ピケ&アラウホは間に合わず…“パルクの奇跡”目指すバルセロナが遠征メンバー発表

2021.03.09 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは9日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けた遠征メンバーを発表した。

ロナルド・クーマン監督は今回のアウェイ遠征メンバーに22名を招集。エースのFWリオネル・メッシやMFペドリ、MFフレンキー・デ・ヨングら主力が順当に選出された一方、いずれも負傷を抱えるDFジェラール・ピケとDFロナルド・アラウホの主力センターバックコンビがFWアンス・ファティら長期離脱組と共に招集外となった。

なお、バルセロナは先月にカンプ・ノウで行われた1stレグを1-4で大敗しており、今回の2ndレグでは4-0の勝利か、アウェイゴール4つ以上を奪っての3点差以上での勝利が必要となる。

“パルク・デ・プランスの奇跡”を目指すバルセロナの招集メンバーは以下の通り。

◆バルセロナ招集メンバー
GK
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン
ネト
イニャキ・ペーニャ

DF
セルジーニョ・デスト
クレマン・ラングレ
ジョルディ・アルバ
サミュエル・ユムティティ
ジュニオル・フィルポ
オスカル・ミンゲサ

MF
セルヒオ・ブスケッツ
ミラレム・ピャニッチ
リキ・プッチ
ペドリ
マテウスフェルナンデス
フレンキー・デ・ヨング
イライクス・モリバ

FW
アントワーヌ・グリーズマン
マルティン・ブラースヴァイト
リオネル・メッシ
ウスマーヌ・デンベレ
フランシスコ・トリンコン
コンラッド・デ・ラ・フエンテ

関連ニュース
thumb

「クーマンの下でプレーしたい」…デパイ、バルサ移籍間近を認める

リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)がバルセロナ移籍間近を認めた。 マンチェスター・ユナイテッドでの挑戦が鳴かず飛ばずに終わったデパイだが、2017年から活躍の場に移したリヨンで見事に復活。公式戦178試合76得点55アシストの数字を収め、今やキャプテンマークも託される。 だが、リヨンとの契約は今季最終年。昨夏からオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の意向を受け、バルセロナ行きの可能性が取り沙汰され続けており、今夏の動向も大いに注目されているところだ。 クーマン監督の来季続投も決まり、カンプ・ノウ行きが現実味を帯びるデパイ。17日にアムステルダムで行われるユーロ2020グループC第2節のオーストリア代表戦前会見で、バルセロナ移籍が近づいていると話した。 「僕とバルサの繋がりが取り沙汰されてきたのは誰もが知っての通りで、ロナルド・クーマンの下でプレーがしたい。待っていれば、自ずと知らせがやって来るだろうね」 なお、クーマン監督も『Voetbal International』で「契約はほぼ完了している。まだサインに至ったわけじゃないが、ほぼ終わった」と述べ、デパイの獲得が迫っていると明かしている。 2021.06.17 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナが来季のホームユニフォームを発表、クラブのエンブレムから着想を得たデザインに大きく変更へ!

バルセロナは15日、2021-22シーズンのホームユニフォームを発表した。 ナイキが手掛けているバルセロナのユニフォームだが、2021-22シーズンのデザインはクラブのエスクード(エンブレム)から着想を得ており、右胸の部分には、エンブレム同様にカタルーニャの守護聖人、聖ジョルジュの十字である赤い十字架が描かれている。 また、クラブのエンブレム自体は左胸に配置、右胸にはナイキのロゴが白地で抜かれている。背中の首下部分には、カタルーニャ州旗が描かれ、選手名、背番号、ユニセフのロゴは白色でデザインされている。 そして、ショーツに関しては、右半分がえんじ、左半分が青色。ソックスはこの2色が横縞で配色されている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】バルセロナの2021-22シーズン ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhN3NyOHNKNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Aitana-Bonmat-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Antoine-Griezmann-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Alexia-Putellas-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Ferrao-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Frenkie-de-Jong-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Pedri-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/SROBERTO_099-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.06.16 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップ、バルサ会長にラポルテを売り込みか…マジョルカで開催されたゴルフ大会で再会

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、スペイン代表DFアイメリク・ラポルテ(27)の売り込みを図っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 先日までスペインのパルマ・デ・マジョルカで行われていた『レジェンド・トロフィー』というエキシビジョンのゴルフ大会に参加していたグアルディオラ監督。同大会はフットボール界のレジェンドたちが一堂に会して開催されたイベントで、他にはアルゼンチンの名ストライカーであったガブリエル・バティストゥータ氏や、元オランダ代表でリバプールなどで活躍したディルク・カイト氏、バルセロナにレアル・マドリー、さらにはアトレティコ・マドリーでプレーし、西ドイツ代表として1980年のユーロ制覇も成し遂げたベルント・シュスター氏、元フランス代表監督のローラン・ブラン氏など、そうそうたるメンツが顔を揃えた。 また、今年3月に11年ぶりにバルセロナの会長に就任したジョアン・ラポルタ氏も参加しており、グアルディオラ監督と再会。『ムンド・デポルティボ』によると、コース場で行われたのはゴルフだけではなかったという。 ラポルテに関してはバルセロナの関心が以前から伝えられており、DFサミュエル・ユムティティやDFクレマン・ラングレを売却し、その分をスペイン代表DFの獲得に充てる計画を企てていると伝えられている。 2018年冬にクラブ史上最高額となる5700万ポンド(当時約87億円)でアスレティック・ビルバオからシティに加入したラポルテ。昨シーズンはヒザに重傷を負って長期離脱し、今シーズンは新加入のポルトガル代表DFルベン・ディアスとイングランド代表DFジョン・ストーンズがファーストチョイスとなったため、プレミアリーグ18試合の出場にとどまっていた。 仮にバルセロナがラポルタを獲得した場合、FWセルヒオ・アグエロとDFエリック・ガルシアに続く、今夏にシティから獲得する3人目の選手となる。 2021.06.14 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「正直、バルサに行くもんだと…」 PSG移籍のワイナルドゥム、心変わりの理由明かす

オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の理由を明らかにした。 今月限りでリバプールとの契約が切れるなか、新天地としてバルセロナが有力視されたワイナルドゥム。その間にオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の続投も決まり、ワイナルドゥムのバルセロナ加入も時間の問題とされた。 だが、つい最近になり、PSGがバルセロナと比較して2倍以上の給与を含む3年契約でオファーとの報道が浮上。ワイナルドゥムは一転してPSG入りに心が惹かれ、合意に至ったといわれると、10日に報道どおりに3年契約でのパリ行きが正式決定した。 そんなオランダのダイナモは13日に行われるユーロ2020グループC第1節のウクライナ代表戦を前にPSG入りに心変わりした理由を問われると、「難しい選択だった。バルセロナとは4週間にわたり、交渉したが、合意に至らなかったんだ」と説明を続けた。 「PSGの方が素早く、彼らのプロジェクトもより説得力があったんだ。正直、僕はバルセロナに移籍するもんだと思ってもいた。というのも、最初に興味を示してくれたのは彼らだけだったからね」 「PSGもバルセロナも本当に素晴らしく、どっちも自分がプレーしたいと思うクラブだ。そのなかで、ユーロが開幕する前に決断したく、最終的にPSGを選ばせてもらったんだ」 2021.06.13 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

チャビ、古巣バルサ就任に向けて「常に移籍市場にいる」

アル・サッドのチャビ・エルナンデス監督が指揮官としてバルセロナに戻る可能性を語った。 現在、カタールのアル・サッドで就任2年目を迎えるチャビ監督。今夏も古巣バルセロナの次期監督候補に取り沙汰されたが、ロナルド・クーマン監督の続投が決まり、実現には至らなかった。 そんなチャビ監督はスペイン『マルカ』のインタビューに応対。ジョアン・ラポルタ会長を含むバルセロナのフロントとは良好な関係を築けており、就任に向け、門戸は開かれていると話した。 「私は常に移籍市場にいる。ここで2年間監督を務めているが、ラポルタとはとても良い関係だ。この頃は彼と話ができていないし、監督人事は彼が決めることだがね」 「ラポルタはクーマンとの契約を続けることを決定しており、私はその成功を願っている。彼がどのような決断をしたとしても、私はそれがクラブにとって最高のものになると想像しているよ。私はバルサが何をしているのかを常に把握しているし、知っていることも多い。しかし、この3、4カ月間はフロントの誰とも話してしない」 「その日がいつになるかはわからない。私はマーケットにいるが、急いではいない。バルサへの就任は夢であり、幻のようなものでもある」 また、一方でスペイン代表への就任についても「私はどんなオファーにもオープンだ。毎日仕事する方が好きだから、クラブの監督の方が自分には合ってると思うけどね」とコメント。可能性を排除しなかった。 2021.06.11 13:37 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly