ブレイズ、ボーンマス守護神を手中に収めるもD・ヘンダーソンを再々レンタル?

2020.08.19 17:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シェフィールド・ユナイテッドはマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(23)のさらなるレンタルを画策しているようだ。『ESPN』が報じている。

2018年夏に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッド入りにレンタル加入したD・ヘンダーソンは守護神としてプレミアリーグ昇格に貢献。レンタル延長で残留した今シーズンはリーグ戦で13度のクリーンシートを達成して、昇格組ながら9位躍進のクラブを最後尾から支えた。

『ESPN』によると、シェフィールド・ユナイテッドはレンタル満了で退団したD・ヘンダーソンの代わりとして、移籍金1850万ポンド(約25億9000万円)でボーンマスからイングランド人GKアーロン・ラムズデール(22)の獲得を決めたという。しかし、D・ヘンダーソンの再々レンタルも排除していない模様だ。
一方、ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアやアルゼンチン代表セルヒオ・ロメロが在籍しており、オーレ・グンナー・スールシャール監督は「トップレベルのGKを3人ともとどめておくのは難しいだろう」とコメントしている。

その裏でデ・ヘアの不安定なパフォーマンスを受け、成長著しいD・ヘンダーソンの正守護神起用を待望視する声も挙がっている。D・ヘンダーソン本人は来夏に延期されたユーロ2020に向けて、守護神としての出場機会を手にし続けたい考えだというが、果たして。


関連ニュース
thumb

負傷者続出のリバプール、英2部でプレーするノルウェー代表MFに関心か

リバプールがチャンピンシップ(イングランド2部)に所属するシェフィールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(24)の獲得に動く可能性があるようだ。 一時、今夏の補強終了を口にしたユルゲン・クロップ監督だが、MFチアゴ・アルカンタラをはじめ、多くの中盤の選手が負傷離脱中なのに加えて、来夏までとなるMFナビ・ケイタとの契約延長交渉も難航。それを受けてか、先日に方針転換を認め、中盤の選手補強に向けて多くの選手をリストアップしている。 リバプールのトップターゲットはイングランド代表MFジュード・ベリンガムだが、保有元のドルトムントに今夏の移籍を許可する気配はなし。イギリス『デイリー・メール』によると、即戦力を求めているリバプールはベルゲの獲得を検討しているとのことだ。 ベルゲは2020年1月にヘンクからシェフィールド・Uに加入すると、195㎝の長身を活かした空中戦とストライドの大きなドリブルを武器として主軸に定着。リバプールはヘンク時代からベルゲに注目しており、クロップ監督も高く評価しているという。 一方で、シェフィールド・Uは今季のチャンピンシップで6試合に出場して2ゴール1アシストの成績を残すベルゲを、プレミアリーグ復帰に向けた中軸と考え、放出に消極的とのこと。ただし、選手との契約には3500万ポンド(約56億7000万円)の契約解除条項が設定されていることから、リバプールがその金額を支払うかが注目されている。 2022.08.30 13:04 Tue
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨にライバル出現か、ボーフムがFWムセをシェフィールドから完全移籍で獲得

ボーフムは15日、シェフィールド・ユナイテッドからフランス人FWリス・ムセ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ムセは2024年6月3日までの2年契約を結ぶこととなった。 セネガルにもルーツを持つムセは、ル・アブールの下部組織育ち。ファーストチームに昇格すると、2016年7月にボーンマスへと完全移籍する。 ボーンマスでは公式戦71試合に出場し5ゴール1アシストを記録。2019年7月にシェフィールドへと完全移籍。今年1月からサレルニターナへレンタル移籍していた。 シェフィールドでも公式戦53試合で9ゴール4アシスト。プレミアリーグ通算で99試合に出場し9ゴール4アシストを記録。サレルニターナでは6試合で1アシストだった。 U-20、U-21のフランス代表を経験しているムセは、ストライカーとしてプレー。日本代表FW浅野拓磨にとってはライバルが出現したこととなった。 2022.08.15 21:52 Mon
twitterfacebook
thumb

シチズンズの逸材MFマカティー、トミー・ドイルに続いてシェフィールド・Uへレンタル

マンチェスター・シティは4日、U-20イングランド代表MFジェームズ・マカティー(19)がシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍することを発表した。契約は1年間となる。 地元出身のマカティーは10代前半からシティのアカデミーに在籍する180cmの左利きの攻撃的MF。2020年7月にプロ契約し、昨年9月に行われたEFLカップのウィコム戦でトップチームデビューを果たすと、いずれも途中出場ながらプレミアリーグ、チャンピオンズリーグデビューも飾り、昨季の公式戦5試合に出場した。 卓越したボールスキル、左足のキック精度、閃きといった武器を持ち、ペップ・グアルディオラ好みのプロフィールの持ち主だが、トップチームではまだレギュラー争いに食い込めるほどのレベルではなく、昨季のチャンピオンシップで5位だったブレイズで武者修行に励むことになった。 シェフィールド・ユナイテッドのホームページでは、マカティーは「チャレンジを楽しみにしている。シェフィールド・ユナイテッドのプレースタイルは僕に適しているし、願わくばクリエイティブな選択肢を提供できると思う」とコメントを残している。 なお、両クラブ間では今夏、U-21イングランド代表MFトミー・ドイル(20)のレンタル移籍も決まっている。 2022.08.04 20:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルDFクラーク、2部シェフィールド・Uへレンタル

チャンピオンシップ(イングランド2部の)シェフィールド・ユナイテッドは13日、ニューカッスルの元アイルランド代表DFシアラン・クラーク(32)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 アストン・ビラやニューカッスルでプレミアリーグ通算213試合に出場しているセンターバックのクラーク。経験豊富な左利きのDFは昨季、ニューカッスルでプレミアリーグ13試合の出場にとどまり、第24節以降はベンチ外が続いていた。 シェフィールド・Uは昨季、2部で5位に終わり、1年でのプレミアリーグ復帰は果たせなかった。 2022.07.14 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、スコットランド代表FWバークを獲得! 5年ぶりのブンデスで真価発揮なるか

ブレーメンは6月30日、シェフィールド・ユナイテッドからスコットランド代表FWオリヴァー・バーク(25)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 バークはノッティンガム・フォレストの下部組織出身で、2014年9月にファーストチームへ昇格。その後、2016年8月にRBライプツィヒへと完全移籍。その翌年にはWBAへ渡り、セルティック、アラベスとレンタル移籍を経験。2020年にはシェフィールド・ユナイテッドに完全移籍した。 スコットランド代表として13キャップを刻む188cmのアスリート型アタッカーは、2021-22シーズンはシェフィールド・ユナイテッドと今冬にレンタル加入したミルウォールで、公式戦19試合2ゴール1アシストの数字を残していた。 10代の頃には利き足は異なるが、その圧倒的なフィジカル能力という共通点でウェールズ代表FWガレス・ベイルとも比較されたものの、伸び悩みが顕著な25歳は、ライプツィヒ時代以来となる5年ぶりのブンデスリーガの舞台で自身の真価を証明できるか。 2022.07.01 14:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly