ラウンド16が出揃ったCL、史上最高の勝率を誇る選手は?

2020.12.11 19:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)をグループステージから11試合全勝という圧倒的な強さで制覇したバイエルン。今シーズンのグループステージでも5勝1分けと、連勝こそストップしたものの、その強さは本物だ。2018-19シーズンのCLでは、リバプール相手に敗れラウンド16で敗退していたバイエルンだったが、グループステージでは、4勝2分けの無敗。近年のCLで目を引く勝率の高さを残している。

◆C・ロナウドがカルデロンで決めたアトレティコキラーぶりを見せつけるハットトリック


イギリス『GiveMeSport』は、『Transfer Markt』のデータをもとに、CL史上最高の勝率を誇る選手を調査。対象はCLで30試合以上プレーした選手としている。
上位10人をみると、5人がバイエルン所属の選手となっており、バイエルンの近年の強さを物語っている。その中でもトップに輝いたのはフランス代表FWのキングスレイ・コマンだ。パリ・サンジェルマン(PSG)に在籍していた2012-13シーズンから、現在までフランス、イタリア、ドイツでリーグ優勝を続けているコマンはCLでも高い勝率をキープ。勝利の女神のような存在と言えるかもしれない。

コマンに続いたのはレアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスだ。マドリー下部組織出身のナチョは、控えの立場であることが多いものの、2015-16シーズンからの3連覇など、栄光を知る男だ。

3位に入ったのは2000年代前半のバルセロナを支えた元スペイン代表DFのガブリ氏。やや意外な名前となったが、通算35試合に出場して27勝と勝率76.5%を誇っている。

そして、10位にはマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした元ブラジル代表MFのアンデルソン氏が入っている。ポルト時代に1勝1分け1敗、ユナイテッドで27勝7分け3敗を記録しており、通算では、40戦28勝で勝率70%となっている。

なお、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはドルトムント時代と合計して94戦61勝の勝率64.9%、ユナイテッド、マドリー、ユベントスでCLをプレーしているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは通算173試合で111勝の64.2%となっている。

◆CL最高勝率選手(30試合以上)
1.キングスレイ・コマン(ユベントス、バイエルン):79.4%
試合数:34
勝利数:27

2.ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー):77.1%
試合数:35
勝利数:27

3.ガブリ(バルセロナ):76.5%
試合数:34
勝利数:26

4.ヨシュア・キミッヒ(バイエルン):75.5%
試合数:49
勝利数:37

5.ジェローム・ボアテング(バイエルン):72.5%
試合数:80
勝利数:58

6.ダンテ(バイエルン、ヴォルフスブルク):70.3%
試合数:37
勝利数:26

7.ダビド・アラバ(バイエルン):70.1%
試合数:87
勝利数:61

8.トーマス・ミュラー(バイエルン):70%
試合数:120
勝利数:84

9.イスコ(バレンシア、マラガ、レアル・マドリー):70%
試合数:70
勝利数:49

10.アンデルソン(ポルト、マンチェスター・ユナイテッド):70%
試合数:40
勝利数:28

11.ケイロル・ナバス(PSG、レアル・マドリー):69.8%
試合数:53
勝利数:37

12.ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー):69.4%
試合数:56
勝利数:39

13.ハビ・マルティネス(バイエルン):68.3%
試合数:63
勝利数:43

14.マヌエル・ノイアー(シャルケ、バイエルン):67.8%
試合数:115
勝利数:78

15. マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ):67.7%
試合数:62
勝利数:42

16. トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール):67.7%
試合数:31
勝利数:21

17.カゼミロ(ポルト、レアル・マドリー):67.2%
試合数:64
勝利数:43

17.ネイマール(バルセロナ、PSG):67.2%
試合数:64
勝利数:43

19.ルイス・スアレス(アヤックス、バルセロナ、アトレティコ・マドリー):66.7%
試合数:63
勝利数:42

20.セルジ・ロベルト(バルセロナ):66.7%
試合数:51
勝利数:34

21.パウロ・セルジオ(バイエルン):66.7%
試合数:36
勝利数:24

22.アイトール・カランカ(レアル・マドリー):66.7%
試合数:33
勝利数:22

23.パウロ・ソウザ(ユベントス、ドルトムント、インテル、パナシナイコス):66.7%
試合数:30
勝利数:20

24.マルセロ(レアル・マドリー):66.3%
試合数98
勝利数:65

25.アドリアーノ(セビージャ、バルセロナ、ベシクタシュ):66.1%
試合数:56
勝利数:37

26.ベルナルド・シルバ(モナコ、マンチェスター・シティ):66.0%
試合数:47
勝利数:31

27.ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント、バイエルン):64.9%
試合数:94
勝利数:61

28.ハビエル・マスチェラーノ(リバプール、バルセロナ):64.6%
試合数:96
勝利数:62

29.アドリアン・ラビオ(PSG、ユベントス):64.4%
試合数:45
勝利数:29

30.クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユベントス):64.2%
試合数:173
勝利数:111

関連ニュース
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドいまやフリーも…バイエルンCEO「我々の哲学にそぐわない」 改めて否定

フリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、バイエルンのユニフォームに袖を通す姿はやはりお目にかかれなさそうだ。 C・ロナウドは今夏の移籍騒動からマンチェスター・ユナイテッドで不穏さを醸すなか、カタール・ワールドカップ(W杯)開幕前にイギリスメディアでクラブのありとあらゆる方面に噛みついたインタビューが決定打となり、22日に契約解消。言わずもがな、スター選手だが、所属先なしでW杯参戦している。 今夏にも選手代理人のジョルジュ・メンデス氏が売り込みをかけたクラブの1つとして囁かれながら、「我々のフィロソフィーに沿わない」と話したバイエルン最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏はドイツ『スカイ』で「我々はこの件について、もう解を出した」と改めて獲得の可能性を否定した。 「我々にははっきりとしたアイデアがあり、どのようにしてチームを作っていくべきかという部分にも明確なフィロソフィーがある。彼を評価しているが、議論の余地なしさ。我々の誰もがクリスティアーノ・ロナウドのことを好いているが、哲学にそぐわない」 そんなC・ロナウドの去就を巡っては現時点でサウジアラビアの強豪アル・ナスルが高待遇のオファーを出したとの噂。今後の動向が注目される。 2022.11.30 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

30歳目前でもメガクラブの触手減らず... トッテナム、W杯後にケインと話し合いへ

トッテナムが、イングランド代表FWハリー・ケイン(29)との話し合いの場を設けるつもりのようだ。 ケインは現在、イングランド代表としてカタールW杯に参戦中で、グループステージ2試合を終えて自身のゴールこそないものの、初戦のイラン代表戦では2アシストで勝利に貢献。31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる状況だ。 所属するトッテナムとの契約は2024年6月までだが、過去に何度もメガクラブ行きが噂され、マンチェスター・シティやユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなどから触手が。イギリス『Football Insider』によると、稀代の点取り屋に対し、現在はレアル・マドリーが関心を強めているという。 これを受け、トッテナムの幹部らはW杯からの帰国に合わせ、選手側とのミーティングを調整。アントニオ・コンテ監督の要望はもちろんのこと、幹部らとしても現役引退までクラブでプレーを続けてもらいたい考えだ。 一方、以前にはチェルシーのレジェンド、ジョン・テリー氏が「ケインはトロフィー獲得の野望を隠しておらず、スパーズではそれが不可能だと理解している」と発言。ケインは来年で30歳を迎えるが、その去就に注目が途切れることはしばらくはなさそうだ。 2022.11.28 16:44 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯初戦で重傷のリュカ、手術が無事成功…近くリハビリ

フランス代表DFリュカ・エルナンデスの手術が成功した。所属先のバイエルンが25日に発表している。 フランス代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むリュカ・エルナンデスだが、22日に行われたグループD第1節のオーストラリア代表戦で早々に負傷交代。右ヒザの前十字じん帯断裂という重傷を負った。 クラブによると、リュカ・エルナンデスは24日の夜にオーストリアのインスブルックで手術。クリスチャン・フィンク医師が執刀し、無事に成功したとのことで、数日のうちにミュンヘンでリハビリを始めるという。 なお、全治は一部メディアの見立てで約半年といわれ、残るW杯欠場はもちろんのこと、バイエルンでの残りシーズンも絶望的な様相を呈している。 2022.11.26 09:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly