U-23日本代表が今年1月以来の活動! 千葉合宿に向けて候補メンバー23選手招集《トレーニングキャンプ》

2020.12.17 14:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は17日、U-23日本代表候補メンバーを発表した。

新型コロナウイルスの影響を受けたU-23日本代表にとって、今年1月にタイで行われたU-23アジア選手権以来となる活動は千葉県内での合宿に。今月22〜26日まで高円宮記念JFA夢フィールドで行われる合宿に向け、23選手が選出された。

そのなかで、GK沖悠哉、DF中村帆高、MF金子拓郎、MF安部柊斗、MF高嶺朋樹、MF金子大毅、MF郷家友太、FW浅野雄也の8選手が初招集。天皇杯の戦いを残す川崎フロンターレとガンバ大阪でプレーする同世代の選手は選ばれなかった。

◆U-23日本代表候補メンバー
※12/21追記

GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
波多野豪(FC東京)
沖悠哉(鹿島アントラーズ)

DF
渡辺剛(FC東京)
中村帆高(FC東京)
町田浩樹(鹿島アントラーズ)
大南拓磨(柏レイソル)※ケガのため不参加
古賀太陽(柏レイソル)
岩田智輝(大分トリニータ)※ケガのため不参加
橋岡大樹(浦和レッズ)
瀬古歩夢(セレッソ大阪)
東俊希(サンフレッチェ広島)
森下龍矢(サガン鳥栖)※追加招集

MF
相馬勇紀(名古屋グランパス)
田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)
金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌)
安部柊斗(FC東京)
高嶺朋樹(北海道コンサドーレ札幌)
金子大毅(湘南ベルマーレ)
齊藤未月(湘南ベルマーレ)
郷家友太(ヴィッセル神戸)
渡辺皓太(横浜F・マリノス)※追加招集

FW
上田綺世(鹿島アントラーズ)
前田大然(横浜F・マリノス)
浅野雄也(サンフレッチェ広島)
一美和成(横浜FC)※追加招集


関連ニュース
thumb

なでしこジャパン、初戦のミャンマー戦で快勝! 猶本光ら3選手が代表初ゴール《AFC女子アジアカップ》

なでしこジャパンは21日、AFC女子アジアカップのグループC第1節でミャンマー女子代表と対戦し、5-0で勝利した。 2023年のワールドカップ(W杯)アジア予選も兼ねたAFC女子アジアカップ。なでしこジャパンは、昨年10月の池田太監督の就任から、11月のオランダ遠征でアイスランド女子代表、オランダ女子代表とテストマッチを実施。しかし、帰国後は隔離期間を設けられたことから、12月のキャンプが中止となっていた。 インドで行われる今大会に向けて紅白戦などで調整を続けていた中、今月18日に岩渕の新型コロナウイルス感染が判明。アーセナル所属の岩渕はイングランドを出発する72時間以内に行われた検査では陰性だったが、インド到着直後の検査で陽性反応が確認された。 そのため、岩渕はチームへの合流はお預けとなり、このミャンマー戦はベンチ外に。スタメンについては、田中と植木が2トップを組む[4-4-2]の布陣が採用されている。 FIFAランク47位のミャンマーに対し、13位のなでしこジャパン。地力で劣る相手に立ち上がりから攻勢に出て、15分までに10本に迫るシュートを浴びせていく。その中で4分には、長谷川とのワンツーで右サイドを突破した清水のクロスから田中がヘディングシュート。これがクロスバーを叩く惜しいシーンに。 9分には味方とのパス交換で右サイドハーフの長谷川がカットインからシュートへ。安定したシュートシーンを演出していくなでしこジャパンが先制したのは22分のことだった。 自陣右サイドの深い位置からスローインで再開し、GK山下にボールが渡ると、正確なロングキックで右サイドに展開。これに反応した長谷川が深い位置からクロス。飛び込んだ植木がヘディングシュートを突き刺した。植木がこれが代表初ゴールとなった。 その後も攻勢を続ける中、40分過ぎに相手との接触で足首を負傷した林が続行不可能に。担架でピッチを後にし、代わりに猶本が出場した。その直後の42分には、右サイドバックの清水のクロスを長谷川が胸トラップからスムーズなシュートに繋げるが、ここもクロスバーを叩き、前半は1点にとどまった。 それでも後半立ち上がりに追加点が生まれた。47分、敵陣中央でパスを受けた宮澤が縦パスを入れると、ボックス手前の植木がポストプレーに入りワンタッチではたく。これでゴール前に抜け出した長谷川が難なくシュートを流し込んだ。 欲しかった2点目が生まれたなでしこジャパン。さらに53分には、ボックス手前左の位置から猶本が直接FKを叩きこみ3点目。猶本もこれが代表初ゴールとなった。 ハーフタイムで遠藤を下げて長野を投入していたなでしこジャパンは、70分手前にさらに宮澤と植木を下げて成宮と菅澤を投入。するとその直後、右サイドからパスを繋ぎ、ボックス手前の成宮にボールが渡ると、チェックが甘かったこともあり、迷うことなく左足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、代表2試合目にして初ゴールを挙げた。 後半アディショナルタイムには、長谷川がダメ押しの5点目を決めて勝負あり。ミャンマーを全く寄せ付けないまま、なでしこジャパンが初戦快勝を収めた。 なでしこジャパン 5-0 ミャンマー女子代表 【日本】 植木理子(前22) 長谷川唯(後2) 猶本光(後8) 成宮唯(後26) 長谷川唯(後47) 2022.01.21 18:52 Fri
twitterfacebook
thumb

上田綺世がアピールのハットトリック! 日本代表候補が流経大に7ゴール快勝《トレーニングマッチ》

日本代表候補メンバーは21日、千葉県内で流通経済大学とのトレーニングマッチを行い、7-0で勝利した。 17日からトレーニングキャンプを行っていた日本代表候補メンバー。21日にはキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦する予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の蔓延を受けて中止となっていた。 その代わりに組まれた流通経済大学戦。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、サウジアラビア代表戦に向けて、選手たちはアピールが必要となった。 【前半メンバー】※並びは予想 GK:権田修一 DF:酒井宏樹、中谷進之介、谷口彰悟、長友佑都 MF:脇坂泰斗、稲垣祥 MF:武藤嘉紀、江坂任、相馬勇紀 FW:大迫勇也 主力組と見られるメンバーが並んだ前半は開始早々にゴール。3分、左CKから最後は大迫が押し込み、日本代表候補が先制する。 強風吹き荒れる中、追い風だった日本代表候補だったが、序盤は息が合わずになかなか良い形を作ることができない。 両サイドから攻め込む日本代表候補は16分、左サイドを相馬が仕掛けると、ボックス内左から右足一閃。これがネットを揺らし、追加点を奪う。 攻め込む日本代表候補は、20分に長友が左サイドをドリブルで持ち上がると、相馬とのワンツーをハーフスペースで受け中央へクロス。これを武藤がダイレクトで蹴り込み、3点目。効果的に得点を重ねて45分を終える。 【後半メンバー】※並びは予想 GK:権田修一 DF:山根視来、谷口彰悟、西尾隆矢、佐々木翔 MF:渡辺皓太、松岡大起 MF:脇坂泰斗、鈴木唯人、荒木遼太郎 FW:上田綺世 後半、8名を代えて臨んだ日本代表候補。若手が中心となって戦っていく。 前半以上になかなか連動できていなかったが、徐々に落ち着きを取り戻すと、55分には右サイドを仕掛けた渡辺の折り返しを上田が決めて4点目を奪う。 57分には、ゴール前の混戦から脇坂がシュート。これはブロックされるが、こぼれ球をボックス内で渡辺が蹴り込んで5点目を奪う。 60分には、谷口と脇坂が下がり、流経大生とトレーニングパートナーだった佐藤恵允(明治大)が投入された。 その後はボランチの松岡、渡辺が落ち着いてボールを持ち、ゲームをコントロールすると、徐々に日本代表候補が押し込む状態に。それでも、流経大は推進力を持ってゴールを目指し、ボックス前でFKを獲得するなどチャンスを作る。 押し戻されることもあった日本代表候補だったが、72分には左サイドからの荒木のクロスに上田が飛び込んでダイビングヘッド。これが決まり、6点目を奪う。 さらに、90分には荒木のスルーパスを巧みに受けた上田がボックス内からシュート。飛び出したGKにセーブされるが、そのまま倒されPK。これを上田が落ち着いて決めてハットトリック達成。7-0で日本代表候補が勝利を収めた。 カタールW杯アジア最終予選に臨む日本代表メンバーは、22日に発表。海外組ではケガ人も多く出ており、誰が生き残るのか注目が集まる。 日本代表候補 7-0 流通経済大学 1-0:3分 大迫勇也 2-0:16分 相馬勇紀 3-0:20分 武藤嘉紀 4-0:55分 上田綺世 5-0:57分 渡辺皓太 6-0:72分 上田綺世 7-0:90分 上田綺世 2022.01.21 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「毎試合後がない」清水GK権田修一が語るW杯最終予選への覚悟「突破するためだけ」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、清水エスパルスのGK権田修一がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 今回は谷晃生(湘南ベルマーレ)が負傷により活動を辞退。GKは権田1人となっているが「今回の合宿に関していえば、もともと谷選手と2人で招集されて、谷選手が負傷して1人になってしまったということです」とコメントした。 自身のパフォーマンスについて「今シーズンからエスパルスのGKコーチが変わって、新しくきた石野さんというGKコーチとコミュニケーションを取りながら、クラブの芝が8日からしか使えず、その前から動きたかったですが、使えないと言われたので、8日からは毎日しっかりトレーニングをしてこれたので、GKのシンプルな動きはできます」とコメント。ただ、「サッカーはそれだけではないです。周りを見るところ、ゲームに入ることは、ヨーロッパでバリバリやっている選手たち、トップトップの選手たちと色々な部分で合わせないといけないので、僕自身は1日1日を大切にやらないといけないと思います」と、まだまだ上げていかなければいけないと語った。 ここまで最終予選で2位につけている日本。スタートから不安定な戦いが続いたが、現在は良い位置につけている。 しかし、権田は「最終予選に関して言えば、最後終わった時がどういう状況かというのが大事です。予選トータルで見た時に最初がというのがありますが、最初良くて最後ダメでもいけないので、突破するためだけにやるものです」とコメント。「その中で良いサッカー、見ている人を楽しませるのも大事ですが、最終予選の1番の目的はW杯に出場することなので、残っている試合でそこに向けてやっていると思います」と、とにかくW杯出場権を得ることだけを考えてやるとした。 今回の最終予選については「何人かの選手はケガで来れないことは決まっています」とコメント。「誰かがいないと勝てないとか、出場停止やケガ人がいる状況でも、日本代表でもいつも呼ばれている30名弱だけじゃなく、日本でプレーしている、海外でプレーしていて招集されていない選手が出てくることもある」と新たな選手が出てくることも大事だとした。 また、「僕は毎回メディアの方々のネットを見ていて、スタメンからしっかり僕を外してくれているので、僕が物足りないことも重々理解しています。しっかりと競争を勝ち抜くメンバーが大事になります。今回ケガでいない選手の代わりに出る選手が出て、活躍して、チームの活性化になるのであれば、毎回新しい選手が呼べるので、それはチームにとって理想の形だと思います」とコメント、選手個々がしっかりと成長して競争していくことが重要だと語った。 ここからW杯に向けてもパフォーマンスを上げていく必要がある中で、権田が思いを語った。 「集大成という言葉があると思いますが、僕はそもそも毎試合集大成だと思ってやっていますし、毎試合後がないと思ってやっています」 「谷選手がいたり、ベンフィカBには小久保選手がいたり、Jリーグにも良い選手がいて、守りに入ったらチャレンジしなくなって、プレーのチャレンジする姿勢、向上するという部分は失ってしまいます」 「僕自身は常に毎日毎日全力でやって、それを評価してもらえたらずっと試合に出られるかもしれないですし、僕より良いプレーをする選手がいたら出られないかもしれないです」 「定位置があるスポーツではないですし、W杯を見据えていますが、その直前の試合でケガしないためにというプレーはしたくないです。守らなければいけないシーンは、ケガを覚悟で守りに行きます。今年も今まで通りやっていきたいと思います」 2022.01.20 22:07 Thu
twitterfacebook
thumb

CBとしてチャンスを掴みたい川崎FのDF谷口彰悟「チャンスであることは間違い無い」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、川崎フロンターレのDF谷口彰悟がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 ここまでの合宿について振り返った谷口は「僕の場合はチームの始動と同時に合宿が始まったので、ここが始動という感じでした。最初から上げていくことはわかっていたので、体作りや心構えは準備していましたし、トレーニングしてみても体のコンディションは良い感じに上がってきていると感じています」と一定の手応えを感じている様子。一方で、「トレーニングしながら頭の部分はもっとあげられると思いますし、体の部分もあげられると思います。良いトレーニングをしています」と振り返った。 今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)ら、CBに負傷者が出ており、招集されないと見られている。 CBの選手としてはレギュラー組がいないだけにチャンスではあるが、谷口は「チャンスであることは間違い無いです。そこの座を狙っていますし、1回1回の練習、ワンプレーワンプレーが勝負になってきて、その気持ちで臨んでいます。自分も戦える、できるというのを見せないとピッチには立てないです」とコメントした。 アピールしたいポイントについては「守備の部分では周りを動かすところとか、バランス、誰がどういう感じかは整理できているので周りに伝える、個々のバトルもこだわって見せていきたいです」とコメント。また攻撃面にも触れ「ビルドアップのところでは早く攻めるのか、ゆっくり持ちながら攻めるのかは、現代サッカーではCBがやらなければいけないので、そこは率先してやりたいですし、自信もありますので、率先してやっていきたいです」と語り、「ビルドアップの際に縦につけるパスなど隙を逃さないということは持ち味でもあるので、そこは発揮していきたいと思います」と意気込んだ。 その谷口だが、今回のW杯最終予選への意気込みはかなり強いようだ。 「今回1つチャンスでもあるなというのはもちろん感じています。結局、結果としてチームが勝たないといけないですし、後ろとしてもパフォーマンスを出さないといけないということはわかっています」 「チャンスを生かさないといけないですし、アピールしたいですし、結果を出さないといけない。中国戦、サウジアラビア戦で代表として連勝することしか考えていないですし、自分がチャンスを掴めたら全てを出していきたいと思います」 「ワールドカップに立つということを考えると、先ばかり見るのではなく目の前の試合をしっかりと戦う。準備をしっかりやることが大事になります」 今回は同じ熊本出身のMF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)、MF松岡大起(清水エスパルス)が合宿に参加。そして、同じ大津高校の後輩でもあるDF植田直通(ニーム)も招集される可能性が高い。 植田については「直通の場合は高校生の時から身体能力を含め、パワーを含めて素晴らしいものを持っていましたし、それを武器にしているなと改めて感じました」とコメント。「ヘディングでは絶対負けない、競り合いでは負けない、バトルでは負けないというのは隣ですごく感じて、頼もしく思いました」と代表で共演したときにも感じたという。 その点について「僕も刺激になりましたし、そこでは負けたくないですし、それ以外のところでも後輩ですが負けたくない気持ちがあります。その気持ちが大事で、それが成長につながると思います」と、後輩からも刺激を受けているという。 また「負けたくない部分は全てになりますが、とにかく良いプレーをしてということを常に考えています。ここは絶対負けたくないというのはあまり考えないですし、ライバルでありチームメイトなので、お互いの良さを引き出しつつ、それぞれがバトルはやっていかなければいけないです」とコメント。「今はライバル心をメラメラ燃やしている段階ではないですし、とにかくゲームを勝つということにフォーカスしているつもりなので、チャンスをもらった選手が持っているものを100%出すことが勝利に近づくと思っているので、みんなでやれればと思います」と、それぞれの良さを出してチームとして結果を出せればと語った。 2022.01.20 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

海外初挑戦のオーステンデ坂元達裕、ベルギーの“国民食”に舌鼓「とても美味しかったです!」

KVオーステンデの日本代表MF坂元達裕(25)がクラブの公式インタビューに応じた。現地での暮らしについて語っている。 5日にセレッソ大阪からの期限付き移籍でオーステンデへの加入が発表された坂元。2022年6月30日までのレンタルで、シーズン終了後の買い取りオプション付きも付随している。 独特のドリブルセンスを持つ左利きのアタッカーは、7日・15日と、すでにトレーニングマッチにも出場。現在はマネージャー、通訳とともにホテル暮らしだという。 坂元はホテル暮らしも悪くはないが、やはり自分の部屋が欲しいと考えているようだ。来週にはアパートが決まるだろうともコメントし、自炊にも意気込みをのぞかせている。 「ホテルに滞在するのも好きですが、できれば自分の場所が欲しいですね。そうすれば自分で料理をすることができるし、その部分での制限は少なくなります。オーステンデの中心にある中華・アジア料理店に行くこともありますが、そこの食材を使ったおいしい食事を作るためには良いキッチンが必要ですね」 食事の面では現地の文化にも触れた模様。オーステンデは海沿いの町で、車で30分ほど南西へ行けば世界の無形文化遺産に登録されている「馬上からのエビ釣り」を行っている町もある。坂元は名物の魚介料理やベルギーの国民食として知られるフライドポテトを口にし、舌鼓を打ったようだ。 「もちろん、典型的な日本料理は好きです。でもここのクラブにきたらどうなるかわかりませんね(笑)。最初は、トレーニング後の(ベルギーの)一般的な食事に慣れるのに苦労するのかなと思いましたが、それほど問題はなかったです。」 「他の選手と同じように、野菜と肉と一緒にジャガイモを食べるだけですよ。ベルギーのフライドポテトも食べてみましたが、とても美味しかったです!オーステンデでの初日、テルマエ・パレス・ホテルのブラッセリー・アルバートでチームマネージャーのバート・ブラケスとエビのカクテルを食べました。早速現地の文化を堪能しましたが、素晴らしいですね!」 <span class="paragraph-title">【動画】坂元達裕、チームメイトからダンス指導を受ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Onze nieuwe aanwinst <a href="https://twitter.com/Tatsu1022Soccer?ref_src=twsrc%5Etfw">@Tatsu1022Soccer</a> is al meteen goed geïntegreerd dankzij de dansmoves van Thierry Ambrose <a href="https://t.co/ErUz7cRLOt">pic.twitter.com/ErUz7cRLOt</a></p>&mdash; KV Oostende (@kvoostende) <a href="https://twitter.com/kvoostende/status/1479076537240535044?ref_src=twsrc%5Etfw">January 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.20 20:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly