C・ロナウドとベイルの超高速カウンター! たった2人でアトレティコ守備陣を粉砕!/2016-17【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

2021.03.08 18:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
クリスティアーノロナウド(当時31歳)
国籍:ポルトガル
所属:レアル・マドリー
ポジション:FW
身長:187cmC・ロナウドは、2009年夏にマンチェスター・ユナイテッドからマドリーに加入して以降、圧倒的な攻撃センスでシンボルスターの座を射止め、公式戦438試合に出場して451ゴール131アシストを記録。チャンピオンズリーグ4度の優勝、リーガエスパニョーラ2度の優勝、コパ・デル・レイ2度の優勝、クラブ・ワールドカップ3度の優勝に貢献した。


【試合詳細】
日程:2016年11月19日
大会:ラ・リーガ第12節
対戦相手:アトレティコ・マドリー
時間:後半32分(2-0)

◆クリロナとベイルの超速攻でアトレティコを粉砕!

ビセンテ・カルデロンでの最後のダービーとなったこの試合だが、前半23分にFK、後半26分にPKでC・ロナウドが2得点を奪う。ハットトリックまであと1点のC・ロナウドは、後半32分に仕事をやってのける。

カウンターからMFイスコが前線にロングボールを送ると、これに抜け出したFWガレス・ベイルが、持ち前のスピードで相手DFフアンフランを振り切り、ボックス内に侵入。グラウンダーのクロスを入れると、逆サイドで並走していたC・ロナウドが待ち構え、少し難しいバウンドも物ともせず、冷静に右足で抑えをきかせたシュートを放ち、ゴールネットを揺らしてみせた。

ハーフウェイライン付近からたった2人でアトレティコの守備陣を崩壊させたベイルとC・ロナウド。エースであるC・ロナウドは、この大一番で見事ハットトリックを達成した。

関連ニュース
thumb

レーティング:レアル・マドリー 2-1 バルセロナ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第30節、レアル・マドリーとバルセロナによるエル・クラシコが10日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210411_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 クルトワ 6.0 失点はノーチャンス。決定的なシュートセーブの回数はそこまで多くなかったが、相手の際どいクロスへの安定した対応が光った   DF 17 L・バスケス 6.5 先制点を見事なクロスでアシスト。前半終盤に負傷交代するまで攻守に見事なパフォーマンスを披露   (→オドリオソラ 5.5) バスケス負傷を受けて緊急出動。一度スリッピーなピッチの影響で相手に決定的なカウンターチャンスを与えたが、それ以外で周囲のサポートを受けて何とか粘った   3 ミリトン 6.5 常にリードを得た展開でチームが後ろに重心を置いたことで、やるべきことが整理された印象。持ち味の撥ね返す守備で最後まで奮闘   6 ナチョ 6.5 試合を通して押し込まれる展開も的確なカバーリングと要所を締める守備でチームの逃げ切りに貢献   23 F・メンディ 6.0 ブラースヴァイトへの対応は軽率だったが、機動力を生かした守備でデンベレらに対応   MF 10 モドリッチ 6.5 守備の強度を90分間維持しつつ、絶妙なパスでカウンターの起点に。年齢を感じさせない躍動ぶりだった   14 カゼミロ 5.5 試合を通してフィルター役として最終ラインをサポート。ただ、試合終盤の立て続けのカードで退場に。いずれもやや軽率だった   8 クロース 7.0 決勝点はやや幸運な面もあったが、攻守両面でのハイパフォーマンスは見事だった   (→マルセロ 5.5) ややリスク管理で危うさはあったが、気迫こもったプレーで逃げ切りに貢献   FW 15 バルベルデ 6.5 先発抜擢に応えて先制点の起点に。アルバ対策の守備に加え、機動力を生かしたプレーで幾度もチャンスに顔を出した   (→アセンシオ 5.5) 公式戦5戦連発はならず。展開的に攻撃面で持ち味を出しにくかったが、守備ではきっちり貢献した   9 ベンゼマ 6.5 ラ・リーガ5戦連発となるゴラッソを決めて久々のクラシコでのゴールに。やや疲労感はあったが、前線の起点として機能   (→マリアーノ 5.5) 決定的な仕事はなかったが、守備面でのハードワークが光った   20 ヴィニシウス 6.5 後半に関してラストプレーがうまくいかなかったが、試合を通してカウンターの脅威を相手に与えた   (→イスコ 5.5) 試合に入り切れなかった面もあったが、攻守に無難にプレー   監督 ジダン 6.5 バスケスの負傷やカゼミロの退場など誤算もあったが、苦しい台所事情の中でバルベルデ起用が嵌るなど、見事な采配だった   ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210411_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 5.5 失点はいずれもノーチャンス。バスケスの決定機阻止など、防げるシュートはきっちり止めた。攻撃参加の場面でのシュートは味方のブロックに遭う…   DF 28 ミンゲサ 6.5 クラシコデビューで初ゴール。ムバッペとのマッチアップの経験を生かしてヴィニシウスとのマッチアップでも奮闘を見せた   4 アラウホ 5.5 幾度か粘りの対応でピンチを防いだが、ベンゼマとのマッチアップで劣勢に。3バックの中央ではやや難しかったか   (→イライクス 5.5) クラシコデビューとは思えない堂々たるプレーを見せたが、最後のボレーはクロスバーを叩きヒーローにはなれず   15 ラングレ 5.5 前半は高い位置で攻撃に絡みつつ、後半は前がかりなチームを後方から下支えした   MF 2 デスト 5.0 相手の守備にうまく対応されて攻撃面でなかなか良さを出せず。2失点目の場面では不運とはいえ、背中に当てたボールが失点に繋がった   (→グリーズマン 5.5) 決定的な仕事はできなかったが、前線での嫌らしい動き出しや利他的なプレーを見せた   21 F・デ・ヨング 6.0 試合中に複数のタスクをこなしたが、その中でも持ち味の飛び出しや的確な捌きと良さを出した   5 ブスケッツ 5.5 押し込んだ時間は的確な捌きで後方支援も、ビハインドの展開で不得手なカウンターの守備対応に苦戦   (→セルジ・ロベルト 6.0) 負傷明けでのプレーにも関わらず、攻守に気の利いたプレーで流れを引き寄せる一因に   16 ペドリ 5.5 要所で巧さを見せたが、世界屈指の中盤とは少なからず差が出た   (→ブラースヴァイト 5.5) うまく試合に入ってあわやPK奪取という場面も   18 ジョルディ・アルバ 5.5 1失点目に繋がる軽率な守備は頂けなかった。2失点目に関しても何とかはじき出したかった。ただ、見事なアシストなど、攻撃の起点としては機能   FW 10 メッシ 5.5 セルヒオ・ラモスに並ぶ歴代最多45試合目のクラシコ出場。相手の徹底マークに遭いながらも攻撃の起点として一定の存在感を見せた。ただ、エースとして勝たせる仕事までには至らず   11 デンベレ 5.5 前半は中央で窮屈なプレーを強いられたが、後半は右サイドに張って幾度か惜しい仕掛けを見せた   (→トリンコン 5.0) デンベレとの交代で投入も前者を上回る仕事は全くできず   監督 クーマン 5.0  判定を含め不運な部分もあったが、アラウホの中央で起用など選手起用や交代策の部分で微妙な部分が…   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クロース(レアル・マドリー)  クラシコ初得点が決勝点に。その得点以上に相手のプレスをいなす正確なパスと強度の高い守備で指揮官が求めたゲームプランを見事に成立させた。   レアル・マドリー 2-1 バルセロナ 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(前14) クロース(前28) 【バルセロナ】 ミンゲサ(後15) 2021.04.11 06:52 Sun
twitterfacebook
thumb

白熱のエル・クラシコはマドリーに軍配! 負傷者と退場者出すも逃げ切り成功で暫定首位に浮上《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第30節、レアル・マドリーとバルセロナによるエル・クラシコが10日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。   アトレティコ・マドリー(勝ち点66)を追走する両雄による、首位チームへの挑戦権懸けた今季2度目の伝統の一戦。   エルチェ、セルタ、エイバルとの格下3連戦を全勝で飾り、首位アトレティコに3ポイント差に迫る3位のマドリー(勝ち点63)。直近のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ではヴィニシウスの圧巻のドブレーテ、アセンシオの公式戦4試合連続ゴールによって3-1のスコアで先勝。ベスト4進出に王手をかけている。   公式戦12戦無敗(10勝2分け)という最高のフォームでホーム開催のクラシコに臨んだジダン監督はリバプール戦からアセンシオに代えてバルベルデを右ウイングで起用した以外、同じメンバーと布陣を継続した。   一方、バジャドリーとの前節をデンベレの試合終盤のゴールで勝ち切った2位のバルセロナ(勝ち点65)は、直近のラ・リーガ6連勝によって首位アトレティコと1ポイント差に迫る。今節の結果次第で首位浮上のチャンスも出てきた中、前回対戦で1-3の敗戦を喫した宿敵相手にリベンジを狙った。バジャドリー戦からはグリーズマンに代えてアラウホを起用し、[3-4-3]から中盤を厚くした[3-5-2]に並びを変更した。   キックオフから数分は互いに相手の出方を窺う慎重な姿勢を見せたが、時間の経過と共に巧さと激しさが入り混じるクラシコらしいハイレベルの攻防が繰り広げられる。9分にはバイタルエリアでうまく浮いたメッシとジョルディ・アルバのホットラインが開通。ボックス左から中央のデンベレを狙った際どい折り返しが出るが、これはGKクルトワが見事な反応ではじき出した。   一方、前がかりなバルセロナの攻撃を粘り強く撥ね返していくマドリーは頼れるエースがファーストチャンスをゴールに結びつける。14分、自陣深くでメッシの突破を阻止したロングカウンターから右のハーフスペースで縦に持ち上がったバルベルデがDFジョルディ・アルバをドリブルでかわしてボックス付近まで運び、オーバーラップしてきたルーカス・バスケスに繋ぐ。そして、中央からニアに斜めのランニングを見せたベンゼマを狙った絶妙な折り返しが入ると、見事な右足のバックヒールでニア下を破った。   ベンゼマのラ・リーガ5戦連続ゴールによって早い時間帯に動いたクラシコだが、バルセロナも失点直後の16分にはボックス左で仕掛けたメッシの浮き球のクロスからデンベレが惜しいヘディングを放つなど、すぐさま反撃の構えを見せる。   以降はバルセロナがボールを握って押し込み、マドリーがロングカウンターで応戦する形で拮抗した時間帯が続く。だが、前半半ば過ぎの28分には絶好調のヴィニシウスの仕掛けで得たボックス手前左好位置のFKの場面でキッカーのクロースが右足を振り抜くと、壁の横に立っていたDFデストの背中にディフレクトして大きくコースが変わったボールがゴール左隅へ向かう。これはゴールカバーに入っていたDFジョルディ・アルバの守備範囲もヘディングで撥ね返すことができず、そのままゴールネットを揺らした。   やや幸運な形で追加点まで奪い切ったマドリーはより堅守速攻の色合いを強めると、その戦い方がうまく機能。中央をきっちり締めて相手の手数をかけた攻撃を最後のところできっちり撥ね返すと、34分にはモドリッチの絶妙な縦パスから高速カウンターを発動。ヴィニシウスが快足を飛ばしてボックス付近まで運び右足アウトにかけた絶妙な折り返しを並走するバルベルデに繋ぐ。だが、バルベルデの右足のシュートは左ポストを叩き、その跳ね返りに反応したバスケスのシュートもGKテア・シュテーゲンの好守に遭い、3点目とはならず。   その後、前半終盤にかけてはブスケッツとの接触プレーで左ヒザを痛めたバスケスがプレー続行不可能となった中、オドリオソラが43分にスクランブル投入されるアクシデントが発生。その動揺を突きたいバルセロナは前半終了間際にメッシのファーを狙った右CKがクロスバーを叩き、その直後にもセットプレーの流れからボックス右でデンベレのクロスを受けたメッシにシュートチャンスもGKクルトワの好守に阻まれ、前半のうちに1点を返すことができなかった。   迎えた後半、2点のビハインドを負うバルセロナはデストを下げて切り札のグリーズマンを投入。この交代に伴い、グリーズマンが2トップの一角に入り、デンベレが右のウイングバックにポジションを移した。   前半終盤から急に強くなった暴風雨の中で後半も緊迫感のある攻防が続くが、前半同様にマドリーの堅守と鋭いカウンターが光る。それでも、粘りの対応で3失点目を防ぐバルセロナは伏兵が大仕事を果たす。   60分、左サイド深くに抜け出したジョルディ・アルバが低くて速いボールを入れると、ニアのグリーズマンには合わなかったが、中央に走り込んでいたミンゲサが右足ワンタッチで流し込んだ。   残り30分余りで1点差に縮まったことで試合はここからよりオープンな展開に。バルセロナが良い形での崩しからジョルディ・アルバやミンゲサの折り返しから際どい場面を作り出せば、マドリーもヴィニシウスを起点としたカウンターからDFアラウホのあわやオウンゴールという場面を誘発するなど、互いにゴールに迫る。   さらに、バルセロナはブスケッツ、アラウホに代えてセルジ・ロベルト、イライクスを続けて投入し、[4-3-3]に変更。対するマドリーはバルベルデに代えてアセンシオ、72分にはベンゼマ、クロース、ヴィニシウスを下げてイスコ、マリアーノ、マルセロを投入する3枚替えを敢行。[5-3-2]の守備的な布陣で逃げ切り態勢に入る。   その後、バルセロナが81分にデンベレとペドリに代えてトリンコン、ブラースヴァイトと最後の交代カードを切ると、84分には物議を醸すプレーが起きる。ボックス右ライン際でルーズボールに反応したブラースヴァイトがDFメンディに押し倒される。バルセロナサイドはPKをアピールも、マンサーノ主審はノーファウルの判定。VARによるレビューも行われなかった。   その後、ダービーらしいカードが増える荒れた展開となった中で試合終了間際にはカゼミロが続けざまのファウルで2枚のカードをもらい退場に。残り時間はわずかながらも数的優位を手にしたバルセロナは後半アディショナルタイムにリスクを冒した猛攻に打って出る。   後半ラストプレーとなったハーフウェイライン付近からのFKではGKテア・シュテーゲンも攻撃参加を見せた中、大きな見せ場が訪れる。メッシのFKをボックス右で競り勝ったラングレが頭で折り返すと、これをイライクスが胸トラップから右足ボレーで合わせる。だが、劇的同点ゴールかに思われたこのシュートは惜しくもクロスバーを叩く。さらに、こぼれ球に反応したテア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバが連続シュートも枠に飛ばすことはできなかった。   そして、試合はこのままタイムアップを迎え、負傷者、退場者を出しながらも粘り勝ちのマドリーが今季2度目のクラシコを2-1で制し、シーズンダブルを達成すると共に暫定首位に浮上した。一方、敗れたバルセロナはラ・リーガ連勝が「6」でストップし、三つ巴の優勝争いから一歩後退となった。 2021.04.11 06:06 Sun
twitterfacebook
thumb

財政危機の現実、レアルが4日間で19億円超の収入を失う事態に

レアル・マドリーが、たった4日間で1500万ユーロ(約19億5000万円)も損失していたことが明らかになった。スペイン『マルカ』が伝えた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大もあり、世界中のクラブが財政面で問題を抱えている状況。それはヨーロッパのビッグクラブも同様であり、各クラブの収入が断たれ、限りなくコストを削減することに奔走している。 その収入の大半はファン・サポーターの入場料やスタジアムで使用するものになるが、無観客状態が1年以上続いている中で大きな打撃を与えている状況だ。 そんな中、マドリーが1500万ユーロを失ったと報道。それは無観客によるものだった。 マドリーは10日にラ・リーガ第30節のバルセロナとの“エル・クラシコ”を控えている。この試合はホームで行われるが、改修工事中のサンチャゴ・ベルナベウではなく、アルフレド・ディ・ステファノで開催される。 また、6日にはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでリバプールをホームに迎えたが、この試合もアルフレド・ディ・ステファノで開催された。 そもそも無観客なのでスタジアムの規模は関係ないが、リバプールとの試合がサンチャゴ・ベルナベウで観客を入れて行われていた場合は1000万ユーロ(約13億円)の売り上げになったとのこと。CLの試合では平均で300万ユーロ(約4億円)程度とみられているから破格の人気であることがわかる。 また、エル・クラシコはシーズンチケットの影響などもありリバプール戦よりは減るものの、500万ユーロ(約6億5000万円)にはなるとみられており、2試合連続でビッグカードをホームで行うため、1500万ユーロの売上を失ったとみられている。 選手や監督にとってファン・サポーターの声援という支えがないことは大きな影響を与えているとみられるが、クラブにとっても大きな財源であることが計り知れる事態となった。 <span class="paragraph-title">【動画】レアルとバルサ、クラシコ前の最後のトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtdkcwdFVDcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJId3BGV2tydSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.10 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダン、レアル行き決断とも噂のムバッペに「我々は互いをよく知っている」

レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督がパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)に言及した。スペイン『マルカ』が報じている。 2017年夏にモナコからPSGに加わり、次代のフットボール界を背負って立つスタープレーヤーとして目されるムバッペ。今季も公式戦32得点の活躍を披露する傍らで、去就も注目される。 そんなムバッペとの契約を2022年6月末まで残すPSGは長らく延長交渉が取り沙汰されているが、先日に本人が応じない姿勢だと一部メディアで報じられるなど、依然として先行き不透明だ。 さらに、ムバッペがレアル・マドリー行きを決断したともいわれるなか、10日に行われるラ・リーガ第30節でバルセロナとの覇権争いを占う一戦に臨むジダン監督がその憶測に開口した。 首位アトレティコ・マドリーへの挑戦権がかかるエル・クラシコに向けての意気込みを語るなか、フランス代表の後輩であるムバッペについて、言葉を選びつつ、よく知る間柄だと強調した。 「我々は互いをよく知っている。彼は私の選手じゃないから、何も話せない。私の興味は明日の試合についてだけだが、キリアンは素晴らしい選手であり、彼が将来に何を求めているのかを見守っていこう」 2021.04.10 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

クーマン監督がエル・クラシコに自信「我々は攻守において成長した」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、エル・クラシコについて自信をを覗かせている。クラブの公式サイトがコメントを伝えた。 10日に行われるラ・リーガ第30節でレアル・マドリーとの大一番を迎えるバルセロナ。前節の結果、首位アトレティコ・マドリーと1ポイント差に迫った一方で、虎視眈々と首位奪還を狙うマドリーもバルセロナと2ポイント差で、激しい三つ巴が繰り広げられている。 勝てばマドリーと5ポイント差を付けられる上、アトレティコ次第では首位浮上も見込める重要な一戦を前に、クーマン監督は第7節で1-3で敗れた頃より成長した姿を見せられらると自信を示した。 「チームは自信を持っているよ。最近は良い結果がついてきているからね」 「選手たちは多くの試合をこなしてきており、エキサイティングなリーグのクライマックスに臨むためには、フレッシュな状態であることが重要だ」 「我々は改善し続けている。前回対戦では悪くはなかったが、後半にやられてしまったね。明日は攻守において成長した我々をレアル・マドリー相手にも示さなければならない」 「クラシコは他のゲームとは違う。バルサは好調で、多くのポイントを獲得し素晴らしい結果を残している。これは非常にポジティブなものだ」 「レアル・マドリーはチャンピオンズリーグ(CL)もリーガも残しているため、過度な批判を受けている」 「彼らは様々なシステムでプレーする。我々の仕事はどんなシステムにも対応できる準備をすることだ」 クーマン監督はまた、ケガから復帰したDFジェラール・ピケとDFセルジ・ロベルトについてもコメントしている。 「彼らはクオリティだけでなくパーソナリティも含めて重要な選手であり、明日のような試合ではなおさらだ。 「両選手とも体調は良く、明日に向けて非常に興奮しているよ」 2021.04.10 16:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly