【2022年カタールへ期待の選手vol.70】「化け物」酒井宏樹の牙城を崩すべく、2年目の川崎でも圧倒的存在感を示し続ける!/山根視来(川崎フロンターレ/DF)

2021.04.20 20:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
2月20日の富士ゼロックススーパーカップでガンバ大阪を3-2で撃破してからというもの、2021年シーズン突入後は無敗街道を驀進している川崎フロンターレ。2月26日に開幕したJ1でも優勝争いのライバルと目された横浜F・マリノスを2-0で寄せ付けず、2020年YBCルヴァンカップ王者・FC東京との多摩川クラシコでも4-2で圧勝。圧倒的な強さが光っている。

シーズンスタート前は「昨季限りでレジェンド・中村憲剛(現川崎FRO)が引退し、アンカーの守田英正(サンタ・クララ)も移籍したこともあって、今年は去年のようにはいかないだろう」という見方も根強かったが、ふたを開けてみると、チーム力に磨きがかかった印象だ。4月18日のサンフレッチェ広島戦までに12試合を消化して10勝2分の勝ち点32。向かうところ敵なし状態と言っても過言ではないだろう。

その一翼を担うのが、右サイドバック(SB)の山根視来。湘南ベルマーレから移籍加入1年目から31試合出場4ゴールという実績を残し、Jリーグベストイレブンに選ばれた27歳の遅咲きDFは、チーム唯一の公式戦全試合フル出場を果たしている。鬼木達監督はアタッカー陣を試合ごとに入れ替え、谷口彰悟とジェジェウの両センターバック(CB)も超過密日程を考慮して休ませる試合があったが、鉄人右SBだけはスタメンから外そうとはしなかった。まさに「代えの利かない選手」として絶対的な信頼を寄せられているのだ。

直近の広島戦も、14日のアビスパ福岡戦から中3日のハードスケジュールだったが、右サイドを献身的にアップダウンし、要所要所で攻撃にも参加していた。最たる例が前半38分の先制点の場面。三笘薫が思い切りよくドリブルで前進しているのをしっかりと見極めた山根はペナルティエリア内を斜めに走り、スルーパスを受け、左足を一閃。これはU-24日本代表守護神・大迫敬介に弾かれたものの、自らこぼれ球を拾って脇坂泰斗に展開。それが家長昭博につながり、ゴールが生まれた。

前半終了間際にも、右SBの低い位置からゴール前までロングスプリントを見せ、家長のクロスに反応しかけたチャンスもあった。それだけダイナミックな走りとゴールへの意欲を示す右SBは滅多にいない。かつて攻撃的右SBとして世界に羽ばたいた内田篤人(JFAロールモデルコーチ)でさえもで、そこまでの大胆さは持ち合わせていなかった。日本代表デビュー戦となった3月25日の日韓戦(日産)でいきなりゴールを奪ったのも、決して偶然でなく、日常のプレーの延長戦上だったのだろう。

この勢いであれば、酒井宏樹(マルセイユ)と室屋成(ハノーファー)の牙城を一気に崩しそうな予感もある。だが、本人はそこまで楽観的ではないようだ。3月代表活動の一発目に吉田麻也(サンプドリア)から「Jリーグでいつも行っている1.5倍くらいの力で行かないとダメだ」と言われたことで、国内組と海外組の現然たる差を改めて痛感させられたという。

「サッカーの映像を見るだけでも海外のスピードはメチャメチャ早いし、ゆっくりしてる時間がほとんどないというイメージだった。日本代表の試合に出て、やっぱりこれだけ違うのかと感じたし、すごい刺激を受けました。酒井宏樹選手に関しては、昨年10・11月の試合を見て、3バックでもSBでも強度や対人のところの強さは圧倒的だし、正直、『代表の中でも化け物だな』とテレビで見て思ったので。普段の(フランス)リーグでもネイマール(PSG)とかを相手に止めてる選手なんで、違いはかなりあると思います」と山根は神妙な面持ちでコメントしていた。

確かにドイツ・ブンデスリーガ1部で4シーズン、リーグアンで5シーズンを戦ってきた百戦錬磨の先輩と差があるのは事実だ。2011年U-17ワールドカップ(W杯=メキシコ)や2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪の舞台に立ち、現在ドイツ・ブンデスリーガ2部で奮闘中の室屋と比べても、国際経験値では劣っていることは認めなければならないだろう。

ただ、ここまで無印だった山根にはまだまだ伸びしろがある。湘南で恩師の曺貴裁監督(現京都)から徹底的に世界基準の球際やデュエルの重要性を学び、川崎でボールを止める蹴るの大切さを再認識した今、彼はフットボーラーとしての確固た土台を身に着けた状態だ。そこに国際経験を積み重ねていけば、凄まじい成長速度で高みに到達する可能性もあるのだ。

そうなるように、まずは川崎で他を寄せ付けないパフォーマンスを見せ続ける必要がある。全試合フル出場の継続はもちろんのこと、攻守両面で大きなインパクトを残し続ければ、海外へ打って出る道も開けるかもしれない。仮にJリーグに居続けることになっても、国内組で2018年ロシアW杯に参戦した昌子源(G大阪)のようなケースを目指せばいい。昌子も年代別代表実績は皆無に近かったのだから、山根にもチャンスはあるはず。成功を信じて前進を続けることが肝要なのだ。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程変更によって川崎は4月29日まで2週間近く試合が空く。この空白期間を最大限有効活用し、自分自身を磨くことができれば、山根はもっともっと強い輝きを放つだろう。短期間でスターダムにのし上がるべく、流れが来ている今を逃す手はない。

【文・元川悦子】
長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。



関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.92】試合ごとに出場時間増。東京五輪世代のリーダーは長友佑都との競争に勝てるか?/中山雄太(ズヴォレ/DF)

「次の戦いはアウェーで厳しい試合になる。我々はワールドカップ(W杯)出場権をつかみ取るために、チーム一丸となってタフに粘り強く最後まで戦い抜いて、勝ち点3をつかみ取り、次につなげたいと思っています」 日本代表の森保一監督が改めて勝利への意気込みを新たにした通り、16日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)最終予選後半戦の一発目・オマーン戦(マスカット)は勝ち点3が必須の大一番だ。 仮にポイントを落とすようなことがあれば、サウジアラビア、オーストラリアの上位2強に離され、大陸間プレーオフの3位死守がやっとという状況になってしまう。日本サッカー協会の反町康治技術委員長も「Jリーグも代表にW杯へ行ってほしいと願っている。やはりストレートインが望ましい。そのためにもオマーン戦は落とせない」と危機感を口にしていた。 「勝っている時はチームを変えない」という定石通り、森保一監督は過去2戦で採用してきた4-3-3を継続し、大迫勇也(神戸)や長友佑都(FC東京)らベテラン勢を軸としたスタメンで挑むだろう。とはいえ、長友は9月の中国戦(ドーハ)から4戦連続で途中交代。指揮官の中でも90分フル稼働させ続ける考えはないようだ。 「試合に勝つためなので、僕は全然問題ない」と35歳の大ベテランは平常心を口にしていたが、東京五輪世代のリーダー格・中山雄太(ズヴォレ)の台頭に多少なりとも危機感を覚えているのは確かだろう。 「選手としては全然違うタイプ。僕は幅を取って仕掛けていくけど、雄太の場合はポジショニングを取りながらポゼッションをしていくし、技術力も高いし、僕自身も学ぶべき部分が多い。もともとボランチとかセンターバック(CB)をやっていたのに、サイドバック(SB)になってもあれだけ早く役割を認識してプレーできるのは、彼の賢さを物語っている」と長友は9歳年下のライバルを賞賛した。 この高評価を受け、中山自身は嬉しい気持ちも少なからず抱いただろう。が、それ以上に強いのが負けじ魂だ。「正直、途中出場では満足していない。スタメンで出られるようなパフォーマンスを見せなきゃいけない」と報道陣にも語っている通り、ライバルが長友であろうが、先発定着に突き進む覚悟だ。それが今回のオマーン戦で結実するかは定かではないが。中山の存在価値が日に日に高まっているのは紛れもない事実。そこは前向きに捉えていいだろう。 実際、オマーンという敵を考えた時、中山の高さは有効である。相手には左足の名手・モフシンがいて、直近の11日の中国戦(シャルジャ)でも彼の右CKから同点弾を叩き出している。日本はリスタートでなかなかゴールを奪えていないが、オマーンには一発がある。それを決めさせないためにも、中山の守備能力を最大限生かすべきなのだ。 相手のサイド攻撃対策を視野に入れても彼は有効なピースとなり得る。攻撃的な長友はタテ関係の南野拓実(リバプール)とのコンビを最大限生かし、高い位置まで攻め上がることが多いが、オマーンのような鋭いカウンター攻撃を持つ相手には、それが「両刃の剣」になりかねない。 加えて言うと、中山は長友のように前がかりにはならないし、タテ関係になるアタッカーの推進力のサポートを第一に考えるタイプ。南野と組む機会はここまで少ないが、浅野拓磨(ボーフム)や古橋亨梧(セルティック)のようなスピード系にしてみれば、後ろにしっかりと守備のできる人間が控えているのは心強い。そういった強みを発揮すべき時が今回のオマーン戦でも必ず来るはずだ。 「最終予選は初めての経験ですけど、今のところはまだ難しさをよく分かっていない状況です。それを知らないまま突っ走って行きたいなというのがある。うまく前だけを向いて、危なくなったらベテランの選手たちが手綱を引いてくれる。知らないことをポジティブに考えていけばいいと思います」と彼自身もいい意味で割り切って、この修羅場をくぐり抜けていく構えだ。 長友と中山、さらに旗手怜央(川崎)がいい競争を繰り広げつつ、状況や相手によって人材を使い分けられるようになれば、日本代表にとっても朗報だ。国際Aマッチ130試合に到達した長友の経験値はまだまだ今のチームに不可欠ではあるが、フィジカル面やキレの部分でやや下降線を辿っている。そのマイナス面を東京五輪世代の中山と旗手がしっかりと穴埋めできれば、日本の左SBは盤石になる。前々から懸念されてきた「ポスト長友問題」も解決に向かうはずだ。 今回のオマーン戦で勝利という結果を出すと同時に、左SBのバリエーションを広げられればまさに理想的。最終予選残り全試合で勝ち点3を稼ぎ続け、最終的にはサウジ、オーストラリアをかわして2位以内に入っているという結末になれば、日本サッカー界全体にとっても本当に最高のシナリオになる。若い世代のキーマン・中山にはその一翼をしっかりと担ってほしい。つねに冷静沈着な24歳のクレバーな男の底力を発揮すべき時は今しかない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.11.16 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.91】ベトナム戦は左サイドバックでチャンス?酒井高徳も認める才能を遺憾なく発揮せよ!/旗手怜央(川崎フロンターレ/DF)

2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の行方を大きく左右する11月アウェー2連戦の初戦・ベトナム戦(ハノイ)が11日に迫ってきた。日本代表は長友佑都(FC東京)ら国内組第1陣の5人が8日に現地入りし、トレーニングを開始。9日には第2陣の12人が合流した。が、同日到着予定だった吉田麻也(サンプドリア)ら欧州組11人がオランダ発チャーター便の遅れによって十分なトレーニングができず、ほぼぶっつけ本番で大一番に挑むことになった。 9月のオマーン戦(吹田)、10月のサウジアラビア戦(ジェッダ)と前回・前々回の2連戦の初戦を落としている日本にしてみれば、今回こそは万全の準備をして一発目のゲームに挑みたかったはず。だが、またしても森保一監督のアテが外れた格好だ。 となれば、コンディションを重視したメンバーを組むか、あくまで主力級にこだわるかは指揮官の判断となる。ハノイが想定よりも気温が低く、爽やかな気象条件という追い風はあるものの、できるだけ前者を採った方がよさそうだ。 となれば、3日にJ1連覇を達成した川崎フロンターレ勢にもチャンスが巡ってきそうだ。とりわけ、マルチ型の旗手怜央などは非常に有効なピースになり得る。左サイドバック(SB)としても使えるし、左MFやインサイドハーフ、場合によってはFWとしても起用できるからだ。高いレベルで1人何役もこなしてくれる人材がいれば、さまざまな事態に対応できる。予期せぬアクシデントに見舞われている今回のような試合の場合、旗手は貴重な戦力になるだろう。 メンバー発表時にDF登録だったため、森保監督は左SBを第一に考えていると見られる。ここには代表キャップ数129試合の長友がいるが、直近のJ1の試合で横浜F・マリノスに0-8で大敗し、彼自身も失点に絡むなど、必ずしも絶好調というわけではない。長友のバックアップ役には中山雄太(ズウォレ)もいるが、ベトナム到着遅れの便に搭乗しているうえ、日本が主導権を握る展開を考えると、旗手の方がベターなチョイスと言っていい。酒井高徳(神戸)も「旗手君は非常にいい選手」と絶賛していた。それだけのポテンシャルを秘めているのは間違いないのだ。 「ベトナムはブロックを作って中を締めてくるけど、外は勝負できるなという印象がある。中もそこまで大きい選手がいないので、クロスも質のいいボールを上げられれば、必ず点にはつながると思う」と長友も攻略法を語っていたが、やはり今回はサイドアタックが1つの肝。そこでアグレッシブな攻守のできる人材は必須だ。 旗手ならそのイメージにピタリと合うし、状態も悪くない。東京五輪の時は1・5軍のような扱いだったが、その後、川崎で目に見える成長を遂げ、決定的な仕事をする回数も増えた。三笘薫(ユニオン・サン=ジロワーズ)と田中碧(デュッセルドルフ)という2人の主力が海外移籍した後、彼が主力の自覚をもってチームをけん引したからこそ、9月のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)直後のリーグ5連戦も乗り切れた。傍目から見ると、チーム得点王のレアンドロ・ダミアンやベテラン・家長昭博らの活躍が目立つかもしれないが、旗手の成長なくして、川崎の早期優勝決定はなかったといっても過言ではない。 その経験値を今こそA代表に還元すべき時だ。本人も長い間、この舞台に立つことを夢見ていた。静岡学園の卒業式の時には日本代表になりたいと目標を掲げていたという。 「僕がこういうふうになると思っている人は誰もいなかったと思います。ただ、僕だけは自分に期待しているというか、信じていたし、なれると思っていました」と東京五輪メンバー発表時にこう語ったが、U-24日本代表を経て、A代表に飛躍したのだから、自身のビジョン通りに階段を駆け上がっているということだ。 ただ、A代表というのは、選出されるだけで終わりではない。高校と川崎の先輩でもある大島僚太もたびたび日の丸を背負い、2018年ロシアW杯に参戦したが、大会直前のケガが響いて出番なしに終わっている。川崎の偉大なレジェンド・中村憲剛(JFAロールモデルコーチ)にしても、2010年南アフリカW杯ではパラグアイ戦の後半36分からしかピッチに立てなかった。A代表で出場機会を得て、結果を残し、主力へ上り詰めていくのがいかに難しいことかを旗手はひしひしと感じているはずだ。 それでも、静学時代の恩師・川口修監督から「UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)決勝トーナメントに出られるような選手になれ」とハッパをかけられたことを本人は忘れてはいないはず。間もなく24歳になる旗手が成功街道を歩もうと思うなら、ここから一気にA代表での地位を固め、主力として日本をカタールへと導き、活躍するのが近道だ。 もしかするとその前にアンジェ・ポステコグルー監督率いるセルティックへの移籍話が決まる可能性もあるが、スコットランドへ行けたとしてもUCL上位のビッグクラブへのステップアップには強烈なインパクトが必要になる。カタールW杯は絶好の舞台。それを貪欲に取りに行くことが肝心なのだ。 さしあたって、フォーカスすべきは直近のベトナム戦だ。スタメンかサブかは分からないが、与えられた時間でキッチリ結果を残すことから全てが始まる。旗手怜央のA代表デビューが華々しいものになることを願ってやまない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.11.11 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.90】勝負の11月ベトナム、オマーンのアウェー2連戦。日本の秘密兵器はズバリこの男!/三笘薫(サン=ジロワーズ/FW)

10月12日のオーストラリア戦(埼玉)を2-1で辛勝し、安堵したのもつかの間、11月には絶対に落とせないアウェー2連戦がやってくる。 2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組で目下、4位に沈む日本にとって、最下位・ベトナム、3位・オマーンは確実に6ポイントを手にしなければならない相手。ここで躓くようなことがあれば、本大会ストレートインの2位以内はおろか、プレーオフ圏内の3位すら危うくなりかねないからだ。 9月は欧州視察に出向いていた森保一監督は目下、日本に残ってJリーグや福島で開催されたAFC・U-23選手権に足を運んでいる。その一方で、横内昭展・斉藤俊秀両コーチは欧州で目ぼしい人材のチェックに奔走中だ。 その筆頭が三笘薫(ユニオン・サン=ジロワーズ)。東京五輪の後、イングランド・プレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオンに完全移籍し、英国労働ビザの関係もあってベルギー1部のユニオン・サン=ジロワーズにレンタルされたが、9月12日のデビュー以降、試合をこなすごとに存在感を高めているのだ。 とりわけ、インパクトが大きかったのが、10月16日のRFCセラン戦だ。後半2分に出場してハットトリックの離れ業を達成。「サン=ジロワーズに三笘薫あり」をサポーターに力強く示したのである。続く23日のKASオイペン戦では加入後初先発のチャンスをつかみ、先制PKにつながるドリブル突破で見る者を魅了。さらには3点目の起点になるパス出しも披露した。 ルーキーイヤーだった2020年の川崎フロンターレで見せていた緩急自在の「ヌルヌルドリブル」は異国でも健在。屈強で大柄な相手DFを次々とかわしてゴール前に侵入していく姿はまさに痛快というしかない。本人も「やれる」という手ごたえを深めているはずだ。 こういう絶好調の人間を呼んで使うことが、停滞中の日本代表の活性化につながるのは明らかだ。過去の実績や経験値に固執しがちな森保監督だが、崖っぷちに追い込まれたオーストラリア戦でついに[4-3-3]の新布陣を採用し、田中碧(デュッセルドルフ)と守田英正(サンタクララ)を中盤に抜擢した。11月シリーズで4-3-3をそのまま使うか、[4-2-3-1]に戻すのかは対戦相手との噛み合わせを見てからだろうが、三笘は田中碧や守田との共存は問題なくできる。川崎やサン=ジロワーズでの起用法を見ていても分かる通り、先発でもサブでも柔軟に対応できるところも魅力だ。 長年、絶対的1トップと位置づけられてきた大迫勇也(神戸)が負傷離脱中で11月シリーズに間に合う保証がないだけに、南野拓実(リバプール)が最前線に上がる可能性も大いにある。古橋亨梧(セルティック)もゴールにより近いポジションで使った方が怖さを発揮できる。となれば、左サイド要員は手薄になる。原口元気(ウニオン・ベルリン)や浅野拓磨(ボーフム)もいないわけではないが、敵を欺く意味でもA代表実績ゼロの三笘は大きなサプライズになる。ここは思い切って呼んで使うべきだ。 本人も不完全燃焼に終わった東京五輪の悔しさを晴らすチャンスが巡ってくるのを待ち望んでいるに違いない。 「五輪を迎える年が24歳というのは、決して若くない。五輪がW杯に続く大きな大会だと認識してますし、人生の大きな転換点になるとも思ってます。でも五輪に選ばれることがゴールではない。大学からプロに入った遠回りした選手でも活躍できることを示さないといけない」と東京五輪前にも語気を強めていたが、ベルギーに渡ったことで「今、結果を出さなければ埋もれてしまう」という危機感はより強まったことだろう。 確かに世界のサッカー界で見れば、24歳という年齢は中堅。2010年南アフリカW杯で日本をベスト16へと導いた本田圭佑(スドゥーヴァ kjl)が24歳だったのだから、今からA代表のキャリアを始めるというのは、少しスタートが遅いのも事実だ。しかしながら、川崎の偉大なレジェンド・中村憲剛(JFAロールモデルコーチ)のように25歳で初キャップを記録し、30代まで日の丸を背負い続けた選手もいる。大卒の三笘は同じような軌跡を辿れるだけのポテンシャルがある。遅咲きでも大成できることを自らの実力で証明してほしいのだ。 「自分の特徴は1人はがすところだったり、アイディアのあるプレー。評価されやすくて評価されやすいですけど、批判もされやすいところ。そこは難しい部分ではありますけど、『日本に貢献したいって気持ち』がプレーに出ると思う。つねにそういう意識を持ったプレーを見せたいです」 三笘はこうも話している。単にドリブル突破でチャンスメークをするだけでなく、チームの勝利のために献身的な守備はハードワークを厭わないという強い覚悟を持って戦っているのだ。そういうメンタリティがあれば、必ずA代表でも役に立てる。 貪欲に泥臭くボールを追い、相手をつぶし、そのうえでドリブルからゴールを奪う…。タフさを増した三笘薫が救世主となる11月シリーズをぜひ見てみたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> <span class="paragraph-title">【動画】11月に初招集なるか!? 三笘薫の圧巻ハットトリックを全てチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVGwQ4tqbcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVGwQ4tqbcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVGwQ4tqbcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Eleven Sports Belgium(@elevensportsbe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.30 19:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.89】今こそ代表エースに定着した原点回帰を!エースの存在価値が問われる大一番/大迫勇也(ヴィッセル神戸/FW)

「(サウジアラビア戦も)チャンスはあったので。僕自身決めないといけないシーンはあると思います。そこを分かりつつ、後はチームとして得点のチャンスを増やすためにどうするかを話し合っています。勝てる確率を高くしていくのが僕らが今、やるべきことだと思うし、本当に最高の準備をしないといけない。いい切り替えをして試合にのぞまないといけないと思います」 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)出場権獲得に向け、最終予選序盤戦で早くも2敗と崖っぷちに立たされている日本代表。12日のオーストラリア戦(埼玉)はその行方を大きく左右するだけなく、森保一監督体制続行の是非も問われる大一番となる。 「正直、(これだけのプレッシャーは)初めての経験。やっぱり簡単な試合はない」とW杯予選初参戦の古橋亨梧(セルティック)も異様なムードに驚きを隠せない様子だが、若い世代の大半がこの苦境をどう乗り切るか戸惑っているはず。だからこそ、過去の最終予選を知る面々が力強くチームをけん引しなければいけない。 大迫勇也も2014年ブラジルW杯最終予選こそ経験していないが、2018年ロシアW杯大会の時は苦境続きだった前半戦の山場である2016年11月のサウジアラビア戦(埼玉)から参戦。そこまでの1年半、代表から遠ざかってドイツで屈強かつ大柄なDF陣と対峙してきた経験値をいかんなく発揮し、2-0の勝利に貢献。そこから絶対的1トップの座を射止めた。 「やっぱドイツはゴール前の強さがすごくありますからね。自陣にしろ、相手陣内にしろ。そこでプレーする回数が増えて、点を重ねることができれば、それだけ自分も強くなるし、成長できるってこと。アジア予選はいつも通りやってれば大丈夫だと思ってたんで」と自信満々に話したように、急激な成長曲線を辿っていた当時の大迫は本当に頼もしかった。あれから5年が経過し、アジア最高峰FWになった今、その自信とチャレンジャー精神が少し欠けているのではないだろうか。 実際、大迫へのマークの厳しさは凄まじいものがある。9月の初戦・オマーン戦(吹田)では彼と鎌田大地(フランクフルト)のタテのホットラインを相手が徹底的に消してきて、仕事らしい仕事をさせてもらえなかった。続く中国戦(ドーハ)は伊東純也(ヘンク)の右サイドの鋭い突破からの折り返しを右足で決めきったが、前回のサウジアラビア戦(ジェッダ)でも大迫は封じられてしまった。鎌田からのタテパスに抜け出した決定機もゴールにつなげられず、どこか波に乗り切れない部分を本人も感じているはずだが、そういう時こそ原点回帰を図るべき。絶対的1トップに定着した頃のギラギラ感や野獣のような目線を取り戻せば、必ず壁を破れるに違いない。 オーストラリアという強敵は、むしろ弾みをつける意味で絶好の相手と言っていい。前回最終予選にも参戦していた守護神・ライアン(レアル・ソシエダ)は健在だし、セインズベリー(コルトレイク)とソウター(ストーク・シティ)の2センターバックも高さと強さを兼ね備えている分、巧みな駆け引きが必要になってくる。簡単にクロスを上げても跳ね返されるだけ。大迫自身が囮になって別のアタッカーがペナルティエリア内に侵入したり、自ら2次攻撃・3次攻撃を仕掛けるなど、これまで以上の連携と意思疎通、そして泥臭さが求められるのだ。 「個人でもいろいろとイメージはしているし、プラス、チームとしてどう相手にプレッシャーをかけるか、どう相手に対して崩しに行けるかは距離感等を含め、いろいろコミュニケーションを取りながらやっている感じです。真ん中を閉めるチームが多くなったという印象ですけど、その分、サイドが空いている。うまく対応していかないといけない」と彼自身の中ではゴールへの道筋は明確に描けている様子だ。 あとはそれを実行に移すだけ。ここまで追い込まれた以上、前を向いてアグレッシブにぶつかるしかない。そういう割り切りを大迫は持てるタイプ。本田圭佑(スドゥーヴァ)や岡崎慎司(カルタヘナ)、香川真司(PAOK)といった日本攻撃陣をけん引してきた先輩たちが去り、背負うものが大きくなったのは確かだが、ここはいったん全ての重荷を横に置いて、彼らしさを前面に出すことに集中してほしい。そうすれば、ロシア切符を手中にした2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)の再現は叶うはずだ。 ボール支配に徹してくる相手をタイトなマークで封じ、井手口陽介(G大阪)と浅野拓磨(ボーフム)の2発で勝ち切ったあの名勝負とは「必ずしも同じイメージというわけではない」と大迫は言う。ただ「先手を取りたい」と熱望していた。 そのためにも、彼自身が前からプレスをかけてパスコースを消し、高い位置でボール奪取できるように仕向けるべき。それができれば、似たような展開と結果になる可能性は十分ある。日本中が歓喜したオーストラリア撃破の瞬間を大迫本人も決して忘れてはいないはず。その再現を12日の埼玉で見せてくれることを強く祈りたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.10.12 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.88】代表キャップ127試合。サウジアラビアを熟知する男は敵地で日本を勝利へと導く!/長友佑都(FC東京/DF)

「(10月シリーズは)2連勝することを目指しています。引き分け狙いということは正直、考えていない。長い最終予選ですけど、初戦に負けているので、そんな余裕はない。だから2連勝を目指して僕も頑張ります」 国際Aマッチ127試合という歴代2位の記録を誇る長友佑都(FC東京)が気合を入れる通り、10月シリーズは2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の命運を左右する天王山。その一発目である7日(日本時間8日未明)のサウジアラビア戦(ジェッダ)がいよいよ目前に迫ってきた。 この大一番を落とすようなことがあれば、日本は上位2位争いから大きく後退することになる。仮に3位になってプレーオフに進めたとしても、アジアA組に加えて南米、北中米カリブ海、オセアニアのいずれかとの決戦を制するのは至難の業。やはり何としても本大会ストレートインの権利を手中にすることが肝要だ。 2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアと過去3度のW杯予選を戦い抜いてきた長友と言えども、ここまでの苦境に直面するのは初めてかもしれない。ただ、サウジに勝ち切る自信は揺らいでいない。 「僕も10年以上、代表にいさせてもらっていますけど、1対1とか球際で絶対負けないとか、失った後の切り替えとかはこのチームの一番のストロングであり、レベルが高いなと感じているんですよね。それをサウジ以上に出すのはもちろんのこと、世界基準でできないといけない。そのうえで、前からいく部分とハメる時間帯と、あとはしっかりブロックを作って相手に持たせる時間帯というのを、みんなで共通意識を持っていれば、僕自身はやれるな、戦えるだろうと思っています」と彼は「日本らしさ」を最大限発揮すれば、過酷なアウェイでも勝ち点3を得られると確信している様子だ。 その発言には説得力がある。というのも、2016年11月と2017年9月のロシアW杯最終予選、2019年アジアカップ(UAE)とサウジと3度対峙した経験があるからだ。2017年は消化試合ということもあって0-1で敗れたものの、それ以外の2戦は1点差勝利を収めている。「勝率で上回っている」という事実は、大ベテラン、そして代表にとって心強い要素だ。 エルヴェ・ルナール監督率いる現在のサウジは個々の技術が高く、連係を生かして攻撃的に戦ってくるが、チームの特徴や傾向は以前と大きくは変わっていない。2017年のゲームで日本から決勝弾を奪ったファハド・アルムワラド(アル・イテハド)ら主力も残っているだけに、長友にとってはイメージしやすい部分もある。同レベルの経験値を持つ吉田麻也(サンプドリア)や酒井宏樹(浦和レッズ)らと意思疎通を図りながら、チーム全体で相手の弱点を突いていけば、黒星という最悪の結果は回避できるはず。百戦錬磨の左サイドバックには力強く日本代表をけん引してもらう必要があるのだ。 「『W杯への思い』をよく聞かれますけど、もう語彙力がなさ過ぎて思いを伝える言葉が見つからない。そのくらいW杯は特別。人生をかけてそこに向けてやっていきたい。諦めずに戦います」 35歳の誕生日当日に行われたFC東京復帰会見で、彼はカタールへの真っ直ぐな気持ちを改めて口にした。過去3度の世界舞台を経験し、ベスト16には2度勝ち上がっているが、ベスト8の壁を越えない限り、代表キャリアに区切りをつけられないというくらいの強い責任感と闘争心を抱いているはずだ。アジアで負けてしまったら、大目標に到達するどころか、土俵にも上がれなくなる。それだけは絶対に許されないことだと本人も脳裏に刻み付け、銘じてサウジの地に赴いたに違いない。吉田も「自分たちの代でW杯への道を途切れさせることはできない」と神妙な面持ちで語っていた。ここは意地とプライドに賭けても結果を出すしかない。 長友が考えるサウジの突きどころは、手薄になるサイドバックの裏。そこは確かに9月のオマーン戦でも穴ができ、何度かカウンターを食らっていた。さすがにルナール監督も日本相手だともう少し引いてブロックを作ることも考えるだろうが、凄まじい勢いで攻撃に打って出てくる彼らのメンタリティはそうそう変わらない。 長友も戦術眼はそういう時こそ光る。彼と左のタテ関係を形成するのが南野拓実(リバプール)なのか、古橋亨梧(セルティック)なのか、それとも原口元気(ウニオン・ベルリン)なのか、森保監督のチョイスは不透明な部分もあるが、誰が前にいても「出てるところ・引くところ」のメリハリがしっかりつけられるのが年長者の強みだ。左サイドが攻撃に躍動感をもたらせば、そう時間がかからないうちに先制点は手に入る。長友にはお膳立て役として獅子奮迅の働きを求めたい。 「先手必勝態勢」を作れれば、あとはガッチリと守り切ればいい。吉田・冨安・酒井宏樹とともに形成する最終ラインはアジア随一。それは長友も大いに自信を持っている点だ。9月のオマーン戦(吹田)はコンディション不良と冨安の欠場が重なって、最後の最後で失点したが、サウジ戦と次のオーストラリア戦では同じ轍を踏むはずがない。「クリーンシート請負人」として、35歳のベテランには並外れた走力と対人の強さを遺憾なく発揮してほしい。 「FC東京の選手として、Jリーガーとして、今回初めて日本代表に入ってきたので、そこは自分がしっかりと基準を示せるようにというふうに意気込んでいます」 こう語気を強める長友は実に頼りがいのある存在だ。「(佑都は)すごく明るくポジティブに、高い目標を見据えて進んでいく。そしてなコミュニケーションを含めてチーム全体に自分が持っているものを伝えてくれている。彼の経験であったり、彼のポジティブに力強く前に進んでいこうとする力をチームに還元してくれている」と指揮官も改めてリスペクトの言葉を口にしている。 苦境の時こそ、長友佑都の一挙手一投足の重要性が増す。サウジ戦は日本を崖っぷちから救い出す圧倒的なパフォーマンスが必要だ。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.10.07 17:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly