超WS選定! 2018年のJ1ベストイレブン2018.12.07 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグは川崎フロンターレの連覇が決まった一方で、ACL争いや残留争いは史上稀にみる大混戦に。今シーズンも様々なドラマが生まれ、幕を閉じた。▽今シーズンも毎節ベストイレブンを選出してきた超ワールドサッカー編集部は、20試合以上の出場数を選考基準に、年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクト。短評と共に紹介する。

◆超WS選定年間ベストイレブン(J1)
GKクォン・スンテ(34歳/鹿島アントラーズ)
成績:27試合
▽クリーンシート数は12回。昨年こそケガで苦しんだが、今年はタイトな日程の中で幾度となくチームの救世主となり、過去2度にわたるアジア制覇の経験を生かして、鹿島を初のACL優勝に導いた。頼れる守護神の力はかなり大きかった。

DFエウシーニョ(29歳/川崎フロンターレ)
成績:32試合/2得点
▽持ち前の攻撃センスと技術で後ろから幅広い攻撃を構築。今シーズンは守備の比重を高めることとなったが、支えるプレーによりチームは安定が保たれた。それでも機を見た神出鬼没なポジショニングでも脅威に。すでに退団が決定。連覇を成し遂げた魅力ある攻撃を彩る存在だった。

DF高橋祐治(25歳/サガン鳥栖)
成績:30試合/1得点
▽個人として大きく飛躍を遂げた1年だった。J1初挑戦だったが、第6節のセレッソ大阪戦をきっかけに先発の座を掴み取った。今シーズンはチームとして守勢に回る試合が多かったが、総失点数は「34」。GK権田修一の貢献度と共に、この男の台頭も大きかった。

DF谷口彰悟(27歳/川崎フロンターレ)
成績:34試合/3得点
▽2年連続フルタイム出場。ディフェンスリーダーとして守備面ではクリーンに相手を封じ、攻撃面でも高いビルドアップ能力で屈指の攻撃陣を後方からサポートし続けた。影のMVP。最少失点に抑え、連覇を成し遂げたのは昨シーズンよりも好守のクオリティを高めた彼の存在があってのこと。

DF山中亮輔(25歳/横浜F・マリノス)
成績:32試合/4得点
▽ポステコグルー監督による新戦術の下で覚醒。高精度なクロスと強烈なミドルシュートでキャリアハイの4ゴール8アシストという数字を叩き出し、売りの攻撃力を周囲に見せつけた。記憶に新しい代表デビュー弾もオーバーラップからの左足。来年への期待は高まるばかり。

MF家長昭博(32歳/川崎フロンターレ)
成績:32試合/6得点
▽連覇の立役者。昨シーズンはケガで出遅れたが、今シーズンは開幕から異彩を放ち続けた。巧さ、強さ、速さを存分に発揮して相手を翻弄すると、ゲームを冷静に見ては言葉でチームメイトを気遣った。誰も手を付けられず。献身性をも兼ね備えた天才はまさに無敵だった。

MF中村憲剛(38歳/川崎フロンターレ)
成績:33試合/6得点
▽フロンターレのバンディエラとして今年もフル稼働した。38歳の年齢に関わらず、リーグ戦欠場はわずか1試合。36歳でMVP、37歳で初優勝、38歳で連覇…。歳を重ねるごとに衰えるどころか、逆に司令塔としての凄みがより増している。

MFチャナティップ(25歳/北海道コンサドーレ札幌)
成績:30試合/8得点
▽来日2年目の今年は小柄を生かしたドリブルや足下の高い技術、シュート精度で、札幌史上最高位となる4位フィニッシュに導くと共に、個人としてもチーム内3位の8得点をマーク。1年を通じて、“タイのメッシ”と呼ばれる所以を示し続けた。

FWファン・ウィジョ(26歳/ガンバ大阪)
成績:27試合/16得点
▽クラブ記録の6戦連発をマークするなど、最終的に得点ランキング3位の16ゴール。今夏のアジア競技大会から復帰後、ストライカーとしてよりスケールアップを遂げ、MF今野泰幸や宮本恒靖監督と共にG大阪の残留劇を語る上で欠かせない選手に。

FWジョー(31歳/名古屋グランパス)
成績:33試合/24得点
▽ブラジル全国選手権のMVPや得点王、ベストイレブンに輝いた実績は伊達ではなかった。初挑戦のJリーグでも3度のハットトリックや7度の複数得点をマークするなど、元セレソンの能力を生かして大暴れ。シーズンを通じた存在感は規格外だった。

FW鈴木優磨(22歳/鹿島アントラーズ)
成績:32試合/11得点
▽11得点10アシストという数字が今シーズンの活躍ぶりを物語る。2015年のJリーグデビュー以来、ゴール前に飛び込む強気な姿勢が魅力だったが、お膳立て役にもなれる柔軟性も新たな武器に。その活躍により、11月に代表初選出。ACL初制覇も成し遂げ、実り多き1年に。

監督
ミハイロ・ペトロヴィッチ(61歳/北海道コンサドーレ札幌)
▽川崎フロンターレの鬼木達監督やガンバ大阪の宮本恒靖監督も光ったが、今年は北の大地を沸かせたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を選出。晩年中位がやっとの札幌に攻撃的スタイルを浸透させ、クラブ最高位の4位に導いた手腕は見事。さらなる成熟に期待がかかる。
コメント
関連ニュース
thumb

負傷離脱続くエドゥアルド・ネット、ついに来日へ! 名古屋が発表

名古屋グランパスは20日、ブラジル人MFエドゥアルド・ネットの来日決定を発表した。 エドゥアルド・ネットは今年1月、帰省中だった母国ブラジルで右股関節インピンジメントが判明。合流日が未定となり、現在に至るまでチームに戻れていない状況だった。クラブの報告によれば、ブラジルでの治療を経て、21日に来日予定だという。 名古屋は現在、明治安田生命J1リーグ7勝3分け2敗の2位。26日に行われる次節、13位に位置する松本山雅FCをホームに迎え撃つ。 2019.05.20 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第12節】怒りの大逆転ベルマーレ、令和初大阪ダービーのヒーローをチョイス!

明治安田生命J1リーグ第12節の9試合が17日から18日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK東口順昭(ガンバ大阪/初) 好判断の飛び出しや好セーブで随所に存在感。チームがみせた粘り強い守備の体現者に。 DF山根視来(湘南ベルマーレ/初) 湘南全関係者の思いものせたドラマティックな一撃。心を揺さぶるナイスプレーだった。 DF高橋秀人(サガン鳥栖/初) 攻撃陣がシュート3本に終わるなど上手くいっていないなか、スペースケアや統率力で堅守の軸に。 DF小川諒也(FC東京/初) 嬉しいJ1初ゴールをゲット。今シーズンにおいて、久保とともに成長ぶりが著しい。 MFレアンドロ(鹿島アントラーズ/初) 1アシストを含む全5得点を演出するキレキレのパフォーマンス。相手DFをきりきり舞いに。 MF白崎凌兵(鹿島アントラーズ/初) バースデーゴール×2。ゲームメイカーぶりも秀逸で、今後さらなる活躍の予感も! MF倉田秋(ガンバ大阪/初) 令和初ダービーで決勝弾を決め、ヒーローに。若手三銃士が躍動するなかで背中の10番が輝いた。 MF遠藤渓太(横浜F・マリノス/初) キックオフから切り崩し役として抜群の切れ味を披露。2アシストで快勝劇の中心に。 MF三好康児(横浜F・マリノス/初) 途中出場でギア全開の2発。フィニッシュワークが冴え渡り、A代表入りもより現実味! MF菊地俊介(湘南ベルマーレ/初) ピッチの敵が11人でなかった劣勢下、途中出場で2ゴール。流れを好転させた。 FW中山仁斗(ジュビロ磐田/初) “ゴン2世”が1得点1アシストの大活躍。ボールの収まりも良く、攻撃陣の活力に。 2019.05.20 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イニエスタやビジャがいるのに…スペインメディアも7連敗神戸の惨劇を注視

ヴィッセル神戸の惨劇にスペインメディアも注目している。 「バルセロナ化」を掲げ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキや、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元同代表FWダビド・ビジャ、スペイン人MFセルジ・サンペールら世界的名手を揃えて今シーズンをスタートさせた神戸。だが、うまくいっていないのが実情だ。 18日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ第12節の横浜F・マリノス戦ではルーカス・ポドルスキとアンドレス・イニエスタの「IP」を欠いて、1-4の大敗。クラブワーストのリーグ7連敗で順位を15位まで落して、いよいよ降格圏がちらつき始めている。 元バルセロナ勢が在籍していることもあり、神戸の現状を取り上げたスペイン『マルカ』は次のように報じている。 「ヴィッセル神戸のスペイン人、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールは、横浜F・マリノスとのアウェイゲームでチームの7連敗に加担した」 「スペイン人選手のなかで先発したのはビジャだけ。12試合で4得点を挙げているが、元バルセロナのストライカーは不発に終わった」 「アンドレス・イニエスタはケガの影響でスタンド観戦。セルジ・サンペールは71分からピッチに立った」 「これにより、ヴィッセル神戸は勝ち点10で降格ゾーンのフェルナンド・トーレスを擁するサガン鳥栖や、ベガルタ仙台と同勝ち点に」 数多き負傷離脱者のエクスキューズがあるにせよ、Jリーグ屈指のスター集団であるチームとして、いただけない体たらくぶりを露呈する神戸。イニエスタやビジャらの実力を知るスペインメディアからすれば、そうした彼らを擁するチームの現状は驚きの事態なのかもしれない。 2019.05.19 09:35 Sun
twitterfacebook
thumb

大胆采配のG大阪が倉田弾で令和初ダービー制す! 今季ホーム初白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節が18日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪がセレッソ大阪に1-0で勝利した。 7戦未勝利で16位に沈むG大阪は、前節の先発から遠藤や今野、米倉、オ・ジェソクを外して、J1デビューの高尾や福田、高江ら若手を先発に抜擢。そのほか、出場停止のキム・ヨングォンに代わり、三浦を3試合ぶりにスタメンとしてピッチに送り出した。一方、10位のC大阪は現在、シーズン初の連勝中。前節のスタメンから負傷離脱の都倉と、世代別代表合流の瀬古に代わって、前節1得点の高木と木本を先発起用した。 新元号『令和』最初の大阪ダービーとしても注目を集めた試合は、宮本監督の大胆な人選が際立つG大阪が矢島をアンカーに置いた[3-5-2]のシステムでスタート。守備から入るC大阪に対して、ボールのイニシアチブを握り、能動的に試合を進めていく。だが、そのなかで、10分に相手のロングボールがG大阪守備陣の背後に流れると、これに高木が反応。たちまちピンチを迎えるが、GK東口のファンセーブで何とか切り抜ける。 すると、今度はG大阪にビッグチャンス。13分、敵陣左サイドのファン・ウィジョがマテイ・ヨニッチのGKに対する緩慢なバックパスをかっさらい、ボックス左からコースを狙い澄まして右足でフィニッシュに持ち込む。だが、シュートはコースが甘く、鋭い飛び出しで寄せてきたGKキム・ジンヒョンの正面。続く21分、パスワークからボックス右のファン・ウィジョが右足シュートを放つが、これも真正面を突いてしまう。 時間が進むにつれて、こう着ムードが強まり、ゴールレスのまま折り返した大阪勢対決。[3-4-3]のシステム変更を施して後半に入ったC大阪が敵陣左サイドでスローインのチャンスを獲得した49分、藤田のロングスローからセカンドボールに反応した高木に決定機が巡ってくる。相手最終ラインの背後で浮かび上がったボールをワンタッチで押し込みにかかるが、GK東口の判断伴った鋭い飛び出しに阻まれ、先制機を逸する。 その直後、高木を下げてソウザをピッチに送り出したC大阪だが、守護神の奮闘でピンチを凌いだG大阪が前半と同様にボールの主導権を握り、押し返す展開に。すると、55分、ガンバの背番号「10」が輝く。高尾の縦パスをバイタルエリア右で受けた高江が最終ラインのスペースを突く動きをみせた倉田にスルーパス。これを受けた倉田の豪快な右足シュートがゴールネットに突き刺さり、G大阪がついに均衡を破る。 崩されたC大阪は先制された動揺からか、パスが乱れる不安定なシーンが増えるなか、2シャドーの一角に位置に入ったソウザを起点に攻めの形を構築していくが、倉田の7試合ぶりとなるシーズン2得点でリードしたG大阪の勢いが上回り、67分に矢島のロングフィードからカウンター。ボックス右のスペースに猛進したアデミウソンがファン・ウィジョの横パスに右足ダイレクトで合わせるが、これを枠に飛ばすことができない。 追いつきたいC大阪は、68分に高江を下げて食野の交代に動いたG大阪に続き、70分に藤田から柿谷にスイッチ。対するG大阪も73分、倉田に代えて今野をピッチに送り込み、両軍のベンチワークが激しくなる。その流れのなかで77分、清武の落としからボックス左の柿谷が左足シュート。さらに、79分に水沼を下げて田中亜土夢を途中起用したC大阪が直後のセットプレーからゴールに迫るが、G大阪守備陣の牙城を崩せない。 幾度かカウンターのピンチに晒されながら同点を目指したC大阪だが、最後の交代カードで矢島を下げて遠藤をピッチに送り出したG大阪が巧みに時計の針を進めていき、実に2カ月ぶりとなる8試合ぶりの白星で待望のホーム初勝利。勝利を確信したG大阪ファンのチャント「俺達が大阪さ」がこだまするなか、敗戦のホイッスルを迎えたC大阪は連勝が「2」で止まり、4試合ぶりの黒星を喫した。 2019.05.18 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

清水、篠田体制初陣は大分とドロー…岩田が同点弾《J1》

18日に昭和電工ドーム大分で行われた明治安田生命J1リーグ第12節の大分トリニータvs清水エスパルスは、1-1のドローに終わった。 シーズン3度目の2連勝で3位の大分は前節のスタメンから1点を変更。高山を外して、星を5試合ぶりにスタメン起用した。一方、3連敗で17位に低迷する清水はヤン・ヨンソン監督を解任。篠田体制初陣となる今節に向けて、シーズン初先発の二見を抜擢した。 立ち上がりからボールの主導権を握りにかかった大分に対して、清水は速攻ベースの戦いで応戦。そのなかで、大分のミスにも乗じて優勢な清水は、金子が決定機を外した直後の10分、六平のミドルシュートでゴールに迫るが、惜しくも左ポストに嫌われる。 それでも、33分に長谷川の軽率なパスを見逃さなかったドウグラスがボックス右でボールを奪うと、鋭い寄せでコースを消しにきたGK高木のファウルを受けて、PKのチャンス。これをドウグラス自ら左足でゴール左隅に決め切り、清水が先制に成功する。 ミスが目立つ大分は38分、高畑を下げて三竿を投入。早いタイミングでテコ入れを図ったが、ゴールに迫る回数を増やしていくなかで、アタッキングサードでのプレー精度を足りず、守備を固める清水守備陣からゴールチャンスを作りだすことができない。 だが、ハーフタイム明け早々の47分、小塚のサイドチェンジを右サイドで受けた松本が後方の岩田にボールを供給。右足ダイレクトでクロスを上げると、ニアサイドに陣取る藤本がスルーしたボールがゴールマウスに吸い込まれ、大分が同点に追いつく。 良くなかった前半から見事に立ち直った大分。追いつかれた清水は62分に中村と西澤の交代を施して再び攻撃に力を注ぎ始めるが、66分に左CKからオナイウ阿道にゴールを強襲するヘディングシュートを許すなど、相手のゴールを脅かすシーンを作れない。 そのなかでサイド攻撃で活路をみいだしにかかった清水はターゲットマンのドウグラスにボールを集めるが、69分のヘディングシュートはゴール左外。続く71分、バイタルエリアのこぼれ球から西澤がミドルシュートを放つが、これも相手GKの正面を突く。 互いに勝ち越しを目指すなかで、大分のエース藤本が後半アディショナルタイム3分のカウンターから右足シュートを放つが、左ポストを直撃。連勝が「2」でストップした大分は7戦無敗とした一方で、3連敗を止めた清水は4試合ぶりの勝ち点を手にした。 2019.05.18 18:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース