大連の指揮官辞任のベニテス、早くも現場復帰か…元教え子ジェラードとライバル関係に?

2021.01.24 16:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日に大連人職業足球倶楽部の監督を辞任したラファエル・ベニテス氏(60)の次なる職場が早くも決まろうとしているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

ベニテス氏は23日、自身の公式SNSを通じて大連の監督を辞任したことを発表した。契約は2021年末までとなっていたが、コロナ禍における、イギリスで暮らす家族へのサポートが理由であると明かしている。

今後はヨーロッパに戻って監督業を続けると見られていたベニテス氏だが、早くも次の仕事の目処が立ったようだ。
『ミラー』によると、スコットランドで2位に甘んじているセルティックが招へいのための準備を進めているとのこと。同クラブでは、ブレンダン・ロジャーズ前監督がレスター・シティに引き抜かれた2019年2月以降は、クラブOBでもあるニール・レノン氏が復任していた。

一昨シーズンは、就任時に首位を走っていたチームをそのまま優勝に導きリーグ8連覇。さらに昨季も新型コロナウイルスの影響で打ち切りが決定した中で、リーグ最多連続優勝記録タイとなる9連覇を達成していたが、今季は現状で2位に甘んじており、首位のレンジャーズとは3試合消化が少ないものの勝ち点差は23ポイント。10連覇は絶望的な状況だ。

もし報道通り、ベニテス氏がセルティックの監督に就任した場合、レンジャーズとの伝統のオールドファームは、かつてリバプールで厚い師弟関係にあったスティーブン・ジェラード氏との、ファンにとっては感涙のビッグマッチとなる。

しかしこのタイミングでは、眼前で教え子のリーグ優勝を黙って許してしまう微妙な状況だがはたして。

関連ニュース
thumb

負傷のブスケッツ、最低でも15日間離脱か…ELユナイテッドとの1stレグは厳しく

バルセロナの元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツは数週間の離脱を余儀なくされるようだ。 契約最終年の契約状況もあって去就が注目されるなか、今季も中盤の要として存在感を放つブスケッツ。5日にホームで行われたセビージャとのラ・リーガ第20節も先発したが、開始から間もなくして左足を捻り、わずか8分間のプレーで交代した。 クラブからはまだ何のアナウンスもないが、スペイン『アス』によると、ドレッシングルームでの初診ではグレード2と診断。すべては検査を受けてみてどうかというところだが、現時点で少なくとも15日間の離脱が見込まれているという。 今月中旬にはマンチェスター・ユナイテッドを相手にヨーロッパリーグ(EL)プレーオフの2試合が予定され、16日にホームで1stレグが開催。だが、今のところ、ブスケッツの1stレグに出場するのは現時点でかなり怪しい状況とのことだ。 2023.02.06 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

被シュートわずか3本! セビージャ戦完勝のバルサ、守護神がチーム称える「守備が良い感じ」

バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがセビージャ戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ラ・リーガ首位のバルセロナは5日、第20節でセビージャと対戦。前半は0-0で終えるも、後半は58分にDFジョルディ・アルバ、70分にMFガビ、79分にFWハフィーニャが相次いでネットを揺らす。 終わってみれば、下位に低迷するセビージャを全くと言っていいほど寄せつけず3-0の完勝に。同日に敗れた2位レアル・マドリーとの勝ち点差も8まで広がり、タイトルに一歩前進。まさにパーフェクトな1勝となった。 テア・シュテーゲンにとっては、味方が被シュートをわずか3本に抑えてくれたこともあって、さほど仕事の場面は訪れず。試合後にチーム全体の守備意識を称えた。 「僕たちは間違いなくうまくやれている。首位にいるのは決して偶然じゃないよ。特に守備が良い感じだ。個人に対応させたり、最終ラインに任せっきりだと良くないが、11人全員が守備意識を持っている」 また、この一戦のセビージャのように相手がほとんどバイタルエリアまで迫ってこないのなら「自分たちがリズムを維持するだけ」と言い切り、その場合の相手の鋭いカウンターへの対策にも言及した。 「カウンター対応? そうだね。それは不可欠だ。敵陣に人数を割けばカウンターのリスクは増す。それを回避するべく、あらかじめ後ろの位置取りがしっかりしていれば、相手にとっても難しくなるだろう。GKとしてはこういった部分に感謝しているんだ」 ラ・リーガ20試合でたった7失点のバルセロナ。守護神の言葉から充実感が読み取れる。 2023.02.06 14:38 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ、今季の低迷を象徴するバルサ戦0-3完敗… 指揮官もがっくり「失点は時間の問題だった」

セビージャのホルヘ・サンパオリ監督がバルセロナ戦を振り返った。 ラ・リーガで下位に低迷するセビージャは5日、第20節で首位バルセロナと対戦。ポゼッションを握られながらも前半を0-0で凌ぐと、サンパオリ監督はハーフタイムに前線の2枚替えを行い、後半の攻勢を目論む。 だが、58分に先制点を与えてしまい、70分、79分にも相次いで被弾。結局、サンパオリ監督の早めのアプローチも全くと言って良いほど功を奏さず、アウェイで0-3の完敗を喫することとなった。 スペイン『Relevo』によると、この日のセビージャはシュート3本で枠内はたった1本。混迷を極める今季を象徴するかのような試合となったが、サンパオリ監督も試合後に完敗と力不足を認めている。 「前半のセビージャは少なからず組織化されていたが、それも次第に落ち込んでいき、バルサは快適にプレーできたはずだ。ボールを追いかけてばかりでは消耗は免れないし、いずれスペースも生じる」 「試合をコントロールできないなら90分間持ちこたえる必要があるが、それはとても難しい。結局のところ、ポゼッションできていない以上、失点は時間の問題だったと言える」 「我々もポゼッションを志向したいが、クオリティが突出するバルサに対しては歯が立たない。バルサの中盤2人を窮屈にさせることも念頭に置いていたが、それもうまくいかなかった…」 指揮官も意気消沈するほどの完敗を喫したセビージャ。それでも、2部降格という最悪の事態を避けるべく、気丈に前を向く。 「早急にフィットネスを回復し、土曜日の試合に備えるべきだ。次の1ページをめくらなければ...」 2023.02.06 13:43 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサに心配事…ブスケッツが開始8分で負傷交代

バルセロナの元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが負傷交代した。 5日のラ・リーガ第20節でセビージャをホームに迎え撃ったバルセロナは後半の3発に無失点で快勝。2位レアル・マドリーとの勝ち点差を「8」に広げ、独走ムードを強めた。 だが、先発したブスケッツが開始3分頃に微妙にズレた味方のパスを回収しようとスライディングでキープしにかかり、FWユセフ・エン=ネシリと交錯。左足を捻り、8分に交代した。 リーガ奪還に大きな1勝となった試合で、ブスケッツの負傷という心配事。スペイン『マルカ』によると、チャビ・エルナンデス監督は翌日の検査で程度がわかると話したという。 契約最終年とあって去就が注目されるなか、今季も中盤で存在感を放つブスケッツ。今月からヨーロッパリーグ(EL)の戦いも始まり、離脱となれば痛手だが、程度は果たして。 2023.02.06 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

チャビ、レアルの突き放しに成功も「死んだとみなすわけにいかない」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 5日にラ・リーガ第20節でセビージャをホームに迎え撃ったバルセロナ。後半の3発で畳みかけ、3-0でリーグ戦連勝を「5」に伸ばした。これで、足踏みのレアル・マドリーとは8ポイント差に。首位の座もより確固たるものにした。 そんなチャビ監督だが、「思い切った1日だった。セビージャの低いブロックに対して、たくさんのものを生み出せたし、満足だ」と語ったセビージャ戦後も慢心なしだ。 「今のチャンピオンはマドリーで、本命の一角。彼らは最後まで戦ってくるし、油断できない」 また、「彼らを死んだとみなすわけにいかない。私は選手として、彼らの逆転劇を経験した。監督として、それを起こしたくない。まだ2月だ」と続け、勝ち点8差を喜んだ。 「全体を通じて素晴らしい試合をした。選手の働きは計り知れない。最も苦手とする低いブロックを敷く相手に素晴らしい仕事をした。これで、マドリーとは8ポイント差。まだ先は長いが、素晴らしい1日だ」 2023.02.06 10:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly