星を手にした。 2021.12.27 01:53 Mon
twitterfacebook
thumb

C・パレス指揮官ヴィエラも新型コロナ陽性…AC代行指揮で本日のスパーズ戦へ

クリスタル・パレスがパトリック・ヴィエラ監督の新型コロナウイルス感染を発表した。 クラブは26日、「ヴィエラ監督が新型コロナウイルスの陽性反応を示して、隔離に入ったことを認める」と説明。同日にトッテナムのホームで行われるプレミアリーグ第19節での指揮はアシスタントコーチのオシアン・ロバーツ氏が代役で担うという。 今季からヴィエラ監督が指揮を執るC・パレスはここまで17試合を消化して4勝8分け5敗の11位に位置。ここ2試合負けなしと巻き返しの兆しをうかがわせるが、ヴィエラ監督はチームの選手やスタッフに陽性者がいると明らかにしている状況だった。 なお、アストン・ビラでもスティーブン・ジェラード監督が新型コロナウイルスの陽性判定に。イギリス国内で新型コロナウイルスの変異種であるオミクロン株が猛威を振るなか、フットボール界もその脅威に晒され、今節も3試合の延期が決まっている。 2021.12.26 22:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly