映像チェックもPKなし…試合後に怒り露わのユナイテッドDFショーが耳にした主審とキャプテンの会話は聞き間違い

2021.03.01 21:54 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーが大きな間違いをしていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦。試合は0-0のゴールレスドローになったが、大きな話題を呼んだシーンがこの試合にはあった。


事件は14分、ユナイテッドがボックス手前でFKを獲得すると、マーカス・ラッシュフォードが直接シュート。このシュートはGKエドゥアール・メンディがパンチングする。

すると、そのこぼれ球を拾おうとMFメイソン・グリーンウッドとMFカラム・ハドソン=オドイが競り合うことに。最終的にチェルシーがボールを蹴り出しプレーが続行された。

その後、およそ1分間プレーが続行。ハキム・ツィエクがシュートを放ち、GKダビド・デ・ヘアがキャッチするところまで続いたが、突如として試合が止められることとなった。

インプレー中だったが、VARによりグリーンウッドとハドソン=オドイが競り合ったシーンのチェックが入り、主審のスチュアート・アトウェル氏がモニターでオンフィールド・レビューを実施する。

リプレー映像を見る限り、明らかにハドソン=オドイの手がボールに触れており、その後グリーンウッドの腕に触れているのが確認できたが、アトウェル氏は早々にチェックを切り上げPKなしの判定を下していた。

後々になってPKを取られると確信していたと思われるハドソン=オドイは、早くチェックを終えろという態度を取っていたが、まさかのPKなしに不思議な反応。一方のユナイテッドの選手たちも、わざわざインプレーを止めてのチェックだったにも関わらず、PKなしの判定となったため、両チームの選手たちは混乱。指揮官同士も言い合うなど、謎の判定が物議を醸していた。

ドロップボールから試合は再開することとなったが、その際にアトウェル主審とハリー・マグワイアが何やら会話。その会話を聞いたショーが、試合後に怒りを露わにしていた。

「僕はハンドを見た。それがメイソン(・グリーンウッド)なのかカラム(・ハドソン=オドイ)なのかわからなかった。僕らは続けただけだ。あとでチェックがあることも知らなかった」

「PKにならないのになぜ彼らがプレーを止めたのかわからない。レフェリーがハリー・マグワイアにも話していたのを聞いた。『もし私がそれをPKだと言ったら、後でたくさんの話題になってしまう』と言っていたのを聞いたから、もう何が起こったのかわからない」

「ハリーはそれがPKだと言われたと言っていた。彼はVARによるPKだと言われたので、何が起きたのかわからない」

「なぜ彼が試合を止めたのかもわからない。彼が止めるという事なら、PKを与えようとしていると思うだろう。僕たちがボールを持っていたし、僕たちは攻撃していたんだ」

「VARと混同しているのは、PKにならないのであれば試合の流れを止めずに続けた方が良いからだ。でも、僕もそうは思わないし、騒ぎ立てるつもりはない。チームは勝つために十分な事をしたんだ」

ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督も試合後にPKの判定が下されなかったことに激怒。一方で、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は「 どうなるとVARが介入するのか?」と苦言を呈していた。

観ている者だけでなく現場でも混乱を生んだ今回の判定。しかし、主審と話したマグワイアはショーが耳にしたという会話は完全に聞き間違いであるとし、ショーが怒りをぶちまけたこと自体が間違っていたとクラブに報告したとのこと。なんとも恥ずかしいショーだが、審判の対応が混乱を招いたことはいうまでもないだろう。
関連ニュース
thumb

「ワカバヤシだ!」ユナイテッドGKの“帽子姿”に世界中のサポーターから反応

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンのプレースタイルが話題になっている。 ユナイテッドは18日、プレミアリーグ第32節でバーンリーとホームで対戦。ヘンダーソンはリーグ戦6試合連続先発出場を果たした。 オフサイドにより取り消しとなったものの、開始20秒過ぎに不用意な飛び出しからネットを揺らされたヘンダーソンは、日光が気になったのか、後半からは赤地にクラブのエンブレムが描かれた“帽子”を着用。イングランドで帽子をかぶるGKはほとんどおらず、その珍しい姿は大きな話題を呼んだ。 ヘンダーソンはシェフィールド・ユナイテッド時代にも帽子をかぶってゴールマウスを守ったことがあるが、アメリカ『Bleacher Report』が帽子姿を公開すると、「似合ってないけど可愛い」「帽子をかぶるGKは減った」などの意見が寄せられた。 中でも、「ワカバヤシだ!」「ワカバヤシ・ヘンドー」など、漫画『キャプテン翼』に登場する、帽子がトレードマークのGK若林源三になぞらえる声が多く、そのことに驚く日本人のファンの声もあった。 ヘンダーソンは50分に左CKの場面で相手DFジェームズ・タルコウスキにゴールを許したものの、ユナイテッドは後半だけで3ゴールを記録。リーグ5連勝を達成している。 <span class="paragraph-title">【画像】若林源三を彷彿とさせる“帽子姿”のヘンダーソン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Dean Henderson brought out the cap for the second half <a href="https://t.co/yQrtMpjOPY">pic.twitter.com/yQrtMpjOPY</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1383822300311478273?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.19 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「CL決勝の夜はいつも特別だった」…名将ファーガソンが物議の欧州スーパーリーグ構想に見解

かつてマンチェスター・ユナイテッドの監督を務めたサー・アレックス・ファーガソン氏が欧州スーパーリーグの新設を危惧した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 欧州スーパーリーグとは初代会長に就任したレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が主導となり、欧州のメガクラブが一同に会して争われる新たなコンペティション。18日に各国メディアが報じたところによれば、15チームを固定した上で、前季成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだという。 その動きに各方面から批判的な声が挙がっており、チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)を主催するUEFAは公式化される数時間前に反対意思とともに、参加クラブに厳しい処分を科す方針を声明で発表。FIFAも全面的に反対する声明を出しており、欧州スーパーリーグの本格稼働に向けて大揉め必至の様相を呈している。 そんな欧州スーパーリーグ構想について、26年間のユナイテッド監督時代に38個のトロフィーを掲げ、フットボール史に残る名将の1人として後世に語り継がれるファーガソン氏は何を思うのか。『ロイター』で見解を示した。 「スーパーリーグの話は70年の欧州クラブフットボール史から遠ざかることを意味するものだ」 「私が60年代に選手として地方チームのダンファームリンでプレーしているときも、アバディーンで監督としてUEFAカップウィナーズカップを制覇したときも、スコットランドの小さな地方クラブからすれば、エベレストに登るようなものだった」 「エバートンは5億ポンド(約750億6000万円)をかけて新しいスタジアムを建設して、CLの舞台に立つという野望を抱いている。世界中のファンたちは今の大会のありのままを愛しているのだ」 「私がユナイテッドにいた当時の我々は4度にわたり、CLの決勝を戦ったが、いつだって特別な夜だった」 「マンチェスター・ユナイテッドがこの件に関与しているか否かはわかりかねる。私はその件の決定プロセスに関わっていないからだ」 2021.04.19 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

今季初5連勝のスールシャールが誇る 「今季のフィットネス、自信、信念は昨季から大幅に向上」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が今季初のプレミアリーグ5連勝を成し遂げたチームを称賛した。 18日に本拠地で行われた第32節でバーンリーと対戦したユナイテッド。48分に先制した数分後に追いつかれたが、84分にFWメイソン・グリーンウッドのこの試合2ゴール目で勝ち越すと、後半アディショナルタイムにFWエディンソン・カバーニのダメ押し弾で勝負を決した。 これで首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「8」に縮め、2位の座をより確固たるものにしたユナイテッド。スールシャール監督は試合後、イギリス『BT Sport』で終盤に勝ち切る力を示したチームの戦いぶりを受けて、昨季からの「大きな進歩」を口にしている。 「決してギブアップすることなく、フィットネスと反発力を幾度も証明し続けていることを本当に誇らしく思う」 「先週のトッテナム戦で3ゴールを奪って逆転勝ちし、今日の試合でも後半に3ゴールを挙げた。今季のフィットネス、自信、信念は昨季と比べても大幅に向上している。それは大きな、大きな進歩だ」 「シティに追いつくのは現実的じゃないかもしれないが、フットボールの世界だと不思議なことが起こったりもする。我々はとにかく自分たちの仕事をやり、他クラブの動向を見守っていくだけだ」 2021.04.19 10:20 Mon
twitterfacebook
thumb

3戦連発グリーンウッド、2ゴールを振り返る 「半分はラシーとブルーノのアシスト」

マンチェスター・ユナイテッドのU-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドが振り返っている。 ユナイテッドは18日に行われたプレミアリーグ第32節でバーンリーと対戦。3-1の勝利を飾り、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「8」に縮め、2位の座をより確固たるものにした。 先発のグリーンウッドは48分の先制弾に続き、84分の勝ち越し弾をマーク。今月に入るまでリーグ戦でわずか1得点と持ち前の得点感覚が鳴りを潜めたが、ここ3試合連発と復調を遂げている。 チームを今季初のリーグ5連勝に導いたグリーンウッドは試合後、クラブ公式チャンネル『MUTV』で1得点目について、お膳立て役に回ったチームメイトに冗談を飛ばしながら感謝した。 「半分はラシーとブルーノのアシスト。ラシーの走りは素晴らしかったし、ブルーノもスマートで、頭の良さが光ったね。彼にひと声かけたら、シュートをお膳立てしてくれた」 また、長らくゴールから遠ざかる日々が続いたグリーンウッドだが、ここにきての量産態勢は忍耐強く待ち続けた結果だと述べた。 「前のインタビューでも言ったが、ゴールは自ずとついてくると思っていたんだ。メンタリティを保てば、チャンスが巡ってくる。フォーカスし続け、チャンスを生かせるようピッチ上で準備していたんだ」 そんなグリーンウッドはチームの状態にもコメント。苦戦を強いられた試合でもあっても、最終的に勝ち点3を手繰り寄せられる力がチームについてきたと手応えを口にしている。 「最終的に勝てた。バーンリーもここ数年、良いプレーをしているが、僕らが勝って、勝ち点3をゲットした。コンディションも、メンタリティもすべてを手にしつつあり、勝ち切れるようになってきたね」 2021.04.19 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーンウッドがリーグ3戦連発含む2ゴール! 5連勝のユナイテッドが首位シティと8pt差に迫る《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、マンチェスター・ユナイテッドvsバーンリーが18日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが3-1で勝利した。 前節、トッテナムとの上位対決を逆転で制して首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差を11ポイントに縮めた2位のユナイテッド(勝ち点63)。リーグ5連勝で首位追走を狙う今回の一戦では降格圏一歩手前の17位に位置するバーンリー(勝ち点33)と対戦した。 直近のヨーロッパリーグ(EL)でグラナダに2-0の快勝を収め準決勝進出を果たしたホームチームは、その試合から先発5人を変更。同試合をサスペンションで欠場したマグワイア、ショー、マクトミネイが先発に復帰し、カバーニに代えてラッシュフォードを最前線で起用した。 試合は開始20秒過ぎに右サイドのロートンのアーリークロスに反応したウッドが不用意に飛び出したGKヘンダーソンよりも先に頭で合わせ、電光石火の仕掛けからいきなりゴールネットを揺らす。しかし、バーンリーの先制点かに思われたこの場面はウッドのオフサイドにより取り消しとなった。 集中力を欠く入りもオフサイドに救われたホームチームは気を引き締め直して攻勢を仕掛けていく。4分にワン=ビサカのクロスからマクトミネイがフィニッシュに絡むと、10分には再びワン=ビサカのクロスをファーのポグバが頭で合わせて枠の左隅に飛ばすが、これはGKピーコック=ファーレルのビッグセーブに遭う。 以降は完全にユナイテッドが押し込む形で試合の主導権を握り、右サイドに流れるグリーンウッドやブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードの流動的なポジションチェンジを軸に幾度も決定機を創出。28分にはボックス左で仕掛けたラッシュフォードのシュートや、再三の際どいクロスが供給される。その一方で、バーンリーも守備一辺倒とはならず、少ないカウンターチャンスからウッドがきっちりフィニッシュに結びつけてGKヘンダーソンを脅かした。 迎えた後半、フレッジを下げて切り札のカバーニをハーフタイム明けに投入したユナイテッドはポグバがセントラルMF、ラッシュフォードが左ウイングと立ち位置を変える。すると、この選手交代が先制点をもたらす。 48分、左ウイングにポジションを移したラッシュフォードがショーとの連携で左サイドを突破。ボックス内に切り込んで丁寧な折り返しを入れると、中央で相手守備を引き付けたB・フェルナンデスが完璧なスルー。ファーでドフリーのグリーンウッドが冷静に左足で流し込み、リーグ戦3試合連続ゴールとした。 これで落ち着いた試合運びが可能となったユナイテッドだったが、直後に相手得意のセットプレーで追いつかれる。50分、左CKの場面でキッカーのウエストウッドが上げたクロスをDFワン=ビサカのマークを外したタルコウスキに打点の高いヘディングで叩き込まれた。 これでゴールが必要な展開となったユナイテッドは、ラッシュフォードの鋭い仕掛けを攻め手に再び攻勢を強めていく。だが、前半から継続してソリッドな堅守速攻で迎え撃つアウェイチームの強度が高いプレーに苦戦。幾度かセットプレーやボックス内でボールを引き出すラッシュフォードがチャンスに絡むも、最後のところで粘られる。 膠着状態が続く中、試合は1-1のイーブンのまま試合終盤に突入する。ホームで勝ち切りたいユナイテッドは84分にラッシュフォードを下げてファン・デ・ベークを2枚目のカードとして投入した。 すると、この直後の左CKの流れからボックス手前でキープしたポグバから浮き球のサイドチェンジがグリーンウッドに渡る。ここで果敢にボックス内へ切り込んで放ったグリーンウッドの左足シュートがブロックに入ったコークの足に当たって大きくコースが変わりニア下に突き刺さった。 グリーンウッドの値千金の勝ち越しゴールで逃げ切り態勢に入ったホームチームはマクトミネイ、B・フェルナンデスと2度の決定機を決め切れず、バーンリーに反撃のチャンスを与えてしまう。だが、試合終了間際の93分には自陣でのマグワイアのボール奪取からロングカウンターを発動させ、最後はボックス左でファン・デ・ベークが丁寧に折り返したボールをゴール前のカバーニがワンタッチで流し込み、ダメ押しの3点目とした。 苦しみながらもグリーンウッドのリーグ3戦連続、カバーニの公式戦3試合連続ゴールで勝ち切ったユナイテッドがリーグ5連勝を達成すると共に、シティとの勝ち点差を8ポイントに縮めた。 2021.04.19 02:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly