元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロがボカ・ジュニアーズに移籍!

2022.08.09 15:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(35)が8日、ボカ・ジュニアーズに加入した。契約は2024年12月31日までとなる。

母国ラシン・クラブ出身で、2007年に加入したAZを足がかりに欧州進出を果たしたロメロ。2015年から2021年にかけてはマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、バックアッパーながら2016-17シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献。昨季はヴェネツィアに移籍するも、シーズン後半はヒザの負傷に悩まされ、セリエA16試合の出場に終わった。

契約満了でフリーとなった35際には今夏、イングランド人GKリー・グラントが現役を退団したユナイテッドが再獲得に動いていたが、新天地は母国の名門クラブに。実に15年ぶりのアルゼンチン復帰を果たしたロメロは、今回の移籍をステップアップだと意気込んでいる。
「ご存知のように、先週ラシンでトレーニングをしていた時にボカから打診があった。よく考えた結果、受けることにしたよ。この機会に満足している。これはキャリアにおいてステップアップだと思っているよ」


関連ニュース
thumb

チェルシーが生え抜きDFチャロバーと2028年まで契約延長「全力を尽くしたい」

チェルシーは25日、元U-21イングランド代表DFトレヴォ・チャロバー(23)との契約延長を発表した。 新契約は2028年6月までとなり、2029年まで延長するオプションがついているという。 フルアムでプレーする兄のナサニエルと共にチェルシーの下部組織で育ったチャロバーは、イプスウィッチ・タウン、ハダースフィールド・タウン、ロリアンへのレンタル移籍を経験。2021年7月に正式にファーストチームに昇格した。 ここまでチェルシーでは公式戦43試合に出場し4ゴール2アシストを記録。今シーズンもプレミアリーグで8試合、チャンピオンズリーグ(CL)で4試合、EFLカップで1試合に出場している。 9歳から所属するクラブでの長期契約にサインしたチャロバーはクラブを通じてコメントしている。 「ユニフォームを着るたびに光栄に思う。このクラブのために全力を尽くしたいと思う」 「誰もが知っているように、僕は幼い頃からここにいて、ここでプレーを続けるということは全ての子ども夢だ。機会があれば、いつだってクラブのために全力を尽くし、未来を見据えていく」 「神にも感謝したい。神がいなければ、これは不可能だった。そして、常に信じているだけだ。家族にも、クラブにも感謝している。これからも全力を尽くしたいと思う」 2022.11.25 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルクが躍進支える主力MFヘフラーと契約延長

フライブルクは24日、ドイツ人MFニコラス・ヘフラー(32)との契約延長を発表した。契約期間に関しては明かされていない。 躍進するフライブルクの中盤を取り仕切るベテランMFは、今回の契約延長に際して以下のコメントを残している。 「僕はこのクラブに長く在籍しており、延長が唯一の選択肢であることにとても満足している」 「ここ数年、チームがピッチで達成したことを見ると、本当に楽しい気持ちだよ。今後もこの道を歩んでいきたい」 フライブルクの下部組織出身のヘフラーは2010年にトップチームへ昇格。エルツゲビルゲ・アウエへの武者修行を経て、2013年からトップチームに定着すると、守備的MFの中心選手としてここまで280試合12ゴール23アシストを記録している。 今シーズンはブンデスリーガで2位、ヨーロッパリーグ(EL)でグループ首位通過を果たした絶好調のチームにおいて、EL1試合を除く公式戦22試合に出場している。 2022.11.25 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸生え抜きのDF小林友希がセルティックに完全移籍、5年契約を締結「ヴィッセルアカデミーの価値を世界に示したい」

セルティックは23日、ヴィッセル神戸のDF小林友希(22)を完全移籍で獲得することを発表した。 セルティックによれば、国際移籍の許可が条件となる中、5年契約を結んだとのこと。12月1日からセルティックに合流し、2023年1月に選手登録をされる流れだという。 小林はセルティックを通じてコメントしている。 「セルティックに加入できることにとても興奮しており、この素晴らしい機会を本当に楽しみにしています。 クラブで成功するために全力を尽くすつもりです」 「アンジュ・ポステコグルーの仕事は、彼がJリーグで素晴らしい時間を過ごした後、日本でも非常によく知られています。セルティックの一員であるだけでなく、監督として、そして彼がすでに育っている素晴らしい選手たちとチームとして一緒に仕事をするのが待ちきれません」 「長年にわたってセルティックが輝かしい成功を収めてきたことを知っており、今はクラブとファンに素晴らしい瞬間をもたらすために自分の役割を果たしたいと思っています」 「ヴィッセル神戸には、キャリアの早い段階で僕に与えられたすべてのサポートに心から感謝したいと思います。世界の偉大なサッカークラブの1つであるセルティックと一緒に、このエキサイティングな新しい挑戦を受け入れることを楽しみにしています」 小林はサッカースクール時代から神戸に所属。U-12、U-15、U-18と昇格し、2016年から2種登録。2019年に正式にトップチームに昇格すると、2019年7月からはFC町田ゼルビア、2020年は横浜FCへ期限付き移籍を経験した。 神戸ではJ1通算56試合出場、リーグカップ通算9試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも6試合に出場していた。 小林は神戸を通じてもコメントしている。 「この度、セルティックFCに移籍することになりました。今シーズン厳しい結果で終わり、このタイミングで移籍していいのか悩みましたが、ヨーロッパでプレーすることは、サッカーを始めた頃からの憧れであり目標でした。このタイミングでのチャレンジを理解してくださり、送り出してくれたクラブには感謝してもしきれません」 「僕は、幼稚園でサッカースクールに入った時からずっとヴィッセル神戸のアカデミーで育ててもらい、スクール時代、アカデミー、そしてトップチームで素晴らしい指導者の方たちに恵まれ、成長させていただきました。ヴィッセル神戸、ヴィッセルアカデミーに心から感謝しています」 「だからこそ僕はヴィッセルアカデミーの価値を世界に示したいし、アカデミーの選手に目標とされる選手になりたいと思っています」 「ファン、サポーターの皆さん、いつもどんな時も熱い応援で支えてくださり、ありがとうございました。小さい頃から歌ってきた、試合後の神戸讃歌をピッチで皆さんと共に歌えたことは僕にとって特別な事でした」 「僕にはヴィッセル神戸を日本で、そしてアジアでナンバーワンのクラブにするという夢があります。これからも、もっともっと成長し、このクラブに関わる皆さんに恩返しが出来るように、また皆さんに活躍が届けられるように全力で頑張ります。これからも、見守っていただければ嬉しいです。行ってきます!」 セルティックには、FW古橋亨梧、MF旗手怜央、MF井手口陽介、FW前田大然が所属。古橋とは神戸でもチームメイトとしてプレーしていた。 2022.11.23 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがノルウェー代表FWソルバッケン獲得! 来年1月のフリー加入が決定

ローマは23日、ノルウェー代表FWオラ・ソルバッケン(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定している。 今年12月末でボテ/グリムトとの契約が終了するソルバッケンは、2023年1月付けでローマの一員となり、2027年6月30日までの4年半契約を結ぶ。 ローマの今冬補強1人目となった24歳のアタッカーはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「僕はこれを求めてきたんだ。本当にローマのプレーヤーになりたかったし、ついに自分がローマの一員であると言えるよ」 「ローマは最初の段階から僕にとって際立っていた。クラブの見通しと計画を心から信じているし、その一員になりたいと思っていたんだ」 「僕は学び、改善するためにここに来ているけど、同時に自分の能力を示したいとも思っている。ローマのファンは僕が出会った最高のものであり、彼らの側でプレーするのが待ち切れないよ」 一方、ナポリらとの競合を制して逸材の確保に成功したゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏は、昨季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループステージで2試合3ゴールを決められた経緯もあり、大きな期待を口にしている。 「オラ・ソルバッケンは、近年競争のレベルが急速に向上しているリーグで確固たる地位を築いている」 「彼の年齢、特性、そして彼がまだ改善しなければならない余地を含めてそのすべてが我々のプロジェクトに求めているものと一致している。オラは優れた技術的能力を持ち、彼を現代的なフットボーラーとする身体的属性に恵まれている」 「多くの異なるクラブが彼に興味を示し、最終的に彼はローマへの加入を選択した。我々はそれについて非常に満足している」 ソルバッケンは母国の名門ローゼンボリの下部組織で育ち、ノルウェー1部のランハイムでプロデビュー。ボテ/グリムトには2020年1月から在籍しており、クラブ通算91試合20ゴール24アシストを記録している。 186cmの左利きの大型アタッカーは、爆発的なスピードとストライドの広さを生かしたオープンスペースでのドリブル突破、パワフル且つ繊細な左足でのフィニッシュが最大の特長。また、スペースがないクロスやラストパス、密集地帯での局面打開も十分に可能だ。 プレースタイルに関しては現主力であるMFニコロ・ザニオーロとかなり重なる部分はあるが、両サイドでプレー可能な点や守備面でジョゼ・モウリーニョ監督の要求を満たせれば、左右のウイングバックの攻撃的なオプションとしても機能する可能性は高い。 2022.11.23 20:52 Wed
twitterfacebook
thumb

「ここ以上の場所などない」 名将グアルディオラ、シティと新たに25年まで契約

マンチェスター・シティは23日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(51)との契約を新たに2年延長した旨を発表した。新たな契約期間は2025年までとなる。 かつてバルセロナ、バイエルンの指揮を執り、フットボール界屈指の名将と評される手腕をもって2016年からシティを率いるグアルディオラ監督。チャンピオンズリーグ(CL)での優勝こそまだだが、プレミアリーグとリーグカップを4度ずつ制したほか、2018-19シーズンにFAカップのタイトルも獲得した。 その2018-19シーズンにイングランド史上初の国内トレブルも成し遂げ、通算戦績は374試合で271勝。勝率72.4%を誇り、1試合あたりの平均得点も2.46ゴールと強烈なチームを築くが、以前に2023年夏までの現行契約をもってシティを離れ、代表チームを指揮する可能性も示唆している状況だった。 グアルディオラ監督は「あと2年、マンチェスター・シティに残れることになり、非常に嬉しく思う」と喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「私を信頼してくれたクラブのみんなに感謝の言葉しかない。私はここで幸せで、快適に過ごしている。自分の仕事を全うするために必要なものがすべて揃っているんだ。このクラブの次なる章も素晴らしいものになる」 「過去10年がそうだったように、次の10年もね。非常に安定しているからだ。(就任の)初日から、ここにいるのは特別なものを感じた。ここ以上の場所などない。だから、私はここに残り、トロフィーのために戦い続けたい」 2022.11.23 19:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly