誰もを魅了した唯一無二の“ミドルシュート”、レッズの“象徴”スティーブン・ジェラード

2021.02.25 19:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズンのプレミアリーグを圧倒的な強さで制し、30年ぶりのトップリーグ優勝を果たしたリバプール。ユルゲン・クロップ監督の下で悲願を達成し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝と共に、ファン・サポーターは喜びに明け暮れた。ディフェンディングチャンピオンとして臨んでいる2020-21シーズンのプレミアリーグでは、24試合を消化し勝ち点40の6位に位置。昨シーズン見せた圧倒的な強さはそこにはなく、らしさが見て取れない。

もちろん、そこには様々な要因があるのは広く知られたこと。1つは、守備の要であったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを含めたセンターバックが相次いで負傷したこと。2つ目は、チーム全体として精彩を欠いていることだ。これは、昨シーズンから続く連戦による蓄積された疲労に加え、代わりの選手がなかなか見つからないというところが影響していると考えられる。

クロップ監督によって作られた現在のリバプールは、個々の能力の高さもありながら、やはりチームとして、1つの集団として機能した時に絶大な強さを発揮する。一方で、その中核を担う選手が力を発揮できなければ、必然的にチーム力は落ちてしまうのも仕方のないことだろう。

しかし、敢えて言うならば、強烈な“タレント”が不足しているとも言える。例を挙げるなら、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードのような存在だ。

関連ニュース
thumb

「当然ながらタイトルを目指す」リバプールでの新シーズンに意気込み語るジョタ

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが、新シーズンに向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨夏にウォルバーハンプトンからリバプールに加入したジョタはすぐさまチームにフィットすると、絶対的とされていたFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノの地位に割って入ることに成功。負傷がありながらも、公式戦30試合13ゴール1アシストの成績を残している。 6月に開幕したユーロ2020のポルトガル代表メンバーにも選出されたジョタは、全試合に先発出場。4試合1ゴール1アシストを記録したものの、チームはラウンド16で敗退している。 ユーロ大会後は休暇に入っていたジョタだが、現在はオーストリアで行われているリバプールのキャンプに合流。公式サイトのインタビューに応じたポルトガル代表FWは、ユーロでの結果を悔やみつつ、昨季と違いリバプールでしっかりとした準備ができることを喜んだ。 「ユーロは僕たちポルトガルが望んでいた結果ではなかった。でも、フットボールは時に難しいものさ。僕は良い休暇を過ごした後で今はここにいて、準備ができている」 「大会後は1週間くらいの休みが必要だった。僕には生まれて5カ月の赤ちゃんがいるから、大変だったよ。いつもと違う夏だった。でもその後、チームに合流するための準備としてランニングを開始したけど、体に大きな変化はなかったよ」 「去年、僕がリバプールに来たときは開幕していて、既に2試合が行われていたと思う。今は新シーズンのチームのやり方を学ぼうとはしているけれど、準備はできているよ」 「チームは現在リラックスした環境にいるね。僕たちは一緒にいて、自由な時間もたくさんある。ピッチでは一生懸命仕事をするとわかっているし、それが僕らの1日の主な役割だ。でも、自由な時間も多いから皆と一緒に過ごすことができており、それはチームにとって良いことだね」 「去年はこうした機会がなかったけど、今年は積み重ねていけている。もちろん、休息も必要であり何事にも時間は必要さ。ここで培った選手間の良い関係は、大きな違いを生むと思う」 また、ジョタは新シーズンに観客がスタジアムに戻ってくる点にも言及。自分にもチームにも大きな後押しだと語り、今季のタイトル獲得を誓っている。 「僕は満員のアンフィールドでプレーすることをとても楽しみにしている。今シーズン中に、それが実現できるといいね。観客がいる状態で良い試合ができれば、いつもよりポジティブになる」 「昨シーズンは僕らにとってあまり良いものではなかった。それでも3位にはなれたけど、チームが望んでいることではなかったね。僕たちは当然ながらタイトルを目指しており、しっかり戦いたいと思っている」 2021.07.28 15:34 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールから移籍希望のシャキリ、主軸負傷のナポリも争奪戦に名乗り?

ナポリがリバプールのスイス代表MFジェルダン・シャキリ(29)に関心を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 バーゼルでプロキャリアをスタートさせたシャキリはこれまでバイエルン、インテル、ストーク・シティでプレー。その後、2018年夏にリバプールへ加入すると、これまで公式戦63試合の出場で8ゴール9アシストの成績を残した。しかし、ユルゲン・クロップ監督から全幅の信頼を得るまでには至らず、昨季もプレミアリーグでの先発出場はわずか5試合にとどまった。 一方で、6月に開催されたユーロ2020にスイス代表として参加したシャキリは5試合3ゴール1アシストをマーク。印象的なパフォーマンスを発揮したこともあり、多くのクラブが獲得に関心を抱いている。 そうしたなか、ユーロ大会後の休暇に入ったシャキリはイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』に対して、今夏の移籍希望を表明。定期的にプレーができる環境を求めていると語り、すでにリバプールにも移籍の意思を伝えたと明かした。 シャキリに対してはラツィオが継続的に関心を示しており、選手本人も「ラツィオはトップチームだ」と好印象を語っている。その他にもビジャレアルやセビージャなどのスペイン勢が獲得に興味を抱いているが、ナポリもこうしたクラブの1つに加わるようだ。 ナポリは24日に行われた親善試合で、元ドイツ代表MFディエゴ・デンメが負傷。長期離脱も予想されており、急きょ中盤の補強が必要になっている。セリエAでのプレー経験を持つシャキリは格好のターゲットになるだろう。 リバプールはシャキリを求めるクラブに移籍金1500万ユーロ(約19億5000万円)を要求すると報じられており、スイス代表MFの新天地がどこになるかが注目されている。 2021.07.27 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

新加入コナテを称賛するリバプールの若手CB「チームに完璧に溶け込んでいる」

リバプールのフランス人DFビリー・クメティオが新シーズンへの意気込みや同胞である新加入のDFイブラヒマ・コナテの印象を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 リヨンのアカデミー出身である18歳のクメティオは2019年1月にリバプールへ加入すると、昨シーズンにトップチームデビューを果たし、チャンピオンズリーグ(CL)に出場。プレミアリーグでは出場こそなかったものの、数度のベンチ入りを果たしており、ユルゲン・クロップ監督からも高い期待が寄せられている。 リバプールは現在新シーズンに向け、オーストリアでキャンプを行っており、クメティオもメンバーの一員として帯同。親善試合のマインツ戦でも45分間出場している。 公式サイトのインタビューに応じたクメティオは、ここまでのプレシーズンについて言及。昨季の経験が役立っていると自信を示した。 「去年、僕がトップチームに来たときのことを覚えているよ。昨季はCLで1試合、プレシーズンと数回のトレーニングで2、3試合プレーしたから、皆についてよく知っている」 「昨シーズンは良かったと思う。プレシーズンで数試合に出られたし、いくつかの試合ではベンチ入りできて満足だ。CLでは後半から出場したことに驚いたけど、それほど悪くはなかったと思うし、もちろん楽しめたよ。皆が僕を応援してくれて、仲間や先輩たちも応援してくれた。だから、とても楽しかったね」 「今は順調だよ。昨季とは強度の面で違いが見られていると思う。初日に監督からは激しさが皆と違うから、シーズンへの準備のためもっと頑張ろうと言われた」 また、クメティオはチームにお手本となるCBが何人もいるとコメント。加えて、今夏にチームへ加入したコナテとは同じフランス人としていい関係を築いていると明かした。 「チームにヴィルヒル(・ファン・ダイク)だけでなく、ジョエル(・マティプ)、ジョー(・ゴメス)、コナテ、さらにはリース(・ウィリアムズ)、ナット(・フィリップス)、ベン(・デイビス)がいる。彼らは大きな手本だ。皆持っているものが違い、それぞれから学べる。彼らと練習できるのは嬉しいよ。素晴らしい人たちであり、ビッグな選手たちだ」 「僕はコナテとよく話をするんだ。彼のことは大好きさ。素晴らしい人間であると同時に、素晴らしい選手でもある。ボールの扱いに優れていて、攻撃も守備も上手い。僕たちはよく話をするよ。彼はチームに完璧に溶け込んだと思う」 2021.07.27 10:52 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールが右SBの新星、18歳の北アイルランド代表DFブラッドリーと長期契約

リバプールは26日、北アイルランド代表DFコナー・ブラッドリー(18)との長期契約を発表した。 2019年9月に北アイルランドのダンガノン・スウィフツからリバプールの下部組織に加入したブラッドリー。2020-21シーズンはU-23チームに昇格した。 攻撃的な選手だったブラッドリーだが、リバプールでは右サイドバックとして成長。2020-21シーズンはプレミアリーグ2で14試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 まだファーストチームでのデビューは果たしていないものの、現在はユルゲン・クロップ監督の下でオーストリアで行われているプレシーズンのトレーニングキャンプに参加。シュツットガルトとのフレンドリーマッチにも出場していた。 18歳ながらすでに北アイルランド代表としてもデビューしている逸材。2021年5月のマルタ戦でデビューを果たした。 2021.07.27 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクがヘルタとの親善試合で実戦復帰か

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが29日に行われる親善試合のヘルタ・ベルリン戦で実戦復帰する可能性が高いようだ。リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が明かしている。 昨年10月に右ヒザの前十字靭帯を損傷したファン・ダイクは、既にプレシーズンのキャンプに合流し、練習をこなしている。先日、ヘルタ戦で実戦復帰する可能性が低いと言及していたファン・ダイクについてクロップ監督は次のように述べている。 「確実ではないが、ヴィルヒルが数分間プレーする機会があればと思っている。トレーニングでは良い状態に見えるし、試合に帯同させることができるかもしれない。ただ、そこは最終的に話し合う必要がある。ただ、準備はできているようだし、リハビリの一環として試合に出場することは理に適っていると思う」 2021.07.27 00:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly