誰もを魅了した唯一無二の“ミドルシュート”、レッズの“象徴”スティーブン・ジェラード

2021.02.25 19:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
◆誰もを魅了するミドルシュート
Getty Images

クラブキャリアではリバプールとロサンゼルス・ギャラクシーで191ゴールを記録、イングランド代表としても21ゴールを記録しているジェラード。そのジェラードの代名詞といえば、やはり“ミドルシュート”だろう。右足から放たれる強烈な一撃は、打った瞬間に入る予感すらさせるもの。その軌道の美しさもさることながら、シュートスピードは驚くべきものがある。

スピードあるミドルシュートは“弾丸ミドル”という表現がピッタリであり、地を這うような軌道は圧巻そのものだった。

前述した通り勝負強さにも繋がるところだが、ジェラードのゴールはチームの窮地を救うものが多く、試合の終盤で劣勢な状況でも何か起こるのではという予感さえあった。

例えば2004-05シーズンのミドルスブラ戦では、ハーフウェイライン付近からのフィードを受けたジェラードがトラップ。コースが空いているのを見ると、中央やや右寄りの距離のあるポジションから右足一閃。ゴール左上に強烈なミドルシュートが突き刺さっていった。

ミドルシュートというよりはロングシュートに近いが、あのポジションから右足を振り抜くという判断も、ミドルシュートが得意なジェラードならではかもしれない。

その他、前述の2004-05シーズンのチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦。あと1点が必要な状況で、ボックス手前でルーズボールに反応したジェラードが右足を振り抜くと、高速シュートが右隅に決まった。

このように最大の武器であったミドルシュートで多くのピンチを救ったことで、ファン・サポーターからも一層愛される存在となっていったジェラード。似たようなミドルシュートを打てる現役選手はほとんどおらず、唯一無二の存在だったとも言える。まさに、サッカー史に残るレジェンドと言って良いだろう。

弾丸ミドルでおなじみのスティーブン・ジェラードが、大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!

イングランドで、そしてリバプールでもチームメイトだったマイケル・オーウェンも同時に登場している。『サカつくRTW』でワンダーボーイのゴールを観たい方は是非一度チェックしよう。
関連ニュース
thumb

デモにより延期となったユナイテッドvsリバプールは13日開催に、ユナイテッドは超過密日程に…

2日に行われる予定だったプレミアリーグ第34節マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールが、日本時間13日の28時15分にキックオフされることが発表された。 同試合は数千人のユナイテッドファンによる、欧州スーパーリーグ構想に賛同したオーナーのグレイザー家に対するデモ活動によって延期に追い込まれていた。 この延期によってユナイテッドは8日間で4試合をこなさなければならない過密日程を強いられることになった。 今後、ヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのローマ戦を6日にこなしたユナイテッドは、9日にプレミアリーグ第35節アストン・ビラ戦を、11日に同第36節レスター・シティ戦を戦い、さらに中1日でリバプール戦を迎えることになる。 2021.05.06 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レスター戦で一発退場のヴェステルゴーア、処分撤回でリバプール戦出場へ

プレミアリーグは5日、サウサンプトンのデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーアに対する退場処分を撤回したことを発表した。 ヴェステルゴーアは4月30日に行われたプレミアリーグ第34節レスター・シティ戦(1-1)で先発。開始10分に一発退場となっていた。しかし、サウサンプトンがこの退場に異議を申し立て、その主張が通った格好だ。 ヴェステルゴーアは自陣ゴール前でトラップが大きくなり、ロストしたボールをFWジェイミー・ヴァーディから奪い返すべくスライディングタックルを行ったが、ボールを捉えた後にヴァーディの足首にスパイクが入っていた。プレミアリーグはこのタックルが退場処分に値しないと判断し、処分が撤回された。 この結果、ヴェステルゴーアは8日に行われる次節リバプール戦に出場できることになった。 2021.05.06 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールの来季ユニは赤地に“赤”の斜めストライプか…デザインがリーク

リバプールの来シーズンのユニフォームがリークされたようだ。ユニフォーム専門サイトの『Footy Headlines』が伝えた。 今シーズンからナイキが手掛けているリバプールのユニフォーム。2020-21シーズンのホームユニフォームは、伝統的な赤のジャージに、伝統的な白が引き立てられ、袖口と襟元には緑のラインも入っている。 一方、2021-22シーズンのユニフォームでは、赤いベースに、さらに明るい赤のラインが斜めに入っている。また、斜めのラインはよく見ると真っすぐではなく、わずかにジグザグのようになっている。 ロゴ、エンブレム、胸スポンサーは、白に近いベージュ色になっており、その点も2020-21シーズンとの違いだ。また、Uネックになっている襟の後ろ側は深緑色に切り替わっている。 『Footy Headlines』によると、ショーツとソックスはシャツと同じ配色になり、このキットは5月中に正式に発表される可能性があるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】リークされたリバプールの2021-22シーズン ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/0l96wGjndt">pic.twitter.com/0l96wGjndt</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1388546466403262474?ref_src=twsrc%5Etfw">May 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> https://www.footyheadlines.com/2021/03/liverpool-21-22-home-kit-leaked.html 2021.05.05 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールの攻撃陣強化を願うキャラガー氏「来季のタイトル挑戦は夏の補強次第」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が古巣の今夏補強について見解を述べた。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 昨シーズンに念願のプレミアリーグ優勝を果たしたリバプールだが、今季はDFヴィルヒル・ファン・ダイクら守備陣に多くの負傷者を抱えたこともあり、低迷。リーグ戦33試合を消化した時点で暫定7位に沈んでおり、タイトル防衛どころかトップ4の確保も難しい状況に陥っている。 こうした古巣の状況について、キャラガー氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で夏の補強が必要だと断言。特に、かつての破壊力が見る影もなくなった攻撃陣についてはテコ入れをしなければならないと語った。 「リバプールが来シーズン、確実に向上することは間違いない。現在離脱している、3人のセンターバックが戻ればね。ただ、我々は今季のリバプールでセンターバックの話ばかりしているが、彼らの大きな問題はピッチの反対側(攻撃陣)にあると思っている。彼らはそのポジションに関して、それほど多くの負傷者を出していない」 「基本的に3トップの顔触れは変わらず、そこに(ジオゴ・)ジョタが入ってきた。そして、攻撃陣の中で長期離脱したのはそのジョタだけだ。今シーズン、時折見られた守備の弱さは選手の復帰で修正されるはずだ。補強もあるだろうし、そこは心配していない」 「私の考える大きな心配事はこのチーム(の前線)がリフレッシュできるかどうかだ。終わりを迎える必要はないが、衛兵が交代するようにリフレッシュしていかなければならないとは思う」 また、キャラガー氏は来シーズンのリバプールがタイトルに挑戦できるかどうかは補強次第になるともコメント。クラブの夏の動きを期待している。 「この4、5年のリバプールは素晴らしいチームだった。だが、以前にも言ったように、このチームほど長く3トップの顔ぶれが変わらなかったチームはない。そして、今シーズンは決定力不足が大きな悩みだった。来シーズン、リバプールが王者への最強の挑戦者になれる可能性はあると思うが、それはすべて夏の補強次第になるだろう」 2021.05.04 18:14 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドvsリバプールが開催延期…一部サポによる本拠地OTでの過激抗議活動で安全面確保できず…

現地時間2日16:30(日本時間24:30)にオールド・トラフォードで開催予定だったプレミアリーグ第34節、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの開催延期が決定した。 なお、代替日程に関しては今後の協議の末に改めて発表されることになる。 現在、2位のユナイテッド(勝ち点67)が敗れた場合、マンチェスター・シティ(勝ち点80)の2シーズンぶりの優勝が決定する注目のビッグマッチとなった今回の一戦。 だが、試合数時間前にはヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に賛同したオーナーのグレイザー・ファミリーへの抗議活動を行った数百名のサポーターが本拠地オールド・トラフォードに侵入。機材の破壊やスタジアム入りする関係車両への妨害行為を働いたことで、警察の機動隊が出動し鎮圧を余儀なくされる大混乱に見舞われた。 これにより、試合開始1時間前には両チームのスタメンが発表されたものの、新型コロナウイルスの感染防止対策、セキュリティー上の問題により、両チームは宿泊先のホテルから移動することができず、キックオフ時間の遅延が決定。 その後、両クラブや地元警察、リーグ機構、行政の関係各所はキックオフ時間を遅らせても2日の開催に向けて動いていたが、最終的に安全を確保しての開催が困難との結論に至り、開催延期を決断した。 同試合を主催するユナイテッドは今回の開催延期を受け、以下のような声明を発表している。 「警察、プレミアリーグ、トラフォード・カウンシルおよび両クラブが協議した結果、本日の抗議活動に関する安全面を考慮し、リバプールとの試合を延期することを決断しました。今後、プレミアリーグとの間で、試合の日程を変更するための協議が行われます」 「我々のファンはマンチェスター・ユナイテッドに情熱を持っており、我々は表現の自由と平和的な抗議活動の権利を完全に認めています」 「しかし、チームを混乱させ、他クラブのファンやスタッフ、警察を危険にさらす行為を行ったことは遺憾です。警察の支援に感謝するとともに、今後の捜査に協力していきたいと思います」 さらに、プレミアリーグも以下のような声明を発表し、不適切な形での抗議活動を非難している。 「オールド・トラフォードでのセキュリティ侵害を受けて、マンチェスター・ユナイテッドとリバプールの試合が延期されました」 「これは、警察、両クラブ、プレミアリーグ、地方自治体が一体となって決定したものです」 「オールド・トラフォードにいるすべての人の安全と安心が最も重要であることに変わりはありません。我々は気持ちの強さを理解し、尊重していますが、特にCOVID-19(新型コロナウイルス)に関連する違反行為を含め、すべての暴力行為、犯罪被害、不法侵入を非難します。ファンは様々な方法で自分の意見を発信することができますが、今日のような少数派の行為は正当化できません」 「我々は、フットボール界ではあってはならない危険な状況に対処しなければならなかった警察とスチュワードに対して共感しています」 「試合の再調整については追ってご連絡いたします」 今回のユナイテッドサポーターのオーナー一家に対する憤りの気持ちは多くのフットボールファンも共感するところではあるが、コロナ禍における選手や運営に大きな負担をかけた上、今回の騒動とは直接関係のないリバプール陣営への迷惑を鑑みれば、不適切な行動と言わざるを得ない。 2021.05.03 02:07 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly