佐藤寿人が引退会見…終止符を打った決め手、最も大事にした姿勢、“ベストパートナー”青山敏弘への想いとは?

2020.12.26 17:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉の元日本代表FW佐藤寿人(38)が26日、オンラインでの現役引退会見に登壇して、想いを語った。

千葉下部組織出身の佐藤は双子の兄である勇人氏とともに、2000年にトップチーム昇格を果たすと、セレッソ大阪やベガルタ仙台を経て、2005年からサンフレッチェ広島でプレー。その広島で絶対的エースとしての地位を築き上げ、J1初優勝の2012年にJリーグ最優秀選手、J1得点王、ベストイレブン、フェアプレー個人賞の史上初となる個人4冠に輝いた。さらに、2013、2015年にも広島のJ1優勝に貢献したが、2016年を最後に退団。2017年から名古屋グランパスに移り、2019年から千葉に復帰すると、19日に今季限りでの現役引退を表明した。

身長170cmの小柄ながら、裏に抜け出す動きやポジショニング、そして嗅覚を武器にプロ生活21年間で歴代2位のJ1リーグ通算161得点を挙げ、Jリーグ通算得点数でもトップの220ゴールと輝かしいキャリアを築いた佐藤。会見冒頭で「自分なりの言葉でお話ができればと思う」と切り出すと、引退の決め手として「一番は選手としてなかなかピッチの上で貢献できていないという感じがあったし、そういったなかで決断しなきゃいけないなと思って決めた」とピッチ上での貢献度を挙げた。

「身体で痛いところはなく、まだサッカーをやろうと思えばやれるが、本当の意味で毎週のようにピッチに立って、チームに貢献できているかと言えばそうじゃない。今、監督が目指しているサッカーを試合のなかで、FWとして結果を出せているかと言えばそうでもない。そういうところを考えると、来季もプレーするのがプロとしてどうなのかなという思いもあった」

「家族はまだ選手でいてほしいという想いもあったみたいだが、今年、コロナなどの影響で中断中に子供たちと家の近くにある公園で身体を動かす機会があって、長男、次男と3人でトレーニングをやった。そのとき、長男と次男の回復が早くて、父親である自分はセット数を重ねていくと、息切れしていき、冗談で『これで、パパも今年で引退だな』と言った」

「でも、体力的な部分も若い頃と比べると、少しずつ落ちている感覚があって、90分間出られていないここ数年を考えても決めなければいけない時期に来ているのかなと息子たちとのトレーニングで感じた」

そんな佐藤が最終的に現役引退の決断を下したのは今年11月。現役最終戦の20日に行われた明治安田生命J2リーグ最終節のギラヴァンツ北九州戦前にチームメイトに言葉を送ると、涙してしまったようだ。そうした長い現役生活で最も大事にしてきたものは何だったのか。佐藤はJリーグ屈指の点取り屋に上り詰めた裏でライバルを作らず、自分と向き合う姿勢を意識してきたようだ。

「一番大事にしていたのはライバルを作らないこと。色々なクラブで、色々な場所でプレーさせてもらって、ときにこの選手がライバルだと外から言われたりして、選手が少なからず意識してしまう場面を自分を含めて色々な形で見てきた」

「そういったなかで、常に自分自身と向き合い、何が足りないのか、どうしたいのかをやっていける選手が最終的に強くいられると感じた。そういう意味で、ライバルを作らないのが一番大事なのかなと思う」

また、キャリアを通じて自分の前に立ちはだかった守備人として、中澤佑二氏、田中マルクス闘莉王氏、楢崎正剛氏の名を挙げた佐藤は逆に最高の相棒を訊かれると、「ベストパートナーは青山以外に考えられない」と広島でいち時代を共にした元日本代表MF青山敏弘を迷わず指名するとともに、2人の思い出深いシーンを振り返りながら感謝の言葉を贈った。

「思い出深いゴールはたくさんあるが、2012年の初優勝時に決めたホーム札幌戦でのゴールは初優勝の重圧がすごくて、普段の生活も人と会うのを避けて生活してもいた。それぐらい優勝はプレッシャーだった」

「そのなかで、札幌戦前に『今日はトシ(青山)のアシストから俺が決めるから』と伝えて、それが本当に素晴らしいパスからイメージ通りのゴールが生まれた。あのゴールの後に『言っただろ』と声をかけながら、両手でハイタッチしたのを今でも覚えている」

「あのゴールに代表されるように、同じ絵を描きながら、素晴らしいパスにトライしてくれた青山選手は一番のパートナーだと思っている。実際、引退を決めたときも直接会って、顔を見て、伝えたかった」

「でも、11月初旬にクラブに伝えた日にクラブハウスに着いてから車のなかで青山選手に電話して伝えたところ、彼もずっと泣いてくれて、僕もずっと涙が止まらなかった。1時間ぐらい泣きながら喋った」

「僕の目が真っ赤になっていて、すぐにクラブハウスに入れなかった。それだけの時間をともにした仲間で、素晴らしいパートナーだった。自分が引退を決断した以上、もう彼からパスをもらえないのかなと思う」

「今はチームが違うが、パスをもらえなくなるのは寂しい想いがある。でも、本当に若い頃から青山選手を見て、誰よりも要求して、誰よりも応えてくれ、たくさんのゴールを一緒に作ってくれたという部分で感謝しかない」

関連ニュース
thumb

2試合連続のPK戦となった川崎F、千葉を下して清水の待つラウンド16へ《天皇杯》

第101回天皇杯3回戦の川崎フロンターレvsジェフユナイテッド千葉が21日にフクダ電子アリーナで行われ、1-1で迎えたPK戦の結果、川崎Fが勝利した。 2回戦ではそれぞれAC長野パルセイロと大宮アルディージャを下して3回戦へ進んだ川崎Fと千葉。川崎Fは、先日終えたACLのグループステージを含め未だ公式戦無敗で、先日の清水エスパルス戦では過密日程の中、今季のJ1初出場だった大島がゴールを決めて勝利に導いていた。 対する千葉は、直近のツエーゲン金沢戦の勝利で今季初のホーム連勝を収めた。リーグ戦4試合無敗と調子は上向いているものの、守勢が予想されるJ1王者との一戦でどこまで食らいつけるか。 下馬評通り川崎Fが支配する展開となる中、10分には見事なパスワークからボックス手前でボールを持ったレアンドロ・ダミアンが相手を背負った状態で反転シュート。だが、ここは惜しくも左に外れた。 その後も攻め続ける川崎Fは、千葉のフィールドプレイヤー9人がボックスへ引いて守る中でもスペースを見つけて立て続けにシュートを放っていく。 一方、攻撃に出たい千葉は右サイドの安田から上がったクロスに見木が反応すると、競り合った山根がクリアし損ない、頭に当てたボールはGKチョン・ソンリョンの頭上を抜けてゴールに吸い込まれた。 まさかのオウンゴールかに思われたが、競り合いの際に見木のファウルがあったとして川崎Fは命拾い。気を取り直して再び攻めに転じ相手を押し込んでいく。37分にはシミッチがボックス手前の橘田とのワンツーからシュートに持ち込む惜しいシーンがあったものの、ボールは右ポストの外側をかすめていった。 ゴールレスで折り返しとなった試合は、後半は序盤から大きく動く。まずは53分の千葉。ボックス左でキープした味方のバックパスを見木が受けると、少し持ち上がって角度のないところから左足をスイング。このシュートがブロックに入ったジェジエウの股を抜いてディフレクションし、GKチョン・ソンリョンも反応し切れずネットを揺らした。 正真正銘のゴールで無敵の川崎F相手に先制に成功した千葉。しかし、川崎Fが黙っているわけはなく、その6分後に味方のスルーパスに反応した橘田が小林に倒されてPKを獲得。これを家長が決めて、あっという間に同点に追いついた。 その後は、千葉が守備先行ながら粘り強く戦い、力量差をそれほど見せない試合を展開。そんな中で珍プレーが起こる。選手の負傷で試合が一時停止した後、千葉のドロップボールでGKへバックパス。ここでGK鈴木が手で持ち上げてしまい、ハンドの判定となってしまう。 本来であれば間接FKとなるが、しばらくの協議の後、FKを行わないことを決定。鈴木は川崎Fの選手やサポーターに謝罪とお礼をしつつ試合を再開させた。 試合は90分で決着が付かず延長戦へ。2試合連続の延長戦となった川崎Fは95分、左CKに途中出場の谷口が頭で合わせて決定機を迎えるが、千葉も途中出場の高橋がゴール直前でクリア。ビッグプレーでチームを救った。 一方、攻撃では108分に田口がボックス左から鋭いグラウンダーのシュートを放つが枠の外。結局、PK戦へ突入した。 互いに2人目まで成功した中、先攻の千葉は3人目を務めた岩崎が枠の上へ大きく外してしまう。余裕を得た川崎は4人目まで全員成功し、迎えた千葉の5人目は熊谷アンドリュー。右下を狙ったシュートはGKチョン・ソンリョンが完璧に止め、試合終了。 長野戦に続いてPK戦を制した川崎Fが駒を進めた。 川崎フロンターレ 1-1(PK:4-3) ジェフユナイテッド千葉 【川崎F】 家長昭博(後14) 【千葉】 見木友哉(後8) ■天皇杯3回戦 ▽7月21日(水) 川崎フロンターレ 1-1(PK:4-3) ジェフユナイテッド千葉【59】 ▽8月4日(水) セレッソ大阪 vs アルビレックス新潟【63】 ▽8月18日(水) ガンバ大阪 vs 松本山雅FC【67】 ▽未定 名古屋グランパス vs ファジアーノ岡山【71】 ▽7月7日(水) 清水エスパルス 2-1 いわてグルージャ盛岡【60】 おこしやす京都AC 1-3 ヴェルスパ大分【61】 Honda FC 1-4 ジュビロ磐田【62】 サガン鳥栖 1-0 アビスパ福岡【64】 鹿島アントラーズ 3-0 栃木SC【65】 北海道コンサドーレ札幌 1-2 V・ファーレン長崎【66】 ヴァンラーレ八戸 1-2 湘南ベルマーレ【68】 柏レイソル 1-2 京都サンガF.C.【69】 浦和レッズ 1-0 SC相模原【70】 ヴィッセル神戸 1-0 徳島ヴォルティス【72】 順天堂大学 2-3 ザスパクサツ群馬【73】 大分トリニータ 2-0 福井ユナイテッドFC【74】 2021.07.21 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

町田戦で負傷の千葉DF米倉恒貴が左内転筋付着部損傷で全治8〜12週間

ジェフユナイテッド千葉は2日、DF米倉恒貴の負傷を発表した。 クラブの発表によると、米倉は5月23日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節のFC町田ゼルビア戦で負傷したとのことだ。 米倉は町田戦に先発出場。しかし、試合中に足を痛め、62分に安田理大と交代していた。 検査の結果、米倉は左内転筋付着部損傷と診断。全治は8〜12週間とのことだ。 米倉は今シーズンの明治安田J2リーグで9試合に出場していた。 2021.06.02 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

千葉退団のDF下平匠が南葛SCに加入!「憧れて唯一読んでいたマンガ、それが『キャプテン翼』です」

ジェフユナイテッド千葉は25日、DF下平匠(32)が関東サッカーリーグ2部の南葛SCへ移籍することを発表した。 下平はガンバ大阪の下部組織出身で、G大阪の他、大宮アルディージャ、横浜F・マリノスでプレー。2018年途中に期限付き移籍で千葉に加入すると、2019年から完全移籍で加入していた。 2020シーズンは明治安田J2で14試合に出場。千葉ではJ2通算59試合2得点を記録していた。 下平はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、南葛SCに加入することになりました、下平匠です。子どもの頃、全くマンガを読まなかった僕が、サッカー選手に憧れて唯一読んでいたマンガ、それが『キャプテン翼』です。翼くんの生みの親である高橋陽一先生がオーナーのクラブでプレーできることを大変うれしく思います」 「このオフに、J2クラブ含めてお話をいただきましたが、南葛SCの大きな夢に魅力を感じ、このクラブでプレーすることに決めました」 「チームの目標達成のために、精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします」 「最後になりますが、大宮アルディージャ、横浜F・マリノス、ジェフ千葉のファン・サポーターの皆さん、葛飾は割と近いので、ホームゲームにてお待ちしてます!(笑)」 2021.02.25 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガに泣き千葉退団のMF本田功輝がラインメール青森に加入

ジェフユナイテッド千葉は23日、MF本田功輝(20)がラインメール青森へと完全移籍することを発表した。 徳島県出身の本田は、2018年に香川西高校から千葉へと入団。しかし、高校3年の時に重傷を負うと、プロ加入後のキャンプでも左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負っていた。 ケガに泣いた本田は3シーズン在籍も、公式戦の出場はないまま2020年12月17日に契約満了が発表されていた。 本田はラインメール青森を通じてコメントしている。 「この度ラインメール青森に加入することになりました!チームの目標でもあるJ3昇格に貢献できるように頑張っていきます!絶対昇格しましょう。宜しくお願い致します!」 2021.02.23 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉に痛手!昨季全試合出場のGK新井章太が全治4~6週間の負傷

ジェフユナイテッド千葉は17日、GK新井章太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、新井は5日に行われたトレーニングマッチで負傷。左大腿二頭筋肉離れと診断され、全治は4~6週間とのこと。開幕戦は欠場することとなった。 新井はトレーニングマッチの1本目に先発出場していたが、負傷し鈴木椋大と交代していた。 新井は2020シーズンから千葉でプレー。明治安田J2で全42試合に出場していた。 2021.02.17 11:27 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly