映像チェックもPKなし…試合後に怒り露わのユナイテッドDFショーが耳にした主審とキャプテンの会話は聞き間違い

2021.03.01 21:54 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーが大きな間違いをしていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦。試合は0-0のゴールレスドローになったが、大きな話題を呼んだシーンがこの試合にはあった。


事件は14分、ユナイテッドがボックス手前でFKを獲得すると、マーカス・ラッシュフォードが直接シュート。このシュートはGKエドゥアール・メンディがパンチングする。

すると、そのこぼれ球を拾おうとMFメイソン・グリーンウッドとMFカラム・ハドソン=オドイが競り合うことに。最終的にチェルシーがボールを蹴り出しプレーが続行された。

その後、およそ1分間プレーが続行。ハキム・ツィエクがシュートを放ち、GKダビド・デ・ヘアがキャッチするところまで続いたが、突如として試合が止められることとなった。

インプレー中だったが、VARによりグリーンウッドとハドソン=オドイが競り合ったシーンのチェックが入り、主審のスチュアート・アトウェル氏がモニターでオンフィールド・レビューを実施する。

リプレー映像を見る限り、明らかにハドソン=オドイの手がボールに触れており、その後グリーンウッドの腕に触れているのが確認できたが、アトウェル氏は早々にチェックを切り上げPKなしの判定を下していた。

後々になってPKを取られると確信していたと思われるハドソン=オドイは、早くチェックを終えろという態度を取っていたが、まさかのPKなしに不思議な反応。一方のユナイテッドの選手たちも、わざわざインプレーを止めてのチェックだったにも関わらず、PKなしの判定となったため、両チームの選手たちは混乱。指揮官同士も言い合うなど、謎の判定が物議を醸していた。

ドロップボールから試合は再開することとなったが、その際にアトウェル主審とハリー・マグワイアが何やら会話。その会話を聞いたショーが、試合後に怒りを露わにしていた。

「僕はハンドを見た。それがメイソン(・グリーンウッド)なのかカラム(・ハドソン=オドイ)なのかわからなかった。僕らは続けただけだ。あとでチェックがあることも知らなかった」

「PKにならないのになぜ彼らがプレーを止めたのかわからない。レフェリーがハリー・マグワイアにも話していたのを聞いた。『もし私がそれをPKだと言ったら、後でたくさんの話題になってしまう』と言っていたのを聞いたから、もう何が起こったのかわからない」

「ハリーはそれがPKだと言われたと言っていた。彼はVARによるPKだと言われたので、何が起きたのかわからない」

「なぜ彼が試合を止めたのかもわからない。彼が止めるという事なら、PKを与えようとしていると思うだろう。僕たちがボールを持っていたし、僕たちは攻撃していたんだ」

「VARと混同しているのは、PKにならないのであれば試合の流れを止めずに続けた方が良いからだ。でも、僕もそうは思わないし、騒ぎ立てるつもりはない。チームは勝つために十分な事をしたんだ」

ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督も試合後にPKの判定が下されなかったことに激怒。一方で、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は「 どうなるとVARが介入するのか?」と苦言を呈していた。

観ている者だけでなく現場でも混乱を生んだ今回の判定。しかし、主審と話したマグワイアはショーが耳にしたという会話は完全に聞き間違いであるとし、ショーが怒りをぶちまけたこと自体が間違っていたとクラブに報告したとのこと。なんとも恥ずかしいショーだが、審判の対応が混乱を招いたことはいうまでもないだろう。
関連ニュース
thumb

「オーレとの関係性とは別物だ」…ポグバが前任モウリーニョに厳しい言葉!

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが前任であり、現トッテナム監督のジョゼ・モウリーニョ氏を非難した。 モウリーニョ氏の監督就任と同じタイミングの2016年夏にユベントスから古巣ユナイテッドに舞い戻ったポグバ。その初年度からヨーロッパリーグ(EL)などのタイトル獲得に導いた2人だが、副主将の座を剥奪される騒動や練習場での口論など、次第に軋轢が明るみになっていった。 そんなモウリーニョ氏は2018年12月に成績不振で退任。ポグバはオーレ・グンナー・スールシャール体制のユナイテッドで引き続きプレーしているが、前任とはやはりうまくいっていなかったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで当時を振り返り、厳しい言葉を投げかけた。 「オーレとの関係性とは別物だ。彼は選手と対立なんてしない」 「オーレであっても、ある選手をプレーさせないときがあるかもしれないが、そういう彼らをあたかも存在しないかのよう端に追いやったりなんてしない。そこがモウリーニョとオーレの違いだ」 「モウリーニョと最高の関係であっても、翌日になれば、何が起こったのかわからないようなこともあった。それが彼の奇妙なところで、僕ですら理解できないわけだから、説明するなんて無理だ」 一方で、師事を仰ぐスールシャール監督に対しては厚い信頼を寄せているようだ。難しい時期を過ごしたモウリーニョ体制を経て、現体制で輝きを放つイングランド代表DFルーク・ショーの例を挙げながら、ノルウェー人指揮官の選手マネジメントを評価した。 「おそらくだが、彼はもう少し人々に近いところにいるから、うまくいっているんだろうね。どんな監督であっても、自分なりの指導法や選手との接し方があるもの。選手はそれに合わせていかないとならない」 「それが自分に合ったり、そうじゃなかったりもすることもあるけどね。オーレはルークを手助けした。彼はモウリーニョの下で苦しんだが、自らのクオリティを示しつつ、監督からの信頼に応えている」 2021.04.17 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバ、HT交代は退場回避のため…「受け入れないとね」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバがハーフタイムで交代したのは退場を回避してのものだったようだ。 15日に本拠地でヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのグラナダ戦に臨んだユナイテッド。この試合で久々にキャプテンマークを託され、先発したポグバは開始6分にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの芸術的な左足ボレーをアシストしたが、前半のみでピッチを後にした。 この動きに再びの故障も不安視されたポグバだが、17分に警告を受けたことを加味してのものだったという。ポグバは2ndレグも2-0の勝利で飾ったチームが2戦合計スコア4-0で4強進出を決めた後、イギリス『BT Sport』で2度目の警告を受けるのを避けるための措置だったと明かした。 「交代しなければならなかったんだ。でも、僕に代わって出場する選手が同じように違いを生み出してくれると思ってもいた」 「あのイエローカードは不運だったね。僕からしたら、警告をうけるようなものじゃなかった。多くの人もそう思ったはずだ」 「でも、それを受け入れないとね。逆に、僕に対するファウルだと思ったが、チームが勝てて何よりさ」 なお、オーレ・グンナー・スールシャール監督も試合後、ポグバの早い交代について、退場者を出すリスク回避が目的だったと述べている。 「彼がイエローカードを受けた後も何度かタックルにいったが、彼がとても良いプレーをしていても、(退場者が出る)リスクを冒したくなかった。今日の試合に関しても、3人もいなかったしね」 2021.04.16 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

スールシャール、EL4強で激突のローマを警戒 「守りが良い。ジェコめがけてのボールは全部危険」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)ベスト4入りに満足感を示すとともに、今後の戦いに意気込みを語った。 準々決勝でグラナダと激突したユナイテッド。敵地での1stレグを2-0の先勝で飾ると、15日に行われたホームでの2ndレグも2-0の勝利を収め、2戦合計スコア4-0でベスト4入りを決めた。 2年連続ベスト4進出のスールシャール監督は試合後、イギリス『BT Sport』で結果を喜び、18日に予定するプレミアリーグ第32節のバーンリーに向けても弾みがついたと述べた。 「グラナダはしっかりと戦ってきてくれ、フィジカルなゲームでも前に人をかけてくる。そのなかで、我々は2-0で勝ち、クリーンシートを達成した。個々のパフォーマンスも良かったね。これで日曜日のゲームに自信を持って挑める」 そんなユナイテッドは準決勝でローマとの対戦が決定。ラウンド16のミランに続くイタリア勢とのマッチアップとなるノルウェー人指揮官はローマとの決勝進出をかけた戦いを心待ちにしつつ、初のタイトル獲得に意欲を示した。 「彼らのことはあまり見ていない。アヤックスとの2試合でいずれも良い戦いをしたのは知っているがね。イタリアのチームは常にそうなのだが、守りが良い。我々が知っているエディン・ジェコもいて、彼をめがけてボックス内に入ってくるボールはすべて危険だ」 「楽しみだね。我々は準決勝に進出した。ローマは歴史のあるチームであり、これぞヨーロッパの戦いだという感じがするね。我々はイタリア勢を相手に良い結果を収めてきた。決勝に勝ち進みたい。トロフィーを手にして今季を終われたら、素晴らしいことだ」 2021.04.16 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

グラナダ指揮官、ELベスト8敗退も下向かず 「期待値以上の結果」

グラナダのディエゴ・マルティネス監督がヨーロッパリーグ(EL)ベスト8まで勝ち上がったチームの歩みを誇った。 初出場ながら今大会をかき乱す存在としてベスト8まで駒を進めたグラナダ。その準々決勝で優勝候補のマンチェスター・ユナイテッドとぶつかったが、ホームでの1stレグを0-2で落とすと、15日に敵地で行われた2ndレグも0-2で敗れ、2戦合計0-4でベスト8敗退が決定した。 試合後に悔しさを滲ませたマルティネス監督だが、これまでの歩みを振り返り、「期待値以上の結果」を残した好例だと労った。 「冷静さが足りなかった。今日の試合も、1stレグもだが、ゴールを決めるに値したとは思う。我々にはそれだけの素晴らしい価値があるのだ。観てのとおり、頭を上げて最後の数秒まで戦った」 「そういう意味で、彼らに脱帽している。ELの準々決勝という舞台で、オールド・トラフォードでユナイテッドと対戦できたのは素晴らしいこと。私の携帯に数々の誇らしいメッセージも届いている」 「両レグを通じて、我々の思いどおりにならなかった。両レグでの得点結果はピッチ上での我々を反映したものじゃないと思う」 「このチームが残したレガシーは大きなものだ。90年以上の歴史で見たら小さな部類かもしれないが、このチームは期待値以上の結果を残した。素晴らしい例だ。我々は何度も限界値を超えてきたのだ」 2021.04.16 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバ「僕らは何をすべきかわかっている」 EL4強入りで優勝意欲示す

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバがイギリス『BT Sport』でタイトルに対する思いを語った。 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でグラナダと対戦したユナイテッド。敵地での1stレグを2-0の先勝で飾ると、15日に行われたホームでの2ndレグも2-0の勝利を収め、2戦合計スコア4-0でベスト4入りを決めた。 久々にキャプテンマークを託され、先発した2ndレグの開始6分に頭での繋ぎからウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの左足ボレーによる先制弾をお膳立てしたポグバ。試合後、その得点シーンを回想した。 「カバーニが走ってくるのが見えて、僕の後ろにいるのを把握していた。彼にとって、ボールの繋がり方が完璧で、ビューティフルなゴールを決めたね。チームメイトがゴールを決めるのを手助けできて嬉しいよ」 ポグバはまた、ユナイテッドを含め、アーセナル、ビジャレアル、ローマに絞られた優勝争いに言及。準決勝のローマ戦を勝ち抜いても、決勝で難しい相手と相対することになるが、タイトル獲得に意欲を示した。 「タイトルを獲得できるのは4チームに絞られた。そのなかで、優勝できるのは1チームだけだ。僕らは潜り抜けるために何をすべきかをわかっている」 2021.04.16 09:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly