ゴールデンボーイ賞最終候補20名が発表! サンチョやフォーデンらイングランドから最多5名

2020.10.15 22:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア『トゥットスポルト』が2020年ゴールデンボーイ賞の最終候補20名を発表した。『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞は2003年からスタート。ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手が対象となり、その年に最も活躍した若手選手を決めるスーパースターへの登竜門的な位置づけの賞だ。2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが輝いていた。

18度目となる今回も錚々たるタレントが候補入り。日本人選手ではビジャレアルMF久保建英、AZのDF菅原勢の2選手が100名の候補に選出されていたが、8月の段階で菅原、9月の段階で久保が惜しくも落選していた。

そして、最終候補20名に選出されたのは、MFアルフォンソ・デイビス(バイエルン)、FWアンス・ファティ(バルセロナ)、FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)、FWヴィニシウスジュニオール(レアル・マドリー)といった各国のメガクラブで主力として活躍する逸材たちとなった。

なお、国別ではMFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)、MFフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)、FWブカヨ・サカ(アーセナル)、FWカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)が選出されたイングランドの5人が最多となっている。

◆2020年のゴールデンボーイ賞最終候補

DFミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン/オランダ)
MFエドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ/フランス)
FWジョナサンデイビッド(リール/カナダ)
MFアルフォンソ・デイビス(バイエルン/カナダ)
DFセルジーニョ・デスト(バルセロナ/アメリカ)

FWファビオ・シウバ(ウォルバーハンプトン/ポルトガル)
FWアンス・ファティ(バルセロナ/スペイン)
MFフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ/イングランド)
MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス/オランダ)
FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

FWアーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー)
FWカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー/イングランド)
MFデヤン・クルゼフスキ(ユベントス/スウェーデン)
FWロドリゴ(レアル・マドリー/ブラジル)
FWブカヨ・サカ(アーセナル/イングランド)

MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント/イングランド)
MFドミニク・ショボスライ(ザルツブルク/ハンガリー)
MFサンドロ・トナーリ(ミラン/イタリア)
FWフェラン・トーレス(マンチェスター・シティ/スペイン)
FWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/ブラジル)
コメント
関連ニュース
thumb

ディアビ無双のレバークーゼンがドルトムント撃破で暫定2位浮上!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、レバークーゼンvsドルトムントが19日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが2-1で勝利した。 4戦未勝利(1分け3敗)で3位のレバークーゼンと、前節、最下位のマインツ相手に痛恨のドローにとなった4位のドルトムントによる、勝ち点29で並ぶ上位対決。 前半戦を勝利で終えたいドルトムントは前節から先発2人を変更。負傷のザガドゥ、累積警告のジャンに代えてアカンジ、デラネイを代役に起用した。 立ち上がりは前から圧力をかけたドルトムントが主導権を握り、相手を押し込んだ形からフンメルス、ロイスと積極的にシュートを放っていった。 しかし、先にゴールをこじ開けたのはホームのレバークーゼン。14分、左サイドのベイリーの浮き球のフィードに完璧なタイミングで抜け出したディアビがボックス内でのGKとの一対一を冷静に制した。 敵地で先制を許したものの、慌てることなく反撃を試みるドルトムントは比較的容易にアタッキングサードまでボールを運ぶが、アタッキングサードでは細かい連携ミスが目立ってなかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。23分にはボックス付近での波状攻撃からムニエのシュート性のクロスにゴール前のハーランドが飛び込むが、わずかに反応が遅れてボールを押し込めない。 すると、前半半ばを過ぎると、相手のハイラインの背後、2ボランチの脇のギャップを効果的に使うレバークーゼンが完全に試合の主導権を掌握。とりわけ、右ウイングに入ったディアビがそのアジリティとスピードで優位性をもたらし、再三の鋭い仕掛けでドルトムントゴールに襲い掛かる。 だが、ボックス内での決定機はGKビュルキのビッグセーブに阻まれる。さらに、前半終了間際の44分にはディアビの浮き球クロスをゴール前のアラリオがドンピシャのヘディングで合わすが、これもビュルキのセーブに遭い追加点を奪うことはできず。 守護神ビュルキの奮闘によって辛くも最少得点差を維持して試合を折り返したドルトムントは後半も立ち上がりは勢いを持って入る。54分にはボックス付近での鮮やかな連携からロイス、ハーランドにシュートチャンスも相手の粘り強い寄せに遭い、フィニッシュまで持ち込めない。 それでも、前半に比べて攻守の切り替えがスムーズになったアウェイチームは相手に攻撃の機会を与えず、波状攻撃を仕掛けていく。すると、67分には左CKの流れから高い位置でボールを奪い返してペナルティアーク付近のブラントの足元へラファエウ・ゲレイロの横パスが繋がる。ここでブラントが見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に流し込み、古巣相手に今季初ゴールを挙げた。 これで完全に流れを掴んだドルトムントは直後にもサンチョの中央突破を起点とした厚みのある攻めからゴール右でルーズボールに反応したブラントに2点目のチャンスも、ここはDFの決死のゴールカバーに阻まれた。 その後は互いに選手交代を切りながらオープンな攻防を繰り広げていく。その中でドルトムントがより相手ゴールに迫るが、サンチョらがボックス付近での決定機を決め切れない。 すると80分、相手陣内左サイドでシックとディアビがムニエからボールを奪い切ってショートカウンターを発動。最後はドリブルでボックス付近に切り込んだディアビからの丁寧なラストパスを受けたヴィルツが強烈な右足のシュートをゴール左隅に突き刺した。 17歳の新星ヴィルツのゴールで勝ち越しに成功したレバークーゼンはここから堅守速攻の色合いを強めていく。これに対してドルトムントはムココ、ティッゲスと若手ストライカーを終盤に投入し、パワープレーでゴールをこじ開けにかかる。 そして、試合終盤にかけても見ごたえのある攻防が繰り広げられたが、これ以上スコアは動くことなくこのままタイムアップ。ディアビの圧巻のパフォーマンスでドルトムントに競り勝ったレバークーゼンが暫定2位に浮上し、前半戦を終えることになった。敗れたドルトムントは2戦未勝利での厳しいシーズン折り返しとなった。 2021.01.20 06:40 Wed
twitterfacebook
thumb

衝撃のデビューから1年…“神童”ハーランドがドルトムントデビューでいきなり見せた鮮烈ハットに再脚光

今やフットボールファンなら誰もが知っている存在と言っても過言ではない。ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)だが、彼が欧州5大リーグにやってきたのはたった1年前のことだ。 オーストリアのザルツブルクで日本代表FW南野拓実(現リバプール)らとともに頭角を現すと、10代にして初めてチャンピオンズリーグで開幕から5試合連続ゴールを記録するなど、驚異的な得点力を発揮。オーストリア・ブンデスリーガでは、14試合で16ゴール6アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では前述の通り5試合連続ゴールを含む6試合で8ゴール1アシストを記録した後、2019年12月に鳴り物入りでドルトムント入りした。 そしてウィンターブレイク明けの1月18日、ブンデスリーガ第18節のアウグスブルク戦で衝撃のデビューを果たす。 ハーランドはこのゲームでベンチからスタートすると、チームが2点ビハインドの56分にルシアン・ファブレ監督から声がかかり、ピッチへ。その3分後の59分に記録した移籍後ゴールを皮切りに、70分、79分にも相手ゴールを陥れ、チームを逆転に導くハットトリックを成し遂げた。 ドルトムントの選手として、デビュー戦でハットトリックを達成したのは2013年のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(現アーセナル)以来。ブンデスリーガ史上7人目の達成者となり、途中出場からだと初の快挙だった。 当時19歳のノルウェー人ストライカーは試合後、「何故か、かなりリラックスできている。今の僕は素晴らしいクラブにいる。ゴールを決めるためにここに来たわけだから、良いデビューだったね」と話していた。 衝撃デビューから1年が経った今日、SNS専門メディア『433』も「一年前の今日、アーリング・ハーランドがハットトリックするためにベンチから出てきてドルトムントデビュー。そして、そこからは歴史的だ」と改めてそのインパクトの大きさを振り返っている。 ハーランドの活躍は一時的なものにとどまらず、ドルトムントではここまで公式戦35試合で35ゴール6アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで11試合12ゴール2アシスト、CLで4試合6ゴールを記録。すでに世界最高のストライカーの一人に名を連ねようとしている。 <div id="cws_ad">◆ハーランド衝撃のドルトムントデビュー戦<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">One year ago today, <a href="https://twitter.com/ErlingHaaland?ref_src=twsrc%5Etfw">@ErlingHaaland</a> came off the bench to score a hat-trick on his <a href="https://twitter.com/BlackYellow?ref_src=twsrc%5Etfw">@BlackYellow</a> debut. And the rest is history... ⁣<br>⁣<br> <a href="https://twitter.com/Bundesliga_DE?ref_src=twsrc%5Etfw">@Bundesliga_DE</a> <a href="https://t.co/CEhkMvI1uV">pic.twitter.com/CEhkMvI1uV</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1351176442508419072?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.19 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルト指揮官が勝ち点並ぶレバークーゼンとの直接対決へ意気込み 「勝ち点3を獲るだけでなく…」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督がレバークーゼン戦に向けて、意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第17節でレバークーゼンと対戦。勝ち点29で4位のドルトムントにとっては、勝ち点で並んでいるものの、得失点で上回る3位レバークーゼンとの順位を逆転させる絶好のチャンスだ。 テルジッチ監督は最下位のマインツを相手に1-1の引き分けに終わった前節について「土曜日の夜はひどくがっかりした」と落胆のコメント。しかし、「我々はすでに乗り越えており、早く前に進めて良かった。 明日の夜はもっとうまくやりたい」とも語り、切り替えができていることをアピールした。 また、対戦相手のレバークーゼンを称賛。すべてのコンペティションにおいて優勝の可能性を残しているという点がチームの質の高さを表していると語った。 「彼らは非常に良いシーズンを過ごしており、3つのコンペティション全てにおいて、まだ生き残っている」 「それは彼らの質の高さを物語っている。彼らは非常に良い相手だ。我々にとって手ごわい存在となるだろう」 最後に勝ち点で並ぶ相手との直接対決の重要性について強調。シーズン前半最後の試合に向け、意気込んだ。 「ライバルとの直接対決では、勝ち点3を確実に獲得することだけでなく、相手に勝ち点を落とさせることもできる。シーズン前半戦を勝利で締めくくりたい」 「我々もまだ3つのコンペティション全てに関わっている。我々の目標はまだすべて達成可能だ」 2021.01.19 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのザガドゥがまたも負傷…レバークーゼンとの上位戦含む2試合欠場へ

ドルトムントは17日、U-21フランス代表DFダン=アクセル・ザガドゥが筋肉系のトラブルによって離脱することを発表した。 ザガドゥは16日に行われたブンデスリーガ第16節のマインツ戦に先発するも、負傷でハーフタイムに交代。試合後、エディン・テルジッチ監督は「筋肉のケガだ。太ももの裏に少し違和感があったので、すぐに対処しなければならなかった」と説明していた。 現時点でクラブから離脱期間について明らかにされていないが、ドイツ『キッカー』によれば、19日に行われるブンデスリーガ第17節のレバークーゼン戦、22日に行われる第18節のボルシアMG戦を欠場する模様だ。 パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身のザガドゥは2017年夏にドルトムント入り。高いポテンシャルを見せるも、度重なる負傷に苦しんでおり、今季も昨年12月にようやく復帰を果たしたばかりだった。 2021.01.19 12:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ロイスPK失敗のドルトムント、最下位マインツに痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

ドルトムントは16日、ブンデスリーガ第16節でマインツをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節ライプツィヒを撃破して上位に食らいついた4位ドルトムント(勝ち点28)は、アキレス腱を断裂したヴィツェルが今季絶望となった中、ベリンガムとジャンが中盤センターでコンビを組んだ。 最下位マインツ(勝ち点6)に対し、最前線にハーランド、2列目に右からサンチョ、ロイス、ブラントと並べたドルトムントが開始2分に先制しかける。右サイドを抜け出したムニエのグラウンダークロスをロイスが落とし、ボックス右のハーランドが押し込んだが、ムニエがオフサイドだったとしてVARの末ノーゴールに。 続く23分、敵陣高い位置でボールを奪った流れからボックス内のブラントが決定的なシュートを放つもGKの好守に阻まれたドルトムントは、26分にはジャンのスルーパスに反応したボックス中央のロイスがGKと一対一となるビッグチャンスを迎えるも、ここもGKゼントナーのファインセーブに阻まれる。 さらに31分、ハーランドのポストプレーからボックス右のベリンガムがシュートを放つと、左ポストに直撃した。 ゴールレスで迎えた後半、ドルトムントが押し込む流れが続いたが、57分にマインツにファインゴールで先制される。右サイドを上がったエツナリにカットインから左足を振り抜かれると、完璧なミドルシュートがゴール右上に決まってしまった。 失点を受けてベリンガムに代えてムココを投入したドルトムントは、64分にピンチ。FKからハックのヘディングシュートがバーに直撃した。 助かったドルトムントは73分、同点に追いつく。ボックス左で粘ったムココのプレーを起点に、ルーズボールをボックス中央のムニエがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 ムニエに移籍後初ゴールが生まれたドルトムントは1分後にPKを獲得する。ボックス右で仕掛けたムニエがハックに倒された。しかし、キッカーのロイスはシュートを枠の左に外して逆転とはならない。 78分にはラツァにポスト直撃のシュートを浴びてヒヤリとしたドルトムントは終盤にかけてはチャンスを生み出せず、最下位相手に痛恨の引き分けに終わっている。 2021.01.17 01:38 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly