「CBでやりたい」背番号4をつけるDF橋岡大樹がシント=トロイデン入団会見で意気込み「W杯やCLが目標」

2021.02.04 18:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
浦和レッズからシント=トロイデンへとレンタル移籍で加入したDF橋岡大樹(21)は4日、入団会見を行った。

浦和の下部組織出身である橋岡は、2017年に2種登録選手としてトップチーム入りすると2018年にトップチーム昇格。3シーズンでJ1通算74試合に出場し4得点を記録していた。

これまで、シント=トロイデンにはFW小野裕二(現ガンバ大阪)に始まり、DF冨安健洋(現ボローニャ)、MF遠藤航(現シュツットガルト)、MF鎌田大地(現フランクフルト)など12名の日本人がプレーし、橋岡は13人目の日本人選手に。今シーズンは日本代表GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、DF松原后、MF伊藤達哉、FW中村敬斗と5名が在籍しており、6人目の日本人選手となる。

自身初の海外挑戦となる橋岡は移籍について「まず、移籍については前々から自分の中で海外で挑戦してみたいという気持ちが強かったので、いつ出るかということは物凄く悩みましたが、このタイミングで出られることになったので、チームにも出たいと伝えました」と語り、海外志向があった中で、今のタイミングが良いと感じたために移籍を決めたとした。

また「自分のプレーというのをもっともっと世界で通用するかということを知りたかったですし、自分の中で日本を出て、世界の体の大きい選手と一緒にやって、ここからもっとできるようになって、ワールドカップやチャンピオンズリーグに出たいなという思いがあって決めました」とし、高いレベルでの挑戦をしたかったと移籍を決断した理由を語った。

個人能力の高いベルギーリーグでのプレーとなるが「自分の強みである対人の強さ、ヘディングの強さがどこまで通用するか楽しみです」と語り、「個人の能力が高いことは知っていたので、そこで自分の強みがどこまで通用するかが物凄く楽しみです」と語り、自身の強みを出していきたいと語った。

目標に向けてステップアップする第一歩を踏み出した橋岡。そのために必要なことは「自分の良さを出すのが一番ですし、コミュニケーションをとることが大事になってくると思います。日本人選手で飛躍した選手が多く、シント=トロイデンから行く人が多いので、そういった選手たちと比べられると思います」とコメント。それでも「そこは気にせず、自分は自分の道で行きたいと思っています。周りにはあの選手はこうだったとか言われると思いますが、自分をしっかり持って、自分の道を行きたいと思います」と語り、自分の信じる道を歩んで行きたいと語った。

浦和では右ウイングバックを主戦場としていた橋岡だが、センターバックでのプレーを描いているとのこと。「日本人のセンターバックで成功している人が少ない中で、それは身長の部分で物凄く大きい選手だったり、強い選手がヨーロッパは多いと思います。そこが1つの壁かなと思います。そこはプレーをやっていく上で、身長が大きくなくても強い、大きい選手相手にやれるということを見せれば、やっていけると思います」と自信を見せた。

ただ、「どこのポジションでやるかというのは、僕もセンターバックでやりたいと思っています。今後はセンターバックで考えたいと思います。チームの状況ではサイドやワイドのポジションをやることがあると思いますが、僕はやってきているので、試合に出ることが大事だと思います。そこでも自分の良さを出せるという自信はあります」とし、浦和でプレーしていたポジションで出ることになっても、問題はないと意気込んだ。

シント=トロイデンでの背番号は「4」に決定した橋岡。背番号については「中学校と高校と4番が好きで4番をつけていて、背番号をつけられて嬉しいです。その中で特徴であるアグレッシブさや熱いプレーをこっちでも思う存分出せればと思います」と語り、かつて付けていた番号をプロでも付けられることを喜んだ。

その浦和でやり残したことについては「もっともっとタイトルを獲りたかったというのもありますし、自分の中で試合に多く出させてもらいましたが、もっともっと自分の良さを出して行けたら良かったなと思います」とコメント。「でも、去年の最後にCBをやって、自分はあまりやる機会がなく、3試合をやって自分の良さを思う存分出せたと思います」と語り、しっかりとやり切ったと語った。

シーズン途中、そしてコロナ禍や東京オリンピックが控えている難しい状況での移籍となった橋岡。このタイミングでの移籍について「この難しいときに移籍をするということは、僕はネガティブに捉えていなくて、もちろんオリンピックに出ることは目標ですが、ワールドカップに出ることが1つの目標です。そこに視点を向けたときに、このタイミングで海外に行くことがベストだと思って決めました」とタイミングは問題ないと語った。

また「まずはシントトロイデンでいち早く試合に出て、どんどんどんどん橋岡大樹という選手を知ってもらって、良い選手だとみんなに認めてもらって、ワールドカップ、チャンピオンズリーグに出て、優勝することが夢です。そこに向かっていく中で、この移籍は早いとも遅いとも捉えていないです」とコメント。「このタイミングで移籍することは、結果を残せば良かったと言われるので、まずは結果を残すことが大事だと思います」と語り、結果を残していくことに集中すると語った。

ビザの関係でまだチームへの合流ができていない状況となっている橋岡だがチームの印象は「試合を見ている感じだと守備的でしっかり守ってカウンターというチームです。僕の特徴である守備というところが出せるのと、カウンターで前に出るアグレッシブさを出せると思うので、その辺りで還元したいと思います」と語り、プレーするイメージが湧いているようだ。

なお、橋岡は1週間程度で合流できる見込みとなっているとのこと。ベルギーデビューが待ち望まれる。


関連ニュース
thumb

Jリーグ復帰も「正直、考えた」…香川真司がシント=トロイデン入団会見で決意語る! 代表返り咲きの想いも告白

シント=トロイデン入りの元日本代表MF香川真司(32)が11日のオンライン入団会見で決意を語った。 香川はセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせ、2010年夏のドルトムント移籍を機に欧州挑戦。ユルゲン・クロップ現リバプール監督の下でブンデスリーガ2連覇に貢献すると、2012年夏にサー・アレックス・ファーガソン元監督に才能を見込まれ、マンチェスター・ユナイテッド移籍を遂げた。 2014年夏からドルトムントに復帰後、ベシクタシュ(トルコ)、レアル・サラゴサ(スペイン)を渡り歩き、昨年1月からPAOKテッサロニキ(ギリシャ)に活躍の場を移したが、出場機会に恵まれず、昨年12月に契約を解消。日本復帰やアンタルヤスポル(トルコ)も噂されたが、ベルギー行きを決断した。 「ギリシャで契約が解除合意してから、(最高経営責任者の)立石(敬之)さんから話をいただいて、本当にすごく想いや情熱であったりを感じた。何よりも自分もそこでプレーしたいという気持ちになったので、『行きます』という話をさせていただいた」 そう移籍の経緯、そして決め手を明かした香川だが、FC東京の長友佑都やヴィッセル神戸のFW大迫勇也ら海外組にJリーグ復帰の流れが続くなかでの欧州残留に。香川にもその流れに続く選択肢もあったようだが、欧州残留の理由をこう説明をしている。 「Jリーグに復帰する選手が増えて盛り上がるなか、僕自身も正直、考えたが、やっぱりヨーロッパに残ってチャレンジしたいという気持ちの方がシンプルに上回った。そこで成長できることが自分にとって一番の要因となったので、この決断をした」 「何より自分自身のサッカー選手として、ただただ成長し続けたい。そういう感覚が常にあって、その自信もあるので、そこへの挑戦を選んだ。ただ、ピッチで証明しないといけないとも強く感じる。皆さんに言葉ではなく、ピッチの上で証明したい」 そんなシント=トロイデンは日本企業『DMM.com』が経営権を持つジュピラー・プロ・リーグのクラブで、選手にも6名の日本人が在籍中。その輪に加わる香川は経験値、実績の面でも群を抜く存在となるが、刺激し合いながらの共鳴に意欲を示した。 「僕も初めて同じチームで、ヨーロッパで日本人選手とプレーするので新鮮だし、ワクワクしている。彼らは若く、強い野心を持ってチャレンジしていると思う。僕もそうであったように、若い選手と切磋琢磨しながら、僕が教えるよりも得るものが多い気もする」 「もちろん、自分の経験から伝えられることはたくさんあると思っているので、みんなでシェアして、一体感を持ってチームが上に行くためにやっていきたい。そこはストロングポイントだとも感じているので、そういう日本人の若い選手と一緒になって戦いたい」 だが、香川自身はギリシャで思いようにいかない日々を過ごしての移籍。「去年プレーしていなかったので、単純にプレーがしたい。自分の力を改めて証明したいという気持ちが強いので、そのためにやらなければいけないことを徹底していきたい」とも話した。 そういう香川だが、今年はワールドカップ(W杯)イヤー。香川自身はここ数年にわたって代表から遠ざかる。だが、「この2年間、代表に絡めていないが、その思いは非常に強く感じていて、今年はW杯イヤーでもあるので、常々思っている」と代表への想いも口にした。 「さらに、この1年での成績、パフォーマンスは重要視されると思っているので、自分自身に期待しているし、そこに入ってもやっていけるというのを常にイメージしてトレーニングしている。そこは非常に目指している場所ではある」 ここ数年、フェードアウトする代表への返り咲きにも力を込めた香川。それを成就させるためにも、ここシーズンにわたる停滞感を新天地ベルギーで払しょくしたい香川は13日に渡欧して、翌日のメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ予定だ。 2022.01.11 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーの香川真司、シント=トロイデン加入で基本合意! 欧州6クラブ目

シント=トロイデンは10日、元日本代表MF香川真司(32)との契約基本合意を発表した。香川は渡欧後、メディカルチェック等を経て、正式契約が結ぶ。 香川はセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせ、2010年夏のドルトムント移籍を機に欧州挑戦。ユルゲン・クロップ現リバプール監督の下でブンデスリーガ2連覇に貢献すると、2012年夏にサー・アレックス・ファーガソン元監督に才能を見込まれ、マンチェスター・ユナイテッド移籍を遂げた。 2014年夏からドルトムントに復帰後、ベシクタシュ(トルコ)、レアル・サラゴサ(スペイン)を渡り歩き、昨年1月からPAOKテッサロニキ(ギリシャ)に活躍の場を移したが、出場機会に恵まれず、昨年12月に契約を解消。日本復帰やアンタルヤスポル(トルコ)も噂されたが、ベルギー行きを決断した。 日本企業の『DMM.com』が経営権を有して、6人の日本人選手が在籍中のシント=トロイデンに加わる香川はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「初めまして、香川真司です。強い気持ちを持ってSTVVに加入することを決断しました。チームの目標を達成するために、自身のプレーや経験で貢献していきたいです。早く有観客で試合が開催されて、ファン、サポーターの皆さまの前でプレーできる日を楽しみにしています。今後とも応援よろしくお願いいたします」 今季のシント=トロイデンはジュピラー・プロ・リーグ21試合を消化した現時点で7勝3分け11敗の13位に位置。最高経営責任者(CEO)の立石敬之氏は期待を寄せた。 「今回の香川選手との契約は、STVVにとっても香川選手自身にとっても新しいチャレンジとなります。皆さんが持っている香川選手のイメージとは違うものを私たちは生み出したいと思います。STVVが更なる高みを目指すために彼の進化に懸けてみます」 2022.01.10 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

フリーの香川真司がシント=トロイデンに? アンタルヤスポルも狙う

FW鈴木優磨が電撃的に鹿島アントラーズへと復帰したシント=トロイデン。日本人選手の海外移籍の玄関口としても大きな役割を果たしてきたチームだが、新たな日本人を迎える可能性があるようだ。 ベルギー『Voetbal Belgie』によると、シント=トロイデンが狙っているとされるのが、元日本代表MF香川真司(32)とのことだ。 香川は、2021年1月にレアル・サラゴサからPAOKテッサロニキへと加入。しかし、ケガをするなどなかなかチームにフィットできず。在籍1年で公式戦12試合に出場し1アシスト。今シーズンは4試合の出場に終わっていた。 その香川は12月に双方合意の下でPAOKと契約解除。現在はフリーとなっている。 香川には、トルコのアンタルヤスポルが興味を示しており、獲得に動いているとされるが、シント=トロイデンも目指していくようだ。 セレッソ大阪でキャリアをスタートさせた香川は、その後、海を渡りユルゲン・クロップ監督(現:リバプール監督)の下、ドルトムントでブンデスリーガ連覇などに大きく貢献。マンチェスター・ユナイテッドでもプレーし、プレミアリーグ制覇を経験した。 その後ドルトムントへと復帰するも、以前のような活躍を見せられないでいると徐々に構想外に。ベシクタシュ、レアル・サラゴサと渡り歩くと、サラゴサでも構想外になり半年間浪人。2021年1月にPAOKへと加入していた。 去就については、古巣であるC大阪への復帰や、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)へ挑戦するという話もあったが、欧州に留まる可能性も生まれている。このところかつての輝きを失っている香川。新天地はすぐに決まるだろうか。 2022.01.04 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨がシント=トロイデンから鹿島に復帰!「すごく興奮しています」

鹿島アントラーズは3日、シント=トロイデンからFW鈴木優磨(25)が完全移籍加入することを発表した。 鹿島でプロデビューした鈴木は、自身がMVPに輝いた2018年のAFCチャンピオンズリーグ優勝を置き土産に2019年夏、シント=トロイデンに移籍。同年9月のリーグ戦第8節のシャルルロワ戦で初めてスタメン出場すると、移籍後初ゴールも記録した。 そして、昨季はジュピラー・プロ・リーグで17ゴールを挙げる大活躍。夏の移籍市場ではアンデルレヒトやクラブ・ブルージュといった国内上位クラブの他、ブンデスリーガやリーグ・アンからも複数のオファーが来ていたという。 本人の希望であるセリエAからはカリアリからオファーがあったものの、クラブ間合意にいたらず結局残留に。今季はその影響で開幕に出遅れたこともあり、前半戦はリーグ戦11試合の出場で2ゴール2アシストにとどまっていた。 今冬のステップアップも目指していた鈴木だが、半年で状況は変わってしまい、目ぼしいクラブからのオファーは届かず。そんな中、この度2年半ぶりに古巣鹿島に復帰。タイトル獲得への意欲をあらわにしている。 「このたび、鹿島アントラーズに復帰することになりました。自分としては、この夏の段階でステップアップのための目標になかなか近づくことができず、同時に、一番体が動けるうちにアントラーズでプレーしたいという気持ちをずっと持っていました」 「ベルギーへ移籍してからもアントラーズのことは常に気にしていましたし、最近は結果が出ていない様子も見ていました。自分はアントラーズに関わるすべての人たちを笑顔にするため、このクラブを優勝させるために帰ってきました」 「もう一度カシマスタジアムのピッチに立てると思うと、今からすごく興奮しています。必ずタイトルを獲れるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2022.01.03 17:26 Mon
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン橋岡大樹、浦和からの完全移籍決定! 両クラブが発表

シント=トロイデンは30日、浦和レッズからレンタル加入中だった日本代表DF橋岡大樹(22)の完全移籍移行を発表した。 橋岡は浦和アカデミー在籍中の2017年からトップチームに2種登録され、翌年に正式昇格。ルーキーイヤーから主力としての地位を築き、2019年にフル代表デビューも遂げると、今年1月に1年半のレンタル契約でシント=トロイデンに活躍の場を移した。 そして、先の東京オリンピックにも出場しての今季はここまでジュピラー・プロ・リーグ18試合でプレー。右サイドバックの主力に定着するなか、このたび浦和からの完全移籍が決まった橋岡はクラブの公式サイトを通じて決意を新たにしている。 「この度、STVVに完全移籍することになりました。STVVの皆さん今後ともよろしくお願いします。自分が出せる力を全力で出し切ります。みんなでタイトルを取りましょう」 一方、浦和を通じては「このたび、シント=トロイデンVVに完全移籍することになりました。今までお世話になった浦和レッズのファン・サポーターのみなさんには本当に感謝しています。自分の夢を叶えるために今後も頑張ります」とコメントした。 2021.12.30 16:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly