ピックフォード擁するエバートン、競争相手としてベゴビッチ獲りに動く!

2021.07.17 14:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンがボーンマスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチ(34)の獲得に乗り出しているようだ。

2017-18シーズンからイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが正守護神に君臨するエバートンだが、新シーズンからチームを率いるラファエル・ベニテス監督は競争を促す存在の獲得に関心を示しているという。

そこで名が浮上したのがかつてストーク・シティやチェルシーなどでもプレーして、プレミアリーグで通算252試合出場の実績を誇るベゴビッチだ。

ベゴビッチは昨季、ミランへの半年レンタルを経て、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のボーンマスに復帰。リーグ開幕戦こそ欠場したが、それ以降の全試合に先発して、44失点、15回の無失点をマークした。

イギリス『talkSPORT』によれば、エバートンは2年契約を準備して、ボーンマスとの交渉を開始。1年でのプレミアリーグ復帰を逃したボーンマスは新シーズンまでの契約が存在するが、フリーでの放出も考慮し得る模様だ。

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏もそうした動きを認めたが、先日にイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(34)が退団したトリノも獲得に乗り出していると主張している。

関連ニュース
thumb

「将来のことはわからないけど…」エバートンへの愛を語るリシャルリソン「自分の家のように感じる」

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが、クラブへの愛を語っている。 2018年夏のエバートン加入以降、公式戦123試合に出場して43ゴール10アシストを記録しているリシャルリソン。今夏には、恩師カルロ・アンチェロッティ監督が率いるレアル・マドリーやパリ・サンジェルマン(PSG)から関心が寄せられていたが、残留を決断している。 そんな中、アルゼンチン『Ole』のインタビューにて、将来的な移籍の可能性を尋ねられたリシャルリソン。先の去就については明言を避けつつ、クラブへの感謝の気持ちを語った。 「この話をするときは、いつも慎重にするようにしているんだ。加入した最初の日から快く受け入れてくれた、ここに住む人々とクラブに大きな愛情を持っているよ」 「将来がどうなるかはわからない。いつか僕が退団しなければならないとしたら、それは自分にとってだけでなく、クラブにとっても良いことに違いない」 「でも、もし残留することになっても、このユニフォームのために、そしていつも支えてくれて一緒にいてくれたファンのために、人生を捧げ続けるよ」 「フィンチ・ファーム(練習場)にいるときもグディソン・パークにいるときも、自分の家のように感じている。とても感謝しているよ」 2021.09.28 21:13 Tue
twitterfacebook
thumb

カタール移籍のハメス、エバートンに別れの言葉 「みんなの成功を願う」

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがエバートンに別れの挨拶をした。 昨夏、レアル・マドリーやバイエルンでプレーした頃の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、エバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦だったが、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のレアル・マドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、構想外に。ファイナンシャルフェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは高給取りのハメス売却に前向きだが、移籍先が決まっていなかった。 そうしたなか、先日にカタール渡航が複数メディアで指摘されると、22日にカタール・スターズリーグのアル・ラーヤン入りが決定。まだ30歳と若く、欧州レベルで十分にやれるが、そこでのキャリアにひとまず区切りを打ち、カタールに活躍の場を移す決断をした。 まだまだ欧州で活躍する姿を見てみたいファンも多いなかで、中東行きを決意したハメスは23日、自身のSNSを更新。わずか1年間の共闘だったが、ともにプレミアリーグで上位入りを目指したエバートンのファンやサポーターに向けて、惜別のメッセージを綴った。 「僕を歓迎してくれたチームメイトに感謝するし、彼らの幸運を祈る。そして、エバートンファンにもね。みんながいるなかでグディソン・パークでプレーできなかったのは残念だし、(叶えば)きっとすごく素晴らしいものだっただろう。僕はいつも勝ちたいと思っているし、それこそが僕のメンタリティだ。みんなの成功を願っている。JR10」 <span class="paragraph-title">【写真】ハメスがエバートンへ別れのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I want to thank my teammates, who welcomed me well, I wish them the best and I also want to thank Everton fans. A pity not to have played in goodison park with you, it would have been very nice. I always wanted to win , that is my mentality. I wish you all the best. JR10 <a href="https://t.co/YRwzlPtfco">pic.twitter.com/YRwzlPtfco</a></p>&mdash; James Rodríguez (@jamesdrodriguez) <a href="https://twitter.com/jamesdrodriguez/status/1441022436057694208?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスのアル・ラーヤン移籍が正式決定! 完全移籍での加入に

カタールのアル・ラーヤンは22日、エバートンからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 昨夏、レアル・マドリーやバイエルンでプレーした頃の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、エバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦となった中、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のマドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、一転して構想外に。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは高給取りのハメス売却に前向きだが、移籍先が決まらずにいた。 そういった中、ハメスはヨーロッパでのキャリアを一先ず終え、来年のワールドカップ開催地でもあるカタール行きを選択することになった。 なお、アル・ラーヤンは元フランス代表DFのローラン・ブラン氏が指揮官を務め、同僚にはハメスと同じポルトで活躍したアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミが在籍している。 <span class="paragraph-title">【動画】アル・ラーヤンが加入を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ca" dir="ltr">Bienvenido <br>Welcome <br>مرحبًا <a href="https://twitter.com/jamesdrodriguez?ref_src=twsrc%5Etfw">@jamesdrodriguez</a> <a href="https://t.co/Als0VqEqxD">pic.twitter.com/Als0VqEqxD</a></p>&mdash; AlRayyanSC (@AlrayyanSC) <a href="https://twitter.com/AlrayyanSC/status/1440699341287550985?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.09.23 01:51 Thu
twitterfacebook
thumb

格下相手にEFL杯敗退のエバートン…指揮官も結果に落胆 「勝利に値する試合だったと思う」

エバートンのラファエル・ベニテス監督が、EFLカップ(カラバオ・カップ)敗退を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われたEFLカップ3回戦でQPRと対戦したエバートン。前半のうちに相手FWチャーリー・オースティンに2ゴールを許す苦しい展開となったものの、追いつく形で試合はPK戦に突入。互いに7人目まで全員成功させた中、エバートンは8人目のキッカーであるMFトム・デイビスが外してしまい敗北となった。 これでエバートンは格下相手に3回戦で早くも敗退。試合後のインタビューに応じたベニテス監督は、パフォーマンスは悪くなかったと振り返りつつ、結果だけを得られなかったと嘆いた。 「私はとても失望している。ただ、それは明日までだ。次の試合に向けてすでに取り組み始めてもいるよ。今日と同じように仕事をして、同じような姿勢でいれば改善されていく。そして少しずつチームが安定して、より強固になっていくはずだ」 「今季を全体的に見れば、私はとても幸せだと思っている。アストン・ビラ戦では9分、今日は2つ、3つの場面で良くないプレーがあったが、それはチームが非常にうまくいっているからだ。もちろん、我々はいつだってもう少しうまくやりたいと思っているがね」 「前向きに考えなければならない。とはいえ、こうした試合には勝つ必要があったため、本当にがっかりしている。アタッキングサードでの正確さや、自分たちが望むようなディフェンス以外では、勝つため必要なことをすべて発揮していたのだ」 「アタッキングサードでのチャンスをものにできなかったのは残念であり、失点は避けられたかもしれない。ただ、PK戦では若い選手を含む全員がやるべきことをやったから、全体的には残念な結果だ。勝利に値する試合だったと思うよ」 また、ベニテス監督はチームの課題として、安定感に欠ける守備を指摘。全員の守備意識がより高まれば、勝利の回数も増えていくはずだと語った。 「我々は守備と攻撃の両方を鍛えなければならない。通常、改善が難しいのは選手の質に左右される攻撃面だと思うが、我々はチャンスを作れてはいるから、きっとゴールを決められるようにもなるだろう」 「しかし、守備では周りで何が起こっているかをもっと意識して、チームとして守る意識を徹底する必要がある。守備面を強化すれば、試合に勝てる可能性も出てくるはずだ」 2021.09.22 15:54 Wed
twitterfacebook
thumb

カタール渡航が明るみのハメス、アル・ラーヤンと交渉中…その進捗状況は?

エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)がカタールの名門アル・ラーヤンと接触しているようだ。 昨夏、レアル・マドリーやバイエルンでプレーした頃の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、エバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦だったが、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のレアル・マドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、構想外に。ファイナンシャルフェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは高給取りのハメス売却に前向きだが、移籍先が決まらずにいる。 そうしたなか、イギリス『BBC』などの複数メディアが先日、ハメスのカタール渡航を報じた。そして、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ハメスやその選手の代理人は現在、カタール・スターズリーグのアル・ラーヤンと移籍交渉中だという。 現時点で成立にも、サインにも至っていないようだが、両者はローン契約での加入を探り、給与詳細についても協議。契約を2022年まで残すエバートンはハメスの最終的な決断を待っている状況のようだ。 2021.09.21 20:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly