カンナバーロ息子がセリエDクラブに加入…ラツィオのプリマヴェーラ出身の18歳CB

2023.09.21 00:16 Thu
アンドレアの偉大なる父親であるファビオ・カンナバーロ氏
Getty Images
アンドレアの偉大なる父親であるファビオ・カンナバーロ氏
元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏(50)の息子がセリエD(イタリア4部)のレアル・カザルヌオーヴォに加入した。
PR
現役時代にナポリやパルマ、ユベントス、レアル・マドリーで活躍し、イタリア代表のワールドカップ制覇に貢献した2006年にはDFとしては異例のバロンドールも受賞したカンナバーロ氏。
現役引退後は広州恒大(現:広州足球倶楽部)や中国代表、アル・ナスル、母国のベネヴェントなどで指揮官を歴任した。

その偉大な父を持ち、広州足球倶楽部やラツィオの下部組織でプレーしていたのが、DFアンドレア・カンナバーロ(18)。父と同じセンターバックを主戦場とする185cmのDFは、生まれ故郷のナポリにあるセリエDクラブでシニアレベルでのキャリアをスタートすることになった。



PR
1 2
関連ニュース

名古屋MF重廣卓也がリンガード加入のFCソウルに半年レンタル

名古屋グランパスは3日、MF重廣卓也(28)がKリーグ1のFCソウルに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2024年7月15日までの半年となる。 阪南大学出身の重廣は2018年に京都サンガF.C.でプロ入りしてから、アビスパ福岡でのプレーを挟み、2022年夏から名古屋に移籍。今季は明治安田J1リーグ開幕からの2試合でいずれもメンバー外が続くなか、韓国行きの運びとなった。 J1通算37試合1得点の中盤はクラブの公式サイトを通じて「このたび、FCソウルに期限付き移籍することとなりました」と移籍の旨とともに、これまでを振り返り、新天地での活躍を誓った。 「名古屋グランパスで過ごした約1年半は、なかなか出場機会を得られずチームに貢献することができない悔しい時期が続きました。不甲斐ない気持ちも強くありましたが、そんな時でも僕を応援し続けてくださったグランパスファミリーの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」 「今回は短い期間ではありますが、自分の成長のために環境を変えて新たなチャレンジをする決意をしました。僕を必要としてオファーしてくださったチームの期待に応えられるように頑張りたいと思います。そして、新たなチームで色々な刺激を受けながら自分の成長に繋げていきたいです」 「少しでも多くピッチに立って結果を残したいと思いますので、今後も引き続き応援していただけると嬉しいです」 FCソウルでは今オフ、元イングランド代表MFジェシー・リンガードが加入。光州FCとの開幕戦は0-2で敗れている。 2024.03.03 10:50 Sun

ブラガが37歳MFモウティーニョと2025年まで契約延長

ブラガは1日、元ポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョ(37)と2025年6月まで契約を延長したことを発表した。 ポルトガル代表として146試合に出場し、クラブレベルではスポルティングCPやポルト、モナコにウォルバーハンプトンで主力として活躍してきたモウティーニョは昨年夏にブラガに加入。 11季ぶりにチャンピオンズリーグに出場していたブラガで今季ここまで公式戦33試合に出場と主力としてプレーし、まだまだ衰え知らずであることを示していた。 2024.03.02 07:30 Sat

ナイジェリアをANC準優勝に導いたジョゼ・ペセイロ監督が退任

ナイジェリア代表を率いるポルトガル人指揮官のジョゼ・ペセイロ監督(63)が1日、自身のSNSで退任を発表した。 ペセイロ監督は先月開催されていたアフリカネーションズカップでナイジェリアを準優勝に導いていた。 同氏はSNSにて「昨日、ナイジェリアサッカー連盟との契約が満了した。22カ月、多大な犠牲と熱意を払い、このファミリーの一員で居られたことは光栄だった」と綴った。 2022年5月にナイジェリア代表の指揮官に就任したペセイロ監督は当初、スタート7試合で5敗を喫する最悪な出だしとなったが、集大成のアフリカネーションズカップで優勝こそ逃したものの、好結果を残して退任する形となった。 2024.03.02 06:00 Sat

17位と低迷のサッスオーロ、バッラルディーニ氏を招へい

サッスオーロは1日、ダビデ・バッラルディーニ氏(60)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 サッスオーロでは先月25日、成績不振によりアレッシオ・ディオニージ監督(43)を解任していた。そして2月28日に行われたセリエA第21節延期分のナポリ戦ではプリマヴェーラを率いていたエミリアーノ・ビギカ氏を暫定監督に据えて戦ったが、1-6の大敗を喫していた。 バッラルディーニ氏はこれまでジェノアやパレルモ、カリアリなどを歴任。直近ではセリエBのクレモネーゼを率いていたが、9月に解任されていた。 残留を争うクラブで緊急登板することの多いバッラルディーニ氏。過去には残留に導く実績も残している中、12季ぶりのセリエB降格が迫るサッスオーロの危機を救えるだろうか。 2024.03.01 23:30 Fri

トロント、昨夏にニューカッスルを退団したマシュー・ロングスタッフをフリーで獲得!

トロントFCは2月29日、イングランド人MFマシュー・ロングスタッフ(23)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年12月31日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ニューカッスルのトップチームで主力として活躍するショーン・ロングスタッフを実兄に持つロングスタッフは、2019年10月のプレミアリーグデビュー戦となったマンチェスター・ユナイテッド戦でゴールを挙げる鮮烈なデビューを飾った。 しかし、以降は思うように出場機会を得られず、アバディーン、マンスフィールド、コルチェスター・ユナイテッドと武者修行を繰り返すと、昨季はレンタル先のコルチェスターで前十字じん帯損傷の重傷を負い、早期レンタルバック。シーズン終了後にはニューカッスルとの契約満了が発表されていた。 トロントのジョン・ハードマン監督は、ロングスタッフの加入について以下のようにコメントした。 「マシューが我々のチームに加わることを嬉しく思う。彼のプレミアリーグでの経験とダイナミックなプレースタイルは、我々の中盤に厚みを加え、戦術的なプランを補完してくれるだろう」 2024.03.01 07:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly