苦杯を喫した神戸が新体制を発表! MF井上潮音は東京Vと同じ「20」、噂の「10」は空き番に

2021.01.17 13:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸は17日、2021シーズンの選手背番号を発表した。2020シーズンは明治安田J1とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦った神戸。躍進が期待されたシーズンだったが、リーグ戦はまさかの14位と低迷。期待を裏切る形となった。


新シーズンに向けては、東京ヴェルディのMF井上潮音、ジュビロ磐田のDF櫻内渚、サンフレッチェ広島のGK廣永遼太郎が加入。また、前橋育英高校のMF櫻井辰徳が新加入となり、大人しい印象だ。

また、横浜FCへ期限付き移籍していたDF小林友希とアビスパ福岡へ期限付き移籍していたMF増山朝陽も復帰している。

ブラジル人FWリンコンの獲得が噂される中、選手たちの背番号も発表。噂の10番は空いている状態。新加入の井上は「20」、櫻内は「26」、櫻井は「27」、廣永は「32」をつけることとなった。

また、MF郷家友太が「27」から「7」に
FW佐々木大樹が「38」から浦和レッズへ移籍したDF西大伍がつけていた「22」に変更となっている。

◆ヴィッセル神戸登録選手一覧
GK
1.前川黛也
18.飯倉大樹
30.伊藤元太
32.廣永遼太郎←サンフレッチェ広島/完全

DF
3.小林友希←横浜FC/期限付き満了
4.トーマス・フェルマーレン
17.菊池流帆
19.初瀬亮
23.山川哲史
24.酒井高徳
25.大﨑玲央
26.櫻内渚←ジュビロ磐田/完全

MF
5.山口蛍
6.セルジ・サンペール
7.郷家友太※背番号変更「27」
8.アンドレス・イニエスタ
14.安井拓也
20.井上潮音←東京ヴェルディ/完全
27.櫻井辰徳←前橋育英高校/新加入
31.中坂勇哉
37.増山朝陽←アビスパ福岡/期限付き満了

FW
9.藤本憲明
11.古橋亨梧
21.田中順也
22.佐々木大樹※背番号変更「38」
41.小田裕太郎
49.ドウグラス

監督
三浦淳寛
関連ニュース
thumb

神戸が増山の復帰後初ゴールなどで大分に逆転勝利! 湘南と浦和はゴールレスドロー《ルヴァンカップ》

2021シーズンのYBCルヴァンカップが2日に開幕した。 昨季は新型コロナウイルス禍による特別レギュレーションの下、FC東京が11年ぶり3度目の優勝を果たした。 今大会は従来のレギュレーションに戻し、4チーム4グループのグループステージを戦ったあと、各グループ上位2チームで行われるプレーオフステージで4チームまで絞り、AFCチャンピオンズリーグに出場する川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪を加えた計8チームでプライムステージを行う。 その開幕戦ではCグループの湘南ベルマーレと浦和レッズが激突。日程を考慮して互いに控えメンバー主体で臨む中、湘南は三幸、浦和は金子がシュートを放っていく。 先に決定機を迎えたのはホームの湘南。19分、セットプレーの流れから、こぼれ球を拾った池田がボックスの外からシュートを狙う。上手くゴール前の密集地を抜けて枠を捉えたが、浦和は下部組織のルーキーGK鈴木がファインセーブを見せた。 さらに27分の湘南のFKでは、右サイドの深い位置から平松が直接ゴールを強襲。意表を突く意図があったが、GK鈴木にとっては想定内。横っ飛びで弾き出した。 その後は互いに決定機を作れず試合は後半へ進む。55分に湘南は左から上げたクロスのこぼれ球を二次攻撃に繋げ、今度は右から上がったクロスに毛利が反応。左足でボレーシュートを狙ったが、枠を捉えることはできなかった。 残り時間も少なくなる中、両チームともに交代策で膠着した状況にテコ入れを図る。浦和は投入された山中のクロスから杉本が頭で合わせにいくシーンや、交代直後の汰木の83分のチャンスシーンで徐々にゴールに迫っていく。 しかし湘南も85分に攻撃の形を作る。平松がFKからゴール前に送ったボールを大野が頭で折り返し、最後はオリベイラがヘディングシュート。決定機だったが、ここでもGK鈴木が立ちはだかった。 浦和は94分にボックス右に抜け出した田中がGKと一対一となり、勝ち越しの千載一遇のチャンスを迎えるが、今度は湘南GK富居がビッグセーブ。結局、開幕戦はゴールレスドローに終わった。 2日に行われたもう1試合、Bグループの大分トリニータvsヴィッセル神戸は、序盤は神戸が攻勢に出たが、徐々に押し返した大分が先制点を挙げる。20分、ボックス右でボールを持った長沢からパスを受けた松本がダイレクトでクロスを供給。これを藤本が頭で合わせてネットを揺らした。 対する神戸も前半終了間際のCKで、初瀬のクロスに増山が頭で合わせてゴール。同点で試合を折り返した。 神戸は後半もこの勢いを持続。51分、右サイドから櫻内が上げたクロスをニアで受けた増山が胸トラップからさらに中へ供給。頭で合わせた櫻井シュートはGKに弾かれるものの、セカンドボールを中坂が押し込み逆転に成功した。 その後、互いに交代策を施す中、神戸は途中出場の井上のお膳立てから田中がゴールに迫る。するとその2分後の81分、途中出場の佐々木がボックスへ侵入しラストパス。ボックス中央から田中が流し込んだ。 そして、試合は神戸が1-3で逆転勝利。J1リーグ同様に白星スタートを切った。 ◆YBCルヴァンカップ 【Bグループ】 《第1節》 大分トリニータ 1-3 ヴィッセル神戸 【Cグループ】 《第1節》 湘南ベルマーレ 0-0 浦和レッズ 2021.03.02 21:28 Tue
twitterfacebook
thumb

今季白星発進の神戸、ケニア代表FWマシカの獲得を正式発表! 「一員になれて誇り」

ヴィッセル神戸は1日、ケニア代表FWアユブ・マシカ(28)の完全移籍加入決定を発表した。背番号は「40」を着用する。 マシカは2011-12シーズンにヘンクでプロデビューした身長167cmのウィンガー。リールセ、北京人和、黒竜江火山鳴泉を経て、昨年2月からレディングにレンタルで加わり、北京人和と契約満了の昨夏以降はフリーの状況だった。 ケニア代表としては26試合5得点の実績。昨季まで柏レイソルに籍を置き、最優秀選手賞と得点王に輝いたFWマイケル・オルンガ(現アル・ドゥハイル)とともに2019年のアフリカ・ネイションズカップにも出場した。 Jリーグ初挑戦のマシカはクラブを通じて、意気込みを語っている。 「こんにちは。アユブ マシカです。まずは、信頼をしてくれて僕にチャンスをくれたこの素晴らしいクラブに感謝します。神戸ファミリーの一員になれて誇りに思いますし、凄く嬉しいです。もう待ちきれないですし、サポーターの皆さんとたくさんの良い思い出を作っていきたいです。また、すぐ会いましょう」 神戸は先月27日に本拠地で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節でガンバ大阪を1-0で破り、今季を白星スタート。2日に行われる次戦はYBCルヴァンカップとなり、グループB第1節で大分トリニータとアウェイで対戦する。 2021.03.01 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸が本拠での関西勢対決を制す! 古橋ループ弾でG大阪破る【明治安田J1第1節】

明治安田生命J1リーグ開幕節の1試合が27日にノエビアスタジアム神戸で催され、ホームのヴィッセル神戸が1-0でガンバ大阪を下した。 昨季14位に終わった雪辱を期す神戸だが、いまだリハビリが続くアンドレス・イニエスタが欠場。一方で、新加入の井上が左サイドハーフに入り、今季から背番号「7」を背負う郷家が藤本との2トップで先発した。一方、昨季2位のG大阪はFUJI ZEROX SUPER CUPの川崎フロンターレ戦から2選手を変更。昌子が左センターバックに入り、川崎F戦を負傷欠場した宇佐美が右ウィングでスタメン入りした。 開幕戦からいきなりの関西勢による一戦はホームの神戸が立ち上がりからボールの主導権争いで上回り、G大阪が守勢に。フィニッシュのシーンこそさほど多くないものの、セカンドボールの反応も鋭く、相手に守備のはめどころを限定させない戦いでペースを掴む。 ボールを奪い切れず、揺さぶられるG大阪だが、相手の攻撃を跳ね返し続けると、40分に左サイドのスペースを突いた山本の折り返しから宇佐美が左足で強振。続く41分に左CKのチャンスから井手口が右足ミドルを見舞うなど、徐々に相手ゴールに迫り始める。 互いにフィニッシュシーンが少ない戦況で折り返した試合は神戸が藤本とドウグラスの交代をハーフタイム明けに施してスタート。しかし、62分にボックス右の宇佐美が胸トラップから右足ボレーを放つなど、敵陣内での時間を増やしたG大阪が盛り返す展開となる。 明らかに後半のペースを握られ、守備に追われる神戸は67分に2枚目のカードで増山を投入。それに対して、G大阪も相手の交代を打ち消すかのように高尾とレアンドロ・ペレイラを同時に送り込み、白星スタートを狙う両軍のベンチワークが活発化する。 すると、72分、左サイドからバイタルエリア中央にボールを運んだ古橋の右足シュートがクロスバーを叩いた神戸は続く74分にビッグチャンス。守りの乱れを突いて、右サイド高い位置でボールをかっさらった古橋が折り返すが、慌てて戻った三浦と昌子の対応に遭う。 嫌な場面が続き、倉田とチュ・セジョンを投入したG大阪だが、神戸が79分、自陣センターサークル付近の山口が前線にロングフィード。最終ラインの間から背後に抜け出した古橋が前がかるGK東口の頭上を越す左足ループシュートでネットを揺らして、均衡を破る。 追うG大阪は最後のカードでチアゴ・アウベスを送り込み、勝ち点1でも拾おうと総力戦を転じるが、巧みに時間も進めた神戸が完封勝利。昨季ダブルを食らったG大阪を下して、白星スタートを切った。 ヴィッセル神戸 1-0 ガンバ大阪 【神戸】 古橋亨梧(後34) 2021.02.27 18:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|開幕節:神戸vsG大阪】開幕から関西勢対決!

【明治安田生命J1リーグ開幕節】 2021年2月27日(土) 17:00キックオフ ヴィッセル神戸(-位/-pt) vs ガンバ大阪(-位/-pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆イニエスタ不在で開幕【ヴィッセル神戸】 三浦淳寛体制2年目が始まる。今季は14位に終わった不甲斐ない昨季の悔しさを抱いてのシーズン。昨季途中就任の三浦監督は「仕上がり具合は当然ながら100%ではないが、我々がやりたいことの落とし込みはできている」と手応えを口にする。 そんな神戸だが、負傷からのリカバリーが続く絶対軸のアンドレス・イニエスタが間に合わず、新戦力の目玉であるリンコンの合流もまだ。補強のすべてをぶつけられない上に負傷者も相まって、指揮官が望む布陣を敷けないなかでの開幕節となる。 現状、新たに取り組む戦術や布陣はベールに包まれる部分も多く、読みづらいが、確かなのは欠場が決まるイニエスタを軸にした戦いができないということ。雪辱を期す今季に入るにあたり、キャンプから指導できた三浦監督の采配に注目だ。 東京ヴェルディから加入した井上潮音やレンタルバックの小林友希や増山朝陽といった力のある選手もキャンプから加わり、戦い方の理解を深めてきた神戸。今季を良いシーズンにするためにも、関西勢対決となる開幕戦を最高の形で飾りたい。 ★神戸予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:櫻内渚、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、井上潮音 FW:増山朝陽、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆神戸キラーがプレー可能に【ガンバ大阪】 昨季2位からのさらなる復権を目指すG大阪は今季で宮本恒靖体制4年目。多くのクラブがこの開幕節からシーズンインするなか、20日に行われたFUJI ZEROX SUPER CUPの川崎フロンターレ戦でひと足先に今季をスタートさせた。 結果として川崎Fの勝負強さに屈する形で2-3の敗北を喫してしまったが、一時0-2から追いついてみせるなど、昨季に火力不足を露呈した攻撃面で“ひと味違う姿”を披露。実戦感覚な部分も研ぎ澄まして、神戸との開幕節を迎える。 そんな一戦に向け、宮本監督はキャンプ中のケガで川崎F戦を欠場した宇佐美貴史のプレー可能を明言。神戸相手に公式戦13試合で13得点の数字を誇るエースが復帰となれば、新加入のレアンドロ・ペレイラらとの融合も期待される。 布陣は川崎Fでお披露目した今季から導入する[4-3-3]を引き続き用いそうだが、メンバーは選手が揃っているだけに、変更点もありそうだ。イニエスタの不在が神戸の出方を読みずらくさせる一戦だが、2年連続の開幕戦白星を目指す。 ★G大阪予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:井手口陽介、山本悠樹、矢島慎也 FW:小野瀬康介、パトリック、倉田秋 監督:宮本恒靖 2021.02.27 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季は2位フィニッシュのG大阪、宮本恒靖監督は「結果につながるサッカーをしたい」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 ガンバ大阪を率いて4年目を迎える宮本恒靖監督。すでに富士ゼロックス・スーパーカップを戦い公式戦はスタートしている状況だ。 宮本監督は「ゼロックスを1つ戦って公式戦はスタートしましたが、まだまだ詰めないといけないところはあります」とコメント。「そういったところを意識しながら、シーズンの立ち上がりからやってきたことを開幕戦でも出せるようにしたいです」と語った。 また「リーグ戦の開幕を楽しみにされているファンの方がたくさんいると思うので、そういった人たちにサッカーは良いなと改めて思ってもらえるような試合を展開できればと思います」とコメント。アウェイでの開幕となるが「我々はアウェイですけれどもしっかりと良い準備をして、結果につながるサッカーをしたいと思っています」と語った。 G大阪は開幕戦でヴィッセル神戸と対戦。今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場するが、ここまでの手応えについては「ケガ人がいたり外国人選手の再入国で隔離期間があったりと、メンバーが揃わない中でのプレシーズン、キャンプになりました」とコメント。「その中でも選手たちが今年やろうとしていることをしっかりと取り組んでくれたというのはあると思います」と意欲高く選手たちが臨んでくれていると語った。 また、「仕上がりというのは、もっともっと上げていかないといけませんが、体のコンディションとしてはそれぞれが良い状態にあるとみています」とし、「パワーアップした点というには、新加入選手も少しずつチームになれてきてコミュニケーションも取れていると思いますし、しっかりと長いシーズンでパワーを出していってもらいたいと思います」と、選手のコンディションも整い、良い状態であると語った。 開幕戦の相手である神戸については「個人の力で試合を動かせる選手が前線に揃っていると思います。もちろん中盤でボールを動かせる選手、ハードワークできる選手がいる。ディフェンスラインにはしっかりとした強さ、高さのある選手が揃っている。バランスが取れたチームだとみています」と高い評価を与えた。 また、「昨年のACLの戦いを通してチームとしての経験も積んでいると思うので、そのチームに対して我々がどう戦いを挑んでいけるのかを考えて開幕戦を迎えたいと思います」と語り、かなり警戒して神戸戦に臨むとした。 この日は神戸の三浦淳寛監督との合同会見だったが、S級ライセンスの同期であり、現役時代は日本代表としても共に戦った仲だ。 三浦監督については「S級もそうでしたし、選手としてもいろいろな時間を共有させていただいた先輩で、アツさんが最初は強化担当という立場にいらっしゃったのが監督ということで、仕事内容に関してどういうものだろうというのは見せてもらいました」と昨シーズンの仕事ぶりをチェックしていたとのこと。 「アツさんの普段から出しているようなコミュニケーションを上手にとりながら若い選手であっても、ベテランの選手であっても、うまくチーム作りをされているなという印象は受けました」と選手との関係が非常に良いと語った。 また、「ACLという難しい大会でもチームに一体感を持たせた試合運びだったり采配をされていると見ています。アツさんがお話ししてくれましたが、お互いがお互いを意識することは間違いないと思いますし、そういった中で自分が取り入れられるものは取り入れたいと常日頃から思っています。そういった先輩であるのは間違いないです」と、三浦監督に続いて宮本監督も相手をべた褒めした。 2021.02.25 07:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly