「なんとも言えない気持ち」5度目のDFBポカール制覇のドルトムント、テルジッチ監督が歓喜「表彰台に立つことは素晴らしかった」

2021.05.14 09:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのエディン・テルジッチ監督がDFBポカール優勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ドルトムントは13日、DFBポカールの決勝でRBライプツィヒと対戦した。

リーグ戦でも上位を争う両クラブの対戦。ドルトムントは開始5分でジェイドン・サンチョがゴールを奪い先制すると、28分にはアーリング・ハーランドが追加点。前半アディショナルタイムの46分にもサンチョがゴールを奪い、0-3と前半でリードする。

71分にダニ・オルモにゴールを許したが、87分にハーランドが2点目を記録し勝負あり。1-4で勝利した。

クラブ史上5度目のDFBポカール優勝を果たしたドルトムント。テルジッチ監督は2016-17シーズン以来のカップ制覇を喜んだ。

「2020年からドルトムントのスタッフの一員だった。ここベルリンでは、カップ戦の決勝を見るために、このスタジアムのほぼ全ての場所に行ったことがある。授賞式を後ろから見たこともあるし、反対側から見たこともある」

「今日、自分で表彰台に立つことは素晴らしかった。なんとも言えない気持ちだ」

「ここ数週間、数カ月はとても良い道を歩んできた。だから、私はとても誇りに思っている。2月の時点では予見できなかった」

「5月になり、カップ戦の勝者としてチャンピオンズリーグの出場権を得られるようになるのは、私の誇りだ。我々はチームとして成し遂げた」

関連ニュース
thumb

ハーランド2発のドルトムント、原口&遠藤途中出場のウニオンに4発勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsウニオン・ベルリンが19日に行われ、4-2でドルトムントが勝利した。ウニオンのMF原口元気は71分から、MF遠藤渓太は77分から出場している。 前節レバークーゼンとの派手な打ち合いを4-3で制したドルトムントは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ初戦ではベシクタシュ戦を2-1で制した。そのベシクタシュ戦のスタメンから負傷したブラントに代えてヴィツェルのみを変更した。 一方、ウニオンは前節、原口が前半半ばに味方の負傷交代を受けて緊急出場となった中、0-0の引き分けに終わった。1勝3分けと無敗を維持している中、3日前に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグではスラビア・プラハと対戦し、原口が先発したものの1-3で敗戦。原口と遠藤は共にベンチスタートとなった。 ハーランドとロイスの2トップで臨んだドルトムントが立ち上がりからボールを握ると10分、ボックス左からラファエウ・ゲレイロの放った強烈なシュートがネットを揺らし先制する。 その後も敵陣でのプレーを続けたドルトムントは、24分にリードを広げた。右サイドからのムニエのクロスにハーランドが頭で合わせた。 ハーランドの今季6ゴール目で加点したドルトムントがハーフタイムにかけても主導権を握ったまま前半を終えた。 迎えた後半、52分にドルトムントが3点目を奪いきる。ベリンガムのスルーパスでボックス右に侵入したロイスがグラウンダーのクロスを送ると、フリードリッヒのオウンゴールを誘った。 しかし4分後、ウニオンはクルーゼがボックス内でヴィツェルに倒されるとVARの末にPK判定に。これをクルーゼが決めて1点を返した。そして71分、原口が中盤インサイドの位置に、さらに77分、今季初出場の遠藤が右サイドに投入された。 すると81分、ウニオンが1点差に詰め寄る。遠藤と共に直前に投入されていたホグルサマーが右CKから打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。 それでも83分、ドルトムントが決定的な4点目を挙げる。フンメルスからのロングフィードを受けたボックス左のハーランドがループシュートを決めた。4-2で打ち勝ったドルトムントが4勝目を挙げている。 2021.09.20 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントMFブラント、負傷で2週間ほど離脱に

ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラントが2週間ほど離脱するようだ。ドルトムントを率いるマルコ・ローゼ監督が明かしている。 ブラントは15日に行われたチャンピオンズリーグ第1節ベシクタシュ戦に先発するも、ハーフタイムで交代となっていた。ローゼ監督によれば筋肉系の問題を抱えたとのことだ。 ブラントは今季のブンデスリーガで3試合に出場して1ゴールを挙げていた。 一方で公式戦ここ4試合を足首の負傷で欠場していたベルギー代表MFトルガン・アザールが19日に行われるウニオン・ベルリン戦で復帰できる見込みとのことだ。 2021.09.18 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ負の連鎖…ルーカス・モウラとベルフワインも負傷、週末はチェルシー戦

トッテナムが負の連鎖に陥っている。 トッテナムは16日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループG第1節でスタッド・レンヌと対戦した。試合は一度逆転を許すも、追いつく形で2-2のドロー発進となった。 しかし、前半にFWステーフェン・ベルフワイン、後半立ち上がりにFWルーカス・モウラが負傷交代してしまい、結果以上に大きな痛手を負うことに。 現在のトッテナムでは、FWソン・フンミンとDFエリック・ダイアーがケガで離脱中。その上、先のインターナショナルマッチウィークでクラブに無断で代表参加したMFジオバニ・ロ・チェルソ、DFクリスティアン・ロメロ、DFダビンソン・サンチェスの3名の合流が遅れている状況だ。 19日にプレミアリーグ第5節でチェルシーとのビッグマッチを迎えるが、上記の南米勢は18日に合流予定で、起用可能だとしてもコンディション面に懸念が残る。 そんな満身創痍の中でチェルシーとどう戦うのだろうか。前節のクリスタル・パレス戦が完敗だっただけに、ヌーノ・エスピリト・サント監督には早くも懐疑的な目が向けられているが、果たして。 2021.09.17 22:34 Fri
twitterfacebook
thumb

「皆様の怒りをお察し…」3rdユニフォームを巡るドルトムントファンの憤慨にプーマが謝罪

ファンの怒りにサプライヤーが謝罪した。 大きな物議を醸し、ファンからの反発を受けているのはドルトムント。プーマが手がけた3rdユニフォームを巡って問題が起きていた。 今シーズンの3rdキットは、プーマがサプライヤーを務めるクラブで統一のデザインが用いられており、サッカーとストリートウェアの文化を融合させた新しいアプローチでユニフォームを再考するという考えのもとになされたデザインとなっている。 特徴的なのは、通常は胸に施されるクラブのエンブレムが全面から消え、背面の首元に施されていること。胸にはクラブ名とメインスポンサーが大きく記されている。 しかし、5月にこの3rdキットが出回ると、スポンサーが目立つとしてドルトムントのファンが憤慨。クラブは「ファン、新しいシーズンのカップジャージに対する批判を受けました。リークされたジャージはどのように見えるかわかりません。少々お待ちください。どうぞよろしくお願いします」と答えていた。 そんな中、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節でベシクタシュと対戦。この試合で、選手たちが実際に着用してお披露目された。 しかし、公式に着用されたユニフォームに対しても批判的な意見が殺到していた。 この件に対し、プーマのビョルン・ガルデン最高経営責任者(CEO)が謝罪したとドイツ『ビルト』が伝えた。 「ファンの皆様の怒りをお察しし、心よりお詫び申し上げます」 「ファンの批判は、BVBのロゴが素材に何度かトーンイントーン(トーンを統一して明度差を小さくした配色)で加工されているだけで、シャツの胸元に大きくエンボス加工されているものの、クラブのクレストとは明確に認識できないという点にあります」 この3rdキットは今週に入りインターネット上で公開され大騒ぎに。クラブはその事態を見て、なんとかロゴを入れることで対応したとのことだ。 しかし、全く肉眼で確認できず、透かしになっていることが大きく問題視されたが、すでにユニフォームをUEFA(欧州サッカー連盟)に登録していたため、他の対応ができなかったという。 ガルデン氏はこのようなことを二度と起こさないと約束した。 「いただいた意見を真摯に受け止め、これまでと同様に、今後のユニフォームに反映させていきたいと思う」 <span class="paragraph-title">【写真】ファンが憤慨した3rdユニ、目を凝らさなければわからない対応</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/puma20210917_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/puma20210917_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2021.09.17 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

2021年のゴールデンボーイ候補40名にペドリ、ベリンガム、ミュージアラ、カマヴィンガ!

2021年ゴールデンボーイ賞の候補者40名が決定した。 イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、今回で19回目。対象は2001年1月1日以降生まれの欧州でプレーする21歳以下の選手で、6月に発表された候補者100名から毎月の投票で20名ずつ落とされていき、来月10月15日には最終候補者20名まで絞り込まれる。 そうしての今回は40名まで厳選され、バルセロナのスペイン代表MFペドリやドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガらヨーロッパで活躍する錚々たる逸材がノミネートした。 そのほかにも、マンチェスター・ユナイテッドのイングランドFWメイソン・グリーンウッドやバルセロナのスペイン代表DFエリック・ガルシア、RBライプツィヒのスペイン人MFイライクス・モリバらも選出。12月にトリノで予定の授賞式で2021年のゴールデンボーイに輝くニュースターが発表される。 ◆ノミネート者一覧 FWカリム・アデイェミ(ザルツブルク) DFライアン・アイ=ヌーリ(ウォルバーハンプトン) FWアンデル・バレネチェア(レアル・ソシエダ) MFジュード・ベリンガム(ドルトムント) FWマイロン・ボアドゥ(モナコ) FWブライアン・ブロビー(RBライプツィヒ) MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー) FWラヤン・シェルキ(リヨン) FWモハメド=アリ・チョ(アンジェ) MFフランシスコ・コンセイソン(ポルト) MFチャールズ・デ・ケテラエル(クラブ・ブルージュ) GKエルシン・デスタノギュル(ベシクタシュ) FWジェレミー・ドク(スタッド・レンヌ) DFエリック・ガルシア(バルセロナ) MFブライアン・ヒル(トッテナム) FWゴンカロ・ラモス(ベンフィカ) MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) DFヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ) MFモハメド・イハッターレン(サンプドリア) MFイライクス・モリバ(RBライプツィヒ) DFオディロン・コスヌ(レバークーゼン) FWノニ・マドゥエケ(PSV) FWフェリックス・マンビンビ(ヤング・ボーイズ) FWガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル) FWミハイロ・ムドリク(シャフタール) MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン) DFヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン) MFペドリ(バルセロナ) FWロベルト・ピッコリ(アタランタ) FWジェレミ・ピノ(ビジャレアル) FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント) FWブカヨ・サカ(アーセナル) DFウィリアム・サリバ(マルセイユ) FWマーティン・サトリアーノ(インテル) DFルーク・トーマス(レスター・シティ) MFケフラン・テュラム=ウリアン(ニース) DFユリエン・ティンバー(アヤックス) MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) DFイルヤ・ザバルニー(ディナモ・キエフ) 2021.09.17 17:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly