ベネヴェント、ジェノアから元イタリア代表FWラパドゥーラを獲得! 今夏5人目の補強に

2020.09.03 08:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベネヴェントは2日、ジェノアから元イタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。2015-16シーズンのセリエBで27ゴールを挙げて得点王に輝いたラパドゥーラは、この活躍が評価されて2016年の夏にミランへ完全移籍。加入初年度はリーグ戦27試合に出場し8ゴールを挙げたが、大型補強を敢行したチームに留まることが出来ず、2017年の夏にジェノアへ買い取り義務付きのレンタル移籍で加入。

ジェノアでは在籍2シーズンで公式戦38試合に出場し8ゴールをマーク。昨シーズンは昇格組のレッチェにレンタルで加入すると、公式戦27試合に出場し13ゴールを記録した。

ベネヴェントは今夏、モナコからポーランド代表DFカミル・グリク、キエーボからイタリア人DFフェデリコ・バルバ、カリアリからモルドバ代表MFアルトゥール・ヨニツァら4人を獲得しており、ラパドゥーラは5人目の補強となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマに敗れたベネヴェント、ピッポは判定に不満「なぜVARを使わない」

ローマに敗れたベネヴェントのフィリッポ・インザーギ監督が判定に不満を表している。 18日に行われたセリエA第4節のローマ戦。昇格組のベネヴェントは、ここまで3試合を消化し、2勝1敗と上々の成績を残してきた。この試合でも立ち上がり5分にFWジャンルカ・カプラーリのゴールで先制する幸先の良いスタートを切る。 前半のうちに逆転を許したものの、55分にPKを獲得し、FWジャンルカ・ラパドゥーラのゴールで同点に。しかし、66分に今度はGKロレンツォ・モンティポがPKを献上。再び勝ち越しを許すと、そこからさらに2失点し、アウェイで5-2で敗戦した。 試合後、インザーギ監督はPK判定に不満を露わ。モンティポのプレーはPKではなかったと主張し、自チームに与えられたPKを含めて、VARを使わなかったことに疑問を呈した。イタリア『メディアセット』がコメントを伝えている。 「なぜモニターで見直さなかったのか。モンティポはボールに触れたと言っていたが、それでもPKであるなら、彼はどうすれば良かったのだ? 私はPKだと思わないね」 一方で、昇格組ながらローマと互角に戦った選手たちを称賛。「良い試合だった」とパフォーマンスの継続を求めている。 「オリンピコに来て、10本の枠内シュートを放ち、少なくとも70分までは互角に戦った。良い試合だったよ。5-2という結果はフェアではないが、このパフォーマンスを続けていきたい」 「一部の選手はセリエA初挑戦のため、エラーがあるのは当たり前のこと。だが、アウェイでローマにリードしていたというのも評価すべきだ。2-2に追いつき、3-3にするチャンスもあった」 2020.10.19 15:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマが今季初の連勝! 昇格組相手に内容拮抗もジェコのドッピエッタなど大量5ゴール奪う《セリエA》

セリエA第4節、ローマvsベネヴェントが18日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが5-2で勝利した。 インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節、ウディネーゼ相手にペドロの加入後初ゴールで辛勝したローマは、今季初の連勝を目指して昇格組ベネヴェントをホームで迎え撃った。 この試合、ジェコの下に右からペドロ、ペッレグリーニ、ムヒタリアンを並べる[4-2-3-1]に布陣を変更して臨んだローマだが、いきなり出ばなを挫かれる。5分、左サイドからカットインしたカプラーリが強引に放ったシュートがDFイバニェスにディフレクトして大きくコースが変わると、これがGKミランテの頭上を越えてネットに吸い込まれた。 ホームで先制を許す厳しい入りとなったローマはすぐさま反撃。左ウイングに入ったムヒタリアンがサイドを深くえぐって際どいクロスを供給。さらに、24分にはダイレクトパスが繋がり、ボックス左に抜け出したペドロのクロスにムヒタリアンが頭で合わせるが、相手DFに当たって勢いが弱まったシュートはGKの守備範囲。 押し込みながらも攻めあぐねる状況が続くホームチームだが、前節のウディネーゼ戦に続きペドロが決定的な仕事を果たす。31分、中盤でのボール奪取からショートカウンターに転じ、ボックス左に抜け出したスピナッツォーラのマイナスの折り返しをペッレグリーニがシュート。これは相手にブロックされるも、こぼれ球に反応したペッレグリーニがすかさず右でフリーのペドロに落とすと、元スペイン代表FWの左足のシュートがGKの手を弾いてネットを揺らした。 さらに、畳みかけるローマは圧巻の高速カウンターから悩めるカピターノに今季最初のゴールが生まれる。 35分、相手セットプレーの流れからボールを確保したGKミランテが絶妙なパントキックで前線に走り込むムヒタリアンへボールを繋ぐ。そして、ムヒタリアンは左を並走するジェコへ斜めのラストパスを送ると、ボックス左へ抜け出したジェコが冷静にファーポストへ右足のシュートを流し込んだ。なお、これでローマ通算107ゴール目のボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWはクラブ歴代得点ランキングで単独4位に浮上した。 その後、前半終了間際には波状攻撃からクリスタンテの高速クロスをゴール前のムヒタリアンがワンタッチで流し込み、3点目奪取かに思われたが、VARによるレビューの結果、数プレー前のオフサイドを取られてこのゴールは認められず。それでも、前半のうちに試合を引っくり返したローマが良い形で試合を折り返した。 しかし、ローマは後半も試合の入りに失敗。自陣ボックス内でトラップが大きくなったヴェレトゥが慌ててボールリカバリーを試みた際に、ヨニツァの足を踏んでしまい、痛恨のPK献上。キッカーのラパドゥーラのシュートはGKミランテが見事な反応で一度は止めるも、こぼれ球を流し込まれて55分の同点ゴールとなった。 ミスから追いつかれて嫌な空気が漂うローマは、61分にもロベルト・インシーニェのラストパスに抜け出したラパドゥーラに決定機を許すが、ここはGKミランテが勇敢な飛び出しで阻止。すると、66分にはスルーパスに抜け出したペドロがボックス内でGKに倒されてPKを獲得。これを先ほどPKを献上したヴェレトゥがきっちり決めて勝ち越しに成功した。 このまま逃げ切りたいローマは、直後にいずれもカードをもらっていたサントン、ヴェレトゥに代えてブルーノ・ペレス、ビジャールを同時投入。すると、この交代が4点目をもたらす。 77分、自陣ボックス手前でボールを持ったビジャールが複数の味方を引き連れて中央をドリブルで持ち上がる。そして、絶妙なタメから左サイドでオンサイドのムヒタリアンへスルーパスを通すと、ボックス内まで運んだアルメニア代表MFからのプレゼントパスをジェコが難なく流し込み、ドッピエッタを達成した。 この4点目で勝利を大きく手繰り寄せたローマは、ジェコに代えて新戦力のマジョラルをデビューさせるなど、試合を締めにかかる。89分には途中出場のカルレス・ペレスが見事な右サイドからのカットインで左足のシュートを突き刺し、トドメの5点目とした。 内容面では拮抗も最後は昇格組相手に地力の差を見せつけたローマが、カピターノのドッピエッタの活躍などで5-2の勝利。今季初の連勝を飾っている。 2020.10.19 05:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ラパドゥーラ弾に沈んだボローニャ、昇格組のベネヴェントに痛恨の敗戦…《セリエA》

冨安健洋の所属するボローニャは4日、セリエA第3節でベネヴェントと対戦し0-1で敗戦した。冨安はフル出場した。 前節のパルマ戦を快勝したボローニャは、その試合からスタメンを2人変更。冨安は左CBで3試合連続スタメン出場している。パルマ戦で負傷したポーリとダニーロに代えてメデルとスベンベリがスタメンで起用された。 昇格組のベネヴェントに対し、立ち上がりから攻勢に出るボローニャは12分、バロウの左CKをファーサイドのデ・シルベストリがヘディングシュート。しかし、これはGKモンティポが正面でキャッチした。 良い入りを見せたボローニャだったが、17分にアクシデント。プレー中に左足を痛めたメデルがピッチに座り込むと、メディカルスタッフの治療を受けるも続行不可能となり、そのままダニーロとの交代を余儀なくされた。 不運な形で交代カードを使ったボローニャは28分、スベンベリのスルーパスをボックス手前で受けたバロウがシュートフェイントからボックス内に侵入。飛び出したGKをかわしシュートを放ったが、これはGKモンティポがわずかに触り、枠を外した。 さらに40分には、ソリアーノのスルーパスでゴール左手前に抜け出したスコフ・オルセンが決定機を迎えたが、このシュートも飛び出したGKモンティポの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ボローニャは55分にピンチを迎える。ファルケのパスをボックス中央右のラパドゥーラがヒールパスで繋ぐと、中央で受けたカプラーリが反転から右足を振り抜いたが、シュートは枠の左上に外れた。 ピンチを凌いだボローニャは、直後にチャンスを迎える。56分、自陣からのロングフィードに反応したバロウがボックス右まで持ち上がりマイナスの折り返しを供給。中央に駆け上がったスコフ・オルセンが右足で合わせたが、シュートは相手GKの好守に防がれた。 一進一退の展開が続く中、ボローニャは66分にセットプレーから先制を許す。サウの左CKをゴール右手前でヒッキーの前に飛び出したラパドゥーラが右足で流し込んだ。 先制を許したボローニャはすぐに反撃。69分、右CKをニアサイドでパラシオがフリックすると、相手DFにディフレクトしたボールをデ・シルベストリが落とし、最後はゴール前のスベンベリが左足で流し込んだ。 このゴールで同点かと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ボールがデ・シルベストリの腕に当たっており、ハンドの判定でゴールは取り消された。 同点のチャンスを逃したボローニャは、78分にサンソーネ、ヴィニャートと攻撃的な選手を立て続けに投入。しかし、最後までベネヴェントの牙城を崩すことが出来ず。ボローニャは0-1で敗戦した。 2020.10.05 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカク2発にハキミの移籍後初弾などでインテルがベネヴェントに5発圧勝《セリエA》

インテルは9月30日、セリエA開幕節延期分でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。 インテルが8月にヨーロッパリーグを戦っていた影響で延期となっていたベネヴェント戦。4日前に行われた開幕戦のフィオレンティーナ戦を4-3と打ち勝って白星スタートとしたインテルは、フィオレンティーナ戦のスタメンから7選手を変更。ルカク、コラロフ、ヤング、GKハンダノビッチが引き続きスタメンとなり、新戦力のハキミとビダルが初先発となった。 サンプドリアに競り勝って白星スタートとしたインザーギ監督率いるベネヴェントに対し、ルカクとサンチェスの2トップで臨んだインテルは、開始30秒に先制する。 コラロフのサイドチェンジを受けたハキミがサンチェスとのパス交換でボックス右に侵入。クロスを送り、ルカクがダイレクトで合わせた。 あっさり先制したインテルが試合をコントロールする中、25分に加点した。ハキミの右クロスをファーサイドのヤングがダイレクトで落とし、ボックス中央に侵入していたガリアルディーニが左足ボレーでゴールに突き刺した。 さらに3分後、ガリアルディーニがGKのキックをカットした流れから、ルカクがこの試合2点目を決めてリードを3点に広げる。 その後、34分にGKハンダノビッチのパスミスからカプラーリにゴールを許したインテルだったが、42分に4点目。決めたのは移籍後初ゴールとなるハキミ。左サイドからのヤングのクロスをルカクがスルーし、後方に詰めていたハキミが右足でねじ込んだ。 4-1で迎えた後半、余裕のインテルが流し気味にプレーする中、65分にルカクらをお役御免とする。 それでも72分、サンチェスのパスを受けたL・マルティネスがボックス手前左からコントロールシュートを決めて5点目。 その後、1失点を喫したものの5-2で圧勝したインテルが開幕2連勝スタートとしている。 2020.10.01 02:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ベネヴェント、トリノからFWイアゴ・ファルケをレンタル!

ベネヴェントは29日、トリノからスペイン人FWイアゴ・ファルケ(30)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ファルケはバルセロナのカンテラ出身で、ユベントスやトッテナム、ローマなどビッグクラブでの在籍経験を持つレフティーのアタッカー。2016年に加入したトリノでは加入後2シーズン連続でセリエA二桁ゴールを記録するなど主力として活躍した。 しかし、2018-19シーズン以降、徐々に出場機会を失い、今年1月には出場機会を求めて、古巣ジェノアに5年ぶりに復帰。セリエAで10試合2ゴール1アシストの数字を残したが、完全移籍への移行は果たされず、今夏トリノにレンタルバックしていた。 2020.09.29 20:02 Tue
twitterfacebook