セルティック、昨季途中にマルセイユにレンタル移籍したMFエンチャムの退団を発表…移籍を巡ってひと騒動

2021.08.02 10:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックはフランス人MFオリヴィエ・エンチャム(25)との契約解除を発表した。

ル・アブールの下部組織やマンチェスター・シティの下部組織で育ったエンチャムは、2015年7月にジェノアへとレンタル移籍を経験。2017年7月にセルティックへと加入した。

セルティックでは公式戦147試合に出場し24ゴール13アシストを記録していた。

2021年2月にはマルセイユへとレンタル移籍。しかし、エンチャムの獲得を巡ってはマルセイユ内で大きな問題となり、獲得を希望していない選手を勝手に連れてこられたとしてアンドレ・ビラス=ボアス監督がクラブへの不信感から辞任する騒動が起こっていた。

その後に就任したホルヘ・サンパオリ監督の下では信頼されず、公式戦6試合の出場に終わっていた。

関連ニュース
thumb

隠れていたのは“女子トイレ”、チケット未所持のセルティックファンがスタジアムに侵入し身をひそめる

あるセルティックの男性ファンが女子トイレでキックオフを待った。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 16日、アンジェ・ポステコグルー監督率いるセルティックはヨーロッパリーグ(EL)グループG第1節でレアル・ベティスとアウェイで対戦した。 日本代表FW古橋亨梧は負傷欠場するなか、セルティックが幸先よく2点を先行するも、そこから追いつかれてハーフタイムに。後半も点の取り合いとなったが、3-4で敗れていた。 大味な内容となったゲームだが、チケットを手に入れることができなかったあるセルティックファンが大胆な行動で試合観戦に臨んでいたようだ。 ペイズリー出身のポール・バイアーズは、チケットがないながらもなんとかスタジアムに忍び込み、あろうことか女性用トイレに隠れた。警戒のために便座に座って足でドアをロック。その後キックオフまで2時間にわたって息をひそめたとのことだ。 ポールがその時の様子の一部をSNSで公開すると、仲間のファンから称賛を受けることに。「ポール、きみは大胆な男だね」、「信じられない」、「決意が大好き」などのコメントが寄せられた。 セルティックは敗れはしたものの、魅力的なゲームを展開。このファンの行為は褒められたもののようには思えないが、試合観戦に関しては充実感の内容となったのは間違いないだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】女子トイレに侵入しKOを待つセルティックサポ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a day <br><br>Snuck in through the car park up the lift and after sitting in a toilet for 2 hours we are finally in the stadium<br><br>Cmon the celtic <a href="https://t.co/iRbyY30r8p">pic.twitter.com/iRbyY30r8p</a></p>&mdash; Paul Byars (@byars_paul) <a href="https://twitter.com/byars_paul/status/1438541547147042822?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.18 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー、ベティスに2点差から逆転負けも「選手たちは最後まで頑張った。これ以上は求められない」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が敗れこそしたものの、戦いぶりに一定の満足感を示した。 レバークーゼンやレアル・ベティス、フェレンツヴァーロシュと同居するグループGに入ったセルティック。16日の第1節ではベティスのホームに乗り込んだ。 日本代表FW古橋亨梧が欠場するなか、幸先よく2点を先行したセルティックだが、そこから追いつかれ、ハーフタイムに。後半も乱打戦になるが、3-4で敗れた。 悔しい逆転負け発進のポステコグルー監督だが、試合後にクラブ公式チャンネル『Celtic TV』で自分たちの攻撃的スタイルが体現できた試合だと振り返った。 「私は選手たちのことを誇らしく思う。クオリティのある相手に対して、しっかりと試合をしてくれた」 「彼らを引き離すことができる場面も多くあったが、残念ながらそうならなかった。相手の前線はクオリティがあり、我々は罰せられてしまったんだ」 「そのなかで、選手たちは最後まで頑張ったし、良い試合をやってくれた。これ以上は求められない」 「確かにまだまだ改善の余地があるが、アウェイで3ゴールを決め、それ以外にもチャンスがあったし、これからに向けて良い兆候もあった」 2021.09.17 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤のピンチを凌いだフランクフルトが強豪フェネルバフチェとドロー…古橋を欠くセルティックは逆転負け《EL》

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が16日にヨーロッパ各地で行われた。 日本人選手の所属するフランクフルト、セルティック、PSV、ヘンク、アントワープ、ラピド・ウィーンでは、ヘンクのみが白星発進となった。 グループD第1節でフェネルバフチェをホームに迎えたフランクフルトは、1-1の引き分けに終わった。フランクフルトの鎌田大地はフル出場、長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 フランクフルトは立ち上がりの10分に失点する。ロッシのミドルシュートをGKトラップが弾くと、素早く反応したエジルにこぼれ球を押し込まれ、フェネルバフチェに先制を許した。 それでもフランクフルトは41分、ヤキッチのロングパスで左サイドを抜け出したコスティッチがボックス左深くまで侵入しクロスを供給。これをラマースが流し込み、試合を振り出しに戻した。 フランクフルトは60分にも、ドゥルムのロングスルーパスに反応した鎌田の折り返しからラマースがゴールネットを揺らしたが、これはパス抜け出した鎌田のオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 1-1のまま試合は最終盤に突入。するとフランクフルトは90分、ロッシのスルーパスでゴール前に抜け出したペルカスを飛び出したGKが倒してしまい痛恨のPKを献上。ペルカスのPKはGKトラップがファインセーブで弾くも、いち早く反応したメルギム・ベリシャにこぼれ球を押し込まれた。 土壇場で勝ち越しを許したかに思われたフランクフルトだったが、PKを蹴る前に先にエリア内にベリシャが侵入したとのVARによる判定でゴールは取り消された。結局、試合はこのまま1-1のスコアでタイムアップを迎え、互いに勝ち点1ずつを分け合う結果となった。 一方、加入後7ゴールと絶好調のFW古橋亨梧をケガで欠くグループGのセルティックは、アウェイでベティスと対戦し3-4で敗戦した。15分にアイエティのゴールで先制したセルティックは、26分に獲得したPKをユラノビッチが決め、リードを広げた。 しかし、直後の32分にミランダのゴールで1点を返されると、その3分後にもフアンミにゴールネットを揺らされ、試合を振り出しに戻された。 嫌な雰囲気で後半を迎えたセルティックは、51分にボルハ・イグレシアスのゴールで勝ち越しを許すと、53分にはフアンミにこの試合2点目を決められた。 その後、87分にラルストンのゴールで1点を返したが、セルティックはそのまま3-4で逆転負けを喫した。 その他、三好康児の所属するアントワープはアウェイでオリンピアコスと対戦し1-2で敗戦。堂安律の所属するPSVはレアル・ソシエダを相手に2-2のドロー。また、日本人対決となった北川航也の所属するラピド・ウィーンと伊東純也の所属するヘンクの一戦は、0-1でヘンクが勝利している。 2021.09.17 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー監督が古橋亨梧のケガに言及「全治3~4週間」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、日本代表FW古橋亨梧の負傷状況について語った。 古橋は今夏ヴィッセル神戸から完全移籍でセルティックに加入。初の海外移籍となったが、加入直後から結果を残し、公式戦9試合で7ゴールを記録していた。 その古橋は9月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦う日本代表に招集。2日のオマーン代表戦は後半開始から途中出場。7日の中国代表戦は先発出場を果たしたが、50分に負傷し途中交代していた。 古橋はヒザを負傷したと見られていたが、週末のロス・カウンティ戦に向けた記者会見に出席したポステコグルー監督がケガの状況を語り、およそ3〜4週間の離脱になると語った。 「キョウゴは代表チームでプレーしてケガをした」 「彼が戻ってきたので、我々は最初の検査を行っている。現時点では全治3〜4週間と見ている」 「彼は復帰するために、一生懸命にトレーニングすることへ前向きに取り組んでいる」 チームの貴重な得点源となっていた古橋の離脱はポステコグルー監督にとっても痛手。最大で7試合の欠場が見込まれているが、しっかりとケガを治して復帰してもらいたいものだ。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋が伝説となったホームデビュー戦のハットトリック</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzaFRvQ2pIZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.10 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

中国戦で負傷交代のFW古橋亨梧、1カ月の離脱と現地報道…10月の最終予選も欠場か

日本代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨んだセルティックのFW古橋亨梧だが、しばらく離脱することになるようだ。スコットランド『サン』が報じた。 今夏ヴィッセル神戸からセルティックへと完全移籍した古橋。移籍して間も無く迎えたシーズンスタートだったが、これまで公式戦9試合に出場し7ゴールを記録。一気にセルティックファンの心を掴む活躍をみせていた。 その古橋は9月のカタールW杯アジア最終予選に臨む日本代表に合流。2日に行われたオマーン代表戦では後半頭から途中出場すると、7日に行われた中国代表との一戦では先発出場を果たした。 しかし後半開始早々に足を痛めて途中交代。原口元気と代わり、ピッチを後にしていた。 ケガの詳細は明らかにされていないものの、『サン』によるとヒザを負傷した古橋は1カ月程度離脱すると報道している。 セルティックは今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に出場しており、この1カ月には多くの試合が組まれている。 11日にロス・カウンティとのスコティッシュ・プレミアシップを戦うと、16日にレアル・ベティスとのEL、19日にリヴィングストンとのリーグ戦、23日にはスコティッシュ・リーグカップのレイス・ローバーズ戦、26日にはリーグ戦のダンディー・ユナイテッド戦、30日にはELのレバークーゼン戦、10月3日にリーグ戦のアバディーン戦と、次のインターナショナルマッチウィークまでに7試合が控えている。 古橋は10月の日本代表の活動にも参加できないと見られており、セルティックにとっては貴重な得点源を失うという大きな痛手。アンジェ・ポステコグルー監督も頭を悩ませることになりそうだ。 2021.09.10 12:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly