ラツィオDFルイス・フェリペが前代未聞の理由で退場…「冗談のつもりだった」と涙

2021.10.17 16:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
16日に行われたセリエA第8節のラツィオvsインテルで、ラツィオのブラジル人DFルイス・フェリペが前代未聞の理由で退場を命じられていた。ラツィオが無敗インテルをホームに迎えた一戦。インテルのシモーネ・インザーギ監督の古巣戦ともあり、今節屈指の注目カードとなった一戦は、開始12分にMFニコロ・バレッラが得たPKをFWイバン・ペリシッチが決めてインテルが先制する立ち上がりに。

その後は互角の攻防が続いた中で後半を迎えると、62分に今度はCKに合わせたDFパトリックのヘディングシュートが相手の手に当たってラツィオがPKを獲得。これをFWチーロ・インモービレが決めて同点とすると、ここから畳みかけたホームチームは81分にMFフェリペ・アンデルソンのゴールで逆転。さらに91分にはFKからMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチがヘッドで叩き込み、3-1でラツィオが勝利を収めた。

問題のシーンが起きたのは試合終了後のこと。逆転勝利に舞い上がったルイス・フェリペは、今夏にシモーネ・インザーギ監督とともにラツィオからインテルに移籍したFWホアキン・コレアに後ろから飛びついてしまった。

元チームメイトのよしみから生まれた行動だったのだろうが、おふざけが過ぎたかホアキン・コレアは激怒。その状況を見ていた主審はルイス・フェリペに一発退場を命じた。『フットボール・イタリア』によると、この時同選手は、「親友との冗談のつもりだった」と涙を浮かべながら弁明していたようだ。

なお、今のところラツィオがこのレッドカードに異議申し立てを行うかどうかは不明だ。

関連ニュース
thumb

ラツィオvsアタランタは膠着ゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第23節、ラツィオvsアタランタが22日に行われ、0-0で引き分けた。 8位ラツィオ(勝ち点35)は前節、最下位サレルニターナにインモービレのドッピエッタで快勝。さらに4日前に行われたコッパ・イタリアでもウディネーゼとの延長戦の末、インモービレの決勝ゴールで勝ち上がった。そのラツィオは現状のベストメンバーで臨んだ。 対する4位アタランタ(勝ち点42)は前節、インテルにゴールレスドロー。GKムッソの再三の好守もあって引き分けに持ち込んだ。ただ、ケガ人を多数抱え、ムリエルやデ・ローン、パシャリッチらが欠場に。前線はピッコリ、ミランチュク、ペッシーナで形成した。 立ち上がりの主導権争いを経てラツィオがボールを握る展開で推移。しかし、シュートに持ち込むシーンは少なく互いに好機を作れない。結局、膠着した前半は互いにシュート2本、枠内0、ゴールレレスで前半を終えた。 迎えた後半も膠着した展開で推移した中、64分に両チーム通じて初めてのビッグチャンスがラツィオに訪れる。右クロスを受けたボックス内のザッカーニがボレー。左ポストに直撃した。 対するアタランタもすかさず反撃に転じ、ミランチュクが立て続けにラツィオゴールに迫るシュートを浴びせていく。 終盤にかけてオープンな展開となる中、74分にラツィオはCKの流れからマルシッチが際どいシュートを放てば、続く77分にはルイス・アルベルトがコントロールシュートで枠内シュートをマーク。 終盤にかけてはラツィオの攻勢が強まったが、ゴールを割るには至らずドロー決着となった。 2022.01.23 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

加入から4日… トリノMFファレスが前十字靭帯を断裂

トリノは18日、アルジェリア代表MFモハメド・ファレスが右ヒザの前十字靭帯を断裂したことを発表した。 トリノによればファレスは18日の練習中に負傷したとのことだ。2019年8月にも同箇所を負傷したファレスは、復帰までに6カ月を要した。 ファレスは14日に保有元のラツィオからレンタルで加入したばかりで合流から4日後の大ケガとなってしまった。 2022.01.19 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノ、ラツィオからアルジェリア代表MFファレスをレンタルで獲得

トリノは14日、ラツィオからアルジェリア代表MFモハメド・ファレス(25)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までで、買い取りオプションが付随している。 ボルドーやエラス・ヴェローナの下部組織で育ったファレスは、2015年7月にヴェローナのファーストチームへ昇格。その後、SPALでのプレーを経て2020年10月にラツィオへ完全移籍。 ラツィオでは、度重なるケガに見舞われ、在籍1年半で公式戦29試合に出場に留まっていた。なお、今季はジェノアにレンタル移籍していたが、筋肉系のケガで離脱するなどセリエA9試合の出場となっていた。 2022.01.14 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

首位キープに成功のインテル、S・インザーギ監督も喜び 「このチームには幸運にもトッププレーヤーがいる」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、首位キープに成功したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは9日に行われたセリエA第21節でラツィオと対戦した。立ち上がりから試合を支配してチャンスを作り続けたチームは、30分にDFアレッサンドロ・バストーニのゴールで先制に成功。その後追いつかれたものの、67分にDFミラン・シュクリニアルが勝ち越し弾をあげると、最後までリードを守り抜き2-1で勝利した。 この結果、新年初戦を白星で飾ったインテルは首位キープに成功。試合後のインタビューに応じたS・インザーギ監督も、満足感を露わにしている。 「今年を勝利でスタートさせたかった。ラツィオはクオリティが高く、ピッチ上のセットアップも良かったから簡単ではなかったよ。それでも、我々は勝利に値した。選手たちには満足している」 「このチームには、幸運にもトッププレーヤーがいる。リーグ戦はどんどんと進んでいくから、この調子でやっていかなければならない。残念ながらボローニャ戦は延期となってしまったが、選手たちはそこから本当にしっかりと立て直し、集中力を保ってくれた」 「私がもっとも誇りに思うのは、チームの皆が関わっていることだ。(アルトゥーロ・)ビダルはトリノ戦のピッチで最高のプレーを見せ、(ロベルト・)ガリアルディーニは今夜活躍した。これは出番の少ない選手も含め、チーム全体が完全にコミットしていることを表しているだろう。選手たちはトリッキーな試合であっても素晴らしい活躍を見せた」 「10月20日、トップ2チームと7ポイント差になった時、王座防衛など考えてもいなかったし、誰もこのスクデットがインテルのものだとは言っていなかった。もしかすると今はそう見えるかもしれないが、それは我々が向上し続けるためのモチベーションになるだろう」 2022.01.10 12:56 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 2-1 ラツィオ《セリエA》

セリエA第21節、インテルvsラツィオが9日に行われ、2-1でインテルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220110_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 6.0 失点は仕方なし。枠内シュートを的確にセーブした DF 37 シュクリニアル 6.5 守備面パーフェクト。そして決勝点 6 デ・フライ 5.0 絶好機を外し、失点にも関与 95 バストーニ 7.0 見事なミドルシュートで先制点。そして決勝点をアシスト MF 2 ダンフリース 6.0 精度の高いクロスを供給。ゴール前のチャンスにも絡んだ (→ダルミアン -) 23 バレッラ 5.5 立ち上がりに好クロスを送ったが、攻撃面での貢献が一歩足りず (→ビダル -) 77 ブロゾビッチ 6.0 ゲームを作った 5 ガリアルディーニ 5.5 チャルハノールの代役。攻守に無難だった 14 ペリシッチ 6.0 左サイドからの仕掛けで一定のアクセントを付ける (→ディ・マルコ -) FW 7 サンチェス 6.0 好機を幾つか演出し、仕事はこなした (→ジェコ -) 10 ラウタロ・マルティネス 6.0 ゴールは決めきれなかったが、動き自体は良かった (→ホアキン・コレア -) 監督 S・インザーギ 6.0 古巣相手にリベンジ。好機の数は圧倒的だった ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220110_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ストラコシャ 6.0 2失点もラウタロやダンフリースのゴール至近距離からのシュートを好セーブ DF 23 ヒサイ 5.5 ペリシッチの対応に集中 (→ラッツァーリ -) 3 ルイス・フェリペ 6.0 彼自身は堅い守備を見せていた 26 ラドゥ 5.5 劣勢の中、よく耐えてはいた 77 マルシッチ 5.5 攻撃参加はせずダンフリースに対応 MF 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 もっとボールに絡みたいところだった 32 カタルディ 5.5 ボールを落ち着かせられず、試合をコントロールしきれなかった (→ルーカス・レイバ -) 88 バシッチ 5.5 守備に追われた印象 (→ルイス・アルベルト -) FW 7 フェリペ・アンデルソン 5.0 ほとんどボールに絡めなかった (→ザッカーニ 5.0) 攻撃面で働けず 17 インモービレ 6.0 ワンチャンスを生かしてゴール 9 ペドロ 5.0 1度好機があったが、それ以外は目立たず 監督 サッリ 5.5 大半の時間帯で守勢に回った。妥当な敗戦 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! バストーニ(インテル) 質の高い攻撃参加を続け、1ゴール1アシストの活躍。攻撃面での成長が著しい。 インテル 2-1 ラツィオ 【インテル】 バストーニ(前30) シュクリニアル(後22) 【ラツィオ】 インモービレ(前37) 2022.01.10 06:43 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly