新監督決定のスパーズが冨安獲得に迫る?

2021.07.01 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新監督が決定したトッテナムがボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(22)の獲得に迫っているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が報じている。

今夏のステップアップが決定的と見られる冨安に関しては、ここまでアタランタが強い関心を示してきたが、ここに来てトッテナムが獲得への動きを本格化させている。

『スカイ』が伝えるところによれば、トッテナムは1500万ユーロ+インセンティブ300万ユーロの総額1800万ユーロ(約23億7000万円)のオファーを掲示しており、2000万ユーロ(約26億3000万円)を要求しているボローニャが譲歩する形で合意に近づいている模様だ。

そのトッテナムでは6月30日付けで前ウォルバーハンプトン指揮官のヌーノ・エスピリト・サント新監督の就任を発表。ダニエル・レヴィ会長は同監督の招へいに前向きではなかったものの、今夏ユベントスのスポーツ・ディレクターを辞して、新マネージング・ディレクターに就任したファビオ・パラティチ氏の働きかけによって、最終的に契約までこぎ着けている。

そのため、現時点でレヴィ会長はパラティチ氏に大きな権限を与えていることが窺える。

そして、今回の冨安獲得に向けた動きに関してもパラティチ氏の意向が強く反映されており、ヌーノ監督招へいに際して冨安に関する話し合いが行われた可能性は想像に難くない。

ただ、『スカイ』の仕事にも携わり、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、トッテナムが冨安以外にセビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(22)、リヨンのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(25)の獲得に動いているとも主張している。

それでも、冨安が持つユーティリティ性は、新生スパーズのスタイルと合致する可能性が高い。

4バックと3バックを併用するヌーノ監督は、ウルブス時代の3バックでは愛弟子であるイングランド代表DFコナー・コーディらサイズと出足の鋭さに優れる3人を並べる傾向が強かった。また、ポルトやバレンシア時代を含めて4バック採用時は右サイドバックに推進力があるタイプの選手を重用していた。

188cmの恵まれたサイズに加え、推進力に長けた冨安はヌーノ監督が求めるセンターバックとサイドバックの特徴を満たしており、プレミアリーグの水にさえ合えば、十二分にフィットするはずだ。

なお、センターバックではベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト、イングランド代表DFエリック・ダイアー、ウェールズ代表DFジョー・ロドン、コロンビア代表DFダビンソン・サンチェスがポジション争いのライバルだ。一方、右サイドバックではコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエの退団が濃厚ということもあり、ポジション争いのライバルは少ないが、ウルブス時代の教え子であるアイルランド代表DFマット・ドハーティが控えている。

今回の移籍が実現するかは不明だが、仮に加入の運びとなった場合は冨安の起用法に注目が集まるところだ。

関連ニュース
thumb

ストライカー不在のバイエルン、ケインを引き続き注視

バイエルンがトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(29)を引き続き注視しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同メディアでは7月にも来夏のバイエルンのトップターゲットとして、今季終了後にトッテナムとの契約が切れるケインの動向を追っていると報じていた。 バイエルンでは今季、FWロベルト・レヴァンドフスキのバルセロナ移籍によって決定力不足が課題に。シーズン開幕当初はリバプールから加入のFWサディオ・マネが穴を埋められるかに思われたが、レヴァンドフスキ不在の影響が徐々に出始め、ブンデスリーガではここ4試合3分け1敗と勝利から見放されている。 2022.09.26 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズで覚醒のクルゼフスキ、ユーベ時代は「努力してもうまくいかなかった」

トッテナムのスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキが、ユベントス在籍時を振り返った。イタリア『tuttomercatoweb』が伝えている。 パルマで頭角を現し、2019-20シーズンのセリエA最優秀若手選手に輝いたクルゼフスキ。2020年夏にはユベントスへとステップアップを果たしたが、大きな活躍を残すことはできなかった。 しかし、昨冬にトッテナムへのレンタルが決まると、アントニオ・コンテ監督のもとで覚醒。半年で公式戦20試合に出場し、5ゴール8アシストと好スタッツを記録した。 攻撃に欠かせない選手として、今季も開幕からここまで全9試合でピッチに立っているクルゼフスキ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、ユベントスでは大きく苦しんだと明かしつつも、現在の環境には満足していると話した。 「僕の気持ちとしては、常に自分のベストを尽くすためにピッチに立っていた。しかし、ユーベではいつもと同じように努力してもうまくいかなかったんだ」 「たしかにユベントスではいろいろな事情があってあまり良い気分ではなかったよ。うまくいっていないことがわかると、同じ環境で状況を好転させるのは難しい。だから、イタリアを離れるという選択は、あの状況ではベストな選択だったんだ」 「コンテの指導? トッテナムでは、主にジムでのトレーニングのおかげで、短期間で身体が変わった。毎日一生懸命に取り組むことで、イタリアにいた時よりも良い選手になったと思う。ロンドンでのトレーニング方法はとても気に入っているし、それは監督のおかげだ」 2022.09.26 18:08 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーやアーセナルのオファーを認めたリシャルリソン、トッテナム入りの理由は「単純な話」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、今夏のトッテナム移籍の裏側を語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 昨シーズンまでエバートンに所属していたリシャルリソン。エバートンでは公式戦152試合で53ゴール14アシストを記録。勝負強さと得点力を高く評価されていた。 今夏の人気銘柄となり、チェルシーやアーセナルが獲得に動いていた中、最終的にトッテナムへと移籍が決定。残念ながらプレミアリーグではまだゴールは決められていないものの、チャンピオンズリーグでは2試合で2ゴールを記録している。 ビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた中、トッテナムへの移籍を決めた理由を明かしたリシャルリソン。チェルシーやアーセナルからの関心を知っていたとしながら、移籍に至った理由は実にシンプルなものだった。 「チェルシーがオファーを出してきたことは知っているし、アーセナルもエバートンに連絡して僕の状況を尋ねて来たと思う。でも、スパーズがそこに入ってきて、移籍金を支払った。単純な話だよ」 「エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を回避するため、何人かの選手を売却する必要があった。正直に言うと、交渉はとても短かったよ」 「トッテナムがエバートンにオファーを出したと聞いた時、僕はブラジルで休暇を過ごしていた。彼らはビッグクラブだったし、僕は嬉しかったよ」 「その後、クラブが契約を交渉することが全てだったけど、幸いなことに全てが上手くいった」 「交渉中にアントニオ・コンテから電話があり、どれだけ僕を獲得したいかを話してくれたんだ」 2022.09.24 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

Y・トゥーレが本領発揮期待のビスマに金言授ける 「毎日が向上、良くなるための時間」

トッテナムのマリ代表MFイヴ・ビスマが、憧れのレジェンドから貴重なアドバイスを受けた。 ブライトンでリーグ屈指のボックス・トゥ・ボックス型のMFとして評価を高めていた26歳は、国内外のビッグクラブの関心を集めた中、移籍総額3500万ポンド(約57億1000万円)でトッテナムに4年契約で加入した。 ここまではアントニオ・コンテ監督が指摘する戦術理解の部分で主力に後れを取り、公式戦7試合の出場の内、スタメン出場はウェストハム戦の1試合のみとなっている。それでも、直近のレスター・シティ戦では途中出場ながら[3-5-2]の中盤の一角で安定したパフォーマンスをみせ、今後は出場機会を増やすことが期待される。 そのマリ代表MFは今回、クラブの公式チャンネル『SPURSPLAY』で、以前から憧れていた元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレとの対談企画が実現。これまでバルセロナやマンチェスター・シティで活躍した世界屈指のMFは、現在トッテナムのアカデミーコーチを務めている。 そして、今回の対談企画ではその憧れの人物からビスマに対して、幾つかの貴重なアドバイスが送られた。 「私にとってフットボールは情熱であり、信念であり、高揚感だ。一番大事なことは、コーチングができるようになることだ。コーチングに努めることは、周囲に常に耳を傾け、集中すること、常に集中することに繋がる」 「コンディション調整にも注意した方がいい。プレミアリーグの試合は毎週あり、それは本当に、本当に重要なことだ」 「私にとってプレーすることは、常にトレーニングよりも重要だ。だからといって、トレーニングをするなと言っているわけではないよ。トレーニングをして、常にできる限りの準備を整える必要がある。なぜなら、それは自分の成長にとって非常に重要なことだからだ」 「私にとっては、より多くの試合でプレーすることで学び、成長してきた。代表チームや、プレミアリーグでプレーするように、世界中のさまざまなタイプのプレーヤーと対峙する。それはまったく異なるものだし、ますます学び、より良くなろうとしていた」 「アドバイスとしては、毎日、できる限り改善することだ。文字通り、毎日だ。時々、セッションやトレーニングに参加しても、退屈していたり、今日は何をするんだろうと思っているプレーヤーもいる。そのようなプレーヤーたちは、私がセッションに参加したとき、それが学び、向上するためのセッションであることに気づいていないんだ」 「これまでやってきたことを、もっと改善しなければならない。毎日、家に帰る前にマッサージを受けて、朝には1リットルか2リットルの水を飲んで、体の状態を整える。セッションに来て、たとえそれが悪いセッションでも、最高のセッションでも、監督は君を向上させるためにいるのだから、いかに自分を向上させることができるかを考えることが重要なんだ」 「最も重要なのは、いかにベストを尽くすかだよ。それによって初めて学んだものを自分のものにできるんだ。自分にとって毎日が、向上するため、より良くなるための時間なんだ。私にとっては、すべてがチャレンジだったが、すべてに学びがあったよ」 「たとえば、1時間のパスセッションがあったとして、自分のパスはもっともっと良くなっていかなければならない。そうすれば、もっといいパスができるようになるし、そうでなければダメになる。それを変えなければならないんだ」 なお、レジェンドからの数々の金言を真面目に聞いていたビスマだが、対談の締めくくりでは「みんな、バロンドールを獲りに行くから、覚悟しておけよ」とジョークをかましてレジェンドを爆笑させている。 徐々にブライトン時代の輝きの一端を垣間見せているマリ代表MFは、今回のアドバイスを通じて、ここから本領発揮なるか。 2022.09.22 07:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼が信念を取り戻させてくれた」代表復帰のダイアーがコンテ監督の指導に感謝

トッテナムのイングランド代表DFエリック・ダイアーが、アントニオ・コンテ監督への感謝を語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 ダイアーは昨年11月に指揮官に就任したコンテ監督の下で3バックの中央に固定されると、ディフェンスリーダーとして安定したパフォーマンスを披露中。今シーズンもプレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)で全試合にフル出場しており、好調のチームを支えている。 また、通算45試合に出場しているイングランド代表からは昨年3月を最後に遠ざかっていたが、こうした活躍が評価され9月のUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23に向けたメンバーに招集された。 かねてより今年11月から開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)への出場を熱望していたダイアーは、この招集に歓喜。自身の成長を支えてくれたコンテ監督への感謝を隠さなかった。 「優等生じみたことは言いたくないけど、監督は僕に多くをもたらしてくれた。あらゆる意味で大きな影響を与えてくれたんだ。戦術的に、肉体的に、精神的にアプローチをしてくれたよ」 「もちろん、監督だけでなく彼のスタッフ全員が影響を与えてくれた。彼はとても厳しい人だけど、僕はそれをとても楽しんでいるよ。彼が来てからの1年ほど、多くを学んだことはない」 「彼は3バックにおけるゴッドファーザーのような存在だ。僕はこのシステムを常に学び、進化し、常に新しいものを加えていく。一つ学んだらまた次のステップへ…という感じでね。彼は僕に信念を取り戻させてくれたんだ」 「ユーロ出場を逃したときが、僕にとってもっとも難しいシーズンだった。ただ、世間で言われているほど悪いシーズンではなかったと思うけどね。でも今は、自分のキャリアで最高のレベルに達していると思う。そして、もっと良くなれるはずだ」 また、ダイアーはイングランド代表での目標にも言及。まずは50試合出場を目指すと意欲を燃やしている。 「代表で50キャップ、100キャップを飾った選手はボードが飾られるよね。僕もその一員になるのが夢なんだ。代表から外れたとき、あと少しで手が届くのに…と思って悔しかった。僕はこの目標に到達したいんだ」 「代表復帰はとても嬉しいよ。嬉しくないように見えるかもしれないけど、戻ってこられて本当に嬉しい。ただ、あまりドラマチックにはしたくないんだ。僕はここでフットボールをするのだからね」 2022.09.21 17:02 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly