「ふさわしい結果とは思わない」ユナイテッドに逆転負けのトッテナム、モウリーニョ監督は敗戦も評価

2021.04.12 10:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。トッテナムは11日、プレミアリーグ第31節でユナイテッドと対戦した。

試合は40分、動揺するユナイテッドの隙を突くと、ルーカス・モウラの折り返しをソン・フンミンが決めて先制する。

しかし、後半はユナイテッドが反撃。フレッジエディンソン・カバーニメイソン・グリーンウッドとゴールを重ね、1-3でトッテナムは逆転負けを喫した。

試合後、モウリーニョ監督は選手たちのパフォーマンスを評価し、負けには値しないとコメントした。

「我々は非常に優れたチームに負けたが、それに値するとは思わない。後半はとても強い反撃にあったが、1-1になってからは2-1にできるビッグチャンスがあった」

「ボールが中に入っていたように見えたが、そうではなかった。ポストに当たっていた」

「彼らが3つ目のゴールを決めた最後の数秒まで、我々は試合を戦っていた。我々にふさわしい結果とは思わない」

「この瞬間、ホームの空っぽのスタジアムがダイナミックさや感情を完全に変えてしまったと思う。ただ、1-1の後の良い反応、1-2となった後の再び良い反応、だからこそ、別の結果を得るに値すると思う」

それでも数字上は敗戦。しっかりと受け入れるとしながらも、選手たちのパフォーマンスのおかげで、敗戦でも褒められると語った。

「現実は数字上の現実であり、数字上の現実は勝ち点が0であること、そして試合後にトップ4、トップ6との距離が開いてしまったということだ」

「選手たちが与えてくれたもの、ピッチ上で見せたもの、そして全てを見せたことを称賛する。問題があっても、ミスがあっても、負けたとしても、常に選手を褒め称えられるのは気持ちの良いことだ」

1 2
関連ニュース
thumb

セビージャがクンデ後釜としてD・サンチェス獲得に動く? 代理人が現状明かす

セビージャがチェルシー移籍が噂されるフランス代表DFジュール・クンデ(22)の後釜として、トッテナムのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 トッテナムは先日、クンデ獲得に向けて3000万ユーロ(約39億円)+サンチェスの譲渡というオファーを掲示し、このオファーはセビージャ側に受け入れられていたと報じられていた。 しかし、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを望むクンデがノースロンドン行きを拒否したことで、交渉は破談に終わっていた。 ただ、セビージャはサンチェスをクンデの後釜候補の一人と考えており、獲得に向けた動きを進めているようだ。 サンチェスの代理人を務めるネストール・フェルナンド氏は、コロンビア『Radio Caracol』でサンチェスの移籍に関して、現時点で具体的な動きはないものの、セビージャと話し合いの場を持ったことを認めている。 「現時点では可能性の段階に過ぎない。確かに私はセビージャの人間と話をしたが、今のところ彼らは完全なチームを持っている」 「彼らのチームに移籍(流出)が起きれば、その噂が真実になるかもしれまないが、現時点では具体的なものは何もなく、会話をしただけだ」 なお、最終ラインの刷新を目指すトッテナムはアタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)、ボローニャの日本代表DF冨安健洋、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(23)らの獲得に動いている。 その一方で、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(32)がアル・ドゥハイルに移籍し、サンチェスも放出候補に挙がっている状況だ。 2017年にアヤックスから加入して以降、公式戦150試合近くに出場してきたコロンビア代表DFは、元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(29)に続き今夏セビージャ入りすることになるのか…。 2021.08.01 21:38 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが大器ディヴァインとプロ契約締結! クラブ史上最年少出場&得点記録を保持

トッテナムは1日、U-17イングランド代表MFアルフィー・ディヴァイン(17)とプロ契約を締結したことを発表した。 同日が17歳のバースデーであるディヴァインは、2024年6月30日までの3年契約にサインしている。 ウィガンのアカデミー出身のディヴァインは2020年にトッテナムのユースチームに加入。そして、今年1月に行われたFAカップ3回戦のマリン戦では16歳と163日でのクラブ史上最年少でのトップチームデビューを飾った。さらに、その試合ではデビュー戦ゴールを記録し、クラブ史上最年少ゴール記録まで樹立していた。 セントラルMFや攻撃的MFを主戦場とするディヴァインは、圧倒的な足元の技術を生かしたドリブル突破、視野の広さと高精度のキックを武器に決定機を作り出す、前司令塔であるデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを彷彿とさせるプレーメイカー。 昨シーズンはU-23カテゴリーのプレミアリーグ2でも12試合2ゴールの活躍を見せており、課題とされるフィジカル面さえ向上すれば、今シーズン中のプレミアリーグデビューも期待されている。 2021.08.01 17:54 Sun
twitterfacebook
thumb

依然としてシティ行き望むケイン、来週にレヴィ会長に直談判か?

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)がマンチェスター・シティ移籍に向けて、週明けのチーム合流後にダニエル・レヴィ会長に直談判を行う模様だ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 昨シーズンにプレミアリーグの覇権を奪還した一方、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を逃したシティは、新シーズンに向けて大型補強を敢行する構えだ。 現在は、今夏の目玉補強の一人としてアストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の獲得に向け、イングランド史上最高額の1億ポンド(約152億円)のオファーを掲示し、獲得に迫っていると言われる。 そして、グリーリッシュの獲得に成功したあかつきには、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのバルセロナ移籍によって手薄となったストライカーのポジションにケインを加えることを画策している。 先日には1億6000万ポンド(約243億円)の移籍金で獲得の可能性が報じられたが、トッテナムは今夏に関してエース売却を否定し続けており、現時点では残留が既定路線だ。 しかし、ユーロ2020前に行われたYouTubeチャンネル『The Overlap』でのギャリー・ネビルとの対談の際に、シティ移籍、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとの共演を希望する趣旨の発言を行っていたケインは、依然としてマンチェスター行きを諦めていないと見られている。 そして、『テレグラフ』によると、ケインは来週に行われるレヴィ会長との話し合いの場で、自身がグリーリッシュと共にシティ加入を希望していることを改めて主張することになるようだ。 フットボール界屈指のタフなネゴシエーターとして知られるレヴィ会長が、ケインの直訴を簡単に受け入れる可能性は低いが、ケインサイドとしては今夏以降のタイミングでの売却による市場価値の低下など、様々な条件を掲示し、移籍許可を得ようとする構えだ。 一方、規格外の予算を持つシティだが、ケインの獲得には前述のイングランド史上最高額を再び更新する必要があり、主力数人の売却を必要とするが、ここまで売却に関しては目立った動きは出てきていない。 2021.08.01 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ロメロのスパーズ行き迫る! アタランタと移籍金で合意か?

アタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)のトッテナム移籍に関して大きな進展が見られたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やアルゼンチン『TyCSports』など複数メディアが報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、ここ数日間に渡ってアタランタとのクラブ間の交渉を進めている。 ただ、先月30日に行われた直接交渉では、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムが現時点で応じず、交渉は低調に終わった。 しかし、ロメロ獲得にこだわるトッテナムは最新の交渉でアタランタの要求額に近い5000万ユーロ(約65億円)+ボーナス500ユーロ(約6億5000万円)のオファーを掲示。これをアタランタが受け入れる見込みとなったようだ。 なお、ノースロンドン行きを熱望しているロメロに関してアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は直近の公式会見の場で、「個人的にはプレーヤーの決定が彼の将来を理解するために重要であると思っている。 次に、クラブ間の交渉がどのように発展するかを見極める必要がある」とコメント。ロメロの希望を尊重しつつ、適切なオファーが届いた場合、売却を容認するとの考えを明らかにしている。 前述の報道通り、ロメロのトッテナム移籍が実現した場合、アタランタはその移籍金を元手にユベントス退団を望むトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得に動く構えだ。 2021.08.01 14:53 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ロメロ獲得交渉停滞も冨安獲得に進展

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)に関するトッテナムとアタランタの交渉は難航しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、5000万ユーロ(約65億円)に近い金額のオファーを準備している。 すでにロメロに関してはノースロンドン行きを熱望しており、個人間の交渉に大きな弊害はない。 そういった中、両クラブは30日に改めて直接交渉を行ったが、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムは現時点で応じず、交渉はうまく進まなかったようだ。 その一方で、トッテナムがロメロと共に獲得を狙っている日本代表DF冨安健洋(22)の交渉に関しては大きな進展があるようだ。 イタリア『カルチョメルカート』が報じるところによれば、トッテナムはボローニャに対して、これまでの条件から増額した2000万ユーロ(約26億円)+各種インセンティブというオファーを掲示。移籍金の支払い方法など細かい条件は詰め切れていないものの、クラブ間で合意に至る可能性が高まっているという。 なお、冨安に関してはトッテナム行きを希望していると見られており、東京オリンピック終了後に個人間、クラブ間の交渉に大きな進展が予想される。 2021.07.31 13:57 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly