ブレイズ、ボーンマス守護神を手中に収めるもD・ヘンダーソンを再々レンタル?

2020.08.19 17:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シェフィールド・ユナイテッドはマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(23)のさらなるレンタルを画策しているようだ。『ESPN』が報じている。

2018年夏に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッド入りにレンタル加入したD・ヘンダーソンは守護神としてプレミアリーグ昇格に貢献。レンタル延長で残留した今シーズンはリーグ戦で13度のクリーンシートを達成して、昇格組ながら9位躍進のクラブを最後尾から支えた。

『ESPN』によると、シェフィールド・ユナイテッドはレンタル満了で退団したD・ヘンダーソンの代わりとして、移籍金1850万ポンド(約25億9000万円)でボーンマスからイングランド人GKアーロン・ラムズデール(22)の獲得を決めたという。しかし、D・ヘンダーソンの再々レンタルも排除していない模様だ。

一方、ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアやアルゼンチン代表セルヒオ・ロメロが在籍しており、オーレ・グンナー・スールシャール監督は「トップレベルのGKを3人ともとどめておくのは難しいだろう」とコメントしている。

その裏でデ・ヘアの不安定なパフォーマンスを受け、成長著しいD・ヘンダーソンの正守護神起用を待望視する声も挙がっている。D・ヘンダーソン本人は来夏に延期されたユーロ2020に向けて、守護神としての出場機会を手にし続けたい考えだというが、果たして。

関連ニュース
thumb

5400万円のランボルギーニが大破、プレミアリーガーが衝突事故で770万円の罰金処分

自動車事故を起こしたシェフィールド・ユナイテッドのフランス人FWリス・ムセが5,000ポンド(約770万円)の罰金と6カ月間の運転禁止処分を科せられた。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』が報じている。 ムセは今年1月4日に自身が所有する3500万ポンド(約5400万円)のアヴェンタドール(ランボルギーニ)を運転している際、2台の車に衝突した。 検察官のエリス・ウィルズドン氏は、裁判においてムセの車が大破していたことを示し、「衝突の大きさを見るとランボルギーニがかなりのスピードで走行していたことは間違いなく、対向車線にはみ出した」と主張した。 ムセは当初、運転していたのは自分のいとこだと主張。一度現場を去ったが、その後に戻ってきて逮捕。警察署でのアルコール検査では、0.32mgのアルコールが検出されたという。なお、イギリスの法律での飲酒運転の基準は0.35mgであり、飲酒運転にはならなかったが、現場で検査されていれば基準を上回っていた可能性はある。 ムセは公聴会には出席しなかったが、彼の弁護士であるニック・テリー氏が罪を認めていた。ちなみに、ムセは過去に3度のスピード違反を起こしている。 母国ル・アーヴルでキャリアをスタートしたムセは、ボーンマスを経て、2018年夏にシェフィールドに加入。クラブレコードの1000万ポンド(約15億5000万円)の移籍金で加入。今シーズンは主に途中出場でプレミアリーグ11試合に出場し、ノーゴールに終わっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】大破したオレンジのランボルギーニ アヴェンタドール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Lys Mousset fined £5k &amp; banned for six months after crashing £350k Lamborghini <a href="https://t.co/5QM8fEykNn">https://t.co/5QM8fEykNn</a></p>&mdash; Sun Sport (@SunSport) <a href="https://twitter.com/SunSport/status/1404927102403727365?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.18 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シェフィールド・ユナイテッドが新監督にスラビシャ・ヨカノビッチ氏を招へい

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したシェフィールド・ユナイテッドは27日、セルビア人指揮官スラビシャ・ヨカノビッチ氏(52)を新監督に招へいした。契約期間は2024年6月30日までとなる。 5年目を迎えたクリス・ワイルダー体制でプレミアリーグ2年目に臨んだシェフィールド・ユナイテッドだったが、今季はシーズン前半戦を未勝利で終わるなど大苦戦。今年1月のニューカッスル戦で初勝利を挙げたが、復調とはいかず、3月にワイルダー監督が辞任を発表。 暫定指揮官としてユースチームを率いていたヘッキングボトム氏が就任したが、悪い流れを止めることはできず。史上最速タイとなる6節を残してのチャンピオンシップ降格が決定した。 1年でのプレミアリーグ復帰を目指すクラブは、新指揮官にヨカノビッチ氏を招へい。 これまで母国のパルチザンやタイのムアントン・ユナイテッド、ワトフォードなどを指揮。2015年12月に就任したフルアムでは、初年度にチャンピオンシップで残留争いをしていたチームを残留に導くと、2015-16シーズンには6位へと躍進させ、2017-18シーズンにはシーズンを3位で終え、プレーオフを制して5年ぶりのプレミアリーグ昇格へ導いた。 2018年11月に成績不振からフルアムを解任された同氏は、2019年6月にアル・ガラファの指揮官に就任。2年間で公式戦53試合を指揮し25勝10分け18敗とまずまずの成績を残していた。 2021.05.28 02:15 Fri
twitterfacebook
thumb

スコットランド代表FWが暴行容疑で逮捕、SNS上に路上での暴行動画が流出

シェフィールド・ユナイテッドのスコットランド代表FWオリヴァー・マクバーニー(24)が逮捕された。イギリス『BBC』が報じた。 報道によると、マクバーニーは数人の若い男性を口論になっている様子が動画で撮影され、SNSに流出。撮影者がスマートフォンを落とすと、それを踏みつけるマクバーニーが映され、その後殴り合っているシーンが映し出されていた。 ノース・ヨークシャー警察は、「24歳の男性」が「別の男性が暴行された事件に関連して逮捕された」と発表。マクバーニーは拘留された状態とのことだ。 警察の声明によると「21歳の被害者は、5月8日土曜日の午後8時30分ごろにナレスボロのハイストリートで起こった事件で、顔面にケガを負いました」としている。 『BBC』によると、シェフィールド・ユナイテッドは「週末にソーシャルメディアで流布しているビデオに続いて、警察が関与していることを認識している」とコメントしているとのこと。「クラブとして、我々は問い合わせをサポートするためにできる限りのことをするだけでなく、我々自身の調査を続けていく」と声明を発表した。 マクバーニーは2019年8月にスウォンジーからシェフィールド・Uへと加入。今シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し1ゴール1アシストを記録。しかし、チームはチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格していた。 <span class="paragraph-title">【動画】相手のスマホを踏みつけ暴行するシーンが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ugly footage has emerged allegedly featuring Oli McBurnie <br><br>&quot;Officials at Sheffield United are aware of the video circulating on social media and are currently investigating,&quot; the <a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeague</a> club told the BBC.<a href="https://twitter.com/hashtag/OptusSport?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OptusSport</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PL</a> <a href="https://t.co/a2rMPfUaHL">pic.twitter.com/a2rMPfUaHL</a></p>&mdash; Optus Sport (@OptusSport) <a href="https://twitter.com/OptusSport/status/1391724807633260549?ref_src=twsrc%5Etfw">May 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.11 20:27 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルとエバートンがノルウェー代表MFに興味? 降格で移籍金が15億円減額に

シェフイールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(23)に対して、アーセナルとエバートンが興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ベルゲは、2020年1月にヘンクからシェフィールド・ユナイテッドに完全移籍で加入。ノルウェー期待の若手として注目も集めており、すでにノルウェー代表で24試合に出場し1ゴールを記録している。 今シーズンもシェフィールド・ユナイテッドで中心選手としてプレー。プレミアリーグで14試合に出場し1ゴール1アシストを記録していたが、昨年12月のマンチェスター・ユナイテッド戦で負傷。以降はハムストリングのケガから復帰できず、その間にチームはチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定してしまった。 注目を集めていたベルゲだが、シェフィールド・ユナイテッドとの契約は3年間残っており、契約解除条項として4500万ポンド(約68億3300万円)がかかるため、どのクラブも二の足を踏んでいた。 しかし、チームが2部に降格したことを受け、その条項が3500万ポンド(約53億1500万円)に減額。そのため、興味を持つクラブが増えたとのことだ。 特にアーセナルは強い関心を示している上、ヘンクで監督を務めていたアルベルト・スタイフェンベルフ氏がアシスタントマネージャーとして在籍。ベルゲとも1年間仕事をしており、高く評価している。 スタイフェンベルフ氏は「彼はすでに非常に成熟している。頭が良く、ゲームをよく読み、主導権を握レル。彼は将来のリーダーになる可能性がある」とコメントしており、元指揮官に引っ張られてアーセナルにやってくるだろうか。 2021.05.07 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイル圧巻ハットのスパーズがEFL杯決勝敗退を払しょく! リーグ連勝で逆転トップ4へ望み繋ぐ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、トッテナムvsシェフィールド・ユナイテッドが2日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。   前節、メイソン暫定体制の初陣となったサウサンプトン戦を逆転で制した7位のトッテナム(勝ち点53)。先週末のEFLカップ決勝ではマンチェスター・シティに敗れ、13年ぶりのタイトル獲得を逃した中、バウンスバックを図る今節はすでに降格が決定している最下位のブレイズ(勝ち点17)と対戦した。   シティ戦からはウィンクス、ルーカス・モウラに代えてデレ・アリとベイルを起用し、より攻撃的な[4-3-3]の布陣を採用した。   立ち上がりから70%を超えるボール支配率で相手を押し込むトッテナムは、両サイドバックが高い位置を取って攻撃の幅を取り、内に絞る3トップがハーフスペースで効果的に縦パスを引き出して厚みのある仕掛けを見せる。   16分にボックス手前でオーリエから横パスを受けたソン・フンミンが枠の左隅を捉えた際どいシュートでGKにファインセーブを強いると、直後の18分にはボックス左で深い切り返しを見せたケインがゴール右下隅にシュートを飛ばすが、これは相手DFのゴールカバーに遭う。   以降もアタッキングサードまで容易にボールを運び引いた中央を固める相手にジャブを打ち続けるホームチームは、やや攻めあぐねた前半終盤にワンチャンスを生かしてゴールをこじ開ける。36分、ケインのボックス右への抜け出しから波状攻撃を仕掛けてボックス手前でルーズボールを回収したオーリエが2列目からゴール前にスプリントしたベイルへ浮き球のパスを通すと、飛び出したGKの寸前で左足アウトでボールを叩いたウェールズ代表FWのロブショットがゴールネットを揺らした。   ベイルのリーグ2戦連続ゴールによって先手を奪ったトッテナムは2点目こそ奪えなかったものの、良い形で試合を折り返す。すると、後半立ち上がりの51分には最後尾のアルデルヴァイレルトからの高精度のフィードに反応したソン・フンミンが完璧に背後を取って冷静にGKとの一対一を制す。だが、ファインゴールでの追加点かに思われたこのプレーはVARのレビューの結果、わずかながらオフサイドラインを越えていたとの判定で取り消しとなった。   後半はバーク、ベルゲの同時投入で攻勢を強めたブレイズにやや押し返される時間帯が続くが、相手の拙攻もあって危なげなく相手の攻撃を撥ね返す。そして、61分には相手の左CKを撥ね返してのロングカウンターから自陣右サイドでDF2枚を剥がしたソン・フンミンが中央のスペースにスプリントをかけるベイルへ丁寧なラストパス。そして、ボックス付近まで運んだベイルが難なくGKとの一対一を制し、強烈な左足のシュートをゴールネットへ突き刺した。   代名詞の高速カウンターで勝利を大きく引き寄せたトッテナムは、完全にノッた背番号9が止まらない。69分、デレ・アリのスルーパスを受けたオーリエが巧みなドリブルで内に切り込み、ペナルティアーク付近でフリーとなったベイルにショートパスを繋ぐと、ベイルは相手DFの股間を抜く技ありのシュートをゴール右隅に突き刺し、ハットトリックを達成した。   2012年12月のアストン・ビラ戦以来、通算2度目のプレミアリーグでのハットトリックを達成したベイルの活躍で勝負を決めたトッテナムは、75分に殊勲のベイルを下げてベルフワインを投入。すると、77分にはデレ・アリの高い位置でのボール奪取からボックス手前左でベルフワインのラストパスを受けたソン・フンミンがカットインから見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺し、こちらもリーグ2試合連続ゴールとした。   その後、ブレイズの反撃を危なげなく撥ね返し続けたトッテナムがEFLカップ決勝敗退を払しょくする快勝でリーグ2連勝を飾り、4位チェルシーとの5ポイント差を維持して逆転でのトップ4フィニッシュへ望みを繋いでいる。 2021.05.03 05:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly