完敗の横浜FM、ポステコグルー監督はGKオビの好セーブを評価「なかったら恥ずかしい試合」

2021.02.26 23:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
いよいよ開幕した2021シーズンの明治安田生命J1リーグ。オープニングゲームを戦った横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、川崎フロンターレ戦を振り返った。先陣を切って行われた昨季王者の川崎Fと一昨季王者の横浜FMの一戦。立ち上がりからホームの川崎Fが主導権を握る展開が続き、横浜FMはエンジンが全くかからない一方的な試合となった。


川崎Fは前半に家長昭博が山根視来の技ありパスから豪快にボレーを叩き込み先制すると、田中碧の右からのクロスにダイビングヘッドで合わせて2ゴール。横浜FMは後半に持ち直して攻め込むもゴールを奪えず、そのまま2-0で敗れていた。

試合後、記者会見に出席したポステコグルー監督は「良いゲームではなかった。自分たちのサッカーもできず、やろうとしていることが全く出なかった残念な試合だった」とコメント。チームのパフォーマンスを酷評した。

前半はほとんど攻め込まれていた横浜FM。先発には興国高校から加入したMF樺山諒乃介が高卒ルーキーとして開幕スタメンを獲得。高卒ルーキーでは、2007年の開幕スタメンだったMF長谷川アーリアジャスール(ユースから昇格)以来14年ぶり5人目。高体連出身では1995年のDF松田直樹以来26年ぶりの出来事だった。

その樺山については「樺山に関してはまだ若い部分がある。彼はチャンスを掴んだ。ただ、デビュー戦は彼にとって悔しいものになったと思う。他の選手たちがしっかり彼の周りにいて欲しいと思ったし、そういった部分でも残念な結果になった」とコメント。チャンスを掴んだものの、良いパフォーマンスではなかったとした。


それでも「まだ若い。ポテンシャルも伸び代もまだまだあるので、彼の成長を見て行きたいし、楽しみにしている」と語り、この悔しさをバネに成長を望んだ。

また、守護神として先発したGKオビ・パウエル・オビンナはビルドアップのミスなどがありながらも、前半だけで決定機を2度、3度セーブ。パフォーマンスについては「前半彼が色々な素晴らしいセーブを見せたが、それがなければ恥ずかしい試合になっていた」とセーブを評価。「彼の成長は自分たちにも見えているし、若いというところ。Jリーグでも2年目で、まだまだ浮き沈みはあるかもしれない」と語り、この先の成長に期待した。

また「彼の成長を含めて良い形で行っているし、満足せずにやってくれると思う。楽しみにしているし、本当に良かった」と語り、2失点を喫したものの及第点の評価を下した。

前半こそリズムが掴めなかった横浜FMだが、後半開始からその樺山とMF扇原貴宏を下げ、MF水沼宏太とFW前田大然を投入。システムも[4-4-2]に近い形に変更した結果、徐々にリズムをつかみ、押し込む時間帯が増えていった。

後半の改善したかったポイントについては「メンタリティ的にも前半やっていたことは決してやってはいけないことだ。そういった部分で強い気持ちを持ってやらないといけない」とやはり前半のメンタリティの部分に不満の様子。「今日の試合は、良い日ではなかった。今日のようなパフォーマンスは見たくない。修正しないといけないところは修正していかないといけない」と語り、戦えないチームを評価できないとし、改善していくと語った。
関連ニュース
thumb

横浜FMが夏のウインドーでブラジル人FW獲得か? 冬にオファーも間に合わず

横浜F・マリノスが、夏の移籍ウインドーでブラジル人FWを獲得する可能性があるようだ。 ブラジル『Diario do Nordeste』によると、フォルタレザに所属するFWロマリーニョ(27)とのこと。4月2日に閉じた移籍ウインドーでも交渉を進めていたようだ。 フォルタレザは横浜FMと移籍交渉を進めていたものの、日本政府による新規入国の制限などの影響で破談。交渉がまとまらなかった。 しかし、フォルタレザはロマリーニョの売却に前向きであり、7月16日からの夏の移籍ウインドーでの売却に前向きとのこと。ブラジルの移籍ウインドーも8月に設定されているため、問題ないとのことだ。 ロマリーニョは、2018年8月からフォルタレザでプレー。ここまで公式戦95試合に出場し7ゴール8アシストを記録。2022年7月までフォルタレザと契約を結んでいる。 横浜FMは保有権の50%を獲得するため800万レアル(約1億5300万円)のオファーを出したとのこと。フォルタレザは将来の移籍のために30%の保有権をキープしたいと考えているようだ。 2021.04.13 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:仙台vs横浜FM】6連敗中の泥沼仙台、1年以上勝利がないホームに好調・横浜FMを迎える

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 14:00キックオフ ベガルタ仙台(1pt/19位) vs 横浜F・マリノス(14pt/8位) [ユアテックスタジアム仙台] 仙台は昨シーズンから続くホームでの未勝利を止められるか。横浜FMは鬼門突破の前節から勢いに乗れるか。 ◆6連敗を止められるか【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで徳島ヴォルティスと対戦。1-0で敗れ、連敗は「6」に伸びる形となってしまった。 開幕戦こそサンフレッチェ広島と引き分けたものの、その後は6連敗。良いところなく負ける試合が続いており、勝機を見出すことがなかなかできていない状態だ。 攻撃が機能していない状態で2試合連続無得点。徳島戦ではプロ初先発となった加藤千尋が決定機を作り出すなどしていたが、それでもゴールは遠かった。 特に守備面での安定感がまだ出ておらず、良い守備なくして良い攻撃は無し。チーム全体での攻撃と守備を掲げている手倉森誠監督の標榜するサッカーからは程遠い状況だ。 継続するホームの未勝利も止めたいところ。昨シーズンを超える7連敗を避けたいところだが、相手は強力な攻撃陣を持つ横浜FM。まずは守備をしっかりと固め、良い攻撃を繰り広げたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:蜂須賀孝治、シマオ・マテ、平岡康裕、石原崇兆 MF:マルティノス、上原力也、松下佳貴、氣田亮真 FW:西村拓真、赤崎秀平 監督:手倉森誠 出場停止:アピアタウィア久 ◆鬼門突破、一気に上位へ【横浜F・マリノス】 前節は中2日という超過密日程でセレッソ大阪と対戦した横浜FM。10年間勝利がなかった“鬼門”に厳しい条件で挑んだが、途中出場のオナイウ阿道のゴールで1-0で勝利。勢いづく勝利を収めることに成功した。 開幕戦の川崎フロンターレ戦で敗れたものの、その後は無敗を維持。チームとしての戦い方も安定してきており、この鬼門突破を勢いづくキッカケとしたいところだ。 連戦でも選手個々の動きは良く、FW前田大然は1試合で62回のスプリントを見せるなど驚異的なパフォーマンスを見せている。チームとしても選手が入れ替わってもゴールを奪える状況を作り出せており、昨シーズン苦しんだターンオーバーが生きている状況といえる。 このまま勢いに乗るためには、今季未勝利の仙台に負けるわけにはいかない。前節が超過密だった分、今回は1日休みが多い状況。しっかりと勝ち点3を持ち帰り、上位進出への足掛かりにしたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:岩田智輝、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、小池龍太 MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏 FW:水沼宏太、前田大然、エウベル 監督:アンジェ・ポステコグルー <span class="paragraph-title">【動画】オナイウの決勝ゴールで横浜FMがC大阪を下す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1wu8prt96xx9617lbijiaxp6vb" async></script> 2021.04.11 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWマルコス・ジュニオールが左下肢大腿直筋筋断裂で全治3週間

横浜F・マリノスは7日、FWマルコス・ジュニオールの負傷を発表した。 クラブの発表によると、マルコス・ジュニオールは3月27日(土)に行われたYBCルヴァンカップ第2節のサンフレッチェ広島戦で負傷したとのことだ。 マルコス・ジュニオールは横浜市内の病院で検査を受け、左下肢大腿直筋筋断裂と診断。全治は3週間の見込みとのことだ。 広島戦で先発出場したマルコス・ジュニオールは、開始9分でプレー続行不可能に。そのまま天野純と交代していた。 今シーズンは明治安田生命J1リーグで4試合に出場し1得点を記録していた。 2021.04.07 10:08 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMがオナイウ弾で10年ぶり鬼門突破! コロナ禍のC大阪は4戦ぶり失点で黒星【明治安田J1第8節】

明治安田生命J1リーグ第8節の1試合が6日に日産スタジアムで催され、ホームの横浜F・マリノスがセレッソ大阪を1-0で下した。 公式戦7戦負けなしのなか、直近14試合勝ちなしのC大阪を本拠地に迎え撃った8位横浜FMはケガで出遅れた主将の喜田が今季初先発。前節に待望の移籍後初ゴールを記録したエウベルも引き続きスタートから使い、鬼門突破を目指した。 3位C大阪も無敗を続けるが、チーム内で新型コロナウイルス陽性者が続出。大久保、瀬古、丸橋が欠場したほか、レヴィー・クルピ監督も濃厚接触の疑いで不在のなか、新戦力の松田力が双子の兄である松田陸とともに初先発した。 直近のリーグ5試合負けなしを続ける両雄の一戦は負の歴史を止めようと意気込む横浜FMが深くに攻め入り、相手の重心を下げさせる形で立ち上がったが、C大阪も8分に豊川のヘディングシュートでゴールに迫るなど、徐々に盛り返す。 すると、C大阪は10分に大きな展開を敵陣右サイドで受けた松田陸の右足クロスにボックス内の松田力が反応。合わせたボールが左ポストを叩いたところを豊川が押し込み、ネットを揺らすが、オフサイドの判定で得点が認められない。 難を逃れた横浜FMがボールを持つ時間が続くが、C大阪も高い位置でのボール奪取から清武が相手GKの意表を突くロングシュート。有効打を見いだせずにいた横浜FMも36分に左サイドからのクロスに前田が合わせるが、枠に飛ばせない。 後半も一進一退の攻防が続くなか、両軍のベンチも活発化。やや守勢のC大阪が今季初出場の中島、加藤、山田を立て続けに送り出すと、フィニッシュワークを活性化させ、攻撃を勢いづかす横浜FMもオナイウ阿道の交代カードを切る。 その後もこう着状態が続いたが、さらに水沼と岩田を投入した横浜FMは87分、左CKからキッカーの水沼が蹴った右足クロスがチアゴ・マルチンスのヘッドを皮切りにした波状攻撃に。こぼれ球をオナイウ阿道が押し込み、こじ開けた。 終盤にここ3試合無失点が続いた守りが崩れてしまったC大阪は反撃に転じようと、小池を投入するが、横浜FMがシャットアウト。対C大阪戦を2011年以来10年ぶりの勝利で飾り、2試合ぶりの白星で公式戦8試合負けなしとした。 横浜F・マリノス 1-0 セレッソ大阪 【横浜FM】 オナイウ阿道(後42) 2021.04.06 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:横浜FMvsC大阪】横浜FMは鬼門・C大阪相手に10年ぶりの勝利なるか?

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2021年4月6日(火) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(11pt/8位) vs セレッソ大阪(16pt/3位) [日産スタジアム] 前節は引き分けに終わった横浜FMと勝利を収めたC大阪の上位を争いたい両者が激突。中2日、中3日という過酷なスケジュールでの一戦に。 ◆鬼門・C大阪にどう立ち向かう【横浜F・マリノス】 インターナショナル・マッチウィーク前はリーグ戦で3連勝と波に乗っていた中、3日に行われた前節の湘南ベルマーレ戦では1-1の引き分けに終わり4連勝を逃した。 前半から湘南の守備の前に苦しみ、ピッチ上でのミスも散見されていた横浜FM。FWエウベルに待望の初ゴールが生まれたことはプラス材料だが、高いパフォーマンスとは言いがたい内容となってしまった。 アタッキングサードでの精度を欠いたこともさることながら、守備面での強度が上がらなかったことも影響。最終的には何度も自陣で攻撃を許した結果、追いつかれてのドローとなった。 その横浜FMだが、リーグ戦でC大阪に最後に買ったのは2011年8月24日。ニッパツ三ツ沢球技場で2-1と勝利したのが最後だ。そこからは5分け9敗。現在は5連敗中と相性は最悪だ。 上位を狙う上では鬼門とも言えるC大阪との一戦。中2日の超過密日程だがそれを乗り越えて勝利なるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、小池龍太 MF:喜田拓也、オナイウ阿道、扇原貴宏 FW:水沼宏太、前田大然、エウベル 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆ついに均衡を破り再び勢いに乗れるか【セレッソ大阪】 前々節は引き分けたものの、その前は3連勝と調子を上げていたC大阪。中断明けの一戦は今季無失点のサガン鳥栖だった。 立ち上がりにノーゴールとはなったがFW大久保嘉人がネットを揺らすなど得点の匂いを感じさせ続けると、後半のファーストプレーでMF奥埜博亮が豪快ミドル。鳥栖の牙城に穴を開けると、そのまま逃げ切って初黒星をつけることに成功した。 レヴィー・クルピ監督が掲げる攻撃サッカーと選手の個性を生かすスタイルは一定の結果を出しており、このまま上位に留まりたいところだ。 また、DF瀬古歩夢、DF西尾隆矢の若手CBコンビも試合を重ねるごとに安定感を増していき、3試合連続クリーンシートを達成。チームとして徐々に練度が上がっている印象だ。 問題はほぼ固定のメンバーで戦ってきた点か。中3日、さらに移動も含めた一戦だけあってコンディション面は気になるが、それをも乗り切る勢いもあるだけに、このまま突っ走りたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:西川潤、奥埜博亮、藤田直之、清武弘嗣 FW:大久保嘉人、豊川雄太 監督:レヴィー・クルピ 2021.04.06 15:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly