ラツィオが災難…自チームのPKチェックと思いきやVARでまさかの相手にPKの判定

2021.04.23 21:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うラツィオにとっては痛い敗戦となった。セリエA6位のラツィオ(勝ち点58)は22日、第32節で5位ナポリ(勝ち点60)とアウェイで対戦。ともにCL出場圏内を目指す両者の一戦となった。

試合は開始早々の4分に動く。ナポリの右CKをクリアしたラツィオはそこから一気にカウンターを発動。相手ゴール前まで行くと、ボックス内でMFマヌエル・ラッツァーリがナポリDFエルセイド・ヒサイに倒された。
主審は笛を吹かなかったものの、VARが介入。ラッツァーリを含むラツィオの選手たちはPKを主張していた。

しかし、判定はラツィオではなくナポリのPKというまさかの結果に。ナポリのCKの際に、DFコスタス・マノラスに対し、ラツィオMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが高く上げた足のスパイクが顔面に入ったというジャッジだった。

このPKをFWロレンツォ・インシーニェが決めてナポリが先制。思わぬ形で先制されたラツィオはそのまま試合のコントロールを失い、65分までに4-0とされる。そこから意地の2点を返したものの、試合は5-2で敗れた。

試合後、新型コロナウイルスに罹患しているシモーネ・インザーギ監督に代わって指揮を執ったラツィオのマッシミリアーノ・ファリスアシスタントコーチは次のように語った。

「試合前からいくつかの良いアイデアあったが、タフな結果だった。PKの件は相手に有利だった可能性があり、そこからすぐ2-0になりタフになった。ナポリのドリブルは良かった。4-0になってからは強さを見せた」

「5-2で試合は終わったが、私たちは信じ続けなければならない。ミリンコビッチの介入はPKにはなり得ない。難しい争いだが、続けなければならない。トリノとの試合もある。レースはまだ長い」

「後半には、チームに少し新鮮さを与えるためにいくつかの変更を加えた。機能させるのは簡単ではなかった。CL出場権争いが開かれ、明日の朝からはミランのことを考える」

1試合消化が少ないラツィオは、26日に第33節で2位ミラン(勝ち点66)とホームで対戦する。

1 2

関連ニュース
thumb

ラツィオがホームでヴィオラに薄氷ドロー…カサレのセリエA初弾にエース復帰も3連勝ならず《セリエA》

セリエA第20節、ラツィオvsフィオレンティーナが29日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。 ライバルの取りこぼしを利用しつつ、直近のリーグ連勝で3位に浮上したラツィオ。3連勝でのトップ4圏内キープを目指す後半戦初戦では、11位のフィオレンティーナをホームで迎え撃った。 互いに集中した入りを見せた中、ホームのラツィオがファーストチャンスをきっちりゴールに結びつける。8分、右CKの場面でキッカーのルイス・アルベルトが右足アウトスウィングのボールを入れると、ボックス中央で相手と地上戦を競ったカサレが強引に右足アウトを使ってシュートに持ち込むと、これがゴール左隅に決まった。 カサレの技ありのセリエA初ゴールで先手を奪ったラツィオが、以降は前がかって攻撃に出るフィオレンティーナの反撃を受ける形に。17分にはニコラス・ゴンサレスに得意の左足ミドルシュートを打たれるが、これは枠の左に外れる。さらに、28分にはボックス内のヨビッチが強烈なシュートを枠に飛ばすが、今度はGKプロベデルのファインセーブに遭った。 前半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、追加点がほしいラツィオは幾度かロングカウンターからゴールに迫ったものの、ルイス・アルベルトが決定機でシュートを大きくふかすなど、最後の精度を欠いた。 すると迎えた後半、勢いを持って試合に入ったフィオレンティーナが早い時間帯に同点に追いつく。49分、ペナルティアーク付近でボナヴェントゥーラとの連携から前を向いたニコラス・ゴンサレスが強烈な左足のミドルシュートをゴール左隅へ突き刺した。 追いついた勢いに乗るフィオレンティーナが以降も優勢に試合を進めていくと、66分には鮮やかなカウンターからドゥドゥの右クロスをゴール前のヨビッチがうまく頭で合わせるが、これはGKプロベデルが好守で阻む。 一方、後半に入って苦戦が続くラツィオは積極的に交代カードを切り、負傷明けの切り札インモービレやベシーノをピッチへ送り込んでいく。すると、74分にはボックス中央でうまく右からのクロスを足元に収めたインモービレに早速の見せ場も、腰の捻りを利かせた右足のシュートはわずかに枠の左へ外れる。 後半終盤にかけてパワーを絞り出して攻勢を仕掛けたラツィオだが、フィオレンティーナの集中した守備に手を焼き、なかなか決定機まで持ち込めない。逆に、試合終了間際の後半アディショナルタイムにはサポナーラの鋭い仕掛け、左CKから絶体絶命のピンチを招くが、GKプロベデルのビッグセーブ、ミレンコビッチのゴール至近距離からのシュートはクロスバーに救われ、辛くも土壇場での逆転ゴールを免れた。 この結果、ホームで勝ち点3を取り損ねたサッリのチームだが、ミランの大敗によって暫定ながら3位の座をキープしている。 2023.01.30 04:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランが年明けから急失速… マルディーニSDは復調に自信 「心理的要因、好転は可能」

ミランのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏がチームの不振に言及した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランは24日に行われたセリエA第19節でラツィオと対戦。4分にいきなり先制点を許すと、前半のうちに追加点も献上し、巻き返しを期した後半も67分、75分と立て続けにネットを揺らされる。結局、0-4という衝撃的な大敗を喫した。 なんとか2位の座を確保しているものの、首位ナポリと12ポイント差をつけられ、直近の公式戦5試合で勝利なし。マルディーニSDは試合後、2-2のドローに終わった8日のローマ戦から変化が生じたとの見解を示し、完璧なチームではないとも語った。 「ローマ戦? あの時はゲームを支配された上で2失点した。全てはそこから始まったかもしれない。ローマ相手なら十分ありえることで、経験として受け入れるべきだ」 「現在は多くの選手が戻り、スクデットを獲得した昨季のチームがここにある。だが、チャンピオンズリーグ(CL)でラウンド16まで進出したと言っても、我々が欧州最高のレベルではないことも理解している」 また、昨夏に退団した選手の不在が影響しているのではとの質問にはきっぱりと否定している。 「フランク・ケシエ? 想定をはるかに超える金銭要求があったために去った。それでもサンドロ・トナーリとイスマエル・ベナセルの中盤はトップレベルだ。ロマニョーリ? 昨季のラスト10試合はフィカヨ・トモリとピエール・カルルで優勝しただろう」 一方、現役時代にミランで酸いも甘いも経験してきたマルディーニSDは、強いミランを取り戻せると自信を示した。 「今は守備のスイッチが優れていない。その場合、相手の脅威は増すこととなる。チームスポーツでは味方をカバーし合うことが重要で、選手を孤立させてはならない。だが、ここ3週間はそれが欠けている。技術面ではなく心理的要因が大きい。好転は可能だ」 2023.01.25 15:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランに4発快勝で3位浮上のラツィオ、サッリ監督が考える勝因は「選手のグループに対する意欲」

ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が、ミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 24日、セリエA第19節でラツィオはホームにミランを迎えた。 2位につけるミランと、勝利すれば勝ち点差1の3位に浮上できるラツィオの一戦。試合は開始4分でセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが先制ゴールを決めると、38分にはマッティア・ザッカーニが追加点を奪う。 優位に試合を進めるラツィオは、後半にもルイス・アルベルト、フェリペ・アンデルソンが加点。終わってみれば4-0で圧勝し、ミランに肉薄した。 リーグ戦連勝で3位に浮上したラツィオ。サッリ監督は選手のメンタリティが素晴らしいものだったとしながらも、まだまだ改善点はあるとした。 「今夜の勝利は、選手一人ひとりのグループに対する意欲が、個人の成長にも繋がった結果だと思う。あと5日で難しい試合(フィオレンティーナ戦)を迎えるので、今はバランスを保つ必要がある」 「継続性を見つけるために、今夜出たアドレナリンを次の課題に向けて出し続けなければいけない。強いチームになりたいのであれば、昨シーズンと比べて改善されていたとしても、バランスの面ではまだ何かを磨かなければいけない」 「前半はトレーニングで試した後方からのビルドアップを全て再現でき、本当に喜ばしいことだ。ファンには今日も、レッジョ・エミリアでも、ホームでプレーさせてくれて、勝ち点3を獲得させてくれたことに感謝する」 「この20日間で、私はグループのために個人が働けるようになったことを実感している。グループのためになるということは、個人レベルでも報われているということであり、この状況は継続してもらいたい」 「私の意見では、グループを形成するには、イタリア人のハードコアが必要であり、新たに入ってきた選手が我々のスタイルに慣れ、理解できるようにすることが重要だと思う。例えば、ユベントスはその恩恵を受けることが多かった」 2023.01.25 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動のラツィオが4発完勝、不調ミランは公式戦4戦勝ちなし《セリエA》

セリエA第19節、ラツィオvsミランが24日に行われ、4-0でラツィオが完勝した。 前節サッスオーロに2-0と競り勝った5位ラツィオ(勝ち点34)はインモービレの再離脱を受けてゼロトップにフェリペ・アンデルソンを起用した。 一方、前節レッチェに2点のビハインドを追いつく形で引き分けた2位ミラン(勝ち点38)はスーペル・コッパではインテルの前に0-3と完敗。公式戦3試合勝利がない中、負傷のテオ・エルナンデスを除いて現状のベストメンバーで臨んだ。 試合は開始4分、ラツィオが先制する。左サイドからザッカーニが送ったクロスをL・アルベルトがスルー。ゴール前に走り込んでいたミリンコビッチ=サビッチが蹴り込んだ。 その後は拮抗した展開が続いた中、不調のミランに追い打ち。24分、トモリが足を負傷しケアーとの交代を強いられた。 前半半ば以降はラツィオが押し込むと、38分に加点。ボックス右でスルーパスを引き出したマルシッチのシュートはポストに直撃するも、ルーズボールをザッカーニが押し込んだ。 2点ビハインドで迎えた後半、前がかるミランだったが攻めあぐねると、58分に3枚替え。オリジ、デ・ケテラエル、サーレマーケルスを投入した。 しかし65分、ラツィオが決定的なPKを獲得する。フェリペ・アンデルソンのパスをボックス中央で受けにかかったペドロがカルルに倒された。 このPKをL・アルベルトが決めて3-0としたラツィオは、75分にフェリペ・アンデルソンが4点目を決めて快勝に華を添えた。 一方、敗れたミランは公式戦4試合勝ちなしとなった。 2023.01.25 06:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ主砲インモービレがまたも離脱へ…右大腿部負傷を確認

ラツィオは17日、イタリア代表FWチーロ・インモービレのメディカルレポートを発表した。 今季もゴールでチームを引っ張るインモービレ。15日に敵地で行われたセリエA第18節のサッスオーロ戦も先発したが、キックオフから15分で元スペイン代表FWペドロと交代した。 そんなキャプテンは17日の検査で右大腿部にグレード1の損傷を確認。すでに治療を始め、経過観察をしていくとのことで、今後もさらに検査を重ねながら、復帰時期を定めるという。 イタリア『スカイ』によると、間近に迫るコッパ・イタリアのボローニャ戦や、セリエAのミラン戦を欠場する見通し。ミラン戦の翌節となるフィオレンティーナ戦も微妙なようだ。 今季のインモービレは依然としてチーム屈指の得点力を発揮する一方で、相次ぐケガに泣かされ、今年に入って4日に行われたセリエAのレッチェ戦で戦列復帰したばかりだった。 2023.01.18 12:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly