プレミアリーグ版“あの人は今”イレブンを英紙選出!Jリーガーも名を連ねる

2020.11.19 12:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日、かつてアーセナルやバルセロナで活躍していた元カメルーン代表MFアレクサンドル・ソングが、ジブチのアルタ・ソラール7に加入することが決まった。

プレミアリーグファンにはやや懐かしい名前だったはずだが、ソングのようにかつてプレミアリーグで活躍しながら、今は遠く離れた場所でプレーを続ける選手たちは多くいるようだ。イギリス『サン』がそういった選手たちでベストイレブンを組んでいる。


◆フェルマーレンが決めたバルセロナ初ゴール


GKはかつてリバプールにも所属した元オーストラリア代表GKブラッドリー・ジョーンズが選出。ジョーンズはサウジアラビアのアル・ナスルで今も守護神として活躍している。

最終ラインはセンターバックが3枚並んでいる。ニューカッスルで21年間プレーしたイングランド人DFスティーブン・テイラーに加え、元リバプールの元スロバキア代表DFマルティン・シュクルテルが入っている。シュクルテルはトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルでセンターバックとして活躍し、今季はチャンピオンズリーグにも出場中だ。

そして、左のセンターバックに選ばれたのがヴィッセル神戸のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン。日本ではJリーグでの活躍を見ている分、この中に名前が挙がるのは違和感があるが、アーセナルでプレーしていたのは2014年までであり、日本で約1年半プレーするフェルマーレンがイギリスでこういった認識を受けるのも無理はないか。

中盤には実力者たちが名を連ねる。チェルシーでの活躍が印象的な元コートジボワール代表FWサロモン・カルーは、ブラジルのボタフォゴでMF本田圭佑とともにプレー。マンチェスターでしのぎを削った元オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨングと元ポルトガル代表FWナニは、それぞれカタールとアメリカでプレーを続けている。

また、しばしばマンチェスター・ユナイテッド最悪の補強の一人として名前が挙がる元カメルーン代表MFエリック・ジェンバ=ジェンバは、2016年からスイス5部のベレイゲス=ヴァロルブでプレー。39歳となった今も現役を継続中だ。

その他、かつてリバプールで活躍し、現在は下部組織時代を過ごしたニューウェルズ・オールドボーイズでプレーする元アルゼンチン代表MFマキシ・ロドリゲスやイングランド9部で現役復帰した元ジャマイカ代表FWリカルド・フラーもこのイレブンに選ばれた。

まさに“あの人は今”シリーズに登場してきそうな面々が揃ったイレブン。彼らのキャリアはまだ続いていく。



◆プレミアリーグ版“あの人は今”イレブン(括弧内はプレミアリーグでの所属クラブ)
GK
ブラッドリー・ジョーンズ(38)/アル・ナスル(ミドルズブラ、リバプール)
DF
スティーブン・テイラー(34)/ オリッサ(ニューカッスル)
マルティン・シュクルテル(35)/ イスタンブール・バシャクシェヒル(リバプール)
トーマス・フェルマーレン(34)/ヴィッセル神戸(アーセナル)
MF
サロモン・カルー(35)/ボタフォゴ(チェルシー)
アレックス・ソング(33)/ アルタ・ソラール7(アーセナル、ウェストハム)
ナイジェル・デ・ヨング(35)/ アル・シャハニア(マンチェスター・シティ)
エリック・ジェンバ=ジェンバ(39)/ ベレイゲス=ヴァロルブ(マンチェスター・ユナイテッド)
ナニ(33)/オーランド・シティ(マンチェスター・ユナイテッド)
マキシ・ロドリゲス(39)/ ニューウェルズ・オールドボーイズ(リバプール)
FW
リカルド・フラー(41)/ ハンリータウン(ストーク・シティ、ポーツマス)

関連ニュース
thumb

アルテタ監督がバルサ指揮官就任の噂を完全否定「アーセナルでこの上なく幸せ」

バルセロナ行きの噂が上がっているアーセナルのミケル・アルテタ監督が、クラブに完全に集中していることを強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 バルセロナでは今月7日に会長選挙が控える中、最有力候補と目されるジョアン・ラポルタ氏は先日、スペインラジオ局『RAC1』の番組で、当選した暁には、ロナルド・クーマン現監督に代わってアルテタ監督が招へいする可能性を示唆していたことが伝えられた。 選手としてはバルセロナのカンテラーノの肩書を持つアルテタ監督は、指導者としても同じバルセロナ下部組織出身のジョゼップ・グアルディオラ監督に師事しており、その哲学を受け継いでいる人材でもある。 アルテタ監督はそんな背景から、自身がバルセロナ指揮官の候補に挙がる可能性があることを認めつつ、選挙を間近に控えたこのタイミングでは、様々な憶測が飛び交うものだとコメント。しかしながら、就任の噂については完全に否定している。 「私はここでしなければならない仕事に完全に集中している。本当に多くのタスクがあり、私はそれを楽しんでいるよ」 「このクラブを率いることができるのは特権だと思っている。そして私はこの上なく幸せだ」 また、記者から将来的なバルセロナ監督就任の可能性を問われたスペイン人指揮官は「今日も明日も私はアーセナルの監督だ。本当に楽しんでいるし、これまで以上の成果を成し遂げたいと思っている」と、否定するまでもないという様なコメントを返したという。 2021.03.03 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

真価を発揮し始めたペペ称賛のアーセナルOB「シーズン序盤はなかった自信を持っている」

アーセナルのレジェンドであるイアン・ライト氏が、古巣に所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペを称賛した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ペペは2019年夏に、クラブ史上最高額となる7200万ポンド(現レートで約107億円)の移籍金でリールから加入。リール時代には公式戦79試合出場37ゴール17アシストを記録しており、エース級の活躍が期待されていた。 しかし、昨季はプレミアリーグやチームへのフィットに苦しみ、公式戦42試合8ゴール10アシストの成績に留まっている。今季もなかなか出場時間は増えず、第9節のリーズ・ユナイテッド戦では頭突きによって退場処分を受けるなど、苦しい時間が続いていた。 このままミケル・アルテタ監督の構想から外れる可能性も囁かれていたが、第20節サウサンプトン戦で先発出場を果たしたペペは1ゴールを記録。そこから順調に出場時間が増加していき、2月28日に行われた第26節レスター・シティ戦でも、チームを勝利に導く貴重なゴールをマークしている。 オーストラリア『Optus Sport』に出演したライト氏は、こうしたペペの活躍を称賛。今のコートジボワール代表ウィンガーは、これまで見られなかった自信を手にしていると語った。 「(リーズ戦で)レッドカードを受けてから、(ニコラ・)ペペはより一層努力している。監督が『ボールを握って、やるべきことをやれ』と言ったのだと思うね。そして彼はそれを受け止め努力しており、ボールを手にした時はより積極的だ」 「彼はシーズンの初めには見られなかった、ある程度の自信を持っているようだ。ペペの移籍金については、彼自身に何も関係がない。監督が起用したい方法で使えばいいんだ。彼とセドリック(・ソアレス)の相性は本当によく、上手くサポートできていると思う」 また、ペペについては加入以来否定的な態度を取り続けてきたクラブレジェンドのトニー・アダムス氏も、同選手の最近の活躍を称えている。 「私はペペに対して批判的だった。7200万ポンドもの金額を支払うほど、彼が必要だとクラブが思う理由が分からなかったんだ。我々には(ブカヨ・)サカを筆頭に、良い選手が所属していたのにね」 「彼が私の批判を終わらせてくれると願っているよ。良いパフォーマンスを披露しており、それは少しの閃きをもたらすのに必要なことだ。ヨーロッパリーグ(EL)に残ればそれだけプレー時間は増え、自信をつけていくだろう。そうすれば来シーズン、彼は我々にとって特別な選手になれるかもしれない」 2021.03.03 13:43 Wed
twitterfacebook
thumb

「勝利以上に…」アーセナルのアルテタ監督、2015年以来初のトップ3相手のアウェイ勝利に満足

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは2月28日、プレミアリーグ第26節でレスター・シティとアウェイで対戦した。 プレミアリーグで3位に位置するレスターとの一戦を、ボトムハーフで迎えたアーセナル。すると6分にユーリ・ティーレマンスにゴールを奪われ、早々にリードを許す。 前節の首位マンチェスター・シティ戦での開始早々のゴールが蘇る状況となったが、この日のアーセナルは冷静にプレー。39分にFKからダビド・ルイスが豪快にヘディングで決めて同点とすると、前半終了間際には相手のハンドによりPKを獲得。アレクサンドル・ラカゼットが落ち着いて決めて、前半のうちに逆転に成功する。 後半に入ると、レスターはハーヴェイ・バーンズが早々に負傷交代。すると、アーセナルは直後にカウンターから最後はニコラ・ぺぺが決めて3点目を奪取。その後はしっかりと守りきり、1-3で逆転勝利を収めた。 アルテタ監督はこの試合のパフォーマンスが今季ベストなのではとの質問に「ベストかどうか分からない」とコメント。しかし、チームのパフォーマンスを褒め称えた。 「チームのパフォーマンス、そしてキャラクター、我々が示した落ち着きについては確かに満足している」 「ベンフィカ戦での逆転劇から戻ってきて、とても早い時間にビハインドを負った。最高のチームであるレスターに対して、本当に難しい状況に陥ってしまった」 「我々は試合で本当に良い瞬間を見せ、堅実に戦い、試合を支配し、全体として勝つことに値した」 また、この試合はアーセナルにとって、2015年以来初となるアウェイでのトップ3のチーム相手の勝利となったが、アルテタ監督は結果以上にそのレベルの相手とどう戦うかが重要だと語った。 「私にとってはそれだけではなく、最高のクオリティの相手とどう戦うかが重要だ。常にアーセナルでいようとすることで、自分たちのマインドを落ち着かせることができる」 「誰と対戦するかは関係ない。トップレベルの相手と対戦するには、勇気が必要だ。勝利を誇りに思うが、それ以上に我々が成し遂げた方法を誇りに思う」 2021.03.01 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷交代バーンズも最低1カ月半アウト? レスター故障者多数

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がイングランド代表MFハーヴェイ・バーンズの離脱を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターの育成組織出身で、2018-19シーズンから頭角を表していき、2019-20シーズンからロジャーズ監督の信頼を完全に勝ち取ったバーンズ。今季もトップ4争いを演じるチームの原動力として、抜群の存在感を誇るサイドアタッカーだ。 しかし、1キャップのイングランド代表歴も持つバーンズは2月28日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節のアーセナル戦に先発すると、後半開始早々に左ヒザを負傷。ピッチで治療を受けたが、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデルと交代した。 試合もアーセナルに1-3の逆転負けを喫して、公式戦連敗のロジャーズ監督はバーンズの状態について「良い知らせなんてない」と話し始め、1カ月半程度の離脱を示唆している。 「手術が必要に感じる。(復帰までに)最低でも6週間ほどかかるだろう。数週間前に痛めたヒザを悪化させてしまったんだ。我々からすれば、大きな痛手だ。詳細は月曜日にわかってくるだろう」 レスターは現在、DFウェズ・モーガン、DFジェームズ・ジャスティン、DFヴェスレイ・フォファナ、MFジェームズ・マディソン、MFデニス・プラート、FWアジョセ・ペレスが戦線離脱。マンチェスター勢を追う3位に位置しているが、苦しい台所事情のなかでその座を守れるか。 2021.03.01 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがレスターに敵地で4試合ぶり白星!ダビド・ルイス、ラカゼット、ペペの3発で逆転勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、レスター・シティvsアーセナルが28日に行われ、1-3でアウェイのアーセナルが勝利した。 リーグ戦直近12試合で7勝4分け1敗と好調のレスター。その中にはトッテナムやチェルシー、そしてリバプールを敗った試合もあり、堂々の3位につけている。しかしながら、ヨーロッパリーグ(EL)ではその限りではなく、25日の一戦はスラビア・プラハに0-2で敗れ、ラウンド32で敗退を喫した。 一方のアーセナルは、リーグ戦ではここ4試合で3敗と苦しんでいるが、ヨーロッパリーグでは強豪ベンフィカを下してベスト16へ進出。3連敗中のキングパワー・スタジアムにこの勢いを持ち込みたい。 しかし、試合は早々にレスターが動かす。6分、敵陣右サイドで味方との連係でティーレマンスがボールを奪取。ショートカウンターで開けたサイドからボックス右へ侵入すると、そのまま迷わず右足を振り抜きネットを揺らした。 前節のマンチェスター・シティ戦に続いてキックオフ直後での失点となったアーセナル。徐々にポゼッションを高めてリズムを作る中、12分にボックス右付近でペペがティーレマンスに倒されて笛が吹かれる。主審はペナルティスポットを指したが、VARで確認した結果、わずかにエリアの外。このFKは活かすことはできなかった。 それでも7割の支配率を誇るアーセナルは、27分にジャカの縦パスを受けたウィリアンが惜しいシュートを放つなど攻撃の形を作っていく。すると39分、右サイドのボックス付近で得たFKでウィリアンがクロスを上げると、相手の死角から飛び込んだダビド・ルイスが頭で流し込み同点に追いついた。 良い時間に取り返したアーセナルだが、前半の内に逆転に成功する。アディショナルタイム、ペペがボックス手前右から上げたクロスがエンディディの手に当たりPKを獲得。この正真正銘のPKをラカゼットが決め切り、アウェイチームがリードを得て試合を折り返した。 レスターは後半からケガの疑いのあるトーマスを下げてオルブライトンを投入。直ちに立て直したいところだったが、51分にはバーンズも足を痛めてしまい、ここで2枚目の交代カードを切ることになってしまった。 嫌な雰囲気が漂うレスターを尻目に、アーセナルが追撃に出る。52分、ピッチ中央でボールを奪いカウンターへ移行。右からペペが持ち上がり、ボックス手前で、前半にスミス・ロウの負傷交代でピッチに出ていたウーデゴールに預ける。ウーデゴールはこれをさらに左斜め前へ送ると、最後はウィリアンの折り返しをゴール前に詰めていたペペが押し込んで3点目を決めた。 その後は、より丁寧にパスを回しながら守備に重きを置いたアーセナルに対し、レスターがなかなか攻勢に出られない時間が続く。72分にオルブライトンがシュートを放つが、味方に当たって枠の外へ。 試合を締めにかかるアーセナルは、エルネニーやラカゼットを下げてパルティ、オーバメヤンを投入。オーバメヤンは投入直後の87分にボックスの外からシュートを狙うなど、積極的に決定的なゴールを奪いにいく。 後半アディショナルタイムは7分と長めに取られた中で、レスターはイヘアナチョが立て続けにシュートを放ったが、DFにブロックに遭い万事休す。試合は1-3でアーセナルが逆転勝利を収めた。 2021.02.28 23:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly