スパーズ撃破のC・パレス、今季初勝利の指揮官ヴィエラが満足感示す

2021.09.12 17:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が好調なチーム相手のプレミアリーグ初勝利に満足感を示した。

今季の開幕から2分け1敗と未勝利が続くなか、インターナショナルブレイク明けの11日に行われた第4節でトッテナムをホームに迎え撃ったC・パレス。開幕から唯一の3連勝で首位に立つチームとの一戦だったが、相手に退場者が出るシチュエーションも追い風となり、3-0の快勝で4試合目にして今季初勝利を掴み取った。

現役時代にアーセナルの無敗優勝に貢献するなど、プレミアリーグのレジェンドOBとしても知られるヴィエラ監督。今季からクリスタル・パレスの監督になり、プレミアリーグで初の指揮を執る元フランス代表MFは試合後、イギリス『BBC』で喜びの心境を口にした。

「本当に良いチームパフォーマンスだった。懸命に、うまく働き、チャンスを作って、複数得点できたのは非常に喜ばしいね。好調なトッテナムを相手に3ポイントを勝ち獲れたのは我々にとって、本当に良いことだ。我々もいくつかの問題に直面することもあったが、全体的にも非常に良いチームパフォーマンスだった」

そんな一戦で先制点となる今季初ゴールだけでなく、チャンスメーカーとしても1アシストの活躍を披露したコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハについても「今日の彼は素晴らしかった」と賛辞を送った。

また、この試合がデビュー戦ながら途中出場から1分も経たないうちに初ゴールを決めるなど、2得点の活躍をみせたフランス人FWオドソンヌ・エドゥアールについても触れ、称えている。

「彼がゴールを決める力があるのは知っている。セルティックにいたときからそうだった。だが、クリスティアン・ベンテケの功績も大きい。彼が良いプレーをした後、それから入ったエドゥアールが2ゴールを決めたんだ」

関連ニュース
thumb

C・パレスがワン=ビサカ買い戻し報道…指揮官は新戦力求めず

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカ(24)に、クリスタル・パレス復帰の可能性があるようだ。 クリスタル・パレスから2019年夏にユナイテッドへと加入したワン=ビサカ。その高い守備能力がオーレ・グンナー・スールシャール監督に評価され、初年度から2シーズンは右サイドバックのレギュラーとして活躍した。 しかし、在籍3年目となった昨季途中にスールシャール監督が去ると、ポルトガル代表DFジオゴ・ダロトの序列向上に伴って、ベンチに座る機会が増加。エリク・テン・ハグ監督が指揮を執ることとなる新シーズンも2番手の立ち位置で迎える可能性が高いとみられている。 そうした中、イギリス『スカイ・スポーツ』はクリスタル・パレスがワン=ビサカの買い戻しに関心を示していると報道。ユナイテッド側は売却を望んでいないものの、選手本人に移籍意思があれば尊重したいスタンスであることも伝えた。 ただ、クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督はこうした報道に対して「右サイドバックについて新しい名前を挙げるのは難しい。そのポジションにはすでに良いパフォーマンスをする選手が何人かいる」とコメント。同ポジションの現有戦力への満足を語っており、実現性は不透明だ。 2022.08.06 19:14 Sat
twitterfacebook
thumb

「チャンスを逃すと厳しい罰を受ける羽目に」 開幕黒星のC・パレス監督が落胆

クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が黒星のプレミアリーグ開幕節を振り返った。 ヴィエラ監督が就任1年目の昨季、プレミアリーグで12位フィニッシュのC・パレス。5日の今季開幕戦でヴィエラ監督にとって古巣となるアーセナルをホームに迎え撃った。 20分にセットプレーから先制を許したなか、昨季からの継続となる攻撃的なスタイルで盛り返す時間も作り出したが、終盤にオウンゴールで追加点を許し、0-2で敗れた。 昨季に2度の対戦で1勝1分けの良いイメージを持つアーセナルとの一戦だったが、開幕黒星のヴィエラ監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で落胆の心境を語った。 「我々は本当に良い形で2つの得点チャンスを作ったが、モノにできなかった。こうした試合では本当に厳しい罰を受ける羽目になる。得点を決められたはずだし、もちろん、ガッカリしているよ。あまり作れなかったとしてもね」 「フットボールではゴールを目指すもので、良いチームとの対戦だった。本当に良い選手が揃ったチームとの試合ではコントロールが難しくなるもの。そのなかで、我々がボールを握る状況もあったが、あまり多く作れなかった」 「大事な場面で、観客を沸かせ、勢いづくようなゴールを決められなかったんだ。それは今後、取り組んでいかないといけない」 2022.08.06 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

開幕白星のアルテタ「厳しい時間帯もあったが、素晴らしい忍耐力で乗り切れた」

アーセナルのミケル・アルテタ監督がプレミアリーグの開幕白星に満足した。 プレミアリーグでは昨季に惜しくも届かなかったトップ4入りを目指して、新シーズンに挑むアーセナル。今夏にFWガブリエウ・ジェズスらを獲得して増強に成功したなか、5日の開幕節でクリスタル・パレスとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 20分にセットプレーからFWガブリエウ・マルティネッリのヘッドで先制したアーセナルは後半に相手の押し返されたが、今季から背番号「1」に変更のGKアーロン・ラムズデールによる再三の好守などで凌ぎ、85分にオウンゴールで試合を決定づけた。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、昨季と打って変わり、白星スタートに成功したスペイン人指揮官はチームの忍耐力を称えつつ、正GKにも賛辞の言葉を送った。 「勝てて本当に嬉しいよ。難所で、難敵に相手に3ポイントを掴み、クリーンシートもできたんだからね。予想通り、試合のなかで厳しい時間帯が続いたが、素晴らしい忍耐力を発揮して乗り切れたよ」 「こういう試合では適切なバランスが必要。フィジカル面で物足りなさを感じると、厳しい状況に陥るからね。後ろに適したサイズの選手がいるのは本当に大事。それが勝つために必要な忍耐力に繋がる」 「アーロン・ラムズデールも一対一から信じられないほどの活躍をして、我々に勝ちを呼び込んでくれたね」 2022.08.06 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表ベンテケ、ルーニー監督のDCユナイテッド入りが決定!

DCユナイテッドは5日、クリスタル・パレスからベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケ(31)の獲得を発表した。契約は2024年までの2年半で、2025シーズンの延長オプションも付帯している。 2012年夏のアストン・ビラ入りからイングランドを主戦場としてきたベンテケ。かつてリバプールでもプレーして、プレミアリーグ通算280試合で86得点を誇るストライカーは2016年夏からC・パレスに活躍の場を移した。 C・パレス在籍6年目の昨季も公式戦31試合に出場したが、先発機会が11回にまで減り、ゴール数もプレミアリーグでの4得点のみに。C・パレスとの契約は来季までだったが、DCユナイテッド行きの噂が浮上していた。 メジャーリーグサッカー(MLS)のイースタン・カンファレンスで14チーム中最下位に沈むDCユナイテッドのウェイン・ルーニー監督は「クリスティアンは長らく最高峰でプレーしてきたトッププレーヤー」と評し、期待した。 「彼の経験とゴールを決める能力、そしてチームを助ける力は非常に貴重なものになる。彼がプレーするのはチームにとっても、私にとってもエキサイティング。大きな違いになってくれるはずだ」 なお、アメリカ上陸となるベンテケはビザと国際移籍証明書の受領を待ち、サラリーキャップの制限が適用外となるスタープレーヤーの証、特別指定選手としてDCユナイテッド入りを果たすという。 2022.08.06 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

パレスの反撃を抑えたアーセナルが開幕戦を制して白星発進《プレミアリーグ》

アーセナルは5日、プレミアリーグ開幕戦でクリスタル・パレスとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。アーセナルのDF冨安健洋は欠場している。 昨季プレミアリーグで5位に終わり、惜しくもチャンピオンズリーグ出場権獲得を逃したアーセナルは、プレシーズンで絶好調だった新戦力のガブリエウ・ジェズスがマルティネッリ、サカと共に3トップを形成した。 昨季プレミアリーグ12位のヴィエラ監督率いるパレスに対し、[4-3-3]で臨んだアーセナルは4分、ジェズスのシュートのルーズボールをボックス左のマルティネッリが蹴り込む決定機を演出。 良い入りを見せると続く8分、ジンチェンコがGK強襲のシュートを浴びせた。そして勢いそのまま20分に押し切る。右CKからファーサイドのジンチェンコがヘッドで折り返し、マルティネッリが頭で押し込んだ。 前半半ば以降は1点を追うパレスのポゼッションが高まった中、42分にピンチ。FKの流れからアンデルセンの折り返しをエドゥアールがヘッド。枠を捉えていたが、GKラムズデールがファインセーブで凌いだ。 1点のリードを保って迎えた後半、アーセナルは52分にピンチ。自陣でボールを失った流れからザハのスルーパスを受けたエゼがボックス内でGKと一対一。しかし、またもラムズデールが好守で救った。 その後も守勢が続いたアーセナルだったが、自陣で耐え凌いでいく。すると終盤の85分に追加点。ボックス右で縦に仕掛けたサカの右足クロスがグエイのオウンゴールを誘った。 このまま2-0で勝利。アーセナルがパレスの反撃を凌いで開幕戦を制し、白星発進としている。 2022.08.06 05:57 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly